FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1/1より開始された「ローソンスタンプラリー」第一弾のおまけシールをやっと入手しました。
何か仕事始めから妙にバタバタしていて、ローソンに行くヒマが無かったというか
気持ちに余裕が無かったというのか、
とにかく久しぶりの休みの本日、自宅近くのローソン4店舗を駆け巡り
やっと手に入りました。
(というか、いい年こいて何やっているのでしょうかね・・・)
もしかして、この「ローソンスタンプラリー」って、全店舗で開催している訳では
ないのかな・・・?
二つの店では、このスタンプが設置されておらず、店舗前にのぼりもなかったので、
多分そうなのでしょうね・・・
ま、さいたま市~川口市周辺は、コンビニの数はすさまじく多いので、
何とか別に店舗で無事に発見出来ました。







今回は第一弾という事で、スマイル・プリキュア5・初代・ハートキャッチのメンバーのシールです。
第二弾は、そうなると、SS・フレッシュ・スイート・ドキドキ、そしてハピネスチャージという事に
なるのでしょうね。
やはり11年間、9代に渡るプリキュア、そして計37人ともなると
昨年までの一回だけでは全員のシールというのは不可能で、
今年からのように、第一弾から第二弾にかけて分けないと、歴代全員の分全員という風には
いかないのでしようね。

ホント、いつのまにか増えたものだ・・・


CIMG6320_convert_20140114183121.jpg

このスタンプなのですけど、
各店舗に置かれているスタンプは、
ハピネスチャージの2人【ラブリーとプリンセス】とハピネスチャージの妖精、そして
歴代プリキュアの中の主人公クラスのピンク系です。
自分の場合、ドリーム・ハート・メロディ・ラブリーという比較的鉄板系が揃いました。
だけど昨年もそうでしたけど、
初代のブラックと二代目のブルームのスタンプが置かれている店舗って見た事がないのですよね・・・
ブラックとブルームのスタンプを置いている店自体少ないのかも・・
やはり3~5歳程度の小さいお子さんにとって、
2004年~06年放映の初代とSSのプリキュアなんて
馴染みがないでしょうし、ましてやブラック・ブルームが活躍していた頃は、
その小さいお子さん達は生まれてもいない訳だから
仕方ないかもしれませんよね・・・(笑)
スポンサーサイト



イタリアの音楽というと、重厚長大・形式重視のドイツ系とか
エスプリとか洗練さが魅力のフランス系に対し
オペラという歌のドラマの方があの国民性に合っているのかもしれませんよね。
イタリアオペラの巨匠というか代表的作曲家は、やはり断然ヴェルディーなのかもしれませんよね。
この作曲家は、ホントその生涯に歴史に残る多くの歌劇を残しました。
例えば、椿姫・オテロ・アイーダ・仮面舞踏会・リゴレットなどなど・・・

ワーグナーとかヴェルディーの歌劇は、生涯に一度でいいから、
演奏会形式みたいな形でなくて、本場の演奏を是非聴きたいと思っていますが、
こればかりは中々難しそうですね・・・
だけどヴェルディーの曲は、
よく「運命の力」序曲とか「シチリア島の夕べの祈り」序曲とかアイーダ大行進曲とか
「ナブッコ」序曲などの
オペラの序曲が、よく現在でもオケの定期演奏会の一番最初の演奏曲目として演奏される場合が
多いですよね。
自分自身も、
歌劇「ナブッコ」序曲とか歌劇「運命の力序曲」は何回か聴いたことがありますし、
インパル指揮/読売日本の演奏会のように、何とアンコール曲として
運命の力序曲を聴いたこともあります。
だけど自分自身演奏会で聴く機会に巡り会えなかったのが
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」かな・・・
この序曲、振り返ってみると、
1988年のデュトワ指揮/N響の定期の一度しか耳にしたことがありませんね。

この序曲、オペラ全体の雰囲気を分かり易く伝えていますし、
静かに始まる序奏に対して、小太鼓の凄まじいロールから開始される中間部以降の怒涛のアレグロからは
激しいドラマが展開され、
このオペラの激情ぶりが序曲でもよく醸し出されていると感じます。

このオペラは全くの「想像」からの物語というのではなくて、
歴史的背景を比較的忠実に再現している点が特徴かなとも思います。
世界の教科書を開くと、「シチリア島の晩鐘事件」が掲載されていると思いますが、
まさにヴェルディーのオペラは、この歴史的事件を背景にしているのです。

簡単にその背景を記してみると・・・

1282年当時、シチリアはフランス王家の傍流にあたるアンジュー家が支配していて、
イタリア系の住民と激しく対立を引き起こしていた。復活祭の翌日に当たる月曜の1282年3月30日、
パレルモ市中の教会前には大勢の市民が晩鐘(夕べの祈り)を行うため集まっていた。
その監視をしていたフランス人兵士が、あるシチリア人の妻を辱め、怒った夫が軍曹を短刀で殺害。
場に居合わせた市民たちは夫に同情し、
「自分たちが処刑される前にフランス兵を皆殺しにしろ」と蜂起、暴徒化。
フランス人たちに次々と襲いかかり、兵士の一団を一人残らず殺害してしまう。
暴動はシチリア全土に拡大し、4000人ものフランス系の住民が虐殺された。

彼らが暴動を開始したとき、晩鐘を告げる鐘が鳴ったことから「シチリア島の晩)事件」と
呼ばれるようになった


ムソルグスキーの歌劇「ポリス・ゴドゥノフ」とか
アーノルドの「ピータールー」序曲も
ある程度歴史的事実を反映した曲とも言えるのですけど、
こうした歴史的背景と音楽を絡めて聴いてみるのも何か面白い感じはしますね。

この演奏をCDで聴く場合、
お勧めしたいのは、シャイー指揮/ミラノ・スカル座かな・・・
シノーボリもいいけど・・・
1994年大会は、95年以降は関東が西と東に分離してしまうので、「関東代表」という名称が
使用された最後の大会となってしまいます。
小学校から中学の社会とか地理の時間では、
確か「関東」というと、東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬と教わったような記憶があり、
そのせいか、1994年までの「全日本吹奏楽コンクール関東大会」の構成県は
(人口と学校数がけた違いに東京都は別とするのは当然でしょうね・・)
埼玉・千葉・神奈川・茨城・栃木・群馬・新潟・山梨の8県というのは何か少し「ヘンな」感じも
ありました。

当時も現在も何となくですけど
「えー、何で山梨と新潟が関東ブロックなの・・・」と不思議に感じることもあります。
ま、もっとも吹奏楽の世界では格段にレベルが高い西関東において、新潟と山梨がブロック全体の
足を引っ張っている感じは否定できないのとも少し関連があるのかもしれないけど、
何か腑に落ちないするのですよね・・・

そう言えば「東海大会」に長野県が入っているのも何か少し不思議な気もします。

どうなんでしょうかね、
例えば北陸三県に、山梨・長野・新潟の甲信越を加えて
「北陸甲信越ブロック」という方が何かしっくりくるような気もするのですけど・・・

ま、それはどうでもいい事なのですけど、
何で「山梨は関東に非ず」という事にこだわるかと言うと、
実際に1990年~95年の6年近く、山梨県に在住し、
その後進性・閉鎖的人間関係・田舎っぽさに嫌気が指していたからというのが
大きいのかな・・・
山梨県は、日本の首都、東京都の隣に位置する県なのですけど、
とても東京都の隣接とは思えないほど
田舎というか、遅れているというか、閉ざされているというのか、よそ者には住みにくい街という
イメージは今でも強いですね・・・
ま、勿論良い所は一杯あり、自分自身、
山梨の気持ちの良い多くの人達には感謝している面は多々あるのですけど、
どうも全体的な印象は、正直マイナス面の方が大きいですね・・・

21世紀の現在でも、山梨には「無尽」とか「頼母子講」みたいな前近代的な金融システムは存在
しているのかな・・・
1990年に山梨に異動で来た時、
いまだに江戸時代の名残のこうした「無尽」システムが存在している事に
最初は面食らったものです・・・
ま、今では金銭面の助け合い・融通仕合というよりは、
飲み食い仲間という意味合いの方が大きいのかな・・・
それにしても、あの無尽という組織は、当時ある地方銀行の営業担当で、他県からきたよそ者の自分には
正直やっかいだったし、
「ホントに、ここは首都圏なのかよ・・・」という感じでしたけどね・・・



〇関東第一

 Ⅲ/カンタベリーコラール

 これは本当に歴史に残る素晴らしい名演だと思います。
 この演奏を直接生で聴けたことは、今でも自分の「かけがえのない財産」だと思っていますし、
 とにかく言葉では言い表せない感動的な演奏でした。
 指揮者の塩谷先生は、昨年逝去されたのですけど、
 初出場の1983年以来、
 「関東一高は、出場すれば銅賞」「毎年毎年ひどい演奏ばかり聴かせる」
 「レベルがあまりにも低い」とか色々言われる時期は確かにありましたけど、
 このチームは1990年の「華」の演奏以降、見違えるように年々進歩していき、それを一人で指揮指導
 した塩谷先生の苦労は大変なものがあったと思います。
 ま、関東一高は当時は、「江戸川区のガラの悪い学校」としても
 決して評判の良い学校ではなかっただけに、そうした男子校を率いて、この素晴らしい名演は
 本当に価値があると思います。
 後日のBPの記事に、塩谷先生は、
 「課題曲Ⅲは狂気の領域、自由曲は神の領域」と評されていましたけど、
 実際演奏を聴くと、この言葉の意味が分かると思います。
 課題曲Ⅲは、常総・埼玉栄といった洗練された音色には遠く及ばないのですが、
 男子校らしいやや武骨な響きが、この難解な課題曲の別の顔をうまく表現していると思います。
 ソロのテクニック・表情は確かに今一つだけど、
 全体の中の「狂気・荒寥さ」は実に見事に演出出来ていると思います。
 だけど圧巻は自由曲の「カンタベリーコラール」ですよね。
 これは一言で言うと、「優しさのかたまり」・・・
 心にすーーっとしみこむ美しい音楽です。
 終始ゆったりとした音楽で、中間部の金管コラールで幾分盛り上がる以外は
 特に大きな山場とか見せ場はないのですけど、
 響きが終始ゆったりとした中にも大きな高みを見せている感じなので、精神的な満足度が
 非常に高い感じなのです。
 このコンクールの場に、作曲者のローストもいたという話は聞いたことがありますが、
 その歳、この関東一高の演奏に涙して感動したという逸話があるみたいなのですけど、
 事実関係はどうなんでしょう・・・
 だけど、そんな事よりも、
 こうしたコンクールの場でも
 「人間を優しい気持ちにさせる」演奏が本当に存在したという話は
 しっかりと後世にも受け継いでいきたいものです。

 本当に素晴らしい演奏でした・・・


〇天理

 Ⅳ/スペイン狂詩曲

 関東一高のあんな感動的な演奏の後は、いくら天理でもやりにくいかなと思っていたら
 さすがに王者の貫録というのか、
 「彼らは彼ら、自分たちは自分たちの普段通りの演奏をする」という
 我が道を行くような演奏でした。
 以前、この大会の高校の部で、スペイン狂詩曲~祭りを三チーム競演があったと書きましたけど、
 音色的に最高度の洗練の機能的な埼玉栄、武骨なロシア系みたいな新屋に対して
 天理は、この両者の中間的な雰囲気だったと思います。
 どちらかというと「けだるい」感じのような演奏だったと思います。
 だけど、ラヴェルのこの曲の魅力って、機能性でもないし荒々しさでもないし
 やはりけだるさとか気分先行という感じだとも思いますので、
 このラヴェル/スペイン狂詩曲の三チーム競演の中では
 天理が一番ラヴェルの本質をついていたような気もします。
 (ま、好みもありますけどね・・・)
 
 
マクドナルドの最近の評判は「迷走」とか「一貫性なし」とか「コロコロ変わる」とか
正直あまりいい話は耳にしませんよね・・・
だけど「ハッピーセット」に関しては、
色々と面白いグッズが付く事もあったりするので、結構好きですよ。
ま、というか「プリキュア」関連以外買う事はないけど・・・

新聞折り込み等でよく、マクドナルドの折り込みちらしが入っていることが多く
その中にクーポン券が付いていて、
確かハッピーセットは元々450円程度だったと思いますが、
このクーポンを利用すると、280円~350円あたりで購入でき、
結構お得です。

この「ハッピーセット」は、バーガー【又はナゲット】・ドリンク・フライドポテト・玩具という
中身なのですけど、
健康面を配慮して希望者には、フライドポテトをコーンに変更する事も可能との事です。
だけど、クーポン券利用の場合、この変更はダメとの事です・・・

今回の「ハッピーセット」のお目当ては
次期プリキュアの「ハピネスチャージプリキュア」の特典カードです。
今回は、幸いなことに、ハート×ラブリーというある意味「鉄板」の組合せのカードを
引き当てることが出来ました。






やはり「ピンク系」の組み合わせは見栄えが良くていいですね。

今回は、「ハート×ラブリー」「ダイヤモンド×ラブリー」「エース×ラブリー」
「ロゼッタ×プリンセス」「ソード×プリンセス」という現役のドキドキ組と次期のハピネスチャージ組の
5種類の組合せです。
だけど、これを選択する事は出来ないので、どの組合せが入っているかは
開けてみてからのお楽しみなのです。


CIMG6327_convert_20140114161645.jpg


今回の「ハッピーセット」はこのカードの他に
おもちゃが一個ついてくるとの事でしたけど、
正直、プリキュア以外興味もないしいらないし、
多分、これまでのハッピーセットの売れ残りを特典として付けるのかなと思っていたら
案の定その通りでした・・・


CIMG6328_convert_20140114161715.jpg


ウルトラマンとかトム&ジェリーとか色々な玩具から一個選択して下さいと
言われましたけど、
正直「うーーん、どれもいらねーー」という感じでした・・・(笑)

ま、せっかくなので「たまごっち」の玩具をありがたく頂戴しましたけど・・・

 | BLOG TOP |