FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


自分が現役の頃って、
コンクールの課題曲は、4~5曲で、
現代風なもの、日本の民謡をベースにしたもの、ポップス系・行進曲と
色々とバラエティーに富んでいる事が面白かったと思います。
1993年以降、課題曲は「マーチの年」と「マーチ以外の書下ろし作品」に分離してしまいましたけど、
これってどうなのかな・・・?
吹奏楽を始めたばかりの中学生だと、
ある生徒は、3年間でマーチの年が2回だったり
ある生徒は、3年間でマーチの年は一度しかなく、2回がすごーく難しい純器楽曲になったりして
ある意味何か不公平な感じがしない訳でもないというか、
最初からあまり高度な課題曲から吹奏楽を始めてしまうと、
それが原因で結果的に「音楽が嫌になる」という事が起きないのかな・・・とたまに心配したりも
します。

自分の場合、吹奏楽部に入部し、ある程度吹けるようになって渡されたのが
コンクールの課題曲のスコアで、
その曲は、1978年の課題曲A/ジュビラーテでした。
この課題曲、当時も現在でもすこぶる評判も評価も高いし、
自分自身現在この曲を聴くと、
「あー、いい曲だな・・」と思います。
だけど、当時13歳の自分にとっては、
「ジュビラーテ」クラスでも
「うーー、わけわかんねー、むずかしい・・・」という否定的な感じでしたね・・・(笑)

だから、1994年に中学の吹奏楽部に入部した子供たちが
94年の課題曲Ⅲ/饗応夫人なんてどのように感じたのでしょうかね・・・

ちなみに吹奏楽をテーマにした中沢けい氏の「楽隊のうさぎ」という小説があるのですけど、
主人公の男の子は、
小説の上では、1996年入部だと思うのですけど、
小説の中でも、当時の課題曲Ⅴ/交響的譚詩に色々と悩まされる部分が多々あるのは
何か興味深いものがありました。

あ、この「楽隊のうさぎ」は色々興味深いものがありますので、
近いうちにテーマにしたいと思います。


〇兵庫

 Ⅲ/白鳥の湖

 課題曲は、Ⅲを取り上げたチームの中でもトップクラスの演奏だったと思います。
 ソロをはじめ技術的な不満は何もないし、ほぼ完璧な課題曲でした。
 だけどこの「完璧さ」というのが少し曲者という感じもあって、
 完璧すぎる故に、何か訴えるものがない・・・という実に高度な悩みを起こしてしまっている
 感じは受けました。
 自由曲で、そうした傾向が顕著に表れ、
 演奏はほぼ完璧だし、5分弱の短い時間によくこれだけドラマを盛り込んだなと感じるくらい
 曲想変化にも柔軟に対応していたし、
 満足いくものなのだけど、
 悪く言うと、演奏が理知的すぎるというか、
 優等生が指揮者の言う通りに吹いているという何か人工的な香りがあったようにも
 思えます。
 この年は、今までの松井節というか、強烈な個性を控えめにし
 やや優等生過ぎる安全運転な演奏が、
 幾分演奏全体を平板なものにしたようにも感じられました。

 では、埼玉栄・常総も大体同じような傾向で、演奏が優等生的・理知的なのに、
 兵庫が銀、栄と常総が金になったというと、
 その違いは、「音色の洗練度合の差」という所なのかな・・・
 ま、どちらも僅差なのですけどね・・・
 聴いていて、兵庫も栄も常総も同じような方向性なのだけど、
 ややサウンドの透明度に差があったという感じなのかな・・・


〇武生東

 Ⅲ/絵のような風景

 このチーム、初出場の1990年から93年まで4年連続銅賞
 この年銅ならば、
 「5年連続銅賞」というある意味すごい記録樹立という事で、何となく注目はしていました。
 この年から指揮者が交代し、どうかな・・と期待はしていましたが、
 うーーん、正直に書くと
 可もなく不可もなく
 コメントに困る演奏・・・
 アピールポイントが無いというのが、印象を薄くしているのかな・・・
 だけど何とか銀賞に入賞し、
 成績発表時に「銀賞」とアナウンスされると、
 ガチで「わー」とか「やったー」という自然な歓声が上がっていたのは何か微笑ましいものでした。
 
スポンサーサイト



モルトン=グールドなんていう作曲家、日本での知名度は
低いのでしようね・・
だけど自分のように吹奏楽経験者に限って言うと
知名度はグンと跳ね上がると思います。
グールドの吹奏楽作品というと、

〇サンタ・フェ・サガ

〇狂詩曲「ジェリコ」

〇吹奏楽のためのバラード

〇アメリカンサリュート~ジョニーが凱旋する時のテーマによる

あたりが有名でしょうし、
ジェリコは現在でも、吹奏楽コンクールで耳にすることもありますし
根強い人気はあるのかもしれません。

「ジェリコ」というと吹奏楽のオールドファンなら、
1960年代の出雲一中を思い出す人も多いと思いますが、
自分にとっての「ジェリコ」は、1977年の神奈川大学の演奏ですね・・・
残念ながら、この年の演奏レコード音源にありませんし、
知る人ぞ知る演奏になっているのは極めて残念なのですけど、
金管セクションの強烈なリズム感とか、城壁が壊れるシーンの打楽器の大活躍ぶりとか
埋もれてしまうには惜しまれる「名演」です。
この時の演奏は、まだ小澤大先生が赴任される前の演奏なのですけど、
小澤氏が赴任される前に既に神奈川大学吹奏楽部は
かなりのレベルに達していたものと推察されます。

あ、なんか全然話がそれてしまいました。

グールドは、純粋なクラシック音楽の作曲家なのかもしれませんけど、
多彩な才能があり、
映画音楽・バレエ音楽・ジャズ・ミュージカルなど多くの分野で作品を残しましたけど、
特にテレビにおけるBGMとしてのテレビ音楽作りに大きな役割があったのかもしれません。
日本では、2003年までテレビ朝日系で放送されていた「日曜洋画劇場」の
エンディングテーマ/So in Loveの作曲者と言った方が馴染みがあるのかもしれませんよね。
グールドは、作曲家としての顔もありましたけど、
指揮者の顔も有しており、RCAレコードに膨大な録音が残されています。
この方、コープランドと大体同じ時期に活動されていましたけど、
かなり長生きされていて、亡くなったのは1996年です。
しかも現役バリバリだったようで、亡くなる翌日は、元々ディズニーのイベントの指揮を振る
予定だったとの事です。

モルトン=グールドの管弦楽の作品と言うと、
私は何といっても「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」を強く推したいと思います。
残念ながらこの素晴らしい曲、日本では知る人ぞ知る曲なのですけど、
こんなに聴いていて楽しい曲もないと思います。
「交響曲」という表記ですけど、
実際は組曲に近い印象です。
この曲の最大の特徴は、管弦楽曲なのに、サックスが5本も入り(アルト2 テナー2 バリトン1)と
更にギターも入る点かな・・・
曲は四つの楽章から構成されます。

Ⅰ.ルンバ

 タイトル通り、ノリノリな曲です。
 全体にサックスセクションが全体を牽引しているような感じもします。
 楽しげに踊っている光景が目に浮かびます。

Ⅱ.タンゴ

 ギターで開始されます。
 南米の夜のだるーい雰囲気がよく出ています。

Ⅲ.ガラーチャ

 バスクラリネットの伴奏に乗る形でトランペットによる軽快な舞曲が
 印象的です。
 リズム感抜群の感じの曲です。

Ⅳ.コンガ

 熱狂的なリオのカーニバルを連想させる音楽です。
 出だしは打楽器から開始されますが、色々な楽器が絡み盛り上げていきます。
 ラストは、8小節の打楽器セクションのソロを経て
 唐突に閉じられます。

いやいや、17分足らずの短い曲なのですけど、
熱狂あり、かったるい部分あり、ダンスあり、リズム感の切れ抜群と
とにかく純粋に音楽を楽しみたい方にとっては
うってつけの曲です。

何となく、アルゼンチンの作曲家のヒナステラのバレエ組曲「エスタンシア」と同じような系列の
曲なのかもしれませんけど、
あそこまで過激でないというか、
グールドの方が理性的のような感じはします。
ま、エスタンシアは、獰猛な牛がワイルドに暴れまわるような豪快さが売り
なのですけどね・・・

この「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」を聴くと
どうしても連想してしまう曲があります。
何かと言うと、吹奏楽曲なのですけど、
A.リードの吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」です。
この組曲も四楽章構成で、

Ⅰ.ソン・モントゥーノ

Ⅱ.タンゴ

Ⅲ.グワラチャ

Ⅳ.パソ・ドブレ!

から成っているのですけど、
構成がグールドの「ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ」と大体同じなのですよね。
Ⅰがリズム感抜群 Ⅱがだるくて Ⅲがスケルツォ風 Ⅳが豪快に決めるという感じは
両曲とも大体同じような気がします。

ま、だけど両曲とも素材が同じだから、
当然なのでしようけどね。

この曲、私自身
生で聴いたことは一度もありませんし、この曲を収録しているCDは一枚しか知りません。
アヴラヴァネル指揮/ユタ響ですけど、
これ以外で、他にもっとエキサイティングな演奏、ないでしようかね・・・
我ながらしょーもない話だと思うのですが、
年末になって、ようやく2013年3月頃に発売された
バンダイの食玩「ドキドキプリキュア! キューティフィギュア」を開箱し、
やっとお披露目しました・・・






フィギュアを収納した箱が結構可愛かったもので
中々開ける気になれなかったのですけど、
箱の中に入っているお菓子(と言ってもラムネ一個だけですけど・・)の賞味期限が
2014年1月となっていましたので、
やっと開箱する気になれました・・

エースは登場時期の関係で、2013年7月発売だつたかな・・・

だけど、今回のキューティーフィギュアは、
ハート・ダイヤモンド・ロゼッタ・ソード・エースと
5人全員出来栄えも良く、
スマイル・スイートの頃に合った出来があまり芳しくない「外れ」もなく
さすが、こうした食玩は毎年毎年着実に進歩しているものだなと実感したものでした。

実はなんですけど、
2007年~08年放映の「プリキュア5」シリーズのやはりバンダイの食玩フィギュアなんですけど、
この食玩シリーズ、いまだに勿体なくて開箱していないのですよ・・・
勿論箱が可愛いというのもありますけど、
何か開ける気にならないのですよね・・・(笑)

楽しみは後にとっておくといっても、
番組終了してから既に5年経過していますし、
既にこの「プリキュア5」以降、6代もの後輩プリキュア達が登場していますからね・・・
箱の中のラムネ菓子はどうなっているのだろう・・・

 | BLOG TOP |