FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先ほど宅急便が届いたので、ドアを開けてみると
二人がかりで、大きな段ボールを抱えていました。
段ボールの大きさもそうでしたけど、これが重いのなんのって・・・
一人では確かに持てない重さでした。





一体なんだろうと開封してみると、
小学館のDIMEの「当選おめでとうございます」案内通知と共に
パナソニックの「スチームオーブンレンジ ビストロ」が入っていました。

実は、うちの奥様は、何もしないぐーたらオタク系専業主婦なのですけど、
ただ一つ貢献度大なのは、ネットで次から次へと色々な懸賞キャンペーンに応募しまくり、
過去においても様々な懸賞品をゲットしてくれるのです。
今回は、かなりの高額賞品をゲットしてくれました。
実は、ずっと以前から「ヘルシオ買って、買って」とねだられていましたけど、
「お前は、調理をほとんどしないグータラさんなのだから、必要ない・・」と却下していたら、
ヘルシオとかそれに近い家電に狙いを定めてずっと応募していたらしいです。

いやー、その執念が実を結んだという感じですかね・・・


2_convert_20131001220138.jpg


だけど、この家電、マジにすごい場所を取るし、重いしで
どこに配置すればいいのだろう・・・
ビストロも色々な機能が付いているのだけど、
うちのぐたーら奥様が、まともに調理をするとは思えないし、
マジで、冷凍食品を解凍するだけで終わるかも・・・
でもそれならば、今使っているレンジと変わらないかも・・・

でも、うちの奥様すごいですよ・・・

過去においても、

〇電動自転車

〇DVD二機

〇iPad2体

〇那須と軽井沢のリゾートホテルの宿泊券

〇ハンドルミキサー

〇タブレット

〇金券多数・・・

〇デジカメ

〇ジュース・お茶等のベットボトル1ケース⇒多数・・・

〇浴室用テレビ

などなどを当選させています。
何だかむかし「進め!電波少年」の懸賞生活の「なすび」みたいな感じですよね・・
もっとも、うちの奥様の場合、当選しても
「裸の舞」で踊ったりはしませんけど・・・・

でもこのネットのキャンペーンでいいのですけど、
唯一つ難点があるらしいのです。
キャンペーンで応募したら、大抵の場合、そのスポンサーに会員登録をする必要があるとの事で
結果的に毎日毎日、彼女のPCには様々な企業からの販促メールがくるらしいです。

やはり「タダほど怖いものはない・・・」という感じかな・・・
スポンサーサイト



本日は久しぶりのお休みです。
だけどホント昨晩からよく寝ました。
10時間近く爆睡していたと思います。
「寝る子は育つ」とかいいますけど、この年で今更育ってもね・・・(笑)
でもって午後は相変わらず、うちの奥様の買い物の運転手兼付添役・・・

西友に寄ってみたら、
「デカうま298円弁当」なんてのが売っていて
結構見た目も美味しそうでしたので
買ってしまいました。






うーーーん、だけどすごいボリューム
これは、高校生とかの食べ盛り用の量と言う感じだした。
メンチカツが主体のお弁当なのですけど、
メンチカツが結構固めのため、歯ごたえはあるし、お腹に溜まっていくという
感じでした。

全体的な感想としては、「うーーん、いまいち。量はすごいけどね」という感じかな・・・
これだったら、西友の近くのオリジン弁当で
「100円引きキャンペーン中」のチーズチキンカツ弁当280円を
買った方が良かったかも・・・
1992年当時は、何度か書いている通り、山梨県のある地方金融機関の営業担当として
日々遠隔地を車で駆けずり回る毎日でした。
確かに営業ノルマは大変だったし、毎日深夜残業ばかりでしたけど、
山梨県の雰囲気自体どこかのんびりしたものがあり、
比較的首都圏の店舗よりは、精神的には楽だったようにも感じます。
(今から考えるとの話ですけど・・・)

ま、だけど何よりも当時一番良かったのは、
あの当時は携帯電話なんて存在していなくて、
上司とか事務方からのうるさい電話も仕事中はなく、
一応「ポケベル」(これ自体既に死語の世界ですね・・・)を持たされていましたけど、
大抵電源を切っていて、
よく上司等から
「なんでポケベル鳴らしたのに、電話してこないのだ」と怒鳴られても
「いやー、山梨の山奥は電波が届かないのでは?」
「あ、確かに・・・」で
一応はごまかせられましたからね・・・
当時は、午後に一度公衆電話から会社に定時連絡をするだけで良かったから
現代のように、顧客からの問い合わせ・クレームに即対応・即連絡という事は
なかったし、
何よりもうるさいメールや電話呼び出しがなかったのは
ある意味救いでしたね・・・


〇小郡中学校

 D/神話

 ほぼ完璧な演奏でした。
 課題曲も楽しさが溢れ、自由曲も変拍子の踊りの部分の「ノリ」の良さ
 中間部のひそやかさ、
 全てにおいて申し分のない演奏でした。
 確か指揮者が女性指揮者だったと思いましたけど、
 的確な指揮ぶりにも感心したものです。

〇出雲第一中学校

 A/火の鳥

 このチームは、実は1982年にも「火の鳥」を自由曲に選曲し、
 名門出雲としては不覚の銅賞を食らっています。当時、自分自身も
 「えー、あのウルトラ名門の出雲一中が銅賞?? よほど周りの学校のレベルが
 上がったのかな」と思っていたのてすが、
 実態は、単に下手な変奏をしただけでした・・・
 1982年の出雲一中の演奏は、何が良くないかと言うと、
 指揮者自身のアレンジの悪さとカットの不自然さだと思います。
 「火の鳥」は、序奏~魔王カスチェイ~終曲という部分をピックアップしていたけど、
 序奏自体が演奏が不安定で崩壊状態・・・
 魔王カスチェイ以降も妙な所でのカットが多く、非常に散漫な印象となってしまいます。
 1992年の出雲一中は、10年前の雪辱という訳ではないでしょうけど、
 対称的に素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 やはり1982年と同様に序奏から開始していましたけど、
 実にミステリアスな雰囲気をうまく表現していて、この部分だけでも賞賛に値すると
 思います。
 アレンジも定番のデューカー版でしたので、安定感はありました。
 前年度のダフクロも翌年の海も、当時の出雲一中には、何か風格がありました。
 同様の風格は、当時の土気中にも漂っていましたけど、
 出雲は長い期間の伝統なんでしょうかね・・・

〇宇品中学校

 D/シェエラザード

 課題曲も自由曲も一言で言うと「可愛らしい演奏」・・
 王者の貫録の出雲一中もいいけど、いかにも中学生らしいのびのびとしたこういう
 チャーミングな演奏もまた素敵だと思います。
 前年、このチームはプログラム一番という不運で不本意な演奏となつていましたけど、
 この年はプログラムも後半で本来の演奏が発揮できたと思います。
 このチームの演奏、86年の夜想曲とか87年の海もそうなのですけど、
 このチームが演奏すると、皆チャーミングで愛くるしく聴こえてしまう・・・
 なんか不思議な魅力を持った学校でした。
 翌年以降、理由は分かりませんけど、
 部員が減少していき、
 93年は、35名程度でフリードマンの「スラブ狂詩曲」の名演を
 94年は、25名前後で軽業師の踊りの名演を
 聴かせてくれました。
 そして指揮者の金田先生は、この後、NTT西日本の専任指揮者に迎え入れられます。

 | BLOG TOP |