FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吹奏楽コンクールにおいては、制限時間があるから仕方がないのですけど、
曲のカットというのは、正直日常茶飯事です。
例えば、R.シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピゲールの愉快ないたずら」は
原曲は16分程度ですけど、コンクールの自由曲として演奏するには7~8分程度にカットする
必要があります。
原曲では5~6個程度いたずらをし、最後は絞首刑になってしまうのですが、
コンクールのカット版ではも一つか二ついたずらをしただけで、すぐに絞首刑になってしまう
印象があり、
幾らなんでもティルが可哀想・・・なんて印象すら持ってしまいます。
同様にR.シュトラウスの「アルプス交響曲」も原曲は50分程度の非常に長い曲なのですけど、
これを8分程度のコンクール用カットヴァージョンになってしまうと、
あっという間に夜が明け、頂上に着いたと思ったら雷雨が鳴り響き、そのまま下山と言う
富士山の弾丸ツアーも真っ青の強行登山ツアーみたいな印象に
なってしまいます。

だけど、滅多にないのですけど、
クラシックの世界でも、原曲をカットして演奏会で演奏するとかCD(レコード)収録をするケースも
あったりします。

一例をあげると・・・

〇NHK交響楽団にて、ショスタコーヴイッチの交響曲第10番の日本初演を行うと予告しながら、
 土壇場で、演奏曲目をプロコフィエフの交響曲第5番に変更し、しかもこの交響曲を
 原曲どおりではなくて、カットだらけで演奏し、大ブーイングを浴びた事件

〇セル指揮/クリーブランド管

 バルトークの「管弦楽のための協奏曲」のCD録音にて、意図は不明だが、
 第五楽章「終曲」のラスト近くで、再現部分の導入部に当たる部分をバッサリカットして
 収録した・・・
 指揮者としては、「この部分は少々くどい・・」と解釈したのかも・・・

〇ストコフスキー/ニューフィルハーモニア

 チャイコフスキーの交響曲第5番で、その終楽章にて、
 演奏が終わる直前の部分で、たった2小節分を、なぜかカット・・・
 結構これは珍解釈だけど、
 すごーく違和感が残る演奏・・・

〇シェルヘン指揮・フランス国立放送響のマーラー/交響曲第5番

 これは、カットを語る上では避けられない、ある意味凄い演奏です・・・
 私自身、この演奏は、確か甲府駅の駅ビル内のワゴンセールで売られていた
 1枚500円程度の廉価盤で知りました・・・
 マーラーの5番は、第三楽章が全五楽章の中で18分程度と一番長いのですけど、
 なんとシェルヘンは、この楽章を5分程度にウルトラ強引なカットをしています。
 つまり正味13分程度丸々カットしたことになります。
 これって一体どんな意図や解釈があったのでしょう・・謎です。
 あと、この演奏は実はライブ録音だと思うのですが、
 第三楽章で、奏者がカットのためだと思うのですが、慌てて譜面をめくる音らしきものまで
 しっかりと収録されています。
 そして面白いのが、演奏終了後は、ブラボーコールとブーイングがほぼ同時に沸き起こり、
 「なるほどね・・・」と思ったりもします。 
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |