FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回書きましたけど、この年の全国大会の前日に辞令が出て、
5年半在籍した山梨を離れることになったのです。
当時の気持ちとしては、

〇やり残した無念さ・山梨の顧客に対する申し訳のなさと感謝

〇これで「クソ田舎の甲府を離れられる。嬉しい!!」

〇新しい部署での不安

の三つが混在したものだったと思います。
辞令で次の部署というのが「本店・業務部」と言って
要は一言で言うと、出向先・転籍先が決まるまでの間の新規開拓班みたいなもので、
この部署に飛ばされた人は、やる気もなく、自身の出向先が決まるまで
適当な時間を過ごすための
「ゴミの堆積所」みたいな感じでしたから・・・
気持ちとしては、
「こんだけ業績を上げ貢献もしてきたのに、最後にこの扱い・・・??」という感じでしたけど、
当時の感覚としては、
「もー、金融機関の営業はコリゴリ・・・
 まだ可能性がある内に、転籍先で新しい環境で新しい気持ちで頑張ろう」という感じ
だったのですけど、
世の中、何がどう転ぶか分からないもので、
約半年程度干された後、奇跡的に
新宿区の支店に営業担当として、しかも昇進昇格付で辞令が出され、
1996年4月以降は、再度改めて金融機関の営業担当として現場復帰を果たしたのでした・・・

1995年までの山梨時代はワンルームマンションでしたけど、
辞令が下って以降は、当時30を過ぎたばかりでしたけど、なぜか寮に入る事になり
1989年以来久しぶりに寮に入る事にもなりました・・・
でも寮と言うものはいいものですねー
だって、食事は付いて風呂も自由に入れて、寮費は食費とクリーニング代込みで
月2万円程度だったかな・・・
そりゃ、天国みたいな環境ですよね・・・
当時の寮は足立区北千住にありましたけど、
この北千住の街は、ホントいいところで
自分個人はすっかり気に入ってしまいましたけどね・・・
和菓子屋さんとか美味しい定食屋とんラーメン店とか安いスーパーとかが揃っていましたしね・・・

この北千住の街の事はまた改めて別の機会に書きたいと思います。
もっとも、今住んでいる埼玉県川口市も大好きですけどね・・


〇磐城高校

 Ⅰ/この地球を神と崇める

 このチームは、1981年の初出場時の「中国の不思議な役人」以降一度も全国に
 出ていませんでしたけど、藤林先生という勿来工業での数々の名演を残した指揮者を迎えて
 二度目の全国出場を成し遂げました。
 このフーサの自由曲は、1993年の都立永山の名演で広く知られることになりましたが、
 この磐城高校の演奏も大変見事なものでした。
 実際に生で聴いた演奏の比較を自分なりにしてみると、
 都立永山は、都会的センスが溢れ、メッセージ性を強く出したもの、
 ラストの「ビューティフル・アース」という呟くような声は、女の子が消え入りそうに
 やっていました。
 磐城の場合は対称的に男子校らしい「骨太」の演奏
 メッセージ性というよりは、気迫でこの難曲に立ち向かっていくガッツが前面に
 出ていました。
 ラストの「ビューティフルアース」の声は、永山と違って
 いかにも進学校らしい正確な発音でしっかりと発声していたのも
 永山との明瞭な違いで、
 何か面白いと思いました。


余談ですが、この年の課題曲Ⅰは、自分にとっては苦手の部類の曲でした・・・
マーチなのですけど、あのヒステリックな出だしが何か苦手でした。
ホルン奏者もあの高音はホント、大変そうでしたよね。
この年の高校の部は、なぜか人気はこのⅠに集中し、私が大好きなⅡのスプリングマーチの演奏が
少なかったのは少し残念でした・・
もっともプログラムラストの与野高校がⅡの演奏をし、素晴らしい演奏を聴かせてくれ
とても嬉しかったです。
Ⅲも少なかったけど、就実の気取らない演奏が印象的・・・
(就実は、村松先生での最後の演奏でしたね・・・)
スポンサーサイト



改めてプリキュア5の第30話を見てみましたけど、
いやー、抜群に面白いし、神回と呼んでも差支えが無い素晴らしい回ですよね。
ま、何といってものぞみが素晴らしいのだけど・・・・

第24話でプリキュアファイブエクスプローションという歴代プリキュアでも最強に近いと
思われる合体技が登場しましたけど、
この第30話以降は、それにミルクが加わる事で
単発ではなくて恒常的に使用可能となったのですけど、
あの合体技ってある意味「科学忍者隊ガッチャマン」の科学忍法火の鳥みたいな
ものですよね・・・

ところでミルクって性格は最悪に近いものがあるのだけど、
その後のミルキーローズとしての活躍を見るまでもなく、何気にしっかりと役立っている面は
あるのですよね。
というか、2シリーズを通して、ミルクは

〇ミルクという元々の本来の姿

〇プリキュアファイブエクスプローション発動時にのぞみの腕に巻きつき
 トーチみたいな姿になる時

〇美々野くるみ

〇ミルキーローズ

というシリーズでも最多の一人で四種の形態に変容出来る
ある意味すごいキャラなのですよね・・・
くどいようですけど、性格は悪いけど・・・

フレッシュのせつなが、せつな・イース・キュアパッション
スイートのエレンが、エレン・セイレーンという黒猫・キュアビート
とそれぞれ三種の形態への変容という事を考えると
やはりミルクは、すごいのかも・・・
ホントくどいようだけど性格は最悪に悪いけど・・・





この回で何が楽しいかと言うと、
のぞみとミルクの口げんかのシーンですね。
発端は、のぞみのチョコをミルクが横取りしたというホント、下らないものですけどね・・
その中で、
ミルクがパルミエ王国のお世話役の意義と大変さを語る中で、
のぞみが
「人のチョコを勝手に食べちゃう人がお世話役なんて、パルミエ王国も人手不足だったんだねー」と
明確な嫌味を言う所は、
当時の視聴者の気持ちを代弁するかのようで
爽快な部分ですね・・・(笑)
それに対して、ミルクが
「そんな事夢を持っていない人に言われたくない。のぞみは夢を持っていないし、そんな夢を持っていない
人にパルミエの未来を託したくない。のぞみはプリキュア失格ミルー」何て
さり気なく話題をすり替えてしまうミルクも中々の策士・・・

この一件でのぞみは、落ち込み
「自分はプリキュア失格」と言いだし、ミルク自身も落ち込んでしまう中、
かれんさんとミルクの会話が展開されるのですけど、
この会話のシーンが中々素晴らしいし、
この会話を聞くと、
「え、かれんさんって何て大人・・・」
「でも、かれんさんって本当に中学生なの・・・?」と
思ってもしまいます。

「私も実は夢を持っていないの・・・」
「こまちやミルクみたいに夢を持っている人は素晴らしい。だけど、のぞみのように
 今を必死に生きながら、夢を模索している人はもっと素晴らしい
 私も実はそんな風になりたい・・」
「夢に向かって頑張っている同志、のぞみとミルクは必ず分かり合える」

うーーん、かれんさんって何て大人・・・
でも発端はチョコの奪い合いという事なのですけど・・・

最終的に、プリキュアとして戦う覚悟を再認識したのぞみの回でもあったのですけど、
かれんさんの件を含めて
何か色々と提示する要素も多く、
アラクネア殉職という要素を吹き飛ばしてしまうほどの何か印象的な回でした。

あーあ、やっぱりプリキュアシリーズはいいものですね。
歴代で「これは外した・・・」というシリーズが一つもないのが
すごいところ・・・

 | BLOG TOP |