FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1995年当時といえば、丁度三十路を迎えた頃でしたね・・・
当時30歳になったばかりでしたけど、会社の寮がうまい具合に定員不足で
空いていたという事もあり、
(当時の金融機関は、リストラの嵐が吹きまくり、行員の首を切る事と片道切符の関連会社への
 出向が横行し、行員数は減少の一途で、寮も比較的ガラガラでした・・・)
本当は三十を超えていたら入れないのだけど
うまい具合に潜り込むことが出来ました。
だけど独身の男が三十を超えて寮に入るのは、ある意味反則ですよね・・・(笑)

寮費はバカみたいに安いし、寮に戻れば夕食はきちんと用意されているし、
乾燥機付き洗濯機は無料で使用できるし、
お風呂は入りたい放題だし・・・
当時自分自身の感覚として「結婚し家庭を持とう」という気持ちはほぼ皆無だったし、
こんな環境にぬくぬく暮らしていると、
ホントまじで「結婚」なんて気持ちは毛頭なかったですよね・・・

結果的にこの6年後に、当時勤務していた金融機関が破綻し、全員解雇となり、
寮を強制追放となり、
別の住宅メーカーに転職して、
再度一人暮らしを始めた頃に
うちの奥様と出会い、結果的に一か月弱で結婚という感じに
なってしまいましたけどね・・
(いいんだか悪いんだか・・・)


〇愛知工業大学名電高校

 Ⅰ/エル・サロン・メヒコ

 名電というとどうしても「交響的断章」・「プラハのための音楽1968」・「アトモスフェア」
 というオリジナル曲の威圧的で圧倒的パワーの演奏というイメージがあるのですけど、
 こういういかにもアメリカっぼいクラシックのアレンジものも
 意外と合っているのですよね・・・
 このチームは、「道化師の朝の歌」・「幻想交響曲」・「ダフニスとクロエ」というフランス系の
 アレンジものも何度か演奏しているのですが、
 何か今一つこのチームのカラーと合っていないような気がします。
 だけどこの年の「エル・サロン・メヒコ」とか翌年の「ローマの祭り」みたいに
 スリリングな演奏も出来るところがこのチームの松井先生時代の魅力なのかもしれませんよね。
 この年の名電の金管セクションは、例年以上に充実し、
 自由曲のトランペットソロも楽々決めていました。
 このチームは伝統的にファゴット奏者が上手ですよね。
 90年の矢代秋雄の交響曲もそうですけど、ソロ楽器を裏メロで支えるファゴットの存在感が
 実に素晴らしく、
 全体に花を添えていました。


〇高岡商業

 Ⅰ/ロデオ

 前年度がまさかの銅賞でしたけど
 (あの狂詩曲「スペイン」のどこが悪かったのかな・・・正直意外な結果でしたね・・)
 この年は、前年のショックが拭い去られていない感じの演奏で、
 自分が聴いた限りでは、前年度の演奏より、この年の演奏の方がむしろ
 銅賞に近いような感じはしました。
 面白いのは、「ロデオ」は、一般的には、Ⅰ.カウボーイの休日だけを
 取り上げるチームが多い中、このチームは、Ⅱ.牧場の夜想曲 Ⅰ.カウボーイの休日を
 強引なカットで演奏し、
 前半の静と後半の動をうまく対比させ、
 けたたましい印象のあるこの曲を少しでも音楽的に聴かせる工夫をしていた事かな・・
 だけど、トロンボーンのソロを含めて
 全体的にソロパートのミスが多く、
 全体の印象を非常に悪いものにしていたのは少々残念・・・


〇県立与野

 Ⅱ/ティル・オイレンシュピケールの愉快ないたずら

 初出場ながら本当に見事な演奏だったと思います。
 課題曲の余裕をもった歌い方、音色の可憐さ
 自由曲のホルンを始めとする各プレイヤーの技術の高さ
 ホント、文句のつけようがない演奏でした。
 このチームの演奏は関東大会でも聴きましたけど、正直出来は関東大会の方が
 良かったと思いますし、全国では普門館の響きに慣れていないせいか、
 少し戸惑いみたいなものは多少感じましたけど、
 普段の練習の成果は十分に発揮できていたと思います。
 このチームを初めて聴いたのは、1992年の関東大会の「アルプス交響曲」でしたけど、
 この時は特殊楽器に頼り切った何の個性もない演奏と思っていましたけど、
 高校生の日々の進歩と成長はやはりすごいものがありますね。
スポンサーサイト



先日の土日で全日本吹奏楽コンクールの全国大会を含む全ての日程が
無事に完了しました。
好成績のチームも本番で思うような演奏が出来ずに悔いが残ったチームも
まずは「お疲れ様でした」と言う感じですね。
少しの間は、吹奏楽の事を忘れて、
たまには自分だけの時間を大切にし、ゆっくりとして欲しいものです・・・

吹奏楽関連だと後はマーチングの大会とアンサンブルコンテストですかね。

私が現役の頃は、12月辺りにアンコンの地区予選が開催され、翌年1月に県大会が開催されるというのが
一つのパターンとなっていました。
最近のアンコンは、聴く機会が全くありませんけど、
朝日新聞の記事何か読んでみますと、
地区予選クラスでも、
結構立派なホールを使用しているのですね。
何だかうらやましい・・・

以前、中学の頃の吹奏楽コンクールの地区予選は、
中学校の体育館で開催されたという記事を掲載したことがありましたが、
自分が高校生だった頃の仙台でも、
アンコンの地区予選は、高校の音楽室を借用しての開催でした。
そしてチューニング室も控室も普通の教室を使用していました。
聴衆何て10人いるかいないかのレベルでした・・・

自分が高校の時は、アンコンは二回木管五重奏で二回出場しましたけど、
一度は地区予選銀賞どまりで県大会には進めず・・
二度目は、地区予選金賞で、県大会に駒を進めたものの、県大会では銅賞でした・・・
二回とも地区予選は、高校の音楽室での開催でしたね・・・
会場の高校まで自転車での移動でして、
アンコンの際は、私は普通のB♭クラリネットとバスクラを持ち替えての演奏でしたので、
二つの楽器を前かごと後ろの荷台にくくりつけ移動したものです。
移動の最中に、奏者全員で、
たい焼き屋に寄り道し、
「演奏前に腹が減っては良い演奏も出来ない」とか言って
バクバクたい焼きをばくついていました・・・

やはり、田舎の高校生らしい記憶の一コマですよね・・・

 | BLOG TOP |