FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


うーーん、中々暖かくなりませんね・・・
本日の首都圏は大荒れ模様で、積雪が10㎝程度ですからね。
ホント、今年の冬は中々厳しくて、一向に「春」の気配が感じられません。
一度節分の時に、四月上旬の陽気になった以外は、寒くてブルブル震えているばかりです・・・

クラシック音楽の世界では「春」というタイトルの曲で
思い浮かぶのはなんでしょう・・・??

例えば・・・

〇ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」

〇シューマン/交響曲第一番「春」

〇コープランド/バレエ音楽「アパラチアの春」

〇J.シュトラウス/ワルツ「春の声」

〇ディーリアス/春、初めてのカッコウを聞いて

〇ブリテン/春の交響曲

〇ヴィヴァルディー/合奏協奏曲「四季」~春

あたりなのかな・・・


自分としては、春らしい曲というと、シュトラウスの「春の声」かな・・・
この曲は文句無しに楽しいですし、ウキウキする感じがいかにも春らしいです。
ストラヴィンスキーの「春の祭典」も大好きですね。
季節感としての春と言う意味ではなくて、何か「人間の本能が燃え立つように目覚める」という意味での
春っぽい曲でいいですね。

だけど、何か「春」と聞くと思い起こす曲は
ドビュッシーの交響組曲「春」なんですよね・・・
この組曲は、ドビュッシーのかなりの若い頃の作品で、
まだそれほどドビュッシーらしくない点も多々あるのですけど、
何となくよく分からない曲想とか雰囲気とかモヤモヤした感じは、まさにドビュッシーの世界だとは
思いますけどね・・・
この曲、元々はビアの二台と合唱、そして管弦楽のための曲だったのですけど、
楽譜が火災で焼失してしまい、
かろうじて残されたピアノと合唱のスコアを基に、後にピュッセルという方が
ドビュッシーの指示に基づきながら、管弦楽曲様にアレンジしていて、
これが現在演奏されている版です。
ちなみに「小組曲」も元々はピアノ曲でしたけど、同様にこのピュッセルが管弦楽曲として
編曲しています。

この交響組曲「春」は二楽章から構成されていますが、
やや陰鬱な印象がありスローでひたすらかったるい第一楽章と
冬から春に季節が変わって、厚着から衣替えした時の気分のような第二楽章から
構成されていますが、
正直、印象としては「分かりにくい」音楽です・・
というか、最初に第二楽章を聴いた時も
「これのどこが春なんだ・・・」という感じでした。
全体として、何か「産みの苦しみ」というのか、重々しい冷たい冬から新芽が出るような
季節の変わり目をイメージさせたようにも感じられます。
ただ全体的に何か「固い」感じなのですよね・・・
後年のドビュッシーみたいな「すっきりとした感じ」はありません。
全体的にモヤーッと霞がかかったような曲です。

でも何かこの曲には昔から惹かれるのですよね・・・
何でかな・・・??
若書きという事での「青春のナイーブさ」が特に感じられるわけでもないのですけどね・・・
訳がわからないというかイメージがしにくいのだけど
何となく漠然と「季節の変わり目の喜ばしい雰囲気」がモヤーッと感じられる
所がいいのかな・・・??
ラスト近くのトランペットの高揚感とかティンパニーの打音なんかも
結構面白いと思いますしね。

この曲、生の演奏会では一度しか聴いたことがありません。
演奏会場が東京文化会館だから、恐らく都響だと思うのですが、指揮者は誰だったかな・・??
演奏もやはり「もやもや」した感じで、特に印象には残っていませんね・・・(笑)
ま、この「もやもや感」がこの曲最大の魅力なのかもしれませんけどね・・・

この曲を知るきっかけは、やはり吹奏楽コンクールでした。
1982年の全日本吹奏楽コンクール東北大会で、山王中学校がこの曲を自由曲として選んでいましたが、
やはり固い演奏で、奏者も何かピンときていない様子の演奏でした・・・
このチーム、一応東北代表として全国大会にも出場したのですけど、
確かこのチームの後に演奏した関東代表の間々田中学校も自由曲は、この曲でした。
こんなウルトラマイナーの曲が連続で続けて演奏されるとは
何かすごい偶然としか言いようがありませんね。

山王はコチコチ固い演奏、間々田はサウンドがベタベタした演奏で
何か対照的な演奏でした。
スポンサーサイト



二週に渡って首都圏は積雪でした・・・
ホント、こんな事って滅多にないだけに少々驚きですね。
幸い、午後三時ころまでは、先週みたいに道路に積もっているという感じではなく、
前回のような社員総出の現場の雪かきみたいな事もなく
何か各自が淡々と仕事をこなしていたような感じがします。

だけど16時を過ぎると、段々と道路に雪が積もり始め
電車も運休ではないにせよ、遅延とか一部運休と言う案内が出ていて、
前回、電車もバスも動かなくて帰宅するのが大変だった社員が続出していましたので、
さすがに前回の反省を踏まえて、
本日は全員17:00で退社という事になりました・・

雪は困ったものですが、
たまーにこうして早く帰れるだけでも何か「ラッキー」という感じですね。
今回の雪、さらっとしているのですけど
先週に比べて何となくつるっと滑りやすい感じがします。
家に戻る途中で、何人かの人が転倒している光景も目撃しました。
自分自身東北育ちなので、「雪道の歩き方」は多少心得があるのですが、
こういう時は、「ペンギン歩き」が一番安全ですね。
これならばまず転ぶという事はないと思います。
だけど、こんな歩き方をしていると、何か少々照れますけどね・・・

こんな雪でも、若い子なんて、片手に傘、片手にスマホみたいな人もいますけど、
それは雪国では「最も危険な行為」だと思います。

ま、ペンギンみたいにヨタヨタ歩いていたら、何とか無事に家まで帰りつきました・・・・
チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」って文句なく楽しめる作品ですよね。
正直、生の演奏会では2~3回程度しか聴いたことが無いですけど、
交響曲第六番「悲愴」みたいな深刻さとか一連のバレエ音楽みたいなファンタジーは無いけど
聴いていて「あー、なんか爽快!!」と感じさせる曲だと思います。
こういう「文句なく楽しい曲」ってチャイコには意外と少ないかもしれませんよね。

冒頭のトランペットファンファーレが実に気持ちがいいと思います。
このファンファーレは、チャイコがイタリア旅行中に滞在先のホテル近辺の
騎兵隊宿舎から毎朝聴こえてきたファンファーレがモチーフになっているそうです。
オーボエで奏でられる6/8のメロディーは、イタリア民謡「美しい娘」に基づいているとの事です。
色々随所に「イタリア」が盛り込まれていますが、
メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」もそうなのですけど、他国からきた旅行者が
イタリアを訪れると、なんかこうやって「太陽さんさん」みたいに明るく陽気な曲を作る傾向に
あるみたいですけど、
それは何か分かるような気がしますね。
私は残念ながらイタリアは行った事がありませんけど、
イタリアというと、真っ先に、太陽とか陽気という言葉がついつい連想されてしまいます。
イタリアと言う陽気な気質が、普段はお高くむっつりされているエライ作曲家の先生達も
何か普段の「自分」という殻を打ち破ってしまう「何か」が
そこにはあるのかもしれませんよね。

チャイコフスキーは、交響曲第四番を作曲して以降第五番を作曲するまで約10年近くのブランクが
ありますけど、その前後に、自身の押しかけ女房による不本意な結婚⇒破綻・離婚という
人生の大きな挫折と試練があったのですが、
その「癒しの旅」としてイタリア旅行があったようですけど、
離婚という大きなストレスから解放された何か「喜び」みたいなものが、
イタリアの風土・気質と合わさって
こうして大らかで楽しい曲が作られたのかもしれませんよね。
ま、もっともこの頃は既にパトロンのメック夫人から、毎年莫大な額の年金(援助金)が
懐に入っていたので、
色々と旅行する贅沢も可能になったのでしようけどね。

この「イタリア奇想曲」なのですけど、中間部で、トロンボーンとトランペットの掛け合いの部分が
あるのですが、結構この部分は奏者は大変だと思います。
トロンボーン奏者も必死でスライドさせていましたし、トランペット奏者も激しくピストンを
動かしていました。
全体的にタンバリンの音が、何か南欧っぽいものを感じさせます。

吹奏楽でも1970年代は、この「イタリア奇想曲」はコンクールの自由曲として定番の曲の
一つでしたね。
最近では全く演奏されなくなりましたけど・・・
一つ印象に残っているチームがあります。
それは1983年の中村学園です。
確かこの年のBJの講評で、ある審査員が
「中村学園は女子高だけど、トランペット奏者が全員ガニマタ気味に吹いていたのが印象的・・
 トランペットは本来立って吹くべきものだが、座って吹くと自然と足は左右に広がるもの・・・
 だからああいうガニマタスタイルはむしろ理にかなっている」と
何か面白い事を書いていましたが、
確かに何となく言いたいことは分かる気はしますね・・・
ま、もっとも中村学園の「イタリア奇想曲」の冒頭は少しトチっていますけどね・・・

この曲、自分にとっては欠かせない一枚があります。
オーマンディー指揮のフィラデルフィア管弦楽団なのですけど、
自分が高校生の頃、このコンビのレコードは一枚1300円と、当時としては破格の安さだったせいも
あるのですが、よくこの絶妙の組合せのレコードを聴いていました。
ダッタン人の踊りとかスペイン奇想曲とか、チャイコの三大バレエの組曲版とか
このイタリア奇想曲とか・・・
このコンビの全盛期時は、ホント「華麗なる響き」が素晴らしかったです。
大好きな組み合わせでしたね。
オーマンディ/フィラデルフィア管のCDは色々と出てますが、昔のレコードの頃に収録されていて
CDには収録されていないという曲もありますので、
何とか当時の音源がCD化出来ればいいのですけどね・・

 | BLOG TOP |