FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日何気なく本屋で「バンドジャーナル2月号」を立ち読みしていると、
ここ10年間の吹奏楽コンクールの自由曲の集計が特集されていましたけど、
ここ10年間の全国大会では、リードの曲は
「エルサレム讃歌」の一回しか演奏されていない事に愕然としました・・・
「オセロ」なんかは支部大会では毎年コンスタントに取り上げられているみたいですけど、
以前に比べるとぐっと頻度が落ちていますね。

自分みたいに1979年~1980年後半に吹奏楽の現役プレーヤーだった「古い人間」からすると、
アルフレッド=リードという作曲家は
クラシック音楽に例えると、モーツアルト・ベートーヴェンに相当する作曲家ですから、
やはりこうした現象は少し残念なものがありますし、
もう少し古典的吹奏楽オリジナル曲にも目を向けて欲しいなとも感じますね。

リードというと、
アルメニアンダンス・ハムレット・オセロ・一連の組曲シリーズ・パンチネルロ・春の猟犬・
インペラトリクス、エル・カミーノ・レアルなどたくさんの素晴らしい曲がありますから
現在の若きプレーヤーにも
こうした素晴らしいオリジナル曲を知って欲しいなとも感じますね。

そんな中、ネリベルの「二つの交響的断章」・「交響的断章」がコンクールに初登場以来30年近くも
コンスタントに演奏されているのは、凄い事だと思いますし、
やはりこうした名曲はしっかりと後世にも受け継がれて欲しいとも思いますね。
スミスの「フェスティヴァルヴァリエーション」も1980年代中盤に流行し、その後パタッと
演奏されなくなったものの
ここ数年、精華女子など色々なチームが全国で取り上げ、
その素晴らしさを再認識させて貰っているケースもありますので、
確かに新曲もいいけど、
こうした古典的オリジナル曲も
忘れずに演奏して欲しいものですね。

スポンサーサイト



ついに1/26で一年間見続けた「ドキドキプリキュア」が最終回を迎えてしまいました。
何か寂しいものがありますけど
感慨深いものもあります。
「ドキドキ」の最終回については、別の場で改めて少し語りたいと思いますが、
いかにも「ドキドキ」らしいフィナーレで
実にすっきりと締めくくってくれたと思います。

以前、「ドキドキ」で一番貧乏くじを引いたのはジョー岡田かもと書きましたけど、
実際は、ベールでしたね・・・(笑)
意外と漁夫の利だったのは、トランプ共和国(いつ王国から体制が変わったのだ・・・!?)の
初代大統領に就任したジョー岡田なのかな・・・??
最後に儲けさせて頂いたのは、トランプ共和国との交易による利益をガッチリ確保した
やはり「四葉財閥」でしたね・・・(笑)
一体ありすは幾ら儲かったのでしょう・・・

だけど最終回でも目立ったのは、何といってもマナの強さでしたね。
この最終回だけ見てると
歴代最強プリキュアは、心身共にキュアハートで決まりという感じですね。

ところで2/2より9代目プリキュアの
「ハピネスチャージプリキュア」が開始されます。
新しいプリキュアの世界観として、既に地球の至る所が敵組織に侵略されていて、
それに対抗すべく「プリキュア」も世界中の人達に既に知れ渡っているというものがあります。

「ドキドキ」の最終回で
人間界とトランプ共和国の交流が始まったり、
マナ達の活躍が世界中に知れ渡り、プリキュアとしての依頼が色々と舞い込むという事で
「ドキドキ」は閉じられていますけど、
「ハピネスチャージ」の世界観から考えると
「ドキドキ」がそうした流れを既に作り上げたという感じもします。

既に「ハピネスチャージ」の開始前から
「ドキドキ」である程度その世界観の露払いが出来ていたという解釈も成り立つ訳で
既に番組開始前から流れをうまく受け継いでいるという印象もあります。





いよいよ、新しいプリキュアが開始されますが、
ハートからラブリーへ「バトン」が渡されたという感じですね。
ラブリーとプリンセスが、歴代プリキュア達の先輩たちの「思い」にどう応えていくのか
何か今から楽しみですね。

 | BLOG TOP |