FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、2/9の「ハピネスチャージプリキュア」の第二話も大変面白かったですよね。
2/2の第一回が始まる前までは、
前作「ドキドキ」の最終回の余韻とか、昨年の「ドキドキ」の第40話の神回の長すぎる余韻が
かなり強烈な印象となって残っていて、
果たして新しいプリキュアの世界にすんなり入っていけるか少し不安はあったのですが、
単なる杞憂でしたね・・・(笑)

今回のプリキュアは、ある雑誌で「頑張る子と頑張らない子のコンビの物語」として紹介されていましたが、
確かに「その通り!!」としか言いようがないですよね・・・

「プリキュアが逃げた・・」
「プリキュアだからって何でも出来る訳ではない」
「神様の嘘つき、友達が出来たのにサイアークを倒せなかった」
「どうせ自分はダメプリキュア」などなど
歴代プリキュアではありえないワードが、これでもかとひめというかキュアプリンセスの口から
出てきます。
第一話の際は、「ポンコツ」と思っていましたが、
これは史上最弱にして最悪の自己肯定感なしのガラクタプリキュアと言う印象を思わず抱いて
しまう程ですね・・・

だけどここですごいのは、やはりめぐみというか、キュアラブリーですね。
めぐみの場合、歴代ピンク系の魂を既に受け継いでいるというか、
可愛いだけではなくて、正義感・思いやり・優しさ・勇気に溢れているだけでなく
慈悲深い・・・
相手の全てを許容でき、相手を受け入れ、包み込んでしまう「慈悲愛」に溢れているような印象が
非常に強いです。
さすが「頑張る子」は違いますね・・・
前作の相田マナほどの優秀振りとか無茶苦茶な切れは確かにないかもしれないけど、
その「慈悲深さ」は負けないものがありそうですね・・・
すごーく可愛いのだけど、無茶苦茶慈悲深い・・
うーーん、ある意味最強に近いピンク系なのかも・・・

私、1988年~2001年まである地方銀行に勤めていましたけど、
この銀行の全行員に対する一つのスローガンが
「人を見よ、長所を見よ」
「人間の良い所を思いっきり見つけ、そして育てよ」というのがありました。
ま、もっともこの銀行は、バブル最盛期の頃は、
「ローンの宅配」とか
「顧客を借金漬けにしよう!!」という妙なスローガンを唱え始め、
最終的に2001年に破綻をしましたが(⇒自業自得ですね・・・)
この「人を見よ、長所を見よ」は中々いい所を突いていると思います。

今回のめぐみがひめに対して伝えた事は、
一見「マイナス」と思える材料でも、それを別の見方をすることで「プラス」として
ひめという人間を的確に認めている点だと思います。
一見マイナス要素からも、前述の「長所」を見出し、
ひめを肯定している点はホント、さすがとしかいいようがないと感じます。

〇りぼんの一言多いおせっかい要素

 ⇒「ひめは幸せ者、こんなに心配してくれる人がすぐ周りにいる」

〇逃げ足だけは速い

 ⇒足が速い事は自慢して良い事、同時に戦略的撤退は場合によっては非常に大切

〇連戦連敗

 ⇒何度敗れても、敵に向かっていく頑張り屋

この辺りの言い方は非常に上手いですよね。
そして極めつけは、
「私はまだプリキュアになりたてでよく分からない面が多い。だからひめがいないと
 自分はまだ戦えない」という辺りですかね。

この辺りは、「友達」という感覚よりは、むしろダメな妹を温かく励ます慈悲深い姉という感じも
しますね・・・
何か初期の頃の「ハピネスチャージ」の物語は、自分に自身が無く、
自己肯定感意識の低いプリンセスの「自我意識の確率」・「自己肯定感の目覚め」から
始まりそうな気もしますね・・・
既にそれが無意識のうちに出来ているラブリーはさすがとしか言いようが
ありませんけどね・・・





今回は、プリキュアとしての変身前にも
人間体として様々なフォームチェンジが出来るという事が分かりました。
今回の「探偵さんフォーム」はホント、可愛かったですね。
またまためぐみに惹かれてしまった感じですね・・・(笑)

戦闘シーンも中々面白いものがあり、
「ハピネスチャージ」は、「ハートキャッチ」以来久しぶりに雑魚戦闘員が登場します。
ハートキャッチの「スナッキー」は弱かったけど非常にタフでした・・・
今回の「チョイアーク」は、プリンセスでも簡単に撃破できるほど弱く、タフでもなさそうなので、
ホント、まさにザコ要員ですね・・・(笑)

それにしても、後のキュアハニーと予想される「ゆうゆう」は、
何か可愛いですね。
フレッシュの「パイン」を想起させる「癒し」系なのかな・・
でも気になるのは、孤高のフォーチュン・・・
前回フォーチュンがプリンセスに対して「絶対に許さない」と言い切ったのは、
やはりプリンセスが何か原因となって、パンドラの箱とも言うべきアクシアの箱を開けてしまったから
なのかな・・・
この4人としてのチーム結成はまだまだ先の様ですけど
今後の展開は、ホント楽しみですね。
スポンサーサイト



1979年の夏って、何かいい思い出がないのですよね・・・
というか、夏休みが始まって、ずーーーーーっと、朝9時から午後4時近くまで
吹奏楽部のコンクールに向けた練習三昧で、
この年は「遊んだ」とか「何か楽しい思い出があった」とかそういう思い出は皆無ですね・・・
練習も、鬼みたいに指揮者の先生に、
「ピッチが合わないから死ね」
「下手くそ」
「なーんでこんなに高音が汚い音色しか出せないんだ・・・」
「リズム音痴」
「なーんでそこで息継ぎするんだ、ころえろ。え、なに呼吸が苦しい・・?、じゃー息するな」とか
色々ケチョンケチョンに朝から晩までボロくそに怒られてばかりでしたからね・・・
しかもコンクールは、最終的には宮城県大会銀賞止まりで
念願の東北大会出場も叶いませんでしたしね・・・

だけどたまーにですけど、
練習が終わった後で、顧問の計らいで、学校のプールを吹奏楽部員用に貸切で開放して貰い、
そこで思いっきり泳いだりとか、
顧問が午前中から所用がある場合は、朝四時半から9時までの特別早朝練習だけで終わる事もあり、
そういう時は、「ラッキー」みたいな感じで
午後からはやっと夏休みモードを楽しめた事もありましたね・・・
だけど今思うと、そういう特別早朝練習の際は、
練習場所はなぜか音楽教室ではなくて、体育館を使用していたのですよね・・・
自分の中学ってド田舎で周りは畑と田んぼばかりだけど住宅も結構ありました・・・
体育館だから、音はダダ漏れだし、あんな早朝から吹奏楽の大音響を鳴らされ、
よく「近所迷惑」のクレームとか110番通報がなかったものですよね・・・
今だったら、近隣からのクレームは大変でしょうけどね・・・
ま、そういうのんびりした世知辛くない時代だったのかも・・・・


〇高松第一高校

A/組曲「カレリヤ」より、Ⅲ・行進曲

 えーー、これってある意味凄い・・・
 自由曲のシベリウスのカレリヤ組曲のマーチは4分程度の短さだし、
 課題曲は3分半程度の曲だから、
 このチームは、課題曲・自由曲合わせて8分から8分半程度なのかな・・・
 もしかして、コンクール史上最短演奏時間なのかも・・・
 ま、もっとも前年の78年の広島の基町高校もジュビラーテにカレリヤのマーチの組合せだから、
 もしかしてこちらの方が最短なのかな・・・??
 演奏はね・・・
 うーーん、一言で言うと「もっさりとした演奏・・」
 素朴なんだけどどこかどんくさい感じのする演奏ですね。
 原曲の軽妙さがあまり感じられず、どこか重たい演奏でした。
 だけど、何か妙にこの演奏、私好きなんですよね・・・
 何か惹きつけられる魅力があるというのか、この素朴な感じがいいのですよね。
 途中トランペットによるユニゾンがあるのですが、この部分をトランペット奏者が
 思いっきり音を外しているのも、何か面白い・・・
 
 決して上手い演奏ではないけど、楽しめる演奏でした・・・

 この演奏の15年後、高松一高は、再度カレリヤのマーチを自由曲として選んでいますが、
 この時は、79年の演奏に比べはるかに洗練され、トランペットの音の外しもなく
 軽妙に聴かせてくれました。
ソチオリンピックが開幕されて数日経過していますが、
何とか日本人選手には、普段通り、練習通りの力を発揮される事を祈るだけです。
スキーのジャンプというと、どうしても思い出してしまう曲が一つあります。

何かと言うと、1999年の全日本吹奏楽コンクール、課題曲Ⅳの行進曲「K点を超えて」です。
恐らくこの曲は、多少前年の長野オリンピックでの「日の丸飛行隊」を意識したかもしれないでしょうけど、
目を閉じて聴いていると、いかにもそうした情景が浮かんできそうな感じです。

この曲は出だしがかなりインパクトがありますね。
トリオのメロディーラインも大変生き生きしているし、
終始小太鼓のリズムの切れが最高に引き立つ曲だとも思います。

この課題曲Ⅳで一番印象に残っている演奏は、やはり淀川工業かな・・・
この年のこのチームは、日テレとかNHKで色々と当時取り上げられていましたけど、
指揮者の丸谷先生が、ホント楽しそうにこの課題曲を指揮されていたのが印象的です。

この課題曲の作曲家の高橋伸哉氏とは、実は少しばかり接点があります。
私の出身高校とその近隣のある高校は、部員数が共に30人程度で、
やろうと思えば単独開催は出来るのだけど、人数が少ないから選曲等に制約がある。
それならばその二校が合同で演奏会を開催してはどうかという事で、
二校合同演奏会が始まったのが、1974年の春・・・
それが色々と紆余屈曲はあったものの、1983年に「第10回」を迎える事となり、
その記念委嘱作品として、白羽の矢が立ったのが、
自分の高校の相方の学校のOBでもある高橋氏だったのです。

春休みの練習時とか本番直前のリハーサルにも顔を出して頂き、
指揮こそされませんでしたが、色々とアドバイスをされていたのは何となく記憶にあります。
その委嘱作品も、「K点を超えて」と同様に3分程度のマーチでしたけど、
トリオのメロディーラインが非常に美しい曲でした。
当時、自分は片方の高校の方の部長を一応していましたので、高橋氏とは恐らく一言二言程度は
会話したかもしれませんが、
あまり記憶に残っていません・・・

高橋氏は、その後色々な吹奏楽作品(「写楽」は確か大津シンフォニックバンドも自由曲に
取り上げていましたね・・)とか管弦楽作品も発表されていて、
その方面では、かなり名が通っている人みたいですね。
私も詳しくは分かりませんが・・・

高橋氏のその委嘱作品マーチは、何とタイトルがありません・・・
当時の部員もこの曲は、「伸哉さんマーチ」と呼んでいましたし、
本番も、「委嘱作品」としかアナウンスしていなかったと思います。
うーーん、これって何か高橋氏に何か申し訳ないような気も・・・

この委嘱作品の手書きパート譜、いまだに持っているのですけど
確かに「タイトル」が空白になっているのですよね・・・
当時、何人かの部員が、勝手にマーチ「かろやか」ってネーミングしてましたけど、
何かセンスないですね・・・

だけどこの委嘱作品って、始まりの部分のスタッカートの感じとか中間部の雰囲気何か
後年の課題曲「K点を超えて」にやはり雰囲気がよく似ているのですよね。
この事は、1999年頃の高校時代の吹奏楽部のメンバーの飲み会でよくネタになりましたけど、
ま、それは仕方がないですよね・・・

だけど高校の時の吹奏楽部で少し接点がある方が、こうやって吹奏楽コンクールの課題曲の作曲家として
名が世に知れ渡るのは、何少し誇らしい感じはします。

いよいよスキージャンプも大一番が近づいていますが、
「K点を超えて」大ジャンプが出来るように期待していますし、遠い地から応援したいと思います。
テレビCMで2/10より「プリキュアチョコ発売」とありましたけど、
実は「プリキュアチョコ」って今まで買った事一度もないのですよね。
別にシール等のおまけが入っている訳でもないし、
チョコに付いてある何枚かの応募券を集めると、応募者全員に手提げとかバックが
貰えるというキャンペーンは毎年やっていたようですけど、
さすがにこの種のチョコを30箱も50箱も食べるのは抵抗がありますからね・・・




だけど今回の「プリキュアチョコ」のキュアラブリーがかなり可愛かったので
初めて買ってしまいました・・・
今までは、森永のチョコボール程度の大きさだったのですけど、
今回の「ハピネスチャージ」から少し箱が大きくなったようにも思えます。
そして、今までとの違いは、
小分けされた袋の中にチョコボールが入っていて、
その袋のデザインガ8種類のプリキュアという事みたいです。



CIMG6431_convert_20140211120923.jpg


先週に続き、
食玩の「マスコットミニフィギュア」も買ってしまいました・・・
今回はラブリーのフォームチェンジ版の
「チェリーフラメンコ」です。
こちらも通常版と同様に可愛い!!
まだ本編では未登場ですけどね・・・

だけど今後ラブリーは、変身前も変身後も様々なフォームチェンジをするようですので、
今後が楽しみです。
EDで流れるスケボーに乗った黄色の衣装のラブリーも早く見てみたい気はしますね。


「ハピネスチャージプリキュア」が放映開始となって10日あまり経ちましたけど、
ガチャガチャとカードゲーム機も
前作「ドキドキプリキュア」からの引継ぎがなされているみたいですね。

写真は(何かピンボケになってしまいましたが・・・)イトーヨーカドー内ですけど
初めて「ハピネスチャージ」のこうしたガチャガチャ&カード機を
発見しました・・・






ガチャガチャは一度試しにやってみようかと思ったのですけど
今回はやめておきました・・・
フォーチュンはともかくとして、せめて三番目の「ハニー」が揃った段階でやってみようかと
思います。
今回は、ラブリー・プリンセス・ハニー・フォーチュン、そして妖精のリボンの計5種みたいですけど、
万一、リボンが当たったら少しショックかな・・・(笑)
どうもこの手のガチャガチャは、
4年前の「ハートキャッチ」の際に、マリン又は最低でもブロッサムを当てたいと思っていたら、
何と4回連続で、当時の妖精のシフレ&コフレを当ててしまい、
思いっきりドン引きしてしまい、
そのショックがいまだに尾を引いているのかもしれませんよね・・・(笑)


CIMG6427_convert_20140211120743.jpg

データカードというか「プリカード」ですけど、
やはりめぐみというかキュアラブリーは滅茶苦茶反則的に可愛いですね・・・
前回の第二回で、「探偵衣装」にフォームチェンジしていましたけど、
プリキュアとしてのフォームチェンジだけではなく、
変身前もこうやって色々とフォームチェンジが出来るのが
今回のプリキュアの「売り」ですね。
何か色々と便乗商品が出てきそう・・・
小さい子供がいる家庭では、何か色々と子供達から「あれ買って、これ買って」と
言われそうですけど、
それがバンダイの狙いですから・・・(笑)


CIMG6428_convert_20140211120818.jpg


ふーーん、こういう「マナ&めぐみ」の二人のカードの先着プレゼントもあったのですね。
しかも「年齢制限なし」というのが
何か可笑しいですね・・・
初回放送時に、おもちゃ屋で「ハピネスチャージ注入」という合言葉を言うと、ラブリーのカードが
貰えるという特典があったみたいですけど、
あれは「小学生まで」という年齢制限があったようですね。

ローソンのスタンプラリーで特典シールをゲットするのは特に違和感ないけど
「年齢制限なし」と表記されても
さすがに抵抗がありますよね・・・(笑)
勿論、貰いませんでしたけど・・・・

やはり「大人」(?)は自分でお金を出して買わないといけませんよね・・・(笑)

 | BLOG TOP |