FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラシック音楽には、結構聖書の中のお話を題材とする音楽が色々とあったりもします。
最近取り上げたサン=サーンスの歌劇「サムソンとデリラ」も
その典型例ですよね。
R.シュトラウスの楽劇「サロメ」も実は元々の出典は新約聖書です。
この新約聖書のサロメの話を題材にしたのがオスカー=ワイルドの戯曲であり、その戯曲をテキストに
作曲されたのが、この楽劇「サロメ」なのです。
だけど、この話、結構危ないものがあり、官能的要素も含まれていますし、
初演当時は何かと物議を醸した作品でもありますし、
一部の都市では上演禁止をくらったほど危ない要素はてんこ盛りの作品です。

「七つのヴェールの踊り」は、楽劇「サロメ」の一部分なのですけど、
非常に重要な場面の音楽でもあるし、楽劇全体の一つのクライマックスシーンでもあります。
ま、恐らくは楽劇全体を象徴するシーンだと思います。

話は全然違うのですけど、
1980年代以降の吹奏楽コンクールでは、この「七つのヴェールの踊り」を自由曲に
選ぶ学校がホント多いのですけど、
聴いていると、
「本当にこの学校の生徒さんは、この音楽の背景とか元々の題材がどんなものなのか
 知っているのかな・・・?」と感じてしまうような
表面的な演奏に終始した演奏が多いのに愕然としてしまいます。
この音楽の本質は、「狂気」だと私は思っています。
この狂気に触れないで、ただいい子ちゃんだけの演奏をされてもあまり人の心は打たないものだと
感じることもあります・・・

それはいいとして、

「七つのヴェールの踊り」は、R.シュトラウスも相当の思い入れがあったと思われます。
楽劇全体の作曲をほぼ終えた頃に、
改めて、この楽劇全体を左右する重要な箇所の「七つのヴェールの踊り」を
じっくりと腰を入れて
作曲している経緯があります。

この歌劇の内容を簡単に要約すると・・・

舞台はユダヤのヘロデ王が君臨する宮廷・・
その宮廷の中には、ヘロデ王の悪政を厳しく批判する預言者ヨナカーンが幽閉されています。
サロメは、ヨナカーンに興味を抱き、
色々とヨナカーンをあの手この手で誘惑するが
完全に無視されてしまう・・
ある日もサロメは義父であるヘロデ王から「踊り」を求められるが、
最初は辞退してしまう。
だけどヘロデ王から
「褒美にサロメの好きなものを何でもあげるから」と言われ、
引き受けてしまう。
そこで踊りを披露するのですが、そこで一枚一枚着ているものを脱いでいくシーンが
「七つのヴェールの踊り」なのです。
だからあの音楽は、あんなに異常に色っぽいというか艶っぽいのです。
そして踊りが終わった後、ヘロデ王から
「お前が欲しいものは何だ」と問われ、迷うことなく
「ヨナカーンの首」と答えてしまうのです。
(サロメの母親は、ヘロデ王をたぶらかして再婚したとヨナカーンから色々と批判され、
 内心苦々しく思い、いつかヨナカーンを亡きものにしたいと思いもあり、
 この首の一件は母親からの入れ知恵という要素もありますけどね・・・)
そしてヨナカーンが斬首され、その首が運ばれてくると
サロメはそのヨナカーンの首にキスをしまくり、ハイテンション状態で恍惚となってしまう・・・
そしてそのあまりの狂気さに恐怖を感じたヘロデ王は、
周囲の武将に命じてサロメを殺してしまう・・・

やはりこうやって文章にしても
かなり危ない世界の領域の話ですよね。

R.シュトラウスの「七つのヴェールの踊り」は約9分程度の作品ですけど、
出たしとラスト以外はそれほど音量的に爆発するものはありません。
むしろオーボエ・フルート等のソロ楽器が大活躍し、
全体として徐々に雰囲気を盛り上げていくというような感じの音楽です。
不思議な事ですが、目をつぶって聴いていると、
ホントまじで一枚一枚身に着けているものを脱いでいくという意識が明確に伝わってきます。
全体的にオーボエの官能的な響きにゾクゾクさせられます。
また、タンバリンの控えめながらエロチックな響きにも魅力を感じます。
瞬間的に曲の「間」があったりもしますけど、
この間の感覚が実に素晴らしいと思います。

この曲は解釈としては、テンポを少し落として、じっくりやんわりと徐々に盛り上げていった方が
いいようにも感じられます。

やはりこうした音楽は、カラヤン指揮/ベルリンフィルが
安定感と貫禄をもって自由自在に華麗な響きを聴かせているくれているので
イメージに合っているような気もします。

生の演奏会で聴くと格別なのですけどね・・・
スポンサーサイト








本日は一週間ぶりのお休み・・
だけどたまの休みの日に限って、朝から鬱陶しい雨でしたけど、
午後は例によって、うちの奥様とお買い物のお付き合い・・・
先日マックのクーポン券のちらしがポストに入っていたので、どこかで使おうと思っていたら、
戸田のヤオコーに丁度うまい具合にマクドナルドがありましたので
寄ってみました。
うちの奥様は、「グラコロバーガーが食べたい」などと言っていましたので、
タイミング良く、グラコロは一個300円、プリキュアのハッピーセットは290円と相当お買い得
でしたので、このクーポン券を使ってみました。
(元々ハッピーセットは450円なのですけどね・・・)

前回のハッピーセットは、キュアハートの玩具を選択しましたけど、
今回はやっと私が「ドキドキ」の中では一番のご贔屓の
「キュアダイヤモンド」を選択できました。


CIMG6133_convert_20131029193416.jpg


中を開けてみると、六花さんバージョンで、鏡が付いています。



CIMG6130_convert_20131029193316.jpg


「ドキドキプリキュア」のハッピーセットはこれで最後でしょうね。
次回のハッピーセットでプリキュアが登場している時は、
次期9代目プリキュアの予定の「ハピネスチャージプリキュア」なのでしょうね・・・(笑)

そうそう、いつも寄っているジェーソンでは、
前作「スマイルプリキュア」の入浴剤が在庫整理のため叩き売りされている事を
何回かここにも書きましたけど、
本日は、仮面ライダーシリーズの「フォーゼ」の入浴剤が、
スマイルプリキュア以上に山積みで一個76円で叩き売りされていました・・・

ちなみに私はライダーとか戦隊モノは一切見ませんけどね・・・

最後に立ち寄ったイオンに入っているHMVでは、ドキドキプリキュアの映画告知と共に
宣伝用に、ドキドキの塗り絵用紙が配布されていました。
何か思わず受け取ってしまいました・・・

さすがに塗り絵は家ではやらないか・・・・

金縛り・・・

現在はそうした経験をすることはほとんどないのですけど、
10代から20代後半あたりまでは、
不思議と金縛りの経験をすることがよくありました。

でもこれって不思議な現象で、
大抵の場合、頭は冴えていて意識ははっきりとあります。
だけど本当に体がピクリとも動かないのです。
感覚的には、何か布団の上から重たいものがのしかかってくるような感覚でしたね。
大抵の場合、3分から5分くらいすると、
段々指が動くようになり、腕→足→首の順で
体が少しずつ動いていくようになり、
10分程度で元に戻ります。

でもあれって一体なんなのでしょうね・・・?
人によっては心霊現象を持ち出すことがいますが、実際に何度もあった人間の感覚から言うと
体調・ストレス・疲労度といった面の方が原因としては
相応しいような気がします。

だけど二回ほど(高校2年の時と社会人になって間もない頃)
いつものように(?)金縛りにあい、時間が経過すれば元に戻ると思っていたところ、
突然何か得体のしれないものが、スルスルッと布団の中に入ってきて、
いきなつ布団を持ち上げ、
自分は二回とも、その得体のしれないものに
蹴られるような形で布団から追い出されて、
床の上で、かなり強い痺れのような感覚の中で、全身がピクリとも
動かないような状態になったものです。

でも今にしい思うとあれは一体なんだったのでしょうね・・・・??
夢だったのかな・・・
それとももしかして・・・??

一度金縛りにあった時、たまたまテレビをつけたまま寝ていてかかったことがあり、
こちらは体が動かず困っている特に、
テレビからは明石家さんまのバカ笑いとくだらない話が聞こえてきて、
頭の中でさんまのしょーもないトークばかりが
グルグルと駆け回ったことがありました。
そのおかげで、金縛りにあっても何か意識の中では
何か妙に笑ってしまうような出来事でした。

さすがに今となっては、あまり経験はしたくありませんけどね・・・
私、現在は基本的には一度布団に入ってしまうと、3分後くらいには眠りに陥ってしまうという
感じなのですけど、
20代の頃までは、不眠症という訳ではないのですけど、
眠りにつくまで時間がかかるというか、中々寝付けないタイプでした。
(何か、結婚して以降は、すぐ眠れてしまうタイプに変わったみたい・・・)
だから中々寝付けず、仕方なく深夜のテレビのスイッチをひねるという事も結構ありました。
そうした時に何気なく見ていた映画に大変面白いものがあり、
眠る事を忘れて、ついつい入り込んでしまった映画がありました。

それが「サムソンとデリラ」なのでした。

この話自体は、出典が旧約聖書であり、
色々な映画監督が昔も現在も結構題材にしていますし、
サン=サーンスも歌劇と言う形で題材にしています。

でもこの物語も結構面白いですよね。

簡単に要約すると、
イスラエルの民は長い間ペリシテ人に抑圧され苦しんでいた。
ある時、イスラエルにサムソンという怪力の赤ん坊が誕生し、成長するな否や
ライオンを素手で倒したり、ペリシテの軍隊を一人で散々にやっつけたり、
怪力を武器に大活躍をしていた。
ある時、サムソンは、デリラという絶世の美女に一目惚れしてしまうが、
それに目を付けたペリシテ人はデリラを買収し、そそのかし、
何とかサムソンの怪力の秘密を暴いて来いと命令されてしまう。
寝物語の中、デリラは何とかサムソンの怪力の秘密はその長髪にあると知り、
サムソンが爆睡している間にサムソンの髪をちょんぎってしまう・・・
そしてサムソンは結果的に怪力を失い、ペリシテに捕えられ、目をつぶされ視力を奪われ、
牢の中で石臼をひかされる日々を過ごしてしまう・・・
ある日、ペリシテの神々のお祭りが開催されることになり、サムソンは
見世物として、いたぶられながら祭壇に引きずり出されてしまう・・・
だけど、牢の中に閉じ込められている間にサムソンには再び髪が伸び始め、
最後は、怪力を再度発揮し、祭壇の二本の柱を破壊し、祭壇をなぎ倒してしまい、
多くのペリシテ人と共に祭壇の下敷きになってしまい、
復讐を成し遂げた・・・

この話、旧約聖書で読むと比較的淡々と描かれているのですけど、
映画として見てみると、
デリラが実に色っぽい感じ・・・
いかにも「誘惑する悪いお姉さん」的な感じで描かれています。
だけどデリラ自身、本当は心底サムソンが好きだったという感じでもあります。

サン=サーンスは、この旧約聖書を題材に不朽の名作オペラを完成させ、
今日に至るまでフランスオペラの貴重なレパートリーの一つとして完全に
定着させています。

「バッカナール」は、この歌劇の中の盛り上がる部分の一つで、
要はサムソンを捕えた祝賀会の宴会のどんちゃん騒ぎを描写した部分です。
歌劇の中でも大変有名な部分でもあります。
オーボエのいかにも妖しい雰囲気のソロで開始され、
中東の音楽のような雰囲気の音楽が展開されていきます。
カスタネットのリズム感溢れる響きが実に楽しいです。
中間部もたっぷりと歌われ、ラストも一気にヒートアップします。
ラスト近辺はホルンが大活躍します。
7分程度の曲なのですけど、妖しさ・楽しさ・歌・追い込みなどの要素がてんこ盛りで
飽きることはまずないと思います。

CDで「バッカナール」のみを聴く場合、デュトワ指揮/モントリオール響の素晴らしい名演が
個人的にはお勧めです。

なお、このバッカナールは、
2007年頃のフィギュアスケートにて、安藤美姫がショートプログラムで選曲した曲です。

だけど、妖しい誘惑するお姉さんは、古今東西問わず怖いという事を
立証した作品なのかもしれませんよね。

 | BLOG TOP |