FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


近未来の日本社会の重要キーワードは「少子高齢化社会」なのでしょう。
私が居住している埼玉県川口市は、人口50万近くもいる埼玉県でも大きな市の一つであり、
キューポラに象徴される古さと東京都のベッドダウンの為の超高層マンションという新しさが
ミックスされた街ですけど、
ここにも「少子化」の波は容赦なく訪れています。
自分の自宅近くには二つの中学校があるのですが、
少子化の波を受けて、最近一つの中学校に統廃合されていますし、
このブログでも頻繁に登場する「市立川口高校」も、
近い将来、川口市内の三つの市立高校が統廃合される事が決定されていますので
その名前も消えようとしています・・・

何か時代の変化は確実に感じますね。

1979年というと、私は中学2年生で、当時は仙台市内の公立中学に通っていました。
当時は、私は2年17組で、このクラスの多さに象徴される通り、
当時は生徒数はかなり多かったですよね。
一学年800人程度はいたと思いますよ。
当時は教室が全然足りず、校庭に急遽プレハブを建てたり、
図書館を改造し、ここに2クラス分の場所を確保したりと結構大変でしたね。
それに当時吹奏楽部には、部員はかるーく85人はいたと思いますし、
中三の時、自分は吹奏楽部部長でしたけど、
全部員の名前と顔を最後まで一致できませんでした・・・
あまりにも生徒の数が溢れていましたので、
翌年はある地区の生徒を分離、またその翌年のは、別の地区の生徒を分離し、
各々新しい中学校を新設していましたけど、
二回学校の分離を行っても
まだ一学年8クラスという驚異的な生徒数の多さでしたけどね・・

ま、もっとも自分は当時、仙台市の有数のベッドタウンに住んでいましたし、
丁度団塊の世代のジュニアたちの入学の時期という時代でしたからね・・・
ちなみに昨年の仙台出張で判明したのですが、
現在の自分の中学の一学年のクラス数は2つとの事です・・・・


〇花輪高校

B/交響曲第一番第四楽章(ショスタコーヴイッチ)

このチームのこの年の音の渋さはすごい・・・
課題曲Bの無調的要素が、このチームのややくすんだ音色・サウンドとドンピシャという感じで、
かなり高次元の感覚の課題曲を聴かせてくれました。
全体に静と動の対比が実に鮮やかでしたし、
ppの熱演というのも吹奏楽でも可能なんだなーという事がこのチームの課題曲を聴いて感じました。
吹奏楽コンクールでのショスタコの交響曲と言うと、
当然第五番「革命」が一般的なのですけど、
この年の花輪は何と第一番というウルトラしぶーーーい選曲をしてくれました。
この交響曲、すごく表現が難しいと思います。
私もこの交響曲はオケで何度も聴いたことがあるのですけど、
理解するのはかなり至難の業・・・
どちらかというと、音の組合せとか音の配置みたいに純粋な音のパズルみたいな感覚の音楽のような
気もしますし、
五番のように分かり易いメロディーがある訳でもないから
表現はかなり難しい曲だと思います。
だけど、その「訳のわからなさ」をこのチームは簡単にやってのけてしまうのですよね。
これはある意味凄い事だと思います。
ただ、この年の花輪は少し演奏に難もありまして、
細かいミス、特にトランペットセクションのベチャと潰れたような音とか音の外しが
かなり気にはなります・・・
サウンドも少しモサッとして霞がかかったような感じもします。
だけどそんな細かいことが気にならない「純粋な音楽としての面白さ」が伝わるのですよね。
特に後半のティンパニーのソロ以降の展開が極めて面白い。
一気にたたみかけるラストも秀逸!!
だけど審査員の受けが悪かったのか、細かいミスが減点の対象になったかは不明ですが
銀賞にとどまっています。
実に惜しい銀賞の一つです。
スポンサーサイト



1979年の吹奏楽コンクールの課題曲には
とてつもない曲が一つ登場しました。
何かと言うと、課題曲B/プレリュードです。
メロディーラインが全くない無調音楽的な感じの課題曲がコンクールに登場したのは
この年が初めてだと思いますし、当時としては、
主催者としても冒険だったと思います。
1979年当時、自分は中学二年でしたけど、
一番最初にこの「プレリュード」のクラリネットのパート譜を見た時は
驚きましたね・・・
だって、冒頭から確か70小節近くがいきなり「全休止」というかお休み・・・
(この部分は、マレットを使用しないで手でティンパニーを叩くという
 ティンパニー奏者の完全なソロ部分です・・・)
そして、16分音符はおろか8分音符すらなく、速い部分は全くなく、終始ゆったりとした速度・・・
しかも4/7とか9/16とか見た事もないような変拍子の連続、
しかも旋律と言うものがまるで無くて
蛇のようにウネウネと空間を彷徨い続けるような感覚・・・
正直戸惑いましたね・・・
今にして思うと、こんな曲を中学生が理解しろと言っても
かなり無理があると思いますけどね・・・

幸い自分の中学は、課題曲はこの「プレリュード」を選択せず
格好良くて現在でも人気が高いAの「フェリスタス」でもなく、
「ずいずいずっころばし」のダサいメロディーが展開される課題曲C/幼い日の想い出を
選択していましたけど、
やはり「フェリスタス」は一度演奏してみたかったですよね・・・
あのアルトサックスのソロ、ホントマジで格好良すぎる・・・



〇淀川工業

A/シチリア島の夕べの祈り

淀工は結果的にこのヴェルディーの歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲は
この年と1981年と1991年の三回演奏していますけど、
個人的には1981年の演奏が一番好きですね。
この年は、81年の演奏と比べると、少しサウンドが暗いような感じもするし、
淀工にしては控えめな解釈を取っているようにも感じます。
81年の演奏が割と勢いがあり、鳴っている印象があるのですが、
この年は「気高い美しさ」を追及しているようにも感じられました。
この頃の淀工は、まだ完全に「自分たちの個性」を確立できないでいて、
指揮者の丸谷先生と一緒に何か自分たちの「理想の音楽」を求めて暗中模索の時代・・・
という風にも感じました。
淀工が「これが自分たちの方向性」と言う確固たる道を提示できたのは
1980年の「大阪俗謡による幻想曲」と82年の「エル・サロン・メヒコ」あたりなのかな・・・


〇遠軽

B/アルメニアンダンスパートⅠ

確かこの年のこのチームの指揮者は生徒指揮ではなかったかな・・・
北海道のチームって結構生徒指揮のチームもあるもので、
この年のこのチームとか
A部門ではないけど1981年の中標津高校の寄港地とか
1985年の旭川東とか、過去には生徒指揮もありましたよね。
ま、自分の高校も生徒指揮でしたけど・・・
だけど、演奏に関しては、一言で言うと、「平板」な感じ・・・
何か全体的にのそーーっとしていて、
盛り上がる部分と歌う部分の表情が大して変わりが無いという感じもありました。

ま、生徒指揮でここまで音楽を創り上げ
銀賞を獲得するのだからさすがだと思います。

この年を持ってこのチームはしばらく全国大会から遠ざかり、
次に全国に出場するのは、この年の16年後の「ゴーストトレイン」という事になります。

 | BLOG TOP |