FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


ドキドキプリキュア第40話/「まこぴー新曲発表」の回なのですけど、
もう何度見ても、この回は素晴らしいですね!!
歴代に漏れず、「ドキドキ」も過去に何度も名シーンといか神回がありましたけど、
この回は、その中でも屈指の神回だったと思います。

ドキドキプリキュアのメンバーって、歴代プリキュアの中では珍しいほど
全員聡明・優秀なのですけど、
特に、マナ・六花さん・ありす・亜久里の聡明さは恐ろしいほど高いレベル・・・
前作「スマイル」のボンクラメンバーの多さから見てしまうと、その優秀さが際立ってしまいます・・(笑)
過去のプリキュアシリーズでは、
一つの楽しみ方として、
初登場時のボンクラ・マヌケ・へたれからいかに最終決戦時までに「成長」しているか
その進化を共感しながら楽しむという事があると思います。
だけど「ドキドキ」の場合、
初登場時から、マナ達は優秀・聡明だから、
歴代と比較してみると、
「成長性」というキーワードは比較的弱いのですよね・・・

だけど、その中で剣崎真琴というか、キュアソードだけは、
元々「トランプ王国」という別世界の出身者であり、
人間界の常識とか知識にやや欠ける面があり、
それにプラスとして、当初の本人の
「仲間なんていらない」とか「自分がやらないと・・」という孤高さも加わり、
「ドキドキ」のメンバーでは唯一、「成長」という伸びしろがあったプリキュア何だなーと
思います。

「ドキドキ」の場合、もう一つ大事な要素があって、何かと言うと
「レジーナ」という問題・・
レジーナは、簡単に言うと、キュアソードの故郷である「トランプ王国」を滅亡させた張本人の
キングジコチューの娘という立ち位置・・・
ここで重要なのは、レジーナ自身はトランプ王国滅亡には全く関与していないという点。
レジーナが、マナ達の前に出現した際、
ソードが有無を言わさず「私はあなたを許さない!」とプリキュアの姿に変身した事が
当初のソードの心理状態を示唆していますが、
当のレジーナとしては、「そんなの知らない・・・」というのはむしろ自然な反応・・・
ここで、
マナの「敵とは友達になってはいけないのか・・?」という難しい問題が出てきて、
色々な紆余曲折があって
現在にまで至っているという感じなのだと思います。

マナの場合、すごい点は
初期の頃から
「レジーナは、ジコチュー幹部とは何か違う・・」
「レジーナにも愛する心が存在している」と看破し、
初期の頃から、レジーナに対して絶対の信頼をしている点なのだと思います。
勿論、ソードのように、自分の故郷を滅亡させられたという当事者意識の高い人間と
そうでもない人間との温度差はあったと思いますが、
それでもすごい・・・

その過程で色々あったのですけど、最終的にソード自身も
「マナがそう信じるなら自分も信じてみよう」という気持ちに変化していき、
「汝の敵を愛せよ・・・」みたいな感覚がソード自身に芽生えていったのが
ソード自身の成長ではないのかなーとも思います。

そうした中での第40話でした・・・

「自分たちは今でもレジーナが好きだし、信じている」という気持ちを何とかレジーナに伝えたい・・
だけどレジーナが出現すると、戦闘モードに嫌でもなってしまい、
中々そうした気持ちを伝えられない・・・
それならば、歌として伝えれば良いのでは・・・と考え、
人間界ではアイドル歌手でもある剣崎真琴の「新曲発表会」という形で
臨んだのがあの40話だったのです。

この回の白眉は、何といっても
歌いながら、レジーナに近づいていき、
レジーナの槍を素手で受け止め、最終的にキュアソードの姿になりながらも
一番までを全部歌いきった場面ですね・・・

bd985a75-s_convert_20140104191209.jpg

キュアソードに再変身する際の髪のもつれとか
いかにも泣き出しそうなソードの姿には、
ホント、まじで心を打たれるものがありました。

f0237885_0145179_convert_20140104191258.jpg

いやーー、でもあのシーンは本当に「名場面」でしたし、
歴代プリキュアの中でも
ベスト10に入れたいくらいの素晴らしい場面でした。

ソードが槍を受け止めながら
歌っている背景で、
ダイヤモンドがイーラと、ロゼッタがマーモと、ハートとエースがジコチューと戦っているシーンが
この場面を更に引き立たせていましたし、素晴らしい演出だったと
思います。

あの「こころをこめて」という曲は、ホント泣かせる曲ですよね・・・

剣崎真琴と言うと、「ソングバード」という持ち歌もあるのですけど、
こちらは「こころをこめて」とは対照的に弾けるような感じの曲なのですけど、
この「ソングバード」もよく見てみると
歌詞が実にいいのですよね・・・


La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!

Blue sky! 晴れわたる空
口ずさむのは希望のフレーズ
One voice! 聴こえてるかな?
永遠へつづくメロディ

こころに運ぶ ことばの種が
みんなの笑顔 咲かせますように☆
ヘッドフォンからひびく音色で
明日元気になれ!

〜SONGBIRD〜
つばさひろげて
キミすむ街まで今すぐに
My song 届けたい
True heart
伝えたい愛
どんなに遠くに離れていても
ひとつになれるから…
La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!

On stage! ドキドキするね!
キミの瞳はまぶしいスポットライト
Don't mind! 落ち込んだって↓
一緒に歌えばハピネス

春のざわめき、夏の潮騒
秋と冬のせつない足音
想いを込めて願いをのせて
いつか未来になれ!

〜SONGBIRD〜
羽ばたきながら
世界でいちばんきらめく
Our dreams 見つけたい
Good days
それぞれの夢
その胸の中で 輝かせたら
しあわせ待っている…

〜SONGBIRD〜
つばさひろげて
キミすむ街まで今すぐに
My song 届けたい
True heart
伝えたい愛
どんなに遠くに離れていても
ひとつになれるから…
La la la la… La la la la…
One! Two! Three! Four! Fly!
Fly!

「ソングバード」も「こころをこめて」も
キャラクターアルバム「SONG BIRD」に収録されているのですけど、
マジて゛、このCD欲しくなったかも・・・
スポンサーサイト



自分自身、現役プレイヤーとして吹奏楽から足を洗ったのは1988年以降からなのですけど、
88年以降、吹奏楽コンクールを聴いていると、
課題曲で自分自身吹いてみたい曲はいくつかありましたね・・・

例をあげると・・

〇90年課題曲A/ランドスケイプ

〇92年課題曲B/フューチユリズム

〇94年課題曲Ⅰ/ベリーを摘んだらダンスにしよう

〇98年課題曲Ⅱ/稲穂の波

〇99年課題曲Ⅱ/レィディアントマーチ

〇00年課題曲Ⅰ/道祖神の詩

〇07年課題曲Ⅳ/マーチ「ブルー・スカイ」

などなどですけど、他にも結構ありますけどね。
ま、色々批判は受けていますけど、やはりコンクール課題曲というのは、
勿論当たり外れもありますけど、
後年振り返ってみると
「あの曲はいい曲だったな・・」何て感じる曲も結構ありますからね・・・

そんな中、一つだけあげなさいと言われると
「ベリーを摘んだらダンスにしよう」となってしまうと思いますが
マーチ系からと言うと
文句なく、1989年の課題曲D/ポップスマーチ「すてきな日々」をあげたいですね。

作曲者の岩井直溥氏は、
吹奏楽経験者なら大抵の人は耳にしたことが名前だと思いますし、
何よりもポップス系の「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズの指揮とアレンジで
お馴染みの方ですよね。
自分自身、コンサートのポップス系のプログラムで困った時は、
「じゃー、ニュー・サウンズ・イン・ブラスの中から・・・」と
なるパターンの方が多かったような気もします。
他にも、吹奏楽コンクールの課題曲としても、
「明日に向かって」・「未来への展開」・「メイン・ストリートで」・ポップス変奏曲「かぞえうた」などで
お馴染みですし、
最近でも2013年の課題曲Ⅲ/復興への序曲「夢の明日に」でも
まだまだ健在ぶりを示されていました。
岩井氏は、最近でも
日曜朝9時からの「題名のない音楽回」に出演されていて
確かもう90歳になっていたと思うのですけど、元気な様子が窺えて
安心した方も大勢いると思います。

岩井氏というと、ポップス系というイメージがあると思いますが、
「道祖神」とか「渚の詩」みたいな吹奏楽オリジナル曲を幾つか残していますし、
ファリアのバレエ音楽「三角帽子」のアレンジャーでもあります。
(確か、1981年の湊中の三角帽子のアレンジャーは岩井氏だったと思います・・)

話を戻しますと、
ポップスマーチ「すてきな日々」は文字通り、すてきな曲です。
歩くながら吹く事を想定した「行進曲」ではないのですけど、
室内でのコンサートマーチとしては、本当に完成度が高いと思います。
全体的にジャズっぽい雰囲気もあるし、ミュージカルみたいな雰囲気もあります。
最大の特徴は、「マーチ」なのに、
本格的なドラムセットを使用し、冒頭からハイハットシンバルの強烈な後打ちが炸裂したり、
全体のサウンドを牽引する非常に重要な役割を持っている点だと
思います。
この曲、コンクールで何度も見ましたけど、
ドラム奏者は、本当に目立っていましたし、腕の見せ所ですよね。

この曲、意外とテンポの変化がめまぐるしく、
場面転換に応じてテンポも変化していきます。
途中、トロンボーンによるスウィングみたいな奏法もあったりするし、
グリッサンド奏法も入ったりするしで
結構奏者は大変だと思いますよ。
何よりも、この曲、リズム感とノリノリ感がホント、求められますしね・・・

打楽器もドラムの他に、シンバル・大太鼓・シロフォーン・グロッケン・ティンパニーも入ったと
思いますけど、かなり華麗な響きでしたよね。

この課題曲は色々名演がありましたけど、
個人的には、東海大学第四高校の演奏が一番素晴らしかったと思います。
あのリズムの切れの良さとトロンボーンのスイング感は、中々他では聴く事ができないものが
ありました。
他にも34名前後の小編成でこの曲に挑んだ大月東中も中々良かったと思います。
打楽器奏者が4人しかいなくて、
確か、大太鼓とシンバルの役割をドラム奏者一人が担っていたのが印象的です。

先日かな、やっと「ドキドキプリキュア」のバンダイ食玩フィギュアを
箱から出したという記事を書いたのですけど、
考えてみると、前作「スマイル」に至っては、
これもつい最近なのですよね・・・箱から出したのが・・・
なんか、ドキドキ組以上にスマイル組の食玩の箱が可愛くて
何か開ける気になれなかったのですよね・・・・(笑)

だから、結果的にスマイル組を開箱して二か月後くらいに現役のドキドキ組を開箱したという感じに
なります。

まったく・・・
我ながら、いい年こいて何しているのでしょうかね・・・(笑)





「ドキドキ」の食玩は5人全員完成度は高いのですけど、
「スマイル」は正直当たり外れが多少はあるかも・・・
ハッピーとマーチは完成度が非常に高いのですけど
(マーチのあの妙な髪形とモコモコ感をよくあそこまで出せたと感心しています・・)
サニーとビューティが何かイマイチのような気もするのですよね・・・
ま、その分、ビューティはDXフィギュアの出来が半端なく高いのですけどね・・・

だけど、ここで一つ困った問題が・・・

さすがにそろそろ置き場所に困ってきた・・・

2月から「ハピネスチャージ」が開始されると、どうせすぐに商魂たくましいバンダイから
食玩フィギュアとかキュアドールとか色々発売されるのでしようけど、
さすがにどこに置けばいいのだろう・・・

ただでさえ、CD・本関係で収納に限界がきているのに、
幾ら小物とはいえ、これだけプリキュア関係のグッズが溜まってしまうとね・・・

だけどどーせ、2月になると
「キュアラブリーの食玩、食玩・・」とか言ってウキウキしてスーパーに行くのでしようけどね・・・
年末に群馬・館林の親戚から新米が送られて、そのお米がとても美味しいなんて記事を
載せましたら、
別の館林の親戚から、
今度は野菜・お米・おもちが一箱どっさり送られてきました。

ここのおもちは毎年送られてくるのですけど、つきたてという事もあり、これが実に美味しい!!
ホント、余計な小細工をしないで、
おもちそのもの又は
きな粉を付けるだけで十分美味しさが堪能できます。
最近、永谷園のCMとかHPを見て分かったのですけど、
永谷園の「松茸のお吸い物」におもちをいれるだけでも、かなり立派なお雑煮になるのですよね。
先程改めて試してみた所、これが実に美味しい!!
私は、元々仙台出身なのですけど、
「仙台雑煮」って、基本的には、ハゼからの出し汁に白味噌を合わせ、
いくらとか鮭とかとにかく色んなものを上に乗っける「贅沢系」なのですけど、
実は私、子供の頃からこの仙台雑煮が大の苦手で、
お正月にこれが出されただけでテンションが下がったものです・・・
だから、かえって雑煮なんて、永谷園のお吸い物にお餅を加えるだけのシンプルな方が
大好きなのです。





野菜は、うちの奥様が
浅漬けに使うとか言っていました・・・

だけど毎年そうなのですけど、
こういう無添加のつきたてのお餅って、寒くてもかびてしまうのは
かなり早いのですよ・・・
昨年何か、届いた頃には既にカビが生えてきている状態でしたから・・・

ま、だかに早めに頂くことにしましょう・・・
野菜は夫婦二人にしては量が多すぎるから、隣のおじいさんにでもお裾分けでもしようかな・・


CIMG6295_convert_20140104170217.jpg


そうこうしているうちに
うちの奥様のいとこから「みかん一箱」が届けられました。
ま、そのいとこは八百屋さんなのですけど、
うちの奥様曰く
「どーせ、店の売れ残りでしょ・・」とか言っていますけど、
まあまあ、折角の頂きものなんですから
これも早い内に頂いておきましょう・・・

でも、ホント、マジで年末年始は体重がかなり増えそう・・・

ついでにもう一つ届きました。

これはうちの奥様がネットの懸賞で当選させたものなのですけど、
今年の初戦利品です。
何かと言うと、アサヒ飲料の「48種の発酵植物」のサプリメント・・・

あれ、これって昨年も一度なんかで当選していたような気が・・・

ま、現在体が「野菜不足」なんだから丁度良いのかも・・・

 | BLOG TOP |