FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


渡辺浦人の交響組曲「野人」なんて知っている人なんているのかな・・・?
最近では全く演奏されることもないし、
もう忘却の彼方の作品なのかもしれませんよね。
作曲されたのが戦前ですしね・・・
CDは昔、岩城宏之/N響で出ていましたけど、既に廃盤なのかな・・・

だけどこの組曲、忘れてしまうには何か勿体ないものがあり、
「日本人」としての心の故郷というか、何か郷愁みたいなものは感じるのですよね。
曲自体洗練されたものではないし、どちらかというと泥臭い曲でもあるし、
現代人の感覚からいうと「ださい」みたいな印象は拭えません。
だけど、何か妙に惹きつけられるのですよね・・・
なんでだろう・・・

曲は三つの楽章から構成されています。

Ⅰ.集い

Ⅱ.祭り

Ⅲ.踊り

個人的にはⅠ.集いが一番好きです。
ピッコロの掛け合いみたいな合いの手が自分のツボにはまっています。
何かもっさりとした雰囲気なのですけど、何とものどかな雰囲気で、このゆるさが
いいのかもしれません。
Ⅱの祭りは、例えば「ローマの祭り」みたいな華麗・爽快・派手な感じではありません。
これは死者を祀る「葬礼」の音楽なのです。
この楽章で特徴的なのは、使用している楽器は、弦楽器とハープ、打楽器のみで
管楽器は全てお休みです。
時折思わずはっとしてしまう美しい部分があったりもします。
Ⅲの踊りは、この組曲の圧巻なのかもしれません。
ひたすらリズミカルでエキサイトな感じなのですけど、
いかにもださい感じがぷんぷん漂っています。

この組曲は、吹奏楽にも作曲者自身の手で編曲され、
過去において何団体かがこの組曲を演奏していました。
自分の知る範囲では、
1976年の前橋商業 1981年の岩手大学 1982年の粟野中学校ですけど、
前橋商業はその時銀賞で、当時のソニーのレコードは金賞以外収録されないのでも聴いたことは
ありません。
岩手大学は、この年山形で開催された東北大会で生で聴きましたけど、確か第二・第三楽章を
選曲していました。第二楽章が非常に美しい仕上がりでした。
粟野中が一番印象に残る演奏をし、全楽章演奏していますが、第三楽章の金管楽器は
明らかに音量過剰でオーバーヒート気味・・・

この組曲、吹奏楽版では、東京佼成の演奏によるCDがいまだに廃盤にならずにいますので
興味がある人はぜひ一度聴いてみるのもいいかも・・・

この作曲者の息子さんは渡辺岳人氏といって
確かアニメ「巨人の星」のテーマ曲の作曲者です。

渡辺浦人には交響曲「日本の祭り」という曲があるらしいのですが、
原曲を聴いたことは一度もありませんし、CD・レコードもありません。
だけど一度聴いてみたいなーと思っています。
なぜかと言うと、またまたま吹奏楽コンクール関連なのですけど、
1981年の全日本吹奏楽コンクール東北大会・中学の部にて
平第一中学校が、「日本の祭り」~禊・神楽を演奏し、それが何か妙に印象に残っているからです。
トロンボーンが結構活躍していたような印象がありますが、どんな曲だったかは
既に忘却の彼方です。
だけど何か妙に引っかかる曲だったので、いまでも何か印象的です。
ちなみに、当時平第一中を指揮した先生は、確か1980年~82年の三年連続で
コンクールの自由曲にこの「日本の祭り」を選んでいますし、
1988年に植田中に転任されても、ここでもこの曲を選んでいますから
余程この曲が好きだったのかもしれませんよね。
スポンサーサイト



歴代プリキュアシリーズを振り返ってみると
「クラスメイトとの交流」一つとっても、
各シリーズの違いが鮮明なのは何か面白い感じがしますよね。

〇比較的クラスメイトとの交流・接点が濃厚なシリーズ
⇒初代・SS・ハートキャッチ・スマイル

〇比較的交流が少ないシリーズ
⇒フレッシュ・スイート・ドキドキ

〇ほとんど接点がないシリーズ
⇒プリキュア5

ま、もっとも「プリキュア5」の場合、
メンバー5人(GoGOでくるみが加わると6人)のキャラが濃厚過ぎて、
この6人の交流で既にお腹一杯状態だから、
特段クラスメイトを新たに登場させる必要はなかったのかな・・・






「プリキュア5」の場合、ユニークなのは、
クラスの教室が、まるで大学の授業のように、大講堂で受ける感じなのが面白い所・・
一般的な中学・高校のように席が決められているというのではなくて、
授業のたびに好きな席についてもいいという感じで、
その自由さも興味深い所です。
ま、もっとものぞみとりんは授業のシーンの際は
ほとんど隣席でしたけどね・・・

2年前に出版された「プリキュアびあ」という本を見てみると、
プリキュア5のキャラデザイン設定時の苦労話が出ていて興味深いものがあるのですが、
のぞみのデザインが中々決定せず苦労していた時に、
「のぞみの周りにいる娘たちはどんな感じなのだろう・・・」という事で
最初に、りん・うらら・こまち・かれんが生み出されていき、
のぞみのキャラデザインが決定したというのも何か面白いものがあります。
その構想時のデザイン画が幾つか掲載されていて、
のぞみがりんちゃんに対して「お願い・・・」と瞳をうるうるとさせ
りんちゃんが「またか・・・」とあきれ顔で「しょーがねーなー」という風に対応しているようなものが
ありましたけど、
何かプリキュア5の「のぞりん」を象徴というか示唆しているみたいで
すごく興味深いです。

ま、もっとものぞみの場合、
プリキュアに変身してしまうと、とてつもなく頼りになる妙なリーダー性を発揮し、
そのギャップが一つの魅力なのかなーとも
思ってしまいますけどね。

現役の「ドキドキ」の場合、デザインはどのように構想されていったのか
何か興味はありますね。
やはり、核となるべきハートから最初に練られていったのかな・・・?

 | BLOG TOP |