FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


名取吾郎氏が永眠されて、もう既に数年が経ちますよね。
名取氏の吹奏楽曲ってどちらかというと、陰気で劇的要素が強く、
ネリベルのように、強弱と明暗のコントラストが激しい作曲家という印象があります。
名取氏は、生前何回か吹奏楽コンクールの審査員として見た事がありますし、
たしかどこかの県大会で、審査員代表として講評を述べていたのを耳にしたことがありますが、
作品の印象とは全然異なる、柔和な人柄という印象でした。
後で聞いた話によると、名取氏の陰鬱な音楽の背景には、自身の辛い戦争体験、特に南島での
兵士としての辛い体験がベースにあったとの事です。

名取氏の吹奏楽曲と言うと、色々思い浮かびます。

〇アラベスク(1973年課題曲B)

〇風の黙示録(1990年課題曲B)

〇交響的幻想曲「ポンドック街道の黄昏」

〇永訣の詩

〇アトモスフェア

何となくですけど、名取吾郎氏の作風と市立川口高校と愛工大名電の演奏は
非常に相性が良かったようにも思えます。
アラベスクは、瑞穂青少年吹奏楽団、風の黙示録は、市立柏

ポンドック街道の黄昏は、関東大会銅賞ですけど真岡高校の演奏が
それぞれ印象的です。
永訣の詩は、1984年の市立川口の素晴らしい説得力と
アトモスフェアの名演は、1991年の愛工大名電以上に
1990年の関東大会での市立川口の怒涛の迫力が極めて印象に残っています。
だけどこの年の市立川口は、全国では全然冴えない演奏になってしまい、
結果的にこの年を最後に現在に至るまで、普門館から姿を消しています・・・

だけど、自分にとっては名取吾郎氏というと
吹奏楽のための詩曲「地底」なのです。

この曲は、残念ながら現在では音源化されていません・・・
私は、ワールドレコード社のオリジナルカスタムテープで、
1976年の富田中の演奏と1984年の市立習志野の演奏を幸い持っているので、
この素晴らしい曲、今となっては知る人ぞ知る隠れた名曲を
堪能させて頂いております・・・

この「地底」は一言で言うと、冷たいひんやりとした音楽です。
前半のひそやかさとは対称的に、後半の不気味な迫力と劇的雰囲気には
かなり圧倒されるものはあります。
打楽器もティンパニー・大太鼓・シンバル・ドラ・シロフォーン程度でそれほど多彩ではないし
特殊楽器もほとんど使用されていません。
なのに、この普通の編成で、ここまで特殊な雰囲気が作れるとは
結構不思議だと思います。
ラスト近くのいかにも地底から吹き上がるような音の絵巻はまさに圧巻です。
かなり陰気な音楽なのだけど、
「冷徹さ」という感じではなくて、「涼しい谷間での冷たい水の感覚」といった感覚の
音楽だと思います。

自分が一番不思議に思っていることは
この曲の呼び方です。
1976年の富田中のアナウンスでは、「じぞこ」と呼ばれていましたけど、
1984年の習志野の演奏のアナウンスは「地底」し呼ばれていました。
結局どちらが正しいのかな・・・??
富田中はやや荒っぽいつくり
習志野は対照的に洗練された感じです。
個人的には、富田中の方が好きですけど・・・
だけど「地底」は1984年以降、どのチームも取り上げていません・・・

それにしても不思議なのは習志野かな・・・
このチームは、翌年以降は、ローマの祭り・海・ダフニスとクロエ・サロメ・交響三章・
ローマの噴水・スペイン狂詩曲とバリバリのフランス系アレンジ路線になっていくけど、
何でこの年だけ、こんな知る人ぞ知る邦人作品を取り上げたのだろう・・・??
ま、1982年にもこのチームは「呪文とトッカータ」というバリバリのオリジナル曲を
自由曲にしていますけどね・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |