FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10/5の埼玉は、一日中シトシト雨が降る陰鬱な天気でした。
季節はすっかり秋になってしまい、ワイシャツ一枚ではさすがに寒く、スーツを着ないと
外なんてとても廻れないという感じでした。

でも、今度の水曜から、いよいよ強制的仙台勤務(左遷・・・??)なのですよね。
といっても、10/9~13の五日間の出張みたいなものですけど・・・
だけど主な目的が、向こうのクレーム実態調査とクレーム対応ですから、
正直、少しユーウツ気味・・・

だけど唯一の救いが、小学から高校まで住んでいた土地に行くというか、
多少は土地勘があるという所でしょうね。
昔、1990年に都内の支店から山梨県甲府市の店舗に飛ばされ、
甲州弁の洗礼にあい、
「そうずら」・「いっちょし」・「やれっし」みたいな山梨の方言に惑わされ
「えー、ここは関東なのに、なんで日本の標準語が通用しないんだ・・・」と
当初の頃は困惑したことがありましたけど、
今回の仙台は、一応、自分自身も仙台人でしたので、
仙台特有の発音のイントネーションとか「だっちゃ」・「寄ってけさい・・」・「んだべっちゃ」
みたいな仙台弁は一応慣れているので、
そんなに抵抗感はないかな・・・??

事前に訪問リストを作成し、地図を広げてみると、
30年前に自分が高校生だった頃と比べて、新しく出来た道路もあったり、
また当時は、仙台市は仙台市という市だけだったのに、今では
色々な区を設置していますので、宮城区とか若林区とか青葉区とか言われても
正直全然ピンときません。

ま、行ってみてのお楽しみというか、ぶっつけ本番なのかも
しれませんけどね。
スポンサーサイト



イタリア民謡「フニクリ・フニクラ」は聴いていて実に楽しいし、何か心が妙にウキウキする
曲ですよね。
何かいかにも陽気なイタリア人の気質にピッタリとはまったような民謡だと思います。
この「フニクリ・フニクラ」をBGMで用いたテレビCMって思い出すだけで
二つほどあります。
一つが1990年中盤の(破綻した)山一證券のCM
確かこの頃の山一のイメージキャラクターは、田中美佐子でしたよね。
二つ目が「スパリゾートハワイアンズ」
確か現在も「行こう、行こう、ハワイアンズ、湯の国、湯の国、ハワイアンズ」という歌詞を
この「フニクリ・フニクラ」に乗せてCM展開をしていたと思います。

「スパリゾートハワイアンズ」も自分も一度だけ宿泊したことがありますけど、
すごーく楽しくていいところですよね。
温泉もプールもとにかく広いし、
スライダーがとにかく迫力満点で気持ちいい!という感じです。
ポリネシアンショーの火の踊りの迫力も中々です。
ご飯はバイキングでしたけど、これも中々美味しかったです。

ところで、「フニクリ・フニクラ」を引用したクラシック音楽として
自分の知る限りでは二つほどあります。
一つは、ウルトラメジャーな曲、もう一つは超ウルトラマイナーな曲です。

メジャーな方は、交響詩「ツァラトゥストラかく語りき」でおなじみのR.シュトラウスの
交響的幻想曲「イタリアより」の第四楽章「ナポリ人の生活」です。
これは、この「フニクリ・フニクラ」をほとんどそのまま引用し、
非常に楽しい仕上がりとなっています。
この曲全体は、それほど楽しいという印象はなく、重厚でホルンが大活躍するという印象が
あるのですが、第四楽章だけを聴くと、
すごく楽しさ溢れた曲のようにも聴こえます。

一方、超ウルトラマイナーな曲は、
カゼッラ作曲の狂詩曲「イタリア」です。
この曲を知っている人、何人ぐらいいるのかな・・・というレベルの
知る人ぞ知る曲なのですけど、
R.シュトラウス以上に、相当しつこくというか執拗に「フニクリ・フニクラ」が至る所で
引用され、
特にラスト近くの「フニクリ・フニクラ」は、大爆発をしてくれますし、
迫力満点の音楽を展開してくれます。
この作曲家、実はローマ三部作のレスピーギよりも少し古い時代に生き、
この曲もレスピーギの「ローマの祭り」より古い時代に作曲されていますけど、
レスピーギに勝るとも劣らない音響効果抜群の派手な曲を残しているのに、
全然知名度が無いというのも少し気の毒な感じはします。

当然、イタリア狂詩曲は生の演奏会では聴いたことはありませんけど、
廃盤になっていなければ、イギリスのどこかのレーベルから出ていますので、
興味がある人は是非聴いてほしい作品です。
自分もCDでしか聴いたことがありませんけど、一度生の演奏を聴いて、脳みそを破裂させて
みたいです。
9/29の「ドキドキプリキュア」は、何か意味深な展開・・・
ああやってアイちゃんがわんわん泣くとジャネジーが増えて、敵幹部の力が増し
プリキュアの力が弱まるなんて、
アイちゃんの正体って一体なんなの・・・??
という感じになってしまいますよね。
実は何らかの大ドンデン返しが待っているとか・・??
(最近姿を見せないジョー岡田の動向と合わせて・・)
でもこう書いていると、
やはり思うのは、「フレッシュプリキュア」のシフォンとの類似性ですよね。
シフォンもアイちゃんも、元々は言葉もろくに話せない赤ん坊設定から始まり、
少しずつ言葉を覚えていくという
プリキュアの成長と共に、赤ん坊の成長も同時に描いていくという要素もありました。
だけど実は、シフォンは、スイーツ王国の妖精ではなくて、
インフィニティだったという事が
今後「ドキドキ」のアイちゃんでもあり得るのかな・・・??

まあ、その辺の展開は中々読みにくい所はあるのですが、
それよりもシフォンと言うと思いだすシーンがあります。
何かと言うと、確かノーザという新たな敵幹部が登場し、ソレワターセが初登場した回でしたけど、
シフォンが初めて、ヨロヨロではありましたけど自分の足で立ち上がり、
ラブ達が思わず
「シフォンが立った・・」と叫ぶシーンがそうです。
これって、古い話で恐縮なのですけど、
世界名作劇場シリーズの不朽の名作と呼ばれる「アルプスの少女ハイジ」での
最終回近くでの
ハイジの「あ、クララが立った・・・」という有名なセリフのパロディーというか、
時間を超えたオマージュのような気が・・・
これ、絶対製作者のイタズラというか遊び心ですよね・・・(笑)






ラブがシフォンがインフィニティに変容しかけた時は、大抵抱きしめる事が多いのですけど、
ああいうシーンを見ると
「ラブ=母性愛」とか「ラブ=聖母マリア様」とか
思ってしまうのですよね。
ラブって、歴代プリキュアでは漢系に近いプリキュアなのですけど、
ああいう母性愛が強いプリキュアでもありますので、
両面持ち合わせているプリキュアは歴代でもそれ程いないというか、
せいぜいルージュとメロディとマーチぐらいなのかな・・・

それにしても前回のドキドキでは、
六花さんがキュアダイヤモンドして新しい技をようやく披露してくれましたけど、
何ですか、あれは・・・??
投げキッスみたいな表情が実にコケティッシュで可愛かったです・・・
何か前作「スマイル」のピースみたいなあざとさ全開でしたけど、
可愛いから全てが許せちゃう・・・

だけど、最近のまこピーのポンコツ振りは少々ひどすぎますね・・・(笑)
初期の頃のあの凛々しさと孤高さは、最近はどこにいってしまったのだろう・・・
しかも次回は久しぶりのまこピー回だというのに、
虫歯を嫌がるポンコツ振りを遺憾なく発揮してくれそうだから、
またまた楽しみという感じですけどね。

 | BLOG TOP |