FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ハピネスチャージプリキュア」は、何となくですけどネット上の反応は
「キュアプリンセス」の方が色々な意味で反響が大きいようですね・・・(笑)
ま、そりゃそうですよね・・・
ラブリーよりもずっと以前からプリキュアになっているのに、
史上最弱&全戦全敗で、臆病なので接近戦にも持ち込めないし、
敵が怖くて目をつぶって攻撃をしているから全然命中しない・・・
しかも性格は、打たれ弱くて臆病で我儘で内気で自己中で・・・
何か「長所」を探すのが難しそうなプリキュアですよね・・・(笑)
しかも自分の事は棚に上げて、他人のせいにばかりして八つ当たりして
都合が悪くなるとすぐに逃亡してしまう・・・
しかも逃げ足だけは速いのおまけ付き・・・

うーーん、こんなマイナスの属性てんこ盛りのプリキュアね珍しいですよね。
ま、逆に言うとスタートがこれだけマイナスからのスタートになると
プリンセスの今後の成長に大いに期待がモテますし、
こうした初期のポンコツ振りからどれだけ大きな成長が一年後の最終決戦時に見られるか
楽しみですけどね。

プリキュアの世界は、伝統的に、ピンク系初変身&初対戦時には、
当然ピンク系が必殺技を発動し敵を撃破というのが今までのパターンですけど、
今度のプリキュアの場合、相方のプリンセスがあまりにもポンコツ過ぎて、
折角のラブリー初回変身時も、プリンセスの巻き添えを食らう形で、敵前逃亡を余儀なくされたのが
何か気の毒な感じもしますね・・・(笑)


ラブリー


だけど、キュアラブリーは、名前の通り「慈愛」に満ち溢れていますね・・・
この娘は、本能的に相手の長所を見抜くのが上手いのかなーとも思いますし、
それを的確に相手に伝えるのが実にうまい・・・!!
見方によっては、「ブタもおでりゃ木に登る」ではないけど、
上手いこと言ってプリンセスをおだててその気にさせてしまい、
戦闘時にも、わざと自らが囮になる事で
プリンセスが絶対的に必殺技を発動させざるを得ない状況を作りださせる事を
意図的に行っているとしたら、
大した「戦略家」という感じなのでしょうけど、
とても前作「ドキドキ」のマナみたいにそうした聡明さはあまり持っていない感じのめぐみだから
その辺りは「本能」なのでしようけどね・・・
ネット上の反響は大きくプリンセスにばかり集中していますけど、
自分なんかはやはり「ラブリー」にばかり目がいっていますけどね・・・(笑)

でもある意味、ラブリーも何か気の毒・・・
ピンク系主人公なのに、初変身&初対戦で、敵撃破という功労をプリンセスに譲ったという感じも
しますし、初変身で自身の必殺技を発動できないという
プリキュア史上例のない事態になっていますからね・・

これもあのポンコツのおかげなのかな・・・

めぐみはそれ程身長が高いという感じもしないのですけど、ひめがあまりにも小さいので
随分と「大きいお姉さん」みたいな印象はありますね。
二人が並んで立つと随分と身長差が感じられますけど、
もしかしてひめは、えりかよりもやよいよりも身長が低いのかな・・・??
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |