FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「ハピネスチャージプリキュア」の第一回が終わって間もないのに、
すっかり気に入ってしまいましたね・・・
例年ですと、どうしても前作プリキュアをひきずってしまい、一か月程度は新しいプリキュアの世界に
入り込めないものなのですが、
今回は、なんかすっかり初回から入り込んでしまいましたね・・・

やはり、「キュアラブリー」が反則的に可愛すぎるせいなのかな・・・??
(あれ、でも全く同じセリフを2年前のキュアハッピーの時にも散々言っていたような・・・??)





前作「ドキドキ」の場合、メンバー全員が聡明・優秀という「完全無欠」さを誇っていて、
メンバーの「成長」というのは中々求めにくい感じ・・・
だからこそ、ストーリーとして謎要素・様々な問題提起を投げかけ、
「汝の敵を愛せよ・・・」
「敵とは友達になれないのか・・」
「幸せの王子」
「自己中と自己愛の境界.とは・・」
「国家を守る事と家族を守る事は同じ」みたいな
とても幼児向け番組とは思えない難しいテーマを追求していたような感じもします。

だけど・・・

「ハピネスチャージ」は、昨年「ドキドキ」に対する強烈なアンチナーゼというのか、
メンバーに一人、「キュアプリンセス」という正真正銘のポンコツプリキュアがいるおかげで(?)
このポンコツがいかに一年かけて成長を果たしていくのかという
伝統的プリキュアの楽しみ方を再度臨めるようになりました。

でも、これはホント楽しみですよね・・・

改めて「プリンセス」は凄い・・・

だって、

〇全戦全敗

〇「またー、まけたー」

〇「だって怖いんだもん・・・」

〇第一回なのに、既に必殺技を持っているが、計2回発動しても、ヘナチョコ過ぎて全く効かない・・・

〇既に何度も敵と戦っているのに、全く進歩も成長もせず、ひたすら逃げ続け・・・

〇「そんなこと、あるけど・・・」

〇初変身のラブリーの方がはるかに強い・・

〇コミュニケーション障害みたいに、人見知りがひどくて、初めて会う人とまともに会話が出来ない・・
 だけど一度おだてられると、すぐに調子に乗る・・・

〇挙句の果て、フォーチュンに「絶対に許さない」発言をされてしまう・・・

なんか早くも一人でネタのてんこ盛りという感じですね・・・
うーーん、さすがえりかの後継者という感じですね。

ピクシブ百科辞典を見てみると、
「ひとりハートキャッチ」とか「キュアマリンセス」みたいに早くも書かれていますけど、
これって実に上手い表現ですね・・・
感心しました・・・
ホント、初期の頃のブロッサム(へたれ・弱虫・人見知り・臆病・内気)と
マリン(お調子者・図々しい・人の痛みに無頓着・自分勝手)のそれぞれの短所を
プリンセス一人で抱え込んでいるという感じですからね・・・

いやいや、ホント、これは正真正銘の歴代No.1のポンコツプリキュアですね。

一般的に、少し頭の悪いピンク系を知的なブルー系が輔佐するというのが歴代のパターンなのですけど、
当面は、青系のくせにプリンセスは、
ピンク系のラブリーに色々な意味でフォローが無いと何にも出来そうにもありませんよね。

果たして、「プリンセス」の今後の成長はいかに・・・・!?
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |