FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10/13の「ドキドキプリキュア」を見て改めて感じた事ですが、
歴代プリキュアを振り返ってみると、
妖精・精霊たちは、妖精同士の恋仲(例/ミップルとメップル、フラッピとチヨッピ)は
あっても、
妖精と一般人の間のロマンスって無かったですよね。
あ、勿論、プリキュア5のココのぞとかナツこまという例はありましたけど、
あれは特殊例かな・・・
もっとも映画「お菓子の国の・・・」では、のぞみとココは
キスシーンまで繰り広げてしまいましたけど・・・

だから、前回のドキドキで
ラケルがプリキュア以外の一般人の女の子に一目惚れするなんて
極めて珍しかったし、
こういう試みも中々面白いものだと思いました。




当然ながら、というか予想通りの筋書きだったのですけど、
ラケルの初恋は、無残にも砕け散ってしまいます。
でも、それでいいと思うのです。
だって、結局は、ラケルのパートナーの六花さんが「マナ大好き!」・マナの正妻であると同様に
ラケルも、結局は「六花が一番大好き!!」という所で収まったので、
やはり落ち着くべきところに収まったという感じですね。

だけど面白かったのは、
以前ハートキャッチでブロッサムの「おしりパンチ」が、
「クレヨンしんちゃんみたいで下品」みたいな妙なクレームを受け、
一回ぽっきりでお蔵入りとなってしまいましたけど、
そのオマージュというのか、
まさかその3年後の「ドキドキ」で再現されたことですね。
しかも一番やりそうもないキュアダイヤモンドが、ラケルのせいで、
まさかおしりパンチを展開するとは予想外の事でしたし、とても面白かったです。
ダイヤモンドの必殺技が炸裂する直前に、あの投げキッスを中断させてまでの
ラケルの暴挙(?)でしたけど、
必殺技よりも更に面白いシーンが繰り広げられるとは
さすがやる時はやるものです。

でもダイヤモンドの衣装に付着しているラケルが強引にダイヤモンドを引っ張っていく場面何か、
昔のアニメ「ど根性ガエル」のぴょんきちを彷彿とさせるものでした。
あ、だけど六花は無類のカエル好きだから、
もしかしてそれに引っ掛けているのかな・・・??

次週以降、ついに満を持してレジーナが再登場しそうです。

やはり「ドキドキ」はレジーナが登場しないと物語が展開していかない・・・
だからこそ、最重要人物の再登場と物語の何らかの劇的変化に大いに
期待大という感じです。
それにアイちゃんとジャネジーの関係性、及びキュアエースとアン王女の関連性が
どう物語に絡んでいくのか・・・
スポンサーサイト



本日の埼玉の午前中は、台風の強風による後遺症で、電車が軒並み運転中止となり
(赤羽から川口の間の荒川の橋にて、強風規制がかかったみたいです)
ほとんどの人達は、午前中は会社にたどりつけず
昼ごろまで開店休業状態でした。
こういう時、いざとなれば、自宅から勤務先まで自転車でも30分程度の私なんて
楽なものですね・・・
だから、午前中は手持ちぶたさだったため、例によって駅周辺のリサイクルショップを
覗いてみると、
またまた面白い発見がありました。

何かと言うと、6年前のプリキュアの映画「おかしの国のハッピーバースデー」の
前売り入場券購入者の特典の一つである
タンブラーが未開封状態で、一つ50円で売られていましたので
思わず買ってしまいました・・・




これは「プリキュア5 GoGo」の方ですので、勿論ミルキーローズも登場しています。
この映画には、プリキュア史上初のそして最後であろう「のぞみとココの禁断のキスシーン」まで
登場してきます。
ショコラの声が何か可愛いと思っていたら、
声優さんは、SSのフィーリア王女とハートキャッチのシフレの人でしたね・・・


CIMG6086_convert_20131016234033.jpg

この映画では、番外編として面白い試みがされています。
何かと言うと、
「ちょー短編」という事で、歴代プリキュア、と言ってもこの頃は、
まだ初代・SS・プリキュア5の計11人しかいませんでしたけど、
総勢11人によるミニドラマが展開されていました。
これって5分足らずのすごい短い作品ですけど、
面白さが凝縮されていて、
今にして思うと、これが現在の「プリキュアオールスター」の記念すべき原点だったと
思います。
ま、この翌年から、「プリキュアオールスター」の映画が毎年春に公開されていくのですけどね。

初めてのオールスターの際は14人 翌年が17人 そして翌々年が21人ですからね。
そして現在では、現役の「ドキドキ」を加えると
総勢33名ですから、
ホント、プリキュアはあっという間に増えていったものですね。

でもくどいようですけど、この33人の中で
一番大好きなプリキュアは、何といっても「キュアドリーム」です!!!
次はハッピーかアクアさんあたりかな・・・?

 | BLOG TOP |