FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歴代プリキュアにおける変身シーンって
各シリーズそれぞれに特徴や見所があってどれも楽しいのですが、
個人的には
ハートキャッチとスイートの変身シーンが本当に素晴らしいと思います。
ただ残念ながら、ハートキャッチの場合、サンシャインの加入以降
スイートの場合、ビートの加入以降は、それ以前の
ブロッサムとマリン、メロディとリズムの二人時代の変身シーンと比べると
大分カットされ、新メンバーの方に重点が置かれた変身シーンになってしまうのが
少々残念な感じ・・・

ハートキャッチでは、キュアマリンの単独変身シーンも数える程度ですけど
何回かありました。
マリンの場合、単独変身回でないと見られない
頭グリグリシーンがあり、あの場面はホント可愛いと思いますし、
変身時のマリンのいたずらっ娘みたいな天真爛漫とした笑顔が最高に可愛く、
あのシーンだけ見ると
「歴代で最高に可愛い!」なーんて思ったりもしますけど、
実際のマリンは、シリーズでも稀有なうざかわキャラですけどね・・・
やはりプリキュアシリーズで一番最高に可愛いのは、「キュアハッピー」かな・・・??
くどいようですけど、シリーズで一番好きなキャラは「キュアドリーム」ですけどね・・・

そんな中、現役のドキドキは、変身シーンこそ歴代と比べると
結構地味という印象がありますが、
何が大好きかというと、
変身終了後のキュアハートの口上、「愛を無くした悲しい〇〇さん、このキュアハートがあなたの
ドキドキ取り戻して見せる」といって
指でハート形を作るところなのです。
このシーン、フレッシュのピーチの「ピンクのハートは愛ある印」という口上時の
指でハート形を作るシーンとうり二つなのですけど、
キュアハートの凛々しさには敵わないかなーとも思っています。




前回9/22のありすの回で
第4話以来ホント久しぶりでロゼッタの口上を言っていましたけど
少し長すぎるかも・・・
やはり口上というのは、キュアハートのように
短くかつインパクトがある方が勝ちです。

この「愛を無くした悲しい〇〇さん」ですけど、
自分自身が先日、
顧客への配慮を忘れ、自分勝手な売り込みに走った部下みたいなものに
思わず
「愛を無くした悲しい〇〇さんは、本当に残念な子だねー」と毒舌を吐いてしまいましたが、
やはり普段見ているものは、
日常的な会話の中にも、時折ボロッと出てくるものなのですね・・・

たまに日常と非日常の境界が崩壊する時があるけど、
これはその一つの典型例なのかな・・・

だけどプリキュアは大好きですけどね。
スポンサーサイト



コープランドと言うアメリカの作曲家は、日本では知名度は今一つなのかな・・・
1900年に生まれて1990年に亡くなったので、丁度20世紀を駆け抜けた作曲家なのです。

実はコープランドは、日本とも結構深い関係にあり、
武満徹の音楽をアメリカ本土で紹介したり、武満徹の「地平線のドーリア」という曲の
世界初演の指揮を振ったり
来日した際には、日本のオケでシューベルトの「未完成」の指揮を振ったりと
色々と貢献をして頂いております。

コープランドの音楽は、
カウボーイがインディアンを追いかけまわすみたいな映画音楽のBGMになりそうな
軽い感じの音楽が多いようにも感じますし、
実に軽薄すぎて胡散臭く感じることもあったりもします。
反面、晩年は無調音楽にも手を付けたり、難渋な作品を晩年近くに書いたりもしていますし、
バレエ音楽「アパラチアの春」のように神への祈りに通ずる清純な音楽を
書いたりもしています。
アメリカというと、移民の国で、あらゆる価値観・文化・思想を拒絶することなく取り入れ
自分たちの文化として融合していった歴史がありますけど、
コープランドの音楽にもそうした「多様性」が感じられます。
要は、いかにも多様性の複合国家アメリカの象徴的存在の作曲家なのかもしれませんよね。
コープランドが亡くなった年に
バーンスタインも亡くなっていますけど、
コープランドの曲をよくレコード化していたバーンスタインにとっても
盟友の友という感じだったのかもしれません。

コープランドの作品は、圧倒的に三大バレエ音楽が有名です。

〇ロデオ

〇ビリー・ザ・キッド

〇アパラチアの春

この中では、「ビリー・ザ・キッド」の銃撃戦とビリー逮捕の祝賀会という場面は
本当に目をつぶって聴いていると、
小太鼓と金管楽器で「ダダダダダダダ」と表現されている破裂音が、かなり実音に近い
ガンバトルを再現していて、非常に面白いです。
「アパラチアの春」は逆に曲の中でほとんどffがない静かな内省的な曲なのですけど、
この曲の唯一の盛り上がりの部分「クエーカー教徒の讃美歌の主題による変奏曲」の
部分の美しさと透明感は、
生で聴いても思わずハッと息を飲むほどの美しさがあります。

吹奏楽経験者にとっては、
コープランドと言うと「戸外のための序曲」が有名なのかも・・
この曲、序盤でトランペットの相当長いソロがありますけど、
この部分をたっぷりと歌い上げることはかなり神経を使いそうですよね。
この曲、元々は管弦楽曲なのですけど、
バーンスタインが1986年の野外音楽祭でこの曲を取り上げましたけど、
この演奏が実に素晴らしい!!
残念ながら未CD化ですので、是非このライヴ演奏を再度聴いてみたいものです。

さて、コープランドの出世作というと、「エル・サロン・メヒコ」です。
日本語に直すと、「酒場メキシコ」ですので、メキシコのバーの雰囲気を音楽に
したものなのでしょう。
この曲の醍醐味というか聴きどころは、序盤のトランペットの長ーいソロだと
思います。
この部分は技術的にもかなり大変で、
プロでも奏者はかなり緊張すると思います。
事実、1999年5月にサントリーホールで聴いた新星日響の定期でも
結構奏者はボロボロで、会場の雰囲気も一気に白けてしまいましたけどね・・・
古い話ですけど、全日本吹奏楽コンクールでこの曲を自由曲に選ぶチームも結構ありまして、
1985年の出雲高校のように、ソロが壊滅状態というケースもありますし、
1995年の愛工大名電のように完璧に決まる場合もあります。

ま、だけど音楽は「生き物」だし、演奏中の事故は付き物ですしね・・・

「エル・サロン・メヒコ」はどうしてもトランペットのソロばかりに目が行きがちですが、
よーく聴いてみると、
トランペット以外にも、クラリネット・ファゴット・オーボエにも重要なソロがありますし、
ティンパニー奏者にも大太鼓奏者にもソロ的見せ場があり、
奏者にとっては10分程度の曲ながら
結構緊張する作品だと思います。

オケの演奏会では大抵、一番最初に景気づけを兼ねて演奏されるパターンが多いけど
中には、フォスター指揮/N響のように
演奏会のトリというか最後の曲として
この曲を演奏した珍しいケースも過去にはありました。

「エル・サロン・メヒコ」は一度譜面を見た事がありますけど
変拍子だらけで、指揮者泣かせみたいな感じもありましたね。
本日午後は、うちの奥様と一緒にお墓参り&大宮でのお買い物でした。
お墓参りは久しぶりでしたけど、たまに行って掃除をしたりお線香をあげたりすると
中々気持ちの良いものですね。
お菓子・おはぎ等のお供え物は普段はそのまま置いて帰るのですが、
ふと隣のお墓を見てみると、
二話のカラスが、美味しそうに隣のお墓のお供え物のおはぎをパクついていましたので、
(上手にビニールから取り出しているのはさすが知能指数が高い・・)
何かカラスに食べられるのもシャクなので、その場で食べてしまいました・・・

大宮に行くと、いつもうちの奥様はビックカメラで家電コーナーをぶらついたり
駅前の「アニメイト」というおたく専門館(?)で色々とネタを漁っています・・・

帰り道、何気なくファミリーマートに寄ってみると
いつもはお茶系ペットボトルを一本買うと、キャンペーン対象商品によっては
20ポイント付き、これが結構年間ではTカードで15000ポイント程度付く結構大きな要因に
なるのですが、
何とこれが今週から
一本につき10ポイントと半額されていました・・・!!

えーーーっ、これでは中々ポイントが貯まらない・・・

Tカードは、最近では、マルエツ・ウェルシア・エネッソなど色々と提携先も増え
ますますポイントが貯まるかなーと思っていただけに
少々残念です・・・

しかも、以前
ツタヤでは、旧作が従来の100円から150円に値上がりされていた事を書きましたけど、
北浦和店のツタヤを覗いてみると
ひちらの店舗では、旧作が何と七泊八日で200円と価格改定されていました。
ツタヤは、最近店内に置いていないDVD作品もお取り寄せが出来るようになり
「こりゃ、いいな」と思っていたら
いつの間にか値上げかよ・・

うーーーん、困ったものです・・・
本日は一週間ぶりの休みです。
と思っていたら、午後はお墓参りと大宮での買い物が勝手に決められていますので
あまりのんびりできそうにもありません・・・


ところで、うちの奥様は昔から大のアニメ・漫画好きで
おたくといっても過言ではありません。
ま、もっとも彼女がいたからこそ「プリキュア」の世界に入り込めた訳なのですけど・・・
そんな彼女のもう一つのお気に入りが、最近では「ゆるキャラ」なのです。
2005年の「愛 地球博」の時は、もー大変でして
当時の「キッコロとモリゾー」に完璧にはまってしまい、
何度この被り物を目当てに名古屋まで行かされた事か・・・




モリゾーは生で見ると、何かもっさりして少し怖いのだけど
確かにキッコロは可愛いですよね。
モリコロは、愛・地球博が終了したら森に帰ってしまったという設定らしいのですが、
今でもよーく東海地方を中心とした地道な営業活動を続けている所が
すごいというか、商魂たくましい・・・

ところで、うちの奥様が今一番お気に入りなのが
くまもんとバリィさんなのです。
埼玉のゆるキャラの「コバトン」も好きみたいですけど、
くまもん達には敵わないようです。
そのくまもんとバリィさんが
何と埼玉に来るとの事で、
11/23の羽生のイオンモールとの事なのですが、
当日何とか会社を休んでくまもん達に会いに行きたいと今から大騒ぎしています。

ま、確かに今年の夏はどこにも遊びに行かなかったし、
有休は溜まっているばかりだし、
しばらく半年程度は月に5日以上は仙台の現場廻りとクレーム処理をしなくてはいけないので
それはOKとすることにしました。
うちの奥様は大喜びですけど
ま、このくらいでご機嫌が取れるのなら万々歳という感じなのかな・・・??
自分が吹奏楽現役だった頃、スミスと言うと
「フェスティヴァルヴァリエーション」で有名なクロード=スミスを意味していましたけど、
1990年代後半に吹奏楽に携わった人にとっては、
「海の男達の歌」とか「伝説のアイルランド」などでお馴染みのロバート=スミスをあげる人も
多いかと思います。

だけど最近は、ロバート=スミスの人気は下降気味なのかな・・・
以前ほど演奏されないような気もします。
反面クロード=スミスの方は、最近色々なチームが全国で取り上げていて
人気は衰える気配はないようですね。

クロード=スミスというと、

〇フェスティヴァルヴァリエーション

〇ルイ=ブルジョワの讃美歌による変奏曲

〇ダンス・フォラトゥーラ

〇ファンファーレ、バラード&ジュビリー

が有名で技術的にも大変高度なものを要求されます。
特にダンス・フォラトゥーラの技術的難易度の高さは半端ないものがあります。

だけど、クロード=スミスの作品の中には
「これって本当にあのスミスの作品なの・・・?」と疑ってしまうような
平易な曲もあったりします。
その代表例が「祝典のための序曲」なのかなーと思います。
この曲、自分が高校二年の定期演奏会で吹いた曲なのですけど
確かに技術的には何の難しい部分もなく、
たまーに4分の2+2+3みたいな変拍子が出てくる以外は
吹いていても本当に楽しい曲でした。
確かに「ダンス・フォラトゥーラ」みたいな高度な曲がスミスの代表作というか本質なのでしょうけど
「祝典のための序曲」みたいな万人受けするような曲も意外と本質だったのかもしれません。
この2曲単純に比較しても、
とても同じ作曲家が書いたとは思えないほどの違いはありますけど、
目指していた方向性は、「皆に楽しんで貰う」という事だったのかもしれません。

埼玉県の一般の部代表の一つの川越奏和吹奏楽団は、今年も全国大会への切符を手に入れました。
だけどこの川越奏和が初めて県代表として関東大会に臨んだ際の自由曲は
実はこの「祝典のための序曲」だったのです。
当時の編成も確か30名近くの小編成で、
現在の大人びた雰囲気とはえらい違いの「素朴な」雰囲気を漂わせていたチームでした。
吹奏楽の名門チームの原点と言える曲なのかもしれませんよね。

こういう曲は、むしろ現在の中学生にも是非演奏して欲しいなとも思います。
技術的に平易で、親しみやすいメロディーがてんこ盛りで
ラストの自然な盛り上がり方なんかも、音楽の楽しさを教えるには
もってこいの素材のような気もします。

 | BLOG TOP |