FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回、関東一高の「カンタベリーコラール」について少し触れましたけど、
少しだけ補足・・・
この演奏、自分自身も生で聴いたのですが、
感じた事は、
「響きが、特に開始から1分あたりの木管の響きが、冗談抜きでオルガンのように聴こえた」と
いう事です。
ホント霊感に満ち溢れ、優しさに溢れ、
指揮者の故・塩谷晋平氏が言われていた通り「神の領域」に近いと思います。
これ、何でこんなにオルガンのように感じるのだろう・・・
後日この演奏が収録されたCDを購入し、関東一高のこの演奏を改めて聴いたのですが、
やはり同じ・・・
オルガンの響きのように聴こえました・・・
いやいや、これって結構凄い事だと思いますよ・・・
音楽そのものという感じで、たまたま演奏形態が「吹奏楽」だったという事なのかもしれません。
本当に、歴史的名演だと思いますし、
この演奏を生で聴く事が出来た事に改めて感謝したいと思います。

でも振り返ってみると、
関東一高は、あまり注目はされなかったのですけど、
1991年の自由曲、バッハの「トッカータとフーガ 二短調」にも
「カンタベリーコラール」と同じような傾向が既に感じられます。
この演奏も、地味何だけど実に音楽的表現に優れ、個人的には大変高く評価しています。
やはり、元々オルガン原曲なんだけど、たまたま演奏形態が「吹奏楽」であったという事なのだと
思います。

塩谷先生は、なぜか1997年以降は関東一高を去り、青森山田に引き抜かれてしまいましたけど、
もう少しこのコンビの演奏を聴きたかったようにも思えます・・・


〇光が丘女子

 Ⅲ/はかなき人生~間奏曲とスペイン舞曲

 私はこの演奏結構好きでしたね・・・
 前年度かなり強引で荒削りな「エスタンシア」を聴かせてくれたのですけど、
 この年はうって変わって「しっとりと」聴かせてくれました。
 ファリアのこの自由曲は、この年の中学の部で柳町が聴かせてくれましたが、
 柳町はかなり強引なドライブで、正直あまりついていけません・・・
 光が丘の方は、前半のクラリネットとオーボエのソロを中心にしっとりと情緒たっぷりに
 聴かせてくれ、
 何となく「恨み節」みたいな感じも出していました、
 後半の踊りの部分は対照的に実にリズミカルな演奏で、切れが非常に良かったのが印象的でした。
 全体的に静と動の対比が良かったと思いますし、
 大人の演奏を聴かせてくれました。
 前年度に比べると大変な成長・・・


〇東海大学第四

 Ⅲ/カルミナ=プラーナ

 うーーん、この頃(1993年~96年頃)のこのチームは
 何か「迷い」が感じられるのですよね。
 豪快に行くべきか、内面性を重視するのか、その辺が中途半端だったような印象があります。
 だけどその頃の時代も技術は抜群に高いから、
 下手とか表情不足という事ではないのですけど、
 何か「ふっ切れていない」印象があります。
 これを解決した一つの方向性が、97年の「くじゃく」かな・・・
 この年の「カルミナ=プラーナ」は、4分半程度で短いため、
 何か時間に追われて、盛り上がる部分だけをピックアップした感じもし、
 音は豪快に鳴っているのだけど、逆に印象が全然薄いという印象なのですよね・・・

 やはり音楽は、当たり前の話ですが、
 音の強弱とかダイナミックスレンジの幅だけではないのですよね・・
 何か関東一高と東海第四の演奏を対比してみると、
 その点がよく分かるような気もします・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |