FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1994年というと、自分にとっては最後の20代でしたね。
この年って、高校時代とか大学時代の友達とか、
当時の職場の仲間の「結婚式」のお呼ばれが何か異常に多い年でもありました。
この当時、自分は山梨在住でしたので、
都内・宮城県・愛知県など色々な所に結婚式に行ったものですけど、
山梨は田舎だから、行くだけで片道5時間とかそんな感じでしたので
一苦労でしたね・・・
山梨から行く場合、お土産は定番の「信玄餅」・「ワイン」という大変便利なものが
ありましたから、
その意味では大変楽でしたね・・・
今、私は埼玉在住ですけど、
埼玉ってホント、定番のお土産ってないのですよね・・・
せいぜい「草加煎餅」くらいなのかな・・・??

だけど、当時20代の最後の年だったのですけど、
全く「自分自身の結婚」何て考えた事もなかったし、
想像できなかったですよね・・・
何となく、
「ま、このまんまでもいいや」とか
「結婚なんてしちゃうと、色々な意味で束縛がかかるし、何か面倒・・・」という
マイナスの感覚しかなかったような気がします。

ま、結果的に自分自身が結婚するのは、
この年の8年後で、実際はまだまだ先なのですけどね・・・
現在の自分から当時の自分にアドバイスをするとなると、
「独り者の間は、出来るだけ楽しみなさい」という事ですかね・・・・



〇都立永山

 Ⅰ/暗黒の一千年代

 前年の1993年に「この地球を神と崇める」の歴史的名演によって
 全国に一気に永山の名声と馬場先生の強烈な個性を轟かせくれましたが、
 翌年のこの年は、
 正直「うーーーん」と判断に迷う演奏となってしまいます。
 余談ですが、吹奏楽コンクールにおいて、この頃の東京都代表の各チームは、
 どの部門も中央大学以外は、それ程群を抜いているチームもなく、レベルの高い関東に比べて
 今一つと言う印象でした。
 だけど1993年から変化があり、この年は結果的に中学部門の代表チーム以外は、
 高校・大学・職場・一般の部の代表チームは全て金賞をゲットしています。
 ところで、この年の永山なのですけど、
 何か選曲ミスというか、
 永山の「鋭角的・直感的なサウンド」には、課題曲Ⅰの間宮ワールドは全然合っていないと
 感じました。
 自由曲も、曲自体の魅力が今一つのせいか、
 曲としての盛り上がりに全く欠け、
 「この曲の何が面白いのだろう・・・」という印象しか残せなかったと思います。
 何か不完全燃焼と言うか、モヤモヤした演奏で終わってしまい、
 結果も予想通り一転して銅賞にとどまってしまいました・・・


〇野庭

 Ⅰ/吹奏楽のためのファンタジー

 うーーん、永山と同じで、
 課題曲の間宮ワールド、自由曲の独特の夏田ワールドに、このチームの感覚・サウンドが
 全くミスマッチなんですよね・・・
 前の永山の演奏が終わって、野庭の奏者が舞台に入ってくる時、
 恐らく中澤先生の指示と思いますが、
 各セクションごとに入場し、統一して前後を振り返り着席して、硬い表情で演奏開始を待っている
 あの妙に独特の雰囲気に何か最初から違和感がありましたし、
 何かかつてのアルメニアンダンスとか春の猟犬の奏者の自発性・才気煥発・はつらつさ・自然さは
 この年は全く喪失し、
 いかにも「指揮者の中澤先生がこのように吹けと命令・指示しているから
 そのように吹いている」というロボットみたいな雰囲気が随所に感じられ、
 正直全く聴いていて「楽しい」とは感じませんでしたし、
 特に課題曲の間宮ワールドの独特の「ほのぼのとした雰囲気」とは明らかに異質の世界であり、
 全く共感は出来ませんでした・・・
 特に自由曲のトロンボーンのミストーンは痛々しかった・・・
スポンサーサイト



結構最近でしたっけ・・
ローカルネタで申し訳ないのですが、埼玉県内で展開している「本田書店グループ」は、
毎月第一・第三木曜日は、店内の中古DVDは全品半額になるという記事を乗せたと思います。
そうしたら、早速ある本田書店にて、
「プリキュア5」の第一巻が販売されていて、
それがたまたま第一木曜だった為、480円で入手出来ました。
しかも開けてみると、ほとんど新品状態と言うか、
全く視聴された形跡がなく、当時の特典のポストカード・映画の案内カードなども
全て付属されていました・・・

あー、結構ラッキーという感じでしたね・・・






改めてこのDVD一巻を見てみると、

「あー、やっぱりのぞみは歴代プリキュアの中では、自分の中では群を抜いてNo.1だなー」という事を
改めて実感しました。
可愛いし、優しいし、頭は歴代でも断トツに悪くてスポーツも家事も全て苦手というアホ娘
なのですけど、
「ひたむきに頑張っている」という事がとてもストレートに伝わってきますね。

改めて初期の話を見てみると、
変身時の掛け声とか間の取り方とか声のアクセントとか
何か微妙に異なるのですね・・・
第一話の頃ののぞみは、後半のややハスキーボイスと異なり
かなりの高音ボイスだったんだなーと感じましたし、
ココも第一話の頃は、随分と低音ボイスだったんだなーとも思いました。
ま、この辺りは声優さんの試行錯誤とか慣れとかの問題もあったと思いますが、
何となく興味深い所です。

ストーリー的にも
敵幹部のブンビーさんは、カワリーノという上司が登場するまでは、
結構非道な上司という雰囲気もあり、
後半の「中間管理職の悲哀」というムードはまだこの時点では出ていないというのも
何か面白いし、
第一話の頃のかれんさんは、かなり気が強いというか、自己中みたいな雰囲気もありましたね。
何か現役の「ドキドキ」ならば、真っ先に
「ジコチュー怪物」に変身させられそうなキャラでしたね。
うららは、結局第一話から最終回に至るまでほとんど変化なしというか
終始マイペースを守ったようにも感じられます。
こまちさんは、初期の頃から肝が据わっている印象・・・
りんちゃんは、なんだかんだ言って「のぞみ大好き」という感じでしたね。
りんちゃんの「一番怖いのは、のぞみがいなくなる事」というセリフは、
後の「フレッシュ」のせつなのセリフと丸被りですね・・・(笑)

私、よくこのブログで「吹奏楽」の記事を書くことがありますけど、
第一話をよく見てみると、
のぞみは、わすが数日ですけど
吹奏楽部に在籍した事もあるのですね・・・
やめた理由は、「音楽にうっとりして、爆睡してしまったから・・・」なんてのは
いかにものぞみらしいエピソードです。

歴代プリキュアの第一話を見てみると、
各ピンク系主人公がプリキュアになった理由は、
特にないのですよね・・・(笑)
たまたま妖精・精霊と遭遇し、事件に巻き込まれ、なし崩し的にプリキュアになってしまったという
話ばかりですよね・・・
ま、プリキュア5も全くその通りなんですけどね・・・

今度の時期プリキュア「ハピネスチャージ」は、その点はどうなのかな・・・
今回は、「プリキュア」という存在は全世界の人が全て既に知っていて、既に世界の至る所に
プリキュア達が戦っているという設定みたいだから、
その辺は多少は変化するのかな・・・??

 | BLOG TOP |