FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在テレビ埼玉では「ハートキャッチプリキュア」が再放送中ですけど、
現在既に文化祭の回まで終了し、
次回はプリキュア達の試練の回に突入です。

だけど改めて「ハートキャッチ」を振り返ってみると、
第10話の完成度が高く、この回は何度見ても
飽きないですね。
この回は、ストーリーが凝縮され、前半の回想とか丘の上でのプリキュアとしての自覚と決意のシーンとかさやかのサッカー部での砂漠の使徒の乱入とか、ダークプリキュアの登場とか、シプレとコフレの捕虜とか、プリキュア大爆発シーンとか、ブロッサム・マリンとダークプリキュアの初対決、そして完膚なきまでに叩きのめされるシーンとか、ゆりを見てのダークプリキュアの意味深な退場とか、ホント見所の多い回であり、ハートキャッチの中でもかなり好きな回の一つです。







まさに見所満載と言う感じです。
一番ラストで、ダークプリキュアが、ブロッサムとマリンにとどめを刺そうと思えば簡単に出来たはずなのに、ゆりの姿を見ると「そういうことか、面白い・・」といって立ち去ったのは、「未熟なプリキュア何ていつでも簡単に倒せるけど、バックにムーンライトが庇護しているというのなら今は見逃してあげる」という示唆だったのかな・・・?この回の一か月後に再度ブロッサムとマリンはダークに敗北し変身を強制的に解除させられ、この時は、サバークが「ムーンライトに関わるな」と厳命し、そのおかげで二人とも再度助かる訳なのですけど、これは、後で振り返ってみると、ダークとゆりは実は姉妹なのですから、サバークとしても痛し痒しという感じなのでしょうね。
序盤の二人のプリキュアは、よく敵幹部が使用していた「未熟なプリキュア」という言葉がぴったりですよね。序盤で二回も敵方に敗北し、完膚なきまでに叩きのめされるパターンは極めて珍しいですよね・・・大抵一度敗れても次回はやっつけるという王道パターンなのですけど、ハートキャッチは二度も敗れ去る・・・うーん、だけどここが面白い所。要は、つぼみとえりかの成長に合わせる形でプリキュアとしても後半にかけてグイグイ強くなっていきましたからね・・
序盤は色々な意味で未熟でも、「成長」というのがハートキャッチのカギなのでしょうね。
だけど最初にハートキャッチを見た時は、前作「フレッシュ」のメンバーの大人っぽさとのエライ違いに戸惑いさえ感じましたけどね。だけど一年経って「スイート」が始まった時は、逆に響達が大人っぽく見えすぎて違和感を感じましたけどね・・・
スポンサーサイト



先日「ハピネスチャージプリキュア」という商標が登録されましたので、
これまでのパターン通り、次期プリキュアは
「ハピネスチャージプリキュア」でほぼ確定だと思います。

というか、ホント良かった・・・
今年の「ドキドキ」でプリキュアシリーズが終了となったら結構ショックは大きいから
来年度もシリーズ継続という事でホント、良かったと思います。
というか冷静に考えてみると、
「プリキュア」というブランドは完全に確立されているし、
バンダイとしても、
「毎年確実に100億の玩具売上が見込める」金の卵を失ってまでも
全く新しいシリーズを開始させても、
本当にプリキュアと同等の売り上げが見込めるのかという議論は色々あったとは
推察されますが、
恐らくは、攻めの一手と言うよりは
「もう一年様子を見てみよう・・」という守りの意識が強かったのかもしれませんよね。

でもおかけで、シリーズ11作目・9代目のプリキュアに来年2月からは
お目にかかれそうですし、
何よりもマナや六花さん達に後輩か出来るのは
何か嬉しい事ですよね。

だけど「ドキドキ」は来週は、大学駅伝のためお休みです。
これは正直ガッカリ・・・






せっかくレジーナが再登場し、
いよいよ最終決戦に向けて舞台と役者は整ったという感じで、水入りという所ですよね。
それにしても何か引っかかるのは、
予告編で見せたジョー岡田の何やら怪しすぎる雰囲気・・
意外と彼こそが、真の黒幕だったりして・・・??
「ドキドキ」は歴代の中でも、色々と伏線があったり謎があったり
六花さんの「幸せの王子問題」とか
マナの「敵とは友達になれないのか」問題とか
自己中と自己愛の境界は何なのかといった難しい問いもあったりして
最後まで中々目が離せない展開ですよね。

その点、昨年の「スマイル」はストーリーが単純明快でしたので、
話としては分かり易かったですね。
勿論スマイルもドキドキも私は両方とも好きですけど・・・

と言うか、プリキュアシリーズは全シリーズ大好きなのですけどね。
この当時の自分って今から振り返ってみると、
何をやってもうまくいかない空回りとか、無駄な努力ばかりしているとか
「暗中模索」という感じの日々だったと思います。
だからこそ、かなりマンネリ化していた山梨時代の自分と決別するためにも
再度東京都内に戻れる異動の意義は大きかったと思います。
そして結果的に都内に戻れて、
週末には色々と生の演奏会で音楽に触れあえることで
何か自分自身を取り戻せたような感覚があります。
1995年の全国大会は、そうした意味では、自身の中では過程的な側面があり、
山梨時代の古い自分と決別する時期の大会という事で、
普段の年とは何か気持ちが違っていたせいか、色々な意味で印象に残る大会ではありました。


〇野庭

 Ⅳ/シバの女王ベルキス

 うーーん、前にも書いたことがあるのですけど、
 この年の野庭は「らしくない演奏」なのですよね。
 この当時は中澤先生の体調も相当悪く、本来は指導なんて出来ないような健康状態と
 聞いています。
 (翌年中澤先生はご逝去・・・)
 そのせいなのかは不明ですが、
 一言で言うと、「羽を奪われた飛べない鳥みたいな演奏」
 又は「去勢されたような演奏」
 どうしても過去のアルメニアンダンスパートⅠ・ハムレット・オセロ・春の猟犬といった
 躍動感溢れる演奏と比べると
 確かに大人っぽい演奏なのかもしれないのだけど、
 何か物足りないのですよね・・・
 ベルキスのラストも別動隊のラッパ部隊も登場せず、地味に終わらせた感じなのですよね。
 勿論派手にガンガン鳴らせるのがいいとは限らないけど、
 曲の性質上、あまりにひ弱なベルキスですから、
 聴いていて全然物足りない印象でした・・・
 (あくまで主観ですけど・・・)

〇精華

 Ⅱ/ローマの祭り

 前述の野庭と同じくレスピーギを取り上げましたけど、
 野庭のひ弱な去勢されたような演奏とは極めて対照的な
 破壊力と攻撃力満載の迫力満点の躍動感あふれる演奏です。
 この頃になると、1970年代のように
 「女子高チームが全国大会に出場」というだけで騒がれる時代ではとうになくなっていて、
 女子高チームが普通に全国に出場し、ごく普通に金賞を取る時代に変わっていました。
 だけど、それにしてもこの演奏は極めて豪快で
 聴くだけで気分爽快みたいな感じでした。
 面白かったのは、
 「ローマの祭り」というと一般的には、チルチェンセスと主顕祭または十月祭と主顕祭という
 組み合わせが多い中、
 チルチェンセス~五十年祭~主顕祭という組合せで演奏した事かな・・・
 これによって一般的には騒々しく終わるだけの演奏が多い「ローマの祭り」も
 多少「静」の部分が生じ
 構成としては、動-静-動という対比が出来たのかなと思いますし、
ラストの主顕祭の騒々しさが俄然生きてきたと思います。

 | BLOG TOP |