FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1995年は、異動に伴い甲府から足立区北千住に居を移したことは前回書いた通りですが、
京成千住大橋近辺は、現在はどうなっているか分かりませんけど、
チョコレートの芥川製菓の工場があったり、靴メーカーの工場があったりし、
年に一度か二度、アウトレットセールを展開する事があり、
これが結構良かったです。
靴もチョコも、規格外の品を放出するものでしたが、
特に製品に問題がある訳でもなく、
大体定価の80%~90%引きでしたので、結構これは助かりましたし
ありがたかったです。

日光街道を少し外れると、なぜか北千住界隈には、和菓子屋さんが多く
「こんなに和菓子屋さんが乱立して商売が成り立つの?」と感じるくらい、
当時は美味しくて魅力的な和菓子屋さんが
数多くあり、土日なんか、この和菓子屋さん巡りをするのも
何か楽しかったものです。

また近くに魚市場・青果市場があり、
この市場内に一般人も利用可能な定食屋さんがあり、
安くて美味しい定食を出していましたので、
結構好きでした。

今の川口もいいけど、北千住も結構住みやすかったですけどね。
ついでに書くと、学生時代過ごした中野と大宮も
結構好きだったな・・・
自分何かは、おしゃれな街よりは、普段着でも気楽に過ごせる街の方が
全然しっくりきますけどね・・・


〇福岡工大付属高校

 Ⅱ/トッカータとフーガ二短調

 この年の課題曲は、Ⅰの「ラメサス二世」に人気が集中し、
 Ⅱは六団体、Ⅲは二団体のみ Ⅳも三チームのみでした。
 自分は、課題曲Ⅰはどちらかというと苦手の部類でして、
 何か積極的に攻める姿勢濃厚のマーチという印象が強く、出だしの高音の窮屈な感じも
 含めて、何か相性が悪い感じでした。
 でもこの課題曲、ホルン奏者は大変だったと思いますよ・・・
 出だしの金管の高音の窮屈さも、奏者は難しそうでしたね・・・
 だから課題曲ⅡとかⅣがたまに出てくると、それだけで何か嬉しかったものです。
 このチームも課題曲Ⅱを、実に楽しげに伸び伸びと吹いていましたので
 大変好感が持てました。
 金管セクションが非常に充実しているのに、あえて木管重視のバッハで挑むとは
 結構指揮者の勇気だと思うのですが、
 このチームは、木管も金管もサウンドが重厚で、
 ホント聴いていて「オルガン」みたいな重低音が効いた演奏であり、厚みのある演奏であり、
 トップレベルの演奏だと感心しました。


〇習志野

 Ⅳ/寄港地

 うーーん、この年はどうしちゃったのかな・・・??
課題曲Ⅳも自由曲も決して悪い演奏ではないし、水準以上の演奏をしているのに、
 印象としては「無難・平凡・個性無し」という言葉しか出てこないのですよね。
 何かこの年はアピール度が極めて低いようにも感じました。
 寄港地も、1981年以来二回目の出し物になりますが、前回に比べてオーボエのソロも
 バックのリズム感も更に向上しているのに、
 全体の印象が何か弱いのですよね。
 何でそんな風に感じたのかは、よく分かりませんでしたが、
 審査結果も、1984年以来久しぶりの銀賞でしたので、
 「審査員も同じような印象を持ったのかな・・?」とも思ったものでした。

 それとも「洗練されたサウンド」というのも、長い間このチームの素晴らしさに耳が慣れてしまうと
 マンネリ化されて聴こえてしまうのかな・・・?
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |