FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


越天楽

ここ何日間かはずーーっと家でのんびりしていたのですが、
1/1だけは初売りとか色々出歩いていました。
そんな時、確かイトーヨーカドーだったかな、ヤオコーだったかな、とにかく大型スーパーの
正月用BGMとして、「春の海」とか雅楽「越天楽」がかかっていました。
なるほど、確かにこれらの曲は日常にBGMとして流しても
「雰囲気に合わない」といったクレームが入るかもしれませんが、
正月と言うのんびりとした何となくおめでたい時間に、これらの曲を流しても
全然違和感はありませんよね。
何となく興味深いものは感じました。

「越天楽」というと、宮廷音楽というのか「雅楽」の中では一番知名度がありますし、
和式の結婚式ではすっかり定番のBGMですよね。

「雅楽」といっても、日本と西洋の楽器の種類の違いというのはあっても
基本的には、弦楽器・管楽器・打楽器から構成されています。
西洋の弦楽器に相当するのが、琵琶と筝
西洋の管楽器に相当するのが、竜笛・笙・篳篥
打楽器が、楽太鼓・鉦鼓
と言えると思います。

「なーんだ、楽器の基本的構成が同じならば、越天楽を西洋楽器でも
 表現できるじゃーん」と考えたのが、
近衛秀麿編曲の管弦楽版「越天楽」だと思います。
近衛秀麿は元々お公家さんの一族でしたけど、西洋音楽もしっかりと勉強されていて、
楽器の移し替え・移調は、案外造作はなかったのかもしれません。
例えば、琵琶と筝はヴァイオリンに、篳篥はオーボエに、竜笛はフルートに、楽太鼓はスネアドラムに等
色々苦労はあったのかもしれませんが、
こうして西洋楽器としての「越天楽」が完成したのでした。

自分自身、管弦楽版/近衛秀麿編曲の「越天楽」は、つい最近まで聴いたことかなかつたのですけど、
確か2001年頃に、ナクソスから、沼尻竜典指揮/都響の「邦人作品集」のCDが出て、
この中にこの「越天楽」が収録されていたのです。

最初聴いた時は、正直驚きました・・・
全く違和感がないのです・・・
以前何となく感覚で聴いていた雅楽としての「越天楽」を
西洋楽器の管弦楽版で聴いても、
それ程大きく変わったという感じは正直しませんでした。
演奏が、テンポがゆっくり気味で、非常に音色が洗練されているというせいもあるのかもしれませんけど、
とにかく意外な程違和感はありませんでした。

面白いもので、
以前何かの実験番組か何かで、
雅楽のような和楽器で、チャイコフスキーの白鳥の湖とか
「ルスランとリュドミーラ」序曲をやっていたことがあるのですが、
当然のことながら、こちらは思いっきり「ヘンな」演奏でした・・・

最初の予想としては、
例えばアメリカ人が歌舞伎とか能とか文楽を演じた時みたいな違和感を感じるのかなと
思っていただけに、
この違いは何なのだろう・・・
やはり世界広しと言えども、基本的に楽器の構成は、弦・管・打から構成されている
からなのかな・・・??

黛敏郎にも「舞楽~BUGAKU」という「越天楽」と発想が同じような曲があるのですけど、
こちらもあまり違和感がないというか、
舞楽は、もともと黛さんのオリジナルのようなものですからね・・・
この「舞楽」もレコードではなくて、CDを探しているけど中々無いのですよね・・・
もしかしてレコード盤以外に録音がないのかな・・
この曲を更に吹奏楽にアレンジして演奏した、1995年の秋田南高校の素晴らしい演奏しか
現在手許に無いから、
一度じっくり原曲を聴いてみたいのですけどね・・・

スポンサーサイト



本日は二週間ぶりの「ドキドキプリキュア」の放映でした。
予想通り、何か重い展開になりましたし、テーマがますます難しくなっていったような・・
これって本当に、日曜朝の幼児向けアニメでしたっけ・・・??
(ま、こちらの方は後ほど改めて記事にしたいと思います)

そんな中、公式で初めて次期9代目プリキュアの「ハピネスチャージプリキュア」が
新番組案内という形で
初お披露目されました。
今までは、画像でしか情報がなかったのですけど、
あのようにわすが数十秒でも、動いている場面と1/4に発表された声優さんの声が
プリキュアとして語られると
「ああ、いよいよまた新しいのが始まるんだなー」と実感してしまいます。

だけど、最初に動画を見た限りでは、
「可愛い!!」という印象ですね。
やはり巷で既に囁かれている通り、「アイカツ」と何か似ているというか被るものも
多少はあるような感じはしますし、
全然意識していないという事はないのかなとも感じました。

ま、何にせよ、最初の頃は「可愛さ」が最大のポイントですから・・・
キャラクターとか口癖とか設定は、その後の話なのかな・・・?




それにしても、次期プリキュアは、歴代に比べて随分と世界観を変えてきたものですね。
歴代プリキュア達は、
「プリキュアであることは廻りの人達には絶対に秘密」というのがお約約束事だったのですけど、
(フレッシュの最終決戦前に、両親達に自分たちが実はプリキュアである事を告白したという
 前例はありますけどね・・)
今度の「ハピネスチャージ」は、
世界中の人達は、既に「プリキュア」という存在を熟知し、世界の至る所で既にプリキュア達が
侵略者とバトルを既に繰り広げているという設定になっています。

ま、今の段階で予想とかいうのも野暮な話ですし、
何よりも現役の「ドキドキ」の最終決戦がまだ佳境にも入っていない段階ですので、
当面は、「今度はどうなのだろう・・」と自分のココロの中で勝手に
想像した方が面白いのかもしれませんよね。

何度かこのブログで書いている通り、1994年当時は、山梨県在住でした。
山梨県と東京都は隣接しているのですけど、
山を隔てているせいか、何か妙に遠く感じたものです。
というか、発展度合が全然異なるのですけどね・・・
山梨から都内に遊びにいく場合、
本当は車を使用すればよかったのでしょうけど、
車を利用すると、高速代・ガソリン代・都内での駐車場の確保の問題と駐車料のバカ高さ等の問題があったし、
国道20号(甲州街道)を利用すると、大抵渋滞に巻き込まれるしで
結局鉄道を利用した方が全然安上がりでした。

当時の新宿と松本を結ぶ中央本線には、かいじとあずさという特急があったのですけど、
あずさは、基本的に、新宿~八王子~大月~甲府しか停車しないのですが、
かいじは、それに加えて、三鷹・上野原・山梨市・塩山・石和温泉という駅にも停車するため、
あずさに比べて30分以上時間がかかるものの、回数券を事前に購入しておくと、かなり格安でしたので、
毎回かいじを利用していましたね。
あ、あと思ったのですが、山梨県も相当市町村合併が行われたようですので、
もしかして上記のような駅名はもう存在していないかも・・・

都内に遊びにいって、
また山梨に戻る時、
新宿を出発して、三鷹を過ぎると段々山に入っていきます。
毎回毎回、その光景を見る度に
「あーあ、また山梨に戻るんだよな・・・・」と憂鬱になったのは
何か今にして思うと、いい思い出ですね。
ま、結局山梨には6年近くお世話になりましたからね・・

吹奏楽コンクールを聴きに行く際は、
あずさ・かいじの始発ではプログラム一番に間に合わないので、
毎回毎回、甲府発午前二時頃の普通車に乗ったものでした。
こうして当時は普門館に聴きに行くのも一苦労という感じでしたね・・・・


〇札幌白石

 Ⅳ/ライモンダ

 このチームの演奏は、全体の中でも群を抜いていました。
 この年は、5年連続金賞という栄誉がかかったプレッシャーのあった大会だつたと思います。
 今の現役世代の方は分からないと思いますが、
 当時は、5年連続金賞を受賞すると、翌年は「名誉あるお休み+特別演奏という栄誉」が与えられていました。
 高校の部で、過去にこの特別演奏の栄誉を受けた高校は少なく、
 銚子商業・玉川学園・秋田南・天理・弘前南・淀川工業・習志野くらいかな・・・
 過去に、淀川工業(80~83年)と愛工大名電(84~87年)と4年連続金賞を達成しながら
 5年目に涙をのんだというケースもありましたね。
 札幌白石も、実は1989年に金賞だったらもう少し早い時期に5年連続金賞が達成出来たのですけど、
 ま、こればかりは運もありますし、何よりも音楽は生き物ですから、本番が全て
 うまくいく訳がありませんから・・・
 課題曲は、冗漫なこの曲が最後までだれることなく音楽的緊張感を持続させ、
 何か会場全体を張りつめた空気に引きずり込んていたのは極めて印象的です。
 課題曲Ⅳとしては、福岡工大付属と並び、最高の演奏の一つだったと思います。
 自由曲は、前年度に中央大学が初めてこの曲を全国に紹介したのですが、その中央大版とは時間制約上
 異なる選曲で、
 前半が軽快な部分、後半がアダージヨでしっかりと歌い上げるパターンでした。
 だけど残念なことが一つあり、
 前半の軽快な部分が終わった段階で、アホな何人かの聴衆がフライイングの拍手をしてしまい、
 しっとりと歌い上げる部分の冒頭が何か水を差されるようになったのは
 惜しまれます。
 だけど、結果的にそんなつまらない事故(?)を吹き飛ばす素晴らしい演奏でしたし、
 感動的な演奏でした。


〇常総学院

 Ⅲ/ローマの噴水

 前の演奏団体の札幌白石が情緒たっぷりの演奏とすると、
 常総学院は、多少メカニック的要素もあるような感じでした。
 ただ、サウンドと音色が実に見事に洗練されていて、
 とても吹奏楽の響きとは感じられない
 透明度が実に高い高次元の響きでした。
 課題曲も特にソロパートは全く文句のつけようがないし、
 比較的メカニックのように「少しの狂いも許されない」ような音楽を展開したのに対し、
 自由曲のローマの噴水では、抒情的な要素も加わり、
 数段素晴らしいものになりました。
 このチームの木管セクションのff時の清涼な響きは、とにかく絶賛する以外ないですね・・・
 ラストは時間制約上仕方ないのですけど、もう少し静寂な部分を増やして欲しかったですね。
 何か唐突に鐘の音が響いて終わったという印象もありました。
 だけど、全体的にはグランプリクラスの素晴らしい名演を聴かせてくれました。
本日をもって年末年始モードも終焉を迎え、明日よりお仕事言う方が
ほとんどだと思います。

だけど、私自身は1/7(火)まで休みなのです。
12/30から休みだから、実に9連休でした。
このくらい長期間休めると、
「あー、なんか骨休みできたなー」と実感は出来ます。

ま、と言っても
うちの会社、元々年間の休日日数は元々他の会社と比べると短いのです。
今時、完全週休二日制ではありませんし、
土日祝日も完全出勤です。
それになんだかんだ言って、休日出勤も多いしね・・・

だから、年末年始とかお盆とか
まとまって休みが取れる時期に、会社全体を休みにするというのが既定方針との事です。

だけど、ホント、久しぶりに家でのんびりできました。
ほとんど外出もしなかったので、
たっぷりと家で、DVD視聴とか溜まっていた本の読書とか音楽をたっぷりと聴く事が
出来ました。

1/8が仕事始めになるのですけど、
最初の一週間ぐらいは、何か軽快に仕事に臨めそうなくらい、
気持ちはリフレッシュしたと思います。
ま、もっとも体重計に乗っていないのでわからないけど、
体重は確実に増えたと思います・・

多分、今月か来月の厳寒の仙台に長期出張が目に見えていますけど、
ホント、寒いの苦手なんですよね・・
埼玉南部はよく暖かいなんて言われるのに、これでもまだダメですからね。
元々東北育ちだから寒さは得意のはずなんですけどね・・・
年末にツタヤでレンタルしてきたDVDの内の一つ、
「デート・ア・ライブ」第一巻を改めて視聴させて頂きました。
この作品、何回かこのブログに書いてある通り、
第7話以降の「時崎狂三」の登場から俄然面白くなるのですけど、
実はこのアニメのメインヒロインは、狂三(くるみ)ではなくて、
夜刀神十香なのですけど、この第一巻を改めて見てみると、それがよーく分かりますけどね・・
でも、狂三の登場以降は、
どうしても十香の印象が弱くなってしまうというか、
全ておいしいところを狂三に持っていかれた、ある意味「不遇なヒロイン」という感じも
しなくもない所が面白い所・・・

でもこのアニメ、設定がホント、バカバカしいのですよね・・・

未来の世界において、原因不明の「空間震」という空間そのものが大波動を起こし
地上の世界に大被害をもたらしていた・・
じつはその原因と言うのが、「精霊」が出現した際に起きる現象であった。
その精霊の暴走を食い止める方法は二つに一つ
一つが武力による殲滅
二つ目が、精霊と対話し、仲良くなってデートに誘い、デレさせる事・・

最初はあまりのバカバカしい設定に
「なんだこりゃ、これはひどい作品」と思っていたのですが、
第一話が終わる頃には、何か引き込まれるものがあったのですよね。
それが何かと言うと、
一人目の精霊である「夜刀神十香」のさみしそうな表情だつたと思います。






十香自身、
自分がどうやって生まれ、いつから地上に存在しているのか
その存在理由は何なのかは、
全く分かっていない所がミソ・・・
結局、人間が一方的に攻撃してくるから、
武力には武力でもって対抗せざるを得なかったというのが十香の言い分なのですけど、
結局の所、「孤独」であったという事なのだと思います。

そうした事を背景に、
どうやって十香の「孤独の魂」を対話とデートによって救済させていくのかというのが
最初の頃のテーマだったと思います。

だけど、このアニメが、
前述の「時崎狂三」の登場によって
俄然物語がヒートアップしていくのです。
でも、原作自体まだまだ執筆中の未完の作品の為、
第一期は、昨年4月~6月で終わってしまいます。

でも、第二期が今年の4月から、開始されるのですよね。
これは、自分にとっては、2月の「ハピネスチャージプリキュア」の開始と同じくらい
楽しみな事なのです。
第一期は4巻あたりで終わってしまったし、
現在は第9巻まで刊行されていますので、果たして第二期はどこまで放映できるか
今から期待大です。

f042887f_convert_20140105001835.jpg


それにしても、十香の「寂しそうな孤独な」表情ではなくて、
怒った時とか凛とした時の雰囲気も
何かそそられるものがあるのですよね。

プリキュアとは全く別の意味で魅力的な作品だと思います。

バーンズの吹奏楽作品って、ホント長期に渡って日本では愛され続けているような気も
しますよね。
考えてみると、バーンズの作品が初めて日本で知られるようになったのは、
「アルヴァマー序曲」と「呪文とトッカータ」(※現在の表記は、祈りとトッカータ)なんですけど、
この2曲が日本で演奏され始めたのが、1982年で、
丁度その頃、自分は高校二年生で、田舎の県立高校の吹奏楽部のクラリネット奏者でしたけどね・・・

バーンズの作品って考えてみると30年以上も演奏され続けているのですよね。
これって流行の浮き沈みが激しい日本の吹奏楽コンクールでは稀有な事だと思います。
だって、例えば1989年~90年代前半に流行した田中賢とか
21世紀初めに大流行したメリッロの「アメリカの騎士~選ばれし者」とか
90年代終わりに大流行したスミスの「海の男達の歌」とか
70年代に大流行したジェイガーやマクベスの曲何て、
最近では、耳にすること自体「珍しい」くらいですからね・・・
それでも30年以上に渡って吹奏楽コンクールのレパートリーに欠かせない存在となっている
バーンズは偉大な方ですよね。

バーンズの作品と言うと、

〇アルヴァマー序曲

〇呪文とトッカータ

〇アパラチアン序曲

〇パガニーニの主題による幻想変奏曲

〇イーグル・クレスト

〇百年祭祝典序曲

〇秋のひとりごと

〇ペーガンダンス

このあたりが主要作品なのかな・・・
だけどこの他にも「シンフォニスト」としての顔も持っていて、
あまり知られていないけど、2014年現在既に七つの吹奏楽のための交響曲を発表しています。

バーンズの交響曲というと、やはり人気が高いのは
交響曲第3番なのかな・・・
吹奏楽コンクールでも、最近自由曲として選ばれることが多いですよね。
この曲、何か知らないけど、妙に感動性が高い曲なんですよね。
と思っていたら、実は亡くなったお嬢さんの追悼を兼ねている交響曲との事です。

だけど、自分にとって、バーンズの交響曲と言うと
誰が何と言っても交響曲第2番です。

よく、この曲、「映画音楽みたい・・」とか「安物のSF映画のBGMみたい・・」と悪口を言われることは
多々あるようですけど、
自分としては、
「別に映画音楽っぽくても、曲が良ければそれでいいじゃーん」という感じなのですけど、
やはり3番の人気には敵わないみたいですね・・・

この交響曲を一言で述べると、とにかく「エネルギッシュ」な曲だと思います。
というかそれに尽きると思います。
前進する躍動感とか炸裂するエネルギーの大噴火といった抽象的な形容詞でも
何かピタリとこの曲に当てはまると思います。
でもそれでいて、実は非常に構成が綿密で、主題の提示⇒変奏⇒反復⇒再現みたいな
古典形式を見事に現在に花咲かせたとも言えると思うのです。
それでいて、例えば第一楽章でアラビアというか中東みたいな雰囲気を醸し出していたり、
第二楽章の中間部で、教会音楽みたいというか、バッハみたいなコラールを曲中に引用したりと
実は交響曲第3番以上に芸が細かかったりします。

この交響曲は、三つの楽章から構成されています。

Ⅰ.エレジア

 邦訳すると「悲歌」なのかな・・
 出だしは、非常にゆっくりとした部分から開始されます。
 段々エキサイトしてきますが、早い部分と遅い部分の対比が非常に面白いです。
 何かアラビアっぽい雰囲気を感じるのは自分だけかな・・・

Ⅱ.中断された変奏曲

 出だしはオーボエのソロから開始され、それが
 クラリネットからアルトサックスへと引き継がれます。
 静かな部分が終わると、少し賑やかな部分が変奏されていきますが、それが一旦静まると
 何と、ここで、木管合奏による静粛なバッハみたいなコラールというか聖歌が奏でられます。
 この部分、ホントに美しくて、心に染み入ります。
 そして木管コラールが金管コラールにバトンタッチされていきます。
 このコラールが終わると、
 またどんちゃん騒ぎが開始されますが、
 最後は、冒頭のオーボエソロが再現され、静かに閉じられます。

Ⅲ.フィナーレ

 いや、この楽章は「すごい」としか言いようがない・・・
 ホント、「エネルギーの固まり」みたいなものを感じます。
 冒頭で大太鼓がドスンと響かせ、ホルンが高らかに歌い上げます。
 そして、ホルン⇒トランペット⇒トロンボーンと引き継がれていくのですが、
 この部分の迫力とエネルギーは大変なものがあります。
 中間部で一旦静まるのですが、
 ここから面白い仕掛けが用意されています。
 バリトンサックス⇒テナーサックス⇒アルトサックスと、何とサックスセクションによる
 ソロの受け渡しが展開されていくのです。
 この部分が実に斬新だと思います。
 そして、更にファゴットのソロへと引き継がれます。
 何かこのへん、聴き方によっては、
 バルトークの「管弦楽のための協奏曲」のパロディーのようにも聴こえなくは
 ないのですけどね・・・
 ラストは、大変豪快に締めくくられ、
 実にスッキリと終わります。

この曲、日本の吹奏楽コンクールでは過去2回しか演奏されていませんし、
いずれも決め手に欠けます。
どこか素晴らしい演奏をしてくれないかな・・・

CDでこの曲を聴く場合
木村吉宏指揮/大阪市音楽団が圧倒的に素晴らしいと思います。

 | BLOG TOP |