FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日の埼玉は、台風一過のすがすがしい一日でした。
雲一つない快晴で、少し暑い感じもしました。
でも夕方になると窓を開けると少し寒い感じもし、秋の気配は確かにあります。
本日は、そんな中、久しぶりの休みでしたけど、
こんな日に限って、ほぼ半日はうちの奥様の買い物にお付き合いする羽目となり、
色々なショップ・コンビニ等への運転手役になってしまいました・・・・

でも「ジェーソン」というディスカウント店で、
面白いものを発見してしまいました。
何かと言うと、昨年のプリキュアの「スマイルプリキュア」の入浴剤付キュアデコルです。
何かキュアハッピーが懐かしく可愛かったもので、
思わず購入してしまいました。
確か一年前の価格は250円くらいだと思っていたら、
ここでは、一個90円で投げ売りされていました・・・





この種のものって、大抵はキャンディーとかガムが一個入ってる関係上
どうしても賞味期限は設定せざるは得ないと思うのですが、
入浴剤ですから、販売できる期間は長めでも問題はありません。
だけど「スマイル」は明らかに旬の時期は過ぎているので、
こうやって在庫品を叩き売っているのでしょうね・・・
この店でも、残り50箱以上は残っていたので、これをさばいて完売させるのは
結構大変かも・・・

そう思って、ハッピーの他に何か、キュアビューティさんでも買おうかと思っていたら
横でうちの奥様の冷たい視線が待っていたので、
ハッピー一個しか買えませんでした・・・・
スポンサーサイト



最近はこのリードの「エル・カミーノ・レアル」の演奏を聴くことも
なくなりつつありますね・・・
何か少し寂しい感じはします。
というか、最近は全国はおろか支部大会クラスでも段々リードを取り上げるチームが
減ってきているのは少し気がかりです。
時代は変わっても、ジェイガーとかリードとかマクベスとかカーターとかコーディルとか
カーナウとかいつまでも後世に受け継がれて欲しいものです。

「エル・カミーノ・レアル」は感覚的には
吹奏楽のための第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」の姉妹作みたいな
ラテン系ノリノリの血が騒ぐような音楽です。
特に冒頭のガツンというインパクトある出だしは、それだけでノックアウトされそうです。
カスタネット・タンバリンといったリズム系打楽器がいい働きをする前半の躍動感も
素晴らしいけど、
しっとりと歌い上げ「真夏の夜の南米のロマンス」をイメージしたような中間部にも
うっとりさせられます。
そしてラストはクライマックスに向けて一気に追い込みをかけ
華麗に曲は閉じられます。

演奏時間も7分30秒~8分程度だからコンクールにも演奏会の一曲目にも
ぴったりだと思いますけどね。

この曲が日本中で演奏されたのは1986年~1990年あたりだったと思いますが、
1986年の全国大会でもNTT中国とか富山ウインドが自由曲として演奏していました。
1990年の関東大会で野庭高校が自由曲として演奏し、
私もこの演奏は聴いていました。
(会場が千葉県市川市で、当時山梨在住だった私は、前日近くのカプセルホテルで過ごし
 当日券を求めて朝4時から並んでいました。
 だけど朝四時でも既に100人近く並んでいましたので、こりゃ無理かなと思っていたら
 難とか購入できました。
 現在では、こうした当日券での入場、特に西関東・東関東は無理かな・・・
 それ以前に当日券自体販売しているのかな・・?)
だけど、春の猟犬・アルメパートⅠ・ハムレット・オセロの時のような躍動感は全然なく
おとなしめ系の何か去勢されたような演奏で、
結構ガッカリした記憶があります。
結果もスカ金でした・・・
だけど数年後に「ブラバン・キッズ・ラプソディー」という野庭高校吹奏楽部と中澤先生に
焦点を当てた本を読んでみると、
この関東大会の前日に色々と事件・ドラマはあったのですね・・・
やはり高校生くらいだと、あれくらいの事件でも心理的に影響はあったのかな・・・
ちなみに事件といっても、
トランペット奏者が自由曲で使用する掛け持ち用のコルネットを学校に置き忘れ、
部長もその奏者も中澤先生に中々報告できずにいて、
ついに練習中にそれが発覚し、中澤先生が大激怒したというものですが、
当時は既に中澤先生は大御所だったから、生徒も中々悪い報告はしにくいという
雰囲気はあったのかもしれませんなよね。
あ、でもそういう事って会社の中でも結構あったりしますよね・・・

「エル・カミーノ・レアル」の生演奏で一番印象に残っているのは、
1989年の川口市民会館で開催された市立川口高校の演奏かな・・・
あ、当時はまだ「リリア」なんて立派なホールはなく、
市立川口みたいな名門チームでも、市役所わきの薄汚れたあんなホールで
演奏していたのですね・・・
出たしも強烈でしたし、演奏もノリノリで、
この年全国で聴いた「仮面幻想」の何かおっかなびっくりの演奏とは全然異なり
地元のホームグランドで実にのびのびとした演奏をしていたのが
極めて印象的です。
テレビ東京で再放送中の「絶対防衛レヴィアタン」があと二回で感動の最終回を
迎えてしまいます・・・
半年で二回もこのアニメを見られたことは、何か良かったなーと思います。
「プリキュア」とは別の観点から、色々と楽しませて貰ったアニメでした。





今回は再放送なのですけど、
4月~6月までの初回放映時と異なる点があって、
エンディングテーマの後で「焚き火劇場」という萌え系の絵柄で三人+シロップが語り合うコーナーが
追加されましたが、
これが全体的にゆるくて面白い・・・
前々回みたいに「メイド喫茶」みたいな話になったり、
今回みたいにそれぞれの子供時代の話が出てきたり、
ゆるかったり、比較的まともだったり、毎回趣向が異なっていて中々楽しめますし、
粋な演出ですね。

このアニメを見て、はっと気が付いたことがあります。
声優さん達が、
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主要キャラとほぼ丸かぶりという事に・・・

〇レヴィアタン⇒新垣あやせ

〇ヨルムンガンド⇒桐乃

〇シロップ⇒黒猫

だけどやはり声優さんたちはうまいですよね。
当たり前なのですけど、キャラによって、声質を変えたり演じ分けているのは
すごいと思います。
ちなみにバハムートの声は、「フレッシュプリキュア」でベリーを演じた方なのですけど
喜多村さんは、こういうお嬢様系とかボクっ娘系をやらせると
ホント、ツボにはまりますよね。
この方は、むかーし、「トラどら!」の川嶋亜美ちゃんが印象に残っていますけど
ああいうプライドがあり少し上から目線系の演技はホント、上手いですよね。
ちなみに全然マイナーですけど、
2008年に放映されていた「かなめも」の中でも確かボクっ娘キャラを演じていましたね・・・

今回の話は、ついにレヴィアタンが進化を遂げ
髪の色も、これまでの青から金髪に変化しちゃいましたね。
これまでの内気・おとなしめ・人見知りというキャラから、髪の色が変化するだけで
多少積極性が追加されたように感じられるのも
やはり「視覚効果」のせいなのかもしれませんよね。
戦いの早い段階で魔法が解けたバハムートとか
岩の下敷きになって目をくるくる回しているヨルグンガンドも何か可愛い・・・

このアニメは、普通の魔法もの少女系のように
強い目的意識とか派手な戦闘シーンとか
アイテムとか魔法がインフレ式に上昇していく感じではありませんし、
比較的そのゆるさとほのぼの系が特徴だと思うのですが、
全般的に「何かを守りたい」というテーマが最初から最後まで維持されている点は
派手さはなくても何か印象的ですし、好感が持てます。

やはりレヴィアタンが異常に可愛いというのも魅力なのですけどね・・・

さてさて、次週はムーちゃんが、
「実は今まで父親だと信じていた人は本当の血の繋がった父親ではなかった・・・」という結構
シビアな回なのですけど、それを伏線にして
感動的な最終回へ繋がっていくのです。

 | BLOG TOP |