FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


蕨市・三学院

今日の午後は、少し自宅周辺を散策・・
何か今週後半からずっと台風による雨が予想されますので、天気が良いうちに
少しお散歩モードという感じかな・・・
うちから一番近いお寺さんと言うと、蕨市の三学院なのかな・・
(自宅は川口市内だけど、蕨市・川口市・さいたま市南区の三市の境界付近なのです・・)
このお寺さんは、弘法大師系の真言宗のお寺さんで、
地元では単に「三学院」と呼ばれるけど、正しくは、「金亀山極楽寺三学院」と言うそうです。
このお寺さんは、家から一番近いという事もあり、
大晦日に聞こえてくる除夜の鐘の音は、実はこのお寺さんです。




それにしても、ここの本堂はでかいですよね。
ここはお寺さんなのですけど、同じ敷地内に六つのお地蔵さんとか子育て地蔵さんがいるせいか、
なぜか新年のお参りに来る人も多く、
うちの奥様なんかも、神社にお参りに行った後は、なぜかこの三学院でもお参りを
します。
というか、地元ではそういう人も多いみたいで、初詣なのですけど、お寺さんへのお参りをする人で
新年からかなり人では多い印象があります。
さすが、八百万の神がいて、御仏がいる
多宗教の寛容の国、日本らしい話ですよね・・・


CIMG6103_convert_20131022183112.jpg


三重塔も中々見事な作りです。


CIMG6104_convert_20131022183232.jpg


お浄めの手洗い場には、なぜか金の亀がいます・・・


CIMG6105_convert_20131022183341.jpg

確かに、「金亀山極楽寺」という名称ですからね・・・
神社に狛犬とか狐というのは定番ですけど、
お寺さんで金の亀とお目にかかれるなんて・・・

この三学院は、一つ有名な事がありまして、
本堂の裏手に「仏舎利殿」があるのですが、そこにおさめられているのは何と
孫悟空でお馴染みの三蔵法師との事です。
かつてテレビ東京の「あど街っく天国」で蕨市が登場した際、
この三学院も取り上げられ、このテレビで
「普段は公開していない三蔵法師の仏舎利を明日一日だけ特別に公開します」なんて
言ったせいなのか、
翌日、我も我もと観覧客が押し寄せ、何と本堂付近から行列が
出来ていましたからね・・・
スポンサーサイト



リムスキー=コルサコフの作曲家としての脂が乗りきっている時期の作品の一つだと
思われます。
というのも、スペイン奇想曲が作品34、シェエラザーとが作品35、そしてこのロシアの復活祭が
作品36ですので、一定の時期に集中して名作が誕生していたのだと
思われます。
作曲家として「絶好調」の時期だったのでしょうね。
リムスキーは、歌劇とか管弦楽曲に優れた作品を残したものの、
交響曲とか協奏曲には、あまりメジャーな作品を残していません。
一度確か読響だったと思うのですが、リムスキーの交響曲第2番「アンタール」を聴いたことが
あるのですが、正直散漫な印象で、
申し訳ないけど二度と聴きたくはないな・・・とも思いました。
だけど管弦楽曲には、上記の三曲以外でも
ムラーダとかサルタン皇帝の物語とか金鶏とか色々優れた作品は多いですよね。

「ロシアの復活祭」は、雰囲気としては、何となく
ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」と似ている面も多々あると思います。
ま、もっともムソルグスキーのはげ山は、作曲者自身の原曲と、死後それを補完・アレンジした
リムスキーの編曲版には、天と地ほどの違いがあり、メロディーは同じだけど
聴いていて印象度はまるで異なります。
だけど、リムスキーが補完した作品だから、そりゃ全体の雰囲気が似てくるのは
むしろ当然なのかな・・・・??

「ロシアの復活祭」は、構成が、序奏+三部構成と言う極めて明瞭で分かり易く、
祈りと華麗さの両方を具備した素晴らしい作品です。
序奏は、ヴァイオリンのカデンツァもまじえて、全体的に荘厳で祈りに満ちた雰囲気の感じです。
第一部は動、第二部は静、そして第三部はコーダ的役割の華麗な動という感じで、
全体的にも、静-動-静-動とコントラストがはっきりしているので
聴いている方もイメージが伝わり易いと思います。
この曲の最大の特徴はどこにあるのかなと思ったら、
自分自身の管楽器奏者としての経験から言うと、極めて珍しい事に、オケの作品としては
極めて異例なのですが、三部の静の部分に、第二トロンボーン奏者による長大で朗々とした
ソロがあるという事だと思います。
普段、第二トロンボーン奏者と言うと、ファーストとバストロに挟まれ、
どちらかというと縁の下の力持ちという地味な役割が多い所なのですが、
この「ロシアの復活祭」ではファースト奏者を押しのけ、自身が長大なソロを吹き続けますので、
これは第二奏者冥利に尽きると思います。
ホント、リムスキー=コルサコフに足を向けて寝られない・・という感じなのかも
しれませんね。

ラストは華麗なお祭り騒ぎですけど、個人的にはグロッケンの色彩ある響きが極めて印象的です。
グロッケンがあんな天国的色彩の音を出せる事にも驚きですけど、さすが
ラヴェルと並んで「オーケストラの魔術師」とも言われたリムスキーらしい
仕事ですね。
ラストのドラの鳴りもかなり豪快・・・

この曲、N響の定期でスヴェトラーノフの演奏で聴いたこともあるけど、
メリハリの効いた素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
だけどその数年後に、まさかの急死でしたので、結構残念でした・・・

こうした曲は、オーマンディー/フィラデルフィアが得意そうな感じもするけど、
このコンビでの演奏は聴いたことがないので、
もしかして未演奏なのかな・・?
(単純に自分が知らないだけかも・・・)
先ほど宅急便が届いたので、中を開封してみると
またまたうちの奥様が懸賞品に当選してくれました。
パルマハムの生ハムを2セットでしたけど、このパルマハムって結構いい値段はするみたいで
悪くはない当選品でした。




幸い(?)うちの奥様は生ハムが苦手というか嫌いなので、
2つともおこぼれを頂戴出来ました(笑)
早速一つ食べてみると、
「あー、何かいかにもイタリアンみたいな食材・・・
 前菜とかにぴったり、
 パスタにもなんか合いそう」と感じました。


CIMG6100_convert_20131022132611.jpg

実は、昨日うちの奥様は、アサヒの「48種類の発酵植物の食物繊維&乳酸菌」というサプリ5セットも
当選させているのですが、
最初に、彼女が
「当たったよー」と言った時に
ついつい自分も生返事で
「あっそー」なんて言ったら
気分を害したみたいで、
「じゃー、一個もお裾分けしてあげない」とプンプンしてしまつたので、
こちらはいまだにおこぼれはありません・・・

いやー、妻に対する生返事、気の無い返事は要注意ですね・・・(笑)
昨日バッテリーがあがってJAFに来てもらったのですけど、
何と本日も朝からエンジンがかからない・・・
仕方なく再度JAFの方に来てもらって、今回はバッテリーを好感して頂くことに
しました。
でも作業の手際の良さは抜群でしたね。
さすが「プロ」の仕事でした。
最初、バッテリーを固定する止め具がさび付き中々外せず、
相当苦労されていて
もしかして止め具を破壊しないといけないかも・・」とか言われていましたけど
何とか外すことに成功していました・・・



数年前にタイヤ館とオートバックスで一回ずつバッテリー交換をしたのですが、
その際は、工賃+部材で1万円くらいでした。
しかも両社とも、最初はオイル交換だけを依頼したのに、
作業担当者が結構強引に
「バッテリーが弱くなっているので、今すぐ交換しないとダメ」と脅すような口調だったもので
しぶしぶ交換したような感じでした・・・
その時は、前回の交換が2年前くらいだったから、それほど弱くなっているとは
思えなかったのですけどね・・・

今回のFAFの場合、工賃と古いバッテリー引き取り合わせて
計8000円でしたので、
「なんだ民間企業より安いじゃん・・」と妙に感動してしまいました。

今、車は日産のマーチを乗っているのですけど、
このマーチは小回りが効いて運転しやすいし、燃費はいいし、いい車なので
結構気に入っています。
だけど、今のところ、ホントくだらない事(タイヤパンク、ガソリン燃料切れ)で
ほぼ一年に一度はJAFに来てもらっているのですが、
毎回毎回
「あー、JAFに入っていて良かった・・・」と
思ってしまいます。

これからも宜しくという感じです。

〇秋田南高校

 Ⅰ/舞楽第二部

 いやー、ホントマジで秋田南らしい演奏で大変素晴らしい演奏でした。
 小林先生が花輪高校から秋田南に赴任し、この年で3年目でしたので、小林先生の個性が
 この頃には既に秋田南サウンドにしっかりと受け継がれていたのだと思います。
 自由曲の黛敏郎の舞楽ですけど、まさかこの曲を吹奏楽にアレンジしてみようと考えた人は一人も
 いなかったと思いますけど、天野正道氏の的確なアレンジと小林先生の個性的な解釈が
 うまくミックスした名演を聴かせてくれました。
 原曲を聴くと作曲者の意図がよく理解できると思うのですけど、
 要は「雅楽」という日本の伝統的音楽を、弦楽器・管楽器・打楽器という西洋楽器でいかに
 表現するのかという難しさ・課題がそこにはあったと思うのですけど、黛氏はそれを簡単に
 克服しただけでなく、西洋と古代の日本の音楽を融合させ、新しい音楽を創り上げるという事まで
 やってのけたと思います。
 同じような発想で作られた音楽が、近衛秀麿呂の「越天楽」だと思います。
 こちらも日本の古い宮廷音楽を西洋楽器でいかに表現するのか、その面白さを世に問うた作品だと
 思いますが、こちらもかなり面白い作品として仕上がっています。
 「越天楽」は、ナクソスレーベルから、沼尻竜典指揮/都響のCDが出ていますので、
 是非一度耳にして欲しい曲&演奏です。
 逆の発想の演奏も世の中にはあります。
 宮廷音楽で使用するような日本の古代楽器でもって、グリンカの歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲などを
 収録したCDもかつてはありましたが、
 こちらなんかは、例えば外国人が、日本の伝統芸能である能や歌舞伎を演じた際の「違和感」を
 楽しむといった趣旨のモノなのかもしれません。

 話がそれましたけど、秋田南の「舞楽」の演奏は、
 そうした違和感を楽しむという部類の解釈&演奏ではありません。
 元々が日本の伝統芸能を西洋楽器でどう表現するかという作品であったのに、その西洋楽器を
 更に管楽器と打楽器だけという更に厳しい制約を課したのですけど、
 当日聴いた限りでは、そうした制約の息苦しさとか表現の難しさとか違和感は全く感じず、
 むしろ何か新しい表現方法を教えて貰ったというような感覚で一杯でした。
 全体的には、ミュートを付けたトランペットとフルートの音色が、曲全体に貴重な色彩感を
 もたらしていたと思います。
 ゆっくりした導入から始まり、ゆったりと終わり、バスドラムのズドンというにぶい響きで
 終わらせたのもすごく印象的でした。
 中間からラストにかけてのリズム感たっぷりの追い込みもお見事!!
 面白いのは、高橋先生時代から秋田南は、音の硬さ、特にトランペットの音の硬さが難点でしたけど、
 小林先生になっても、その伝統は変わらず、トランペットの音が硬いという課題もしっかりと受け継がれていた
 事でした・・・

 でも、こんな素晴らしい演奏をしても銀賞なのですよね・・・
 結局審査なんてのは、審査員の好みもあるのでしょうね・・・

 | BLOG TOP |