FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


明日10/26より、全日本吹奏楽コンクールの中学の部と高校の部が
開催されますけど、
出場者の皆様は、どうぞ力まないで
普段通りの演奏を楽しみながら演奏して欲しいものです。

1995年の大会から、関東大会は、西関東と東関東に分離され、
当初は「なんで関東を二つに分離するの・・?」と不思議に感じたものですが、
分離されて20年近く経過し、結果的に
西関東大会(埼玉・山梨・群馬・新潟)は予想通り代表は埼玉県代表のチームばかり
選出されていますが、
1995年当時は、埼玉は埼玉栄ばかり全国に出場していましたけど、
埼玉栄以外で、代表の座が2つ空いたことになり、
県立与野・伊奈学園・狭山ヶ丘・春日部共栄・松伏・秋草学園などの学校を全国に送り込み
埼玉県の吹奏楽のレベルを飛躍的に向上させたという
とてつもないメリットが起きました。

自分が高校生辺りの頃って、何となく全国で一番吹奏楽レベルが高い県って、兵庫県あたりかなと
感じていたのですが、
現在は、埼玉県と千葉県あたりがトップレベルにあるような感じはします。
もっとも、現在は、昔と異なり、大分地域レベル差も縮小されつつあり
どのエリアもレベルは向上していますけどね。



〇関東一高

 Ⅰ/ベトナムの回顧

 課題曲は、ホルンの高音がきつそうだったのが印象に残っています。
 全般的には少しヒステリックな感じもしました。
 しかし自由曲で一転して、渋い大人っぽい響きとなり、
 このギリングハムの交響詩「ベトナムの回顧~ヒーローズ・ロスト・アンド・フォーレン」という
 実に内省的でメッセージ色の強い音楽を
 実に考えて練りに練ったサウンドと表現で演奏をしていて、
 大変感銘を受けました。
 この演奏のたかだか7年前くらいまでは、
 貧弱な響きに表情の薄い「ガイーヌ」を演奏していたチームとは、考えられない
 素晴らしい成長力を見せつけられました。
 自由曲の冒頭の、チェレスタ・グロッケン・ヴィヴラフォーン・ピアノを駆使した
 不思議な感覚の音楽、中間部の激しさ、後半のメッセージ色の強い歌いまわし、
 ラストのトムトムの鋭い響き、
 どれをとっても文句のつけようがない演奏で
 大変感銘を受けました。
 関東一高がなぜ突然下手くそチームから変身をとげる事が出来たのか、理由は分かりませんけど、
 このチームを1984年からずっと聴いていた立場から言わせて貰うと、
 ①木管楽器、特にクラリネットセクションの充実 ②アレンジ路線からオリジナル路線への
 再度変更あたりがあるのかな・・・と思ったものです。

〇都立永山

 Ⅰ/われ、死者たちの復活を待ち望む

 当時の永山の指揮者の馬場先生が現在も片倉高校を率いて、全国で名演を聴かせ続けて
 暮れていることが何よりうれしいです。
 この年を最後に馬場先生は、都立片倉に異動し、また上記の関東一高は、この年を最後に
 コンクールに出場しなくなり、
 1990年~95年にかけて東京都大会をリードし続けた二つのチームが同時に姿を消したのは
 何か寂しかったものです。
 ところで、この年の永山の自由曲は、
 なんとフランスの現役バリバリの現代音楽の巨匠、メシアンの作品を取り上げたものですから
 正直驚きました。
 演奏は、うーーーん、正直評価に困る演奏ですね・・・
 曲は、「われ、死者たちの復活を待ち望む」の中のある章のみを取り上げたものなのですけど、
 この原曲自体、実は弦楽器を一切使用しない管楽器と打楽器だけの作品で
 実質的には「吹奏楽オリジナル曲」といっても差支えはない曲です。
 だけど曲を聴いた限りでは、
 音楽の内容うんぬんというよりも、特殊打楽器の音響的効果とドラの壮大な響きだけが
 目立ってしまい、
 演奏が終わっても
 「だから何だったの・・・?」以外言葉が思い浮かばず、
 感想も印象も特にないという感じでした・・・
 関東一高の強いメッセージ性と対比させると
 確かにすごい曲だけど、「で、何が言いたいの? 聴衆をびっくりさせたいだけ?」とも
 思ってしまったりは正直な感想です。
スポンサーサイト



またしても仙台ネタになってしまうのですが、
宮城県のテレビ番組って、東京で放映されている番組とは結構異なっていて、
何か見る気になれませんでした・・・
基本的にテレビって最近あまり見ないのですけど、
比較的見る方の「テレビ東京」は、当然仙台では放映されていないし、
向こうではニュース以外は、ほとんどテレビなんて見ませんでしたね・・・

大抵帰りがPM10:00頃で、ご飯を食べてお風呂に入ってしまうと、
やる事がない・・・
部屋にはDVDも音楽を聴く機材もソフトも何もない・・・
ホント、家から本とかを持っていくべきでしたね・・
ま、来月行く日は既に決まっているから、
何か暇つぶしの本とかは何冊か持っていこうと思います。

でもそんな中、良い「ヒマつぶし」になったのは、
プリキュア5のDSでした・・・
このDS、意外とクリアするのが難しい箇所があり、
中々クリアできずにいたのですが、
結果的にそれが丁度良い時間つぶしになり、リラックス出来る活力を
与えてくれたようなものでした。





このDS、次回も持っていこう・・・

プリキュアシリーズのDSは、各シリーズごとに色々と出ていますが、
翌年の「プリキュア5GoGo」以降からは、その代のプリキュアに加えて、
歴代のプリキュア達も加わるようになっています。

ちなみに「スマイル」以降は、3D対応となってしまいますので、
「スマイル」のDSソフトを買っても、我が家のDSは、3D対応となっていないので、
ゲームをすることは出来ません・・・
「スマイル」・「ドキドキ」のDSでのゲームをやりたいと思うのなら、
もう一つ3D対応用のを買う必要があります。

うーん、何て企業は儲かるようなシステムになっているものだ・・・

 | BLOG TOP |