FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9/15の「ドキドキプリキュア」は、文化祭を背景にしながらも
第一話から既にテーマとなっていたマナの「幸せの王子」問題に真正面から切り込み
ある程度の回答を提示できたという点では、すごい回だと思いますし、
「ドキドキ」は問題についても、素通りすることなく必ず別の回で提示された問題について
真摯に前向きに取り組んでいる姿勢は大変高く評価されて然るべきだと
思います。
正直、日曜朝八時半からの幼児向けアニメとは思えないほどの高度な内容を含んでいるのは、
歴代プリキュアの良き伝統かなーと思います。





「幸せの王子」とは西洋の童話の一つで、
銅像として街の中心部に建立されていた王子は、街の貧しい人たちを救うために
自らの目・剣・衣服・金箔など全てのモノを分け与え、
最後は鉛の心臓だけになってしまい息絶えるという話で、
この話をベースに第一回から正妻たる六花さんはマナに対しては
「愛を振りまきすぎ」とか「何も自分一人が駆けずり回る必要はないじゃない・・・
病人は保健委員へ、忘れ物は会計委員に任せて、自らはでーんと構えていなさい」と色々と
苦言を呈しています。

今回の「ドキドキ」でも病気で倒れたマナの代りが務まるかと動揺する生徒会役員に対して
「マナに頼り過ぎ」と苦言を呈する亜久里も含めて
マナの周辺の人達の意見も、それはそれで正しいと思います。
だけど、困っている人への人助けをするのが生きがいのマナにとっては、
そんな理屈よりも体が自然と動いてしまう・・・
それはそれで正しいと思います。

要は「幸せの王子」問題については、正解なんて何も無い。
全員正しい事を言っていると思います。
勿論、この世の中全ての人達に救いの手を差し伸べる事なんて不可能だと思いますし
それはむしろ政治の役割だと思います。
だけど目の前で困っている人を見て、何も行動しなくては良いのか・・・という問題も
ありますけど、
それに対してマナは、
「自分の周囲で困っている人たちに対しては、無視しないでちゃんと手助けを
してあげよう。
まずは自分で出来る範囲から始めてみよう」という発想なのだと思います。
そういう行為に対しても、それが六花さんの言うとおり「幸せの王子」かというと
そうではないと思うのです。
目の前で困っている人がいれば、まずはそこから手を付けてみよう。
そして、そうした行為を繰り返していけば、
それが段々と自分の周辺の人達にも影響を及ぼすもの・・・
そうすれば、困っている人たちに手を差し伸べるのは自分だけではなく周辺の人にも
広まっていく・・・
そしてひいては、一人の特定の個人におんぶにだっこではなくて、
「全員で、皆の力で何とかしよう」という方向に自然と導かれていく・・・

「幸せの王子」の童話とマナの間で、どこに決定的な違いがあるかと言うと、
童話の場合、あくまで人助けをするのは王子一人だけ・・・
(ドキドキでは、最後に、「王子の行為を街の人達も本当は心の底では分かっていた、感謝していたと
 童話の世界にもフォローしているのはさすが・・・)
だけどマナの場合、今回の文化祭で、倒れたマナ以外の一般生徒・六花さん・生徒会役員が
結果的にマナを助けています。
そして全員一丸となって協力し合う事で、
文化祭を乗り切っているのです。

要は、一人なのか、みんなの力を求めあっていくのか・・・
その違いなのだと思います。
当初は、一人で始めた事であっても、それが真に良い事であるならば
必ず周辺に理解者は現れ、
全体に波及していく・・・

そうした「新しい幸せの王子」伝説をドキドキはつくりあげていったのかもしれません。

前回は、トランプ王国崩壊の最大の被害者ソードとそれ以外のメンバーの間の隙間を埋め、
本当の意味で「共通の目的」を見出した回
今回は、第一回から問題となっていたマナの「幸せの王子」問題に対する提示

いやー、今回のプリキュアは難しい面倒な問題に対しても
正面突破をしてくれるから
すごいものがありますよね。
メンバー全員が聡明というのも、こうした難しい問題に対して真正面から取り組んでいるから
やはりあまりアホな子では務まりにくいといったら
前作の先輩たち「スマイル」に申し訳ないのかな・・・(笑)

蛇足ですが、「イラりつ」問題も再現されていましたね・・・
イーラの記憶喪失回のように
最終的にはダイヤモンドの愛でイーラを救ってほしい所ですけどね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |