FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、ヤフオクにて、「キュアアクア」のバンダイ S・Hフィギュアを落札できました。
キュアドリームとの2対セットでしたけど、相場よりも随分とというか、かなり安く落札
出来ました。
この種のモノは、他の入札者がいない場合は、意外と安く落札できるものなのですね。
あまりに安すぎて、出品者の方には逆に気の毒となるような
落札額でした・・・




このS・Hフィギュアは
基本的には出来栄えはいいと思うのですが、
ドリームもそうなのですけど、何か首が長すぎるような気も・・・??
悪く言うと「ろくろ首」にも見えなくはないです。
あ、こんなことを言っていると、
かれんさんから、アクアストリームかサフィアアローでシバかれそうな気がして
少し怖いかも・・??

歴代プリキュアの中では、
自分自身でもよくわからないけど、
不思議と呼び捨てではなくて、名前にさん付で読んでしまう方が3人ほどいます。

かれんさん・れいかさん・六花さんの3人なのですけど、
なぜか偶然にも全て青系プリキュアになってしまいました。
しかも全員、成績優秀+生徒会関係者というのは単なる偶然なのかな・・・??
やはりこうした優秀な青キュアには、さん付けで呼ばないとしばかれてしまいそうな
怖さがあるのかな・・・??
だけど不思議なもので、六花さん以外は、天然ボケ系というのも
何だか面白い・・

また、同じ「水」系を扱うかれんさんとれいかさんでも
とちらも天然ボケの傾向がある中でも、
キュアビューティの方は、終始沈着冷静なスタイルを維持し続け、
参謀役の役割を十分果たしていたと思いますが、
かれんさんの方は、こまちのいじられ役であると同時に
「スイート」の奏と同じくらい、怒りっぽいというか、青系プリキュアのくせに
特に初期の頃においては、意外と感情がストレートに出るところが
またたまらない魅力なのかなとも感じます。
登場時の口上は「知性の青き泉」となっていますが、実際は、れいかさんほど参謀役みたいな
役割というよりは、ブンビーさんを何度か背負い投げを食らわすように
どちらかというと武闘系みたいな感じがするのも面白いものです。

「プリキュア5」ってホント、歴代の中でもトップクラス級にメンバーの個性が強いのですけど、
その中でも、かれんさんは、
ホント、光り輝いていましたよね。
自分は、何といっても断然ドリーム大好き派なのですけど、
かれんさんは、また別の意味で大変魅力的なキャラですからね。
スポンサーサイト



毎年東芝から発売されている吹奏楽のポップス作品を収録した
「ニュー・サウンズ・イン・ブラス」シリーズは
毎年毎年楽しい演奏を聴かせてくれるので結構好きです。
中でも少し古いのですが、1989年のシリーズは、個人的には過去最高傑作シリーズと
思っています。

収録曲目が

〇ディズニーメドレーパートⅡ

〇イバネマの娘

〇ニューヨーク・ニューヨーク!

〇ユーミン・ポートレート

〇アメリカングラフティー(メドレー)

〇ひき潮

〇ラプソディー・イン・ブルー

などと素晴らしい作品がてんこ盛りです。

ディズニーメドレーⅡは、チムチムチェリー~ビビディ・バビディ・ブー~不思議な国のアリス~
君も飛べるよなどのメドレーで、
チムチムチェリーの粋な編曲がとても印象的です。
「イバネマの娘」なんて懐かしすぎます・・・
「アメリカングラフティー」も、
悲しき片思い・オンリーユー・ミスターベースマン・ヴァケィションなど古き良き時代の
アメリカが音楽で再現されていて大変魅力的です。

だけど圧巻は「ユーミンポートレート」かな・・・
荒井由美時代から松任谷由美時代の名曲の数々が繋がれていき、
ユーミンの偉大さを改めて痛感させられます。
だけどその選曲がまさにグッジョブ!!という感じです。

メドレー曲は・・

〇翳りゆく部屋

〇あの日に帰りたい

〇リフレインが叫んでいる

〇朝陽の中で微笑んで

〇卒業写真

〇中央フリーウェイ

〇雨のスティション

から構成されていますが、個人的にはリフレインが叫んでいると中央フリーウェイが
大変印象的です。
中央フリーウェイから雨のスティションには、アルトサックスとテナーサックスの素敵なソロが
華を添えています。
卒業写真では、ホルンがソロメロディーを担当しているのが何とも大胆・・・

吹奏楽作品でも、たまにはこうしたポップス曲を聴くのも
楽しいものです。

 | BLOG TOP |