FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


月曜26:05からテレビ東京で放映中の
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」も最終回まで残りわずかとなりつつあり
佳境に入ろうとしています。
前回9/9は新学期突入編でしたけど、
相変わらず「痛い青春・・」という感じですよね。
だけど改めてこのアニメを見てみると、
原作のあまりに過激な黒木智子の独り言とか少しやばいような感じのつぶやきは
カットされることも多いみたいです。
そして、原作の漫画に比べて、幾分ですけど少し可愛く書かれているので
原作の漫画ほど「苦い青春・・・」とか「悲惨さ」は弱められているような
感じもします。
アニメはそれでもかなり忠実に原作の漫画を再現していますけど、
時系列をかなり調整していますね。
例えば、原作では第四巻の秋ごろに収録されている「日常部創設」の話は、文化祭直前の
エピソードとなっていますし、
ゆうちゃんのケーキ屋のバイトに触発されてのもこっちのバイト話は、夏休み中のエピソードとして
取り上げられています。

恐らくアニメ版は、第四巻の高校一年までの話で終わらせるようですね。

黒木智子のある意味悲劇は、
本人はある意味真剣に男友達、話し相手を求めて各種の無駄な努力をし続け、それがことごとく
空振りに終わるそうしたギャップの楽しさにあると思いますが、
もこっちの場合、必ずしも「コミュニケーション」自体は放棄していない。
むしろそれを求めてさまざまな無駄な試みをしています。

この漫画を見ていて、はっと思い当たった作品があります。

何かと言うと、「咲~Saki」の鶴賀学園の東横桃子というか、ステルスモモです。




東横桃子は、黒木智子と同様に学校内では空気のような存在、いやむしろ空気そのもの・・・
彼女自身は、もこっちと異なり、他人とのコミュニケーションは全て放棄し、
自らを「無」とすることで、他人との一切の関わりを自ら放棄した娘です。
だけど結果的に、麻雀の腕として意外に東横桃子の人柄等全てにほれ込んだゆみちん先輩によって
見いだされ、
ゆみちん先輩との交流を通して、
失われていった「コミュニケーション」を回復させていくという側面もあると思います。

もこっちの場合、自ら「他とのコミュニケーション」を求めてもそれが全く敵わない・・・
モモの場合は、当初は「コミュニケーション」を完全に放棄したにも関わらず、一人の先輩に
モモという存在を認めてもらえるようになる・・・

結局、この違いは何なのかな・・・

ま、それはいいとして、
「咲」といのは麻雀漫画です。
私自身はギャンブルは嫌いだし、麻雀なんて全く分かりません。
だけどこの漫画麻雀のルールが分からなくても、
対局相手のこれまでたどった人生の経過とか、なせ勝たなくてはいけないのかその必然性
人間関係の面白さという側面が圧倒的に面白く、
麻雀は分からなくても
漫画自体は非常に興味深くその「人間ドラマ」を堪能できる作品です。
個人的には、清澄の竹井久 ゆみちん先輩とモモ、キャプテンと池田、ぼくっ娘の国広一が
好きです。
「咲~阿知賀編」も「咲」よりも可愛い女の子が続出していますので
むしろこちらの方が好きかな・・・
昨年4~6月に三か月だけ阿知賀編が放映され、中途半端な所で第一期が完了してしまいましたので
切に第二期のスタートを願っています。

個人的には、「デート・ア・ライブ」の第二期が楽しみですし、(こちらは正式に確定)
出来れば「絶対防衛レヴィアタン」も第二期もやって欲しいですけどね・・・

なんだかずいぶんとわたモテから話がそれてしまいましたね・・・
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |