FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めに少々記しておきたいことがあります。

なぜこんなに古い時代の吹奏楽コンクールの感想を今更グダグダ書いているかと言うと・・・

ま、一言で言うと、自分の記憶・印象がまだ比較的強く残っている間に
何か記録として残しておきたいという思いがあるからです。
自分自身昨年は四回目の年男でしたけど、何か年々記憶力が落ちてきていることが何か腑に落ちないのです。
勿論、仕事とか日時生活に差し障りが出るとか、さすがにそういう深刻なレベルではないのですけど、
若い頃に比べて、感激性とか感受性とか記憶力が低下している事は
さすがに自分自身気が付いています・・・

よく人によっては、
「自分の昔の話は自分の胸にだけしまっておきたい」という方もいらっしやいますし、
それは当たり前の事だと思います。
別に他人に自慢したい訳じゃないけど、
10代から40代の現在に感じた事とか趣味の話を
「忘備録」みたいな記録に残してもいいんじゃないかと思い始めたのが
実はこのブログを始めるきっかけでした。
ま、自分自身が自分自身に
「今の自分も大切だけど、昔の自分も忘れないでね・・・」というメッセージを託したのが
このブログ、特に「吹奏楽」カテゴリだと思うのです。

だけど、こうしてブログを開始してみて気が付いたのですけど、
他の皆様の記事が非常に興味深いというか実に面白い!!!
自分自身の古い記憶と印象を辿りながらの「昔の自分探し」という面も勿論ありましたけど、
皆様方の何気ない日常生活とか趣味のお話とか
今まで全然自分が気が付かなかった観点から、様々な話に触れることが出来て、
ホント、ブログを開始して良かったなーという感じなのです。

それと特に「プリキュア」・「クラシック音楽」カテゴリでは、
他の方の実に斬新で多種多様な見方をされていて、実に見事な記事を書かれている方が多く、
マジに冗談抜きで「目から鱗が・・・」という事しか言えないほど
驚いていますし、非常に感謝をしています。

ですので、吹奏楽コンクールの記事については、
私自身の忘備録と思って、読み流してくださいね・・・(笑)



〇高岡商業

 Ⅳ/狂詩曲「スペイン」

 うーーーん、一体このほぼ完璧な演奏のどこが銅賞なんだろう・・・
 いまだにこの年のこのチームの銅賞は納得がいかない・・・
 下手なバンドが演奏すれば冗長以外の何物でもない課題曲/雲のコラージュを
 力強さと優しさの両面から描き切り、
 自由曲も躍動感たっぷりに表現出来ていたのですけどね・・・
 うーん、この演奏のどこにマイナスポイントがあるのだろう・・・
 後日CDを聴いても結局分かりませんでした・・・
 狂詩曲「スペイン」の出だしの木管の、ポンポンポンというスタッカートも実に歯切れが良かったし
 金管セクションが大変充実しているチームなのですけど、
 この年は節度を保って冷静に演奏していたと思うのですけどね・・・


〇東海大学第一高校

 Ⅳ/トリティーコ

 毎年毎年個性的な選曲に個性的な解釈と演奏をしてくれるチームですけど、
 この年も色々な意味で珍解釈をしてくれ、大いに楽しませてもらいました。
 課題曲Ⅳ/雲のコラージュは、楽譜指定以外の楽器を使用しても可なのですけど、
 何を考えたのか、このチームは、というかこの指揮者は、「ウインドマシーン」をこの課題曲に
 組み込んでしまい、
 確かに「雲と風」は相性がいいのかもしれませんけど、
 強奏時に、ウインドマシーンから風がビュービュー呻りをあげるのには、
 さすがに「やり過ぎかも・・」と感じました。
 もっともこのチームは、1989年の自由曲「メトセラⅡ」の際にも
 打楽器セクションの例の掛け合いソロ時に、なぜか和太鼓を使用したり、
 一旦静まりかえりドラが余韻を残すあたりで、なぜか鳥の鳴き声のテープを流す珍解釈を
 している前科がありますけどね・・・
 自由曲のネリベルの「トリティーコ」は個人的に生で聴きたかった曲で興味津々でした。
 (トリティーコは1983年に大曲吹奏楽団が演奏しています・・)
 だけど、時間制約上仕方がないのだけど、第二・第三楽章をズタズタにカットし、
 第二楽章も実にヘンな所でぶつぎって無理やり終わらせ
 第三楽章に突入しましたけど、
 ああいうヘンなカットをするくらいなら第三楽章だけやっても良かったのでは・・・・???
良く言えばネリベルらしい「強烈なダイナミックスレンジを有効に使用」とも言えるのだけど、
 あの強烈な音響と強烈な音量は、さすがに耳には堪えましたね・・・
 演奏終了後の間をおかない身内からと思われる「ブラボーコール」もいかにもヤラセっぽく
 ここでも興醒め・・・
 打楽器も1960年代を思わせる過剰な叩き過ぎが実に耳に痛い演奏・・・

 このチームが本当に進化するのは、2000年以降なのかな・・・
 だけどそれから間もなく、生徒へのセクハラ・パワハラ問題が露呈し、指揮者は逮捕という
 とんでもない事態になってしまいますけどね・・・
スポンサーサイト



大晦日、毎年渋谷の文化村オーチャードホールにて、「ジルヴェスターコンサート」と言うか、
年またぎコンサートが2013年から2014年にかけて開催されています。
毎回PM11:30あたりからテレビ東京にて生中継され、
その中の目玉企画の一つとして、「新年カウントダウン」曲が演奏されます。
新年と同時に演奏が終了し、紙吹雪が舞い飛ぶ結構派手な演出となっています。

ちなみに、このカウンドダウンに選ばれた曲で、最も演奏回数が多い曲は「ボレロ」です。
2012年~13年のカウントダウン曲は
エルガーの行進曲「威風堂々第一番」でしたけど、
何かこの曲が自分にとっては、カウントダウン曲としては一番しっくりきますし、
演奏時間からいっても一番無難のようにも感じます。
ところで、この「カウントダウン」ですけど、
過去に二回ほど何を血迷ったのか、
マーラーの交響曲第2番「復活」終楽章というとんでもない曲をぶつけてきたことがあります。
ま、確かに祝祭には相応しいのかもしれないけど、
カウントダウンであんな重厚長大でしつこい曲を聴かされてもね・・・
ちなみに、東急ジルヴェスターのカウントダウン曲に、このマーラーの復活を選ぶと
歴史に残る大事件が発生するという噂があるようですけど、
ホントかな・・・??
ちなみに2000年⇒01年の時は、同時多発テロ事件 2010年⇒11年の時は東日本大震災・・

カウントダウンでは、大抵成功するパターンが多いというか、
00:00の時刻と同時に曲が完奏する事が多いのですけど、
記憶に新しい所では、2011年⇒12年の際、「ボレロ」を振った金聖響のチョンボが敗因だと思うのですが、
00:00の時刻の5秒ほど前に曲が終わり、
どっちらけた事もありましたよね・・・(笑)
そう言えば、年は忘れたけど、かつて井上道義が「ラプソディー・イン・ブルー」を振った時は
逆に3秒ほどタイムオーバーしていましたよね・・・

2013年⇒14年のカウントダウン曲は
ワーグナーの楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲でした。
この曲程新年の幕開けに相応しい曲はないと思っているのですが、
実はカウントダウン曲としては初登場なのですよね・・
何か少し意外です。
指揮者は飯守泰次郎さんでしたので、聴いていて見ていて安心感はありましたし、
ホント、ほぼ完璧に時刻通りに終わらせ、
まさにドンピシャでした。
さすがとしかいいようがないですね。

私自身もこの「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲は、生演奏会では
何度も聴いたことがあるのですけど、
曲が圧倒的に素晴らしいから、どんな多少下手なオケでも素晴らしい曲に聴こえてしまうのですよね。
何が素晴らしいかと言うか、この曲独特の高揚感というか、陶酔感というか、
あの豪快でうっとりさせられるメロディーを聴いてしまうと
何でも許せちゃう感覚になってしまうから不思議なものです。

この曲は、CDで聴くと
個人的には、クレンペラー指揮のニューフィルハーモニーが一番しっくりくるような
気がします。
何かお正月と言うと、シュトラウスのワルツもいいのですけど、
ワーグナーの序曲集・前奏曲集みたいな小品も聴きたくなってしまうのですよね。
以前、このブログにて
高校時代、吹奏楽部のメンバーは、年が変わると同時に学校に集合し
初詣&初日の出に行ったという話を書きました。

だけど実はそれで終わりではなくて、
大抵のメンバーは、そのまま学校に戻り
何か流れの内で、自然と練習モードになってしまうのですよね。
練習と言っても、別に全体練習とかパート練習とか堅苦しいものではなくて、
当時流行っていた歌謡曲とかそれ程難しくないマーチを
何か皆楽しそうに演奏していたのが
何か印象的でした。

マーチでは、軍艦マーチとかスーザの「美中の美」とか「士官候補生」とか「ワシントンポスト」なんかを
演奏していたと思いますけど、
何か特にスーザの「星条旗よ、永遠なれ」が特に印象に残っています。
このマーチ、よく「アメリカ人にとっては第二の国歌」と言われていますけど、
確かにそれは分かるような気がします。
とにかく吹いていて実に気持ちが良いのですよね・・
このマーチ、スーザ自身、
「この部分は北部を表し、この部分は南部・・・」という風に
アメリカという国家全体をシンボリックに表現したかった曲との事です。
このマーチの聴かせどころの一つに、
中盤のトリオが終わってから、少し静かになった所での
ピッコロのソロですかね。
演奏会でこのマーチを演奏する場合、大抵ピッコロ奏者は立ち上がって演奏しますので
結構見栄えはいいし、腕の見せ所です。
ちなみにうちの学校の定期演奏会では、
このピッコロソロに加えて、
チューバ奏者がこのピッコロのソロを吹く部分も追加しています。
実際の演奏会では、
チューバ奏者が必死でピストンを動かし死に物狂いで吹きまくっているのが受けたのか
大変好評でした。

でも改めて感じたのですが、
今にして思うと、よくこんな元旦の朝に学校に入れましたよね・・・
というか、こんな元旦の朝から高校の音楽室からマーチの大音量が流れてきて
よく近隣からクレームが入らなかったものだと妙に感心します・・・

というか、時代的にまだ日本人全体が心にゆとりがあり
ましてやこんな田舎の学校ですからね・・・
いまだったら近隣からのクレームとかネット書き込みで大変なのかも・・

 | BLOG TOP |