FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


関東8県が出場する「関東大会」はこの年が最後になります。
翌年以降から、関東は、西関東と東関東に分離される事になります。
当初は、「えー、この分離によって埼玉県だけ恩恵を受けているじゃーん」とか言われたものですけど、
確かに今でもそんな感じはしますよね・・・
だって、西関東大会の高校の部で、全国大会代表になるチームって、埼玉県ばかりですからね・・
うーーん、だけど現在の実力では、
新潟・山梨のチームが西関東を勝ち進むことは、「まずありえない・・・」という感じの
実力差が完璧についていますからね・・・
だけど、1994年までは、関東代表は4チームだけだったのが、
結果として、西と東で6チームになり、
これが契機となって、全国に名乗りをあげるチームも増えてきて、
これはこれで良かったと思います。

この年の関東大会は、高校Aと中学Bを聴きに行きました。
中学B部門の会場は、埼玉県所沢市のアーク・ミューズホールという大変音響効果の素晴らしい
立派なホールでした。
この年は、自由曲も色々とバラエティーに富んでいましたし、
ネリベル/交響的断章 リード/アルメニアンダンスパートⅡ ジェイガー/第三組曲
クリフトン=ウィリアムズ/カッチャとコラールといった
古典的な名曲オリジナル曲も選曲されたりと
中々楽しいものがありました。

だけど何か妙に面白かったのが、開会式かな・・・
誰が挨拶したかなんて全然記憶にないのですけど、
確か「主催者からの挨拶」という事で、吹奏楽連盟の人だったとは思うのですが、
この大会はB部門なのに、
堂々と
「皆様の素晴らしい演奏を期待しています。
 なお、本日の審査の中で、金賞受賞団体から、5団体を普門館で開催される
 全国大会に推薦したいと思います」
なーんてな事を平然と言っていました・・・
会場からは、何か「ざわざわ」と戸惑いの声が出ていましたが、
その吹連の方は舞台から姿を消していました・・・
その後、しばらくして、
事務局の方が恥ずかしそうに会場に姿を現し、
「いや、〇〇長は、先程あのように言われていましたが、〇〇長の勘違いで、
 この大会から更なる上部大会はありません」と
気まずそうに釈明していたのが何か印象に残っています・・・

でも、その〇〇長という方、ホントに吹奏楽コンクールの事分かっているのかいな・・・
全然知らないで、挨拶だけしに来たのなら、何かある意味怖い話・・・


〇仙台

 Ⅳ/ロメオとジュリエット

 いやいや、普門館では絶対に見たくないチームが登場してしまいましたね・・・
 前から言っている通り、私は高校までは仙台でして、
 高校時代は、この仙台高校(地元では、通称、せんたかと呼ばれています・・)は
 当時は宮城県を代表するチームで、毎年毎年県代表に選出され、
 半分あこがれ、半分ひがみ根性みたいな意識でした・・・(笑)
 当時は、「同じ高校生なのに、なんであんなにせんたかは上手で、うちらの学校は
 県大会金賞が限界のヘッポコチームなんだ・・」と
 ある意味顔も名前も見たくない学校でした・・・
 そのチームが、数年後初出場とは言え、全国に姿を見せるのですから、
 ま、大したものですね・・・
 演奏は、うーーん、客観的公平にどう聴いても
 銅賞レベルの特に可もなく不可もない平凡な演奏、
 但し、何か「優しさ」みたいなものは感じました。
 
 自分が仙台にいた頃と94年の全国大会出場時では指揮者が違うのですけど、
 自分の高校時代は、渡辺連(わたなべむらじ)というかなり高齢の先生が指揮をされていました。
 当時、せんたかの生徒も他校も、この指揮者の先生を
 「むらじんすきー」という愛称で呼んでいました。
 (注、言うまでもなくソ連の大指揮者、ムラヴィンスキーにかこつけたもの・・・)
 自分が中学~高校の頃、
 このむらじんすきー先生は、
 ドビュッシー/三つの夜想曲 チャイコフスキー/交響曲第5番終楽章
 コダーイ/ハーリ=ヤーノシュ レスピーギ/ローマの祭り
 プロコフィエフ/ロメオとジュリエットといった曲を自由曲に選んでいました。
 だけど、宮城県では圧倒的に強くても、
 東北大会では、判で押したように毎回銀賞ばかりで
 当時の東北大会のレベルの高さを立証していました・・
 (ま、そうですよね、70年代後半~80年代の東北大会は、秋田南・花輪・弘前南・仁賀保・磐城と
  スターチームが揃っていましたからね・・・)
 でも毎年どちらかというと、「アクの強い演奏」が多かった印象があります。

 なんかこの仙台高校が演奏している最中は、
 何か自分自身も当時の事を色々と思いだし、何か妙に
 「甘酸っぱい」感覚でした・・・
スポンサーサイト



テレビ東京にて、毎週日曜日深夜26:05より、
「咲-Saki」の全国大会編が放映開始となりました。
前回の長野県大会編は、2009年4月~9月の半年にかけて放映されていましたので、
待望の全国大会編が、アニメ版としては5年振りに再開されます。
いやいや、これは「待ちに待った」という感じですよね。
このアニメは、「ヤングガンガン」という月刊漫画雑誌に掲載されている漫画を原作にしているのですが、
この原作の進展速度が、亀並に遅い・・・
丁寧な描写とか休回が多いとか、主人公の高校以外の他校に対しても丁寧に描ききっている事が
原因と思うのですけど、
中々先に進展しない・・・
だって、5年前の連載時には、県大会を制覇し全国に駒を進めたのですけど、
5年後の現在でも、まだ全国大会が終わっていないというか、まさに真っ最中ですからね・・・
2009年のアニメが開始された頃、原作の段階では、
県大会の大将戦を展開している最中で、
当時
「えー、これまずいじゃん・・・だって、アニメ版の速度から計算すると、
どう見ても、原作の進展速度が遅いし、原作の方が急がないと、アニメ版の大将戦決着に間に合わないよ・・」と
思っていたものでした。
だけど、ホントこれ珍しいと思うのですが、
原作の大将戦決着の回とアニメ版の大将戦決着の回がほぼ同時と言う
信じられない展開になってしまいました・・・
いや、当時は驚いたものですけどね・・・
結局、アニメ版の最終回まで、残り4回は、原作にはない「個人戦」を比較的グタグタ展開していましたけどね・・


あ、ちなみに「咲-Saki」というのは、
高校での「麻雀部」を基軸にした物語です。
(原作上の世界観は、麻雀は全世界共通の普遍的なゲームで、競技人口も何十億単位というレベル・・)
この漫画、というかアニメですごいなーと思う点が一つあって、
何かと言うと、自分のように「麻雀」のルールとか用語とかを全然知らなくても
自然と入り込んでいけるという事だと思います。
ホント、これ不思議なんですよね・・・
麻雀を全く経験したことが無い自分なんかも、すんなりとこの世界に入り込めますし、
普通に見ていて楽しめるのですよね。
勿論、登場する子は、全員女子高生で、「ガールズ麻雀」ですし、これがまた可愛くて魅力的な子
ばかりですので、見た目にも飽きないというのが
大きいですけどね・・・
だけど、一番大きな要因は、
このアニメ、単なる競技としての麻雀という事ではなくて、
心理描写というか、対戦相手の生徒達の背景とか事情とか抱えている問題とかを
かなり丁寧に細かく表現しているから、
どちらかと言うと、競技としての麻雀漫画というよりは、
心理ドラマという側面の方が強い気がするのですよね・・・

だから、全然麻雀なんか知らない自分辺りでも共感でき、入り込めたと思うのですよね。

個人的には、主人公の咲は、あまり印象に残らない感じ・・・
どちらかというと、主人公サイドの高校の部員としては、部長で中堅を務める竹井久に
かなりの魅力を感じますね・・・





ああいう部長がいれば、
メンバー全員心服しちゃうのかも・・・

だけど、先程も書いたけど、
このアニメ、主人公の在籍する清澄高校よりも、他校の方が俄然面白い・・・
龍門渕のぼくっ娘の国広とか、
「ドキドキプリキュア」のレジーナと印象が被ってしまう天江衣とか
鶴賀のゆみちん先輩と東横桃子の百合ぶりとか
風越の福路キャプテンと池田の百合ぶりとか
同じく風越の、竹井久に降るボコにされてしまう可哀想な文堂さんとか、
東横桃子の「ステルス」振りとか
かなり魅力的なキャラのオンパレードなんですよね・・・

ホント、彼女達が全国に行けなかったりは、何か少し気の毒・・・

だけど、全国大会でも、主人公の清澄のメンバーを軽く凌駕する魅力的なキャラのオンパレードで、
自分なんかは、
千里山の園城寺怜なんか結構好きでしたけどね・・・

これに加えて、外伝と言う形で、「咲-阿智賀」編もありますけど、
これについて書くとキリが無いので
ここでは割愛します。
というか、個人的には阿智賀編のキャラの方が好きなんですけどね・・・・

 | BLOG TOP |