FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


戦う目的

9/8の「ドキドキプリキュア」は、9/1同様に文字通りドキドキさせられる感じでした。
こうした新しいアイテムとかストーリーの展開があったりすると
「あー、今年のプリキュアも何か中盤モードに入ってきたな」と感じてしまいます。

余談ですが、
今年の「ドキドキ」は一番ラストシーンとか次回予告で
「えー、マジかよー」という展開が多々あり、毎回ドキドキさせられるものがあるのですけど
今回もその典型例ですよね・・・
突っ込みどころとしては、ダビィは人間体でいる時は車の運転も出来るのですよね。
これはもしかして、歴代プリキュアの中でも
「一番使える妖精」なのかもしれません・・・
プリキュアシリーズの妖精達は、大半が「役立たず妖精」が多い中、この有能さは
ホント貴重だと思います。
前半で、セリフはなかったものの早乙女純君とか京田さんが登場したのは、何かなつかしかったです。





以前から「ドキドキ」に関して一つ気になっていた事がありました。
それは何かと言うと、「戦う目的」です。
初代からプリキュア5まではどちらかと言うと勧善懲悪的要素が強く、
フレッシュからスマイルまでは、
戦う動機として「皆の笑顔を守る」という事がメインテーマになっていました。
勿論、現役のドキドキにもこうした「皆の普通の生活を守りたい」という意識があるのは
言うまでもありませんが、
元々は、キュアソードの故郷である「トランプ王国」を復活させたいという強い思いが
ドキドキの原点なのです。
だけど改めて考えてみると、
真琴は、その当事者
反面、マナ・六花さん・ありすは別にトランプ王国とは何の利害関係を持たない全くの
善意の第三者
亜久里は、4人とは元々接点がなく、マナ達登場以前より一人でジコチューと戦い続け、
「地球を守る」という抽象的な動機から戦っていた側面があります。
この辺りの5人の意識のズレを完全に払拭させたのが
今回のテーマであり、
今後の「ドキドキ」を占う面でも、その方向性を示唆した重要な回であるような
気がします。
マナ達が三種の神器の一つである鏡を破壊され、街の人達全員がジコチューとして支配されそうに
なったその瞬間に
真琴の気持ち、
1.自分の故郷が滅ばされて故郷を失うという事がどういう事を意味するのか
2.愛する家族や友人を全て失うというのはどんな感覚なのか
という事を当事者として意識させられたというのが
今回のミソなのだと思います。

ま、だけど何よりもマナが一度大泣きした次の瞬間に
「あー、泣いた泣いた。これでスッキリした。ここから次の戦いが始まるよ」という
強い気持ち、決して折れない強い心は、
まさに歴代プリキュアの中でものぞみクラスの「強いハート」の持ち主という事を
立証してくれましたけどね。

だけどもう一つ解消されない問題があります。
それは、「キュアエース」の問題。
勿論、「5分間しかキュアエースの存在を維持できない」という表面的な問題ではなくて、
むしろ亜久里の「内面」の問題・・・
亜久里は小学生なのだけど
「強くなりたい」という強い思いから、自己をあんな大人の「キュアエース」として覚醒させて
いるのですが、
果たしてそれが「自然体」と言えるのか?
何か己に無理をさせているのではないのか?
という問題もあるのかと思うのです。

この問題を解決させる方向性は、
1.マナ達4人のプリキュアを鍛え上げた亜久里自身が更なる成長を遂げる
2.そんなに無理しないで、小学生としての自然体として何か出来ることはないのかという模索
という点があるのかなと思っています。
2の場合は、大人のプリキュアではなくて、小学生のプリキュアとして幼い容姿で戦いに
望むという事になると思いますが、この場合5分間問題は簡単にクリアできるメリットは
あります。

果たして「ドキドキ」はどういう方向性でいくのかな・・・

そして、

イラりつというイーラと六花さんの最終対決(?)を経て
最終的に「爆弾要素」となっているレジーナの問題に進んでいくのかな・・・??

どちらにしても目が離せない展開になりそうです。

初代プリキュア【無印】最終決戦時において、
ベルゼイ・ジュナ・レギーネといった3幹部は最終的に自己保身からジャアクキングに刃向い戦いを
挑んだという実績はあるのですが、
ドキドキのベールには、そうした野望$度胸はあるのか・・・
もしかして、ベールによってキングジコチューに危機が迫り、
それが何か「レジーナ」にも変化をもたらすのか・・・

やはり「ドキドキ」というかプリキュアシリーズはたまらないです・・・・・!!!
スポンサーサイト



以前にも書いたことがあるのですが、蕨駅前に「くいっく」という
1000円で食べ放題&飲み放題というバイキング居酒屋があります。
ちなみにこの店、何年か前にテレビ東京の「アド街天国」でも蕨市の回の時に
取り上げられた店との事らしいです。
この「くいっく」の姉妹店として、2年前に「New くいっく」という
バイキング専門の店がオープンしましたけど、
昼のランチは、680円で食べ放題&ソフトドリンク飲み放題なので
たまに行く時があります。
肉じゃがとか野菜炒めとか酢豚とか手作り感一杯のモノもあれば、
餃子みたいにいかにも冷凍食品みたいな感じのものもありますが、
全体的にこの価格でこの内容は、合格点だと思います。

本日は昼ご飯兼夕食はここで済ませましたけど、
今日は「豚肉と玉ねぎの炒め物」が結構美味しかったです。
肉じゃがはじゃがいもが少し固すぎ・・・

だけど、この店のどこが気に入っているかと言うと、
「手作りカレー」目当てなのです。
一言で言うと、「すごーく懐かしい味」がするのです。
特に何かこだわりとか特殊なスパイス・具材を使用している訳ではなく、
全体にドローッとした普通のカレーなのですけど、
何かなつかしいのです。

最近「はっ」と気が付いたのですけど、
この味は、高校時代に食べた学食のカレーと何か似ているのです。
それが「なつかしさ」の要因なのかもしれません。

私、高校は仙台の県立の男子高校だったのですけど、
周りに女の子がいない事もありましたし、育ち盛りが多いせいか、
自分も含めて皆お腹が減っているのか、
大半の生徒たちは、3時間目、早い人は2時間目で早弁をしていました。
昼の休憩時間は、
弁当を既に食べに終わった生徒たちは、学食へなだれ込み
カレーとかそばとか食べていました。
思い起こしてみると、自分が一番学食に行った時期って高校一年の頃なんですよね。
当たり前の話ですが、中学にはこんな学食なんかなかったし、第一早弁なんて出来る雰囲気
じゃなかった・・・
(もっとも中学は給食ですけど・・・)
だから高校に入学して、こうした早弁とか学食なんて、
すごーく新鮮な感覚で
「すごーーい、自分って高校生している!!」なんて気持ちもあったのかもしれませんよね。

もっとも学食なんて、正直決して美味しくはなかったと思います。
そばはのびているし、
定食のおかずは、質より量という感じですし・・・
でもそんな中、「カレー」だけはやたら美味しく感じたものでした。
具もそれほど入っていなくて、全体的に濃い味付けのドローーッとしたカレーだったのですけど、
それが「New くいっく」のカレーに何か似ているのですよね。

何か食べていてとてもなつかしく感じたものです。

高校時代の学食には、パンとか牛乳も売っていました。
当時「グロリアパン」といって、一個60円と安いのだけど、表面に砂糖をまぶしているだけ、
だけでとてつもなくBigサイズなんてのもありましたけど、
さすがに今は売ってないですよね・・・
というか、あのパンは地元ブランドだったのかな・・・

私の高校は、運動部が結構強くて、当時、テニス・弓道・フェンシングなどはインターハイの常連校で、
ラグビー部も一度だけ花園に出場したことがあります。
そんなんだから、野球部とか色々な運動部の連中が学食でよく食べていましたけど、
運動部は、先輩後輩の礼儀作法がうるさく、
学食で、下級生が上級生に会うと、必ず立ち上がって「ちゃす!」と挨拶していましたので、
学食の席の至る所で、年がら年中「ちゃす」、「ちゃす」、「ちゃす」の大声ばかり響いていたのは
何かなつかしい「音の風景」です。

今日は、カレーを食べながら、そんな昔の「音の風景」を感じ取っていました。

ま、もっとも私が所属していた吹奏楽部も礼儀作法はけっこうやかましく、
2~3年になると、学食で一回ご飯を食べるごとに、大抵3~4回は後輩たちと遭遇し
「ちゃす」なんて挨拶されていましたけどね・・・
本日は6日ぶりに仕事が休みで
一日中のんびりとボケっとしていました。
昨晩は、テレビ東京にて26:05から放映されている「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」を
見たり、二週間ほど前に購入し、
現在第8話のバトルに突入した任天堂のDS「プリキュア5」なんてのをやっていたら
あっという間に午前3時を回っていたので
さのまんま昼近くまでぐーすかぴーすか爆睡していました・・・
でも相当寝られましたので、体力は無事に回復と言う感じです。

昼ごろ何気なく自宅の北側を見てみたら、
何とドクダミとかの雑草が生い茂り、
北側の外壁には、雨樋に蔦がびしーーーっと絡んでいて、
何と雨樋止め具の金具にまで蔦が絡み、あと少しで金具を取り外しそうな勢いでした。
いつの間にか、我が家は「雑草屋敷」になっていたのですね・・・
ま、もっともうちは狭いもので、庭もフェンスも何もないオープン外構で、
インターホン・ポスト・表札が一体化されたポールがあるだけですし、
家の全面は駐車スペースで土間コンを打設しているので
草が生い茂る事はないのですが、
側面と北側は、ほとんどノーマークでしたね・・・
一応、玉砂利をひいているので、例年それほど草が生い茂るという事はないのですけど、
今年の異常な猛暑と玉砂利が年々地面に沈んでいった事もあり、
気が付かないうちに草が生い茂っていたのですね・・・

本日の埼玉県は、それほど暑くなかったので
蔦を何とか除去し、草刈りをした上で除草剤を散布しておきました。
それにしても、草とか蔦なんてのは、
頼まれなくても生えてくるものですね。
でも北側や両隣の家には、ドクダミが生い茂っているから
多分来年あたりも、一面ドクダミと蔦に覆われてしまうのでしょうけどね・・・
1992年の課題曲もなかなか当り年だったと思います。
当時「メトセラⅡ」などで絶大の人気を誇っていた田中賢の課題曲Aと
大御所、三善晃氏の課題曲Cと
今聴いても「いい曲だなー」と感じさせる曲が揃っています。
課題曲Dもその短さが、長い自由曲を演奏したいチームにニーズに合ったせいなのか(?)
意外と取り上げるチームも多かったですね。
ヤマハ浜松が、課題曲Aではなくて、この課題曲Dを選んだのは当時すごく意外に
感じたものです。
ちなみに課題曲がA~Dなんていう呼び方はこの年が最後です。
翌年からなぜかⅠ~Ⅴという表記に変更になっています。
前年度までは、一日で大学・職場・一般の部の演奏・審査がなされていましたが、
さすがに大変という事で、
この年から、大学部門は、前日に開催されるようになりました。

この年、課題曲B/吹奏楽のためのフューチユリズムは取り上げるチームは少なかったですよね。
中学で2チーム、高校と大学は1チームずつ 職場で1チームという感じだったかな・・
だけど私はこの課題曲大好きです!!
前半と後半のリズムの切れと躍動感
中間部の壮大な盛り上がりとロマンチック・・・
非常に分かり易くて、いかにもコンクールの課題曲という感じなのですけど
このベタな感じがとても大好きです。
個人的には、新屋高校の演奏が大好きです。
この曲出だしが神経を使うから、敬遠されたというのも多少はあるのかもしれません・・・
始まりが、タンバリンとティンパニーだけのリズムの掛け合いから、テナーサックスの刻みという
非常にうすく書かれているので、
奏者・指揮者としてはやり難いのかもしれませんよね。
非常に古い話で恐縮なのですが、
1981年の課題曲A/イリュージョンも
出だしが、ユーフォとチューバだけという非常にうすく書かれていて、
この課題曲の冒頭がカッチリ決まった事例は、自分自身もそれほど記憶にありません。
県大会あたりでは、外す事例が続出でした・・・
まともに決まった演奏は、淀川工業くらいかな・・・


〇関城中学校

 A/ダフニスとクロエ第二組曲

 茨城県代表のチームで全国初出場なのですが、
 とても初出場とは思えない「完璧な」演奏を聴かせてくれました。
 サウンド的に、同じ茨城県内の常総学院をお手本にしたというか意識したような
 音の作りを展開しています。
 このチームは決して骨太のサウドではなく、
 どちらかというと気品・洗練。ふわーっとした感じが特徴だと思いますし、
 「音色を最優先に考えるチームは、どんな曲を選んでも大抵はうまくいく」を見事に
 立証したかのような演奏です。
 特に何が素晴らしかったかと言うと、
 ダフクロのⅠ.夜明けの頂点の部分が本当に「美的限界」を超越したかのような感覚で
 とにかくうっとりするほど美しいの一言に尽きると思います。
 まじ、客席でこの演奏を生で聴いていた時、
 背中がゾクゾクとしたものです。
 全員の踊りの追い込みも見事!!
初出場ながら貫禄と余裕を感じさせ、当然の金賞を受賞しました。
 個人的には、このチームと習志野第四中は、この年のグランプリ候補

〇上京中学校

 B/セント・アンソニー・ヴァリエーション

 数少ない課題曲Bでしたけど、私を満足させてくれる演奏でした。
 出だしのティンパニーが「少し強すぎるかな・・」と感じた以外は
 大きな崩れもなく、
 大変スケールの大きな演奏を聴かせてくれました。
 ただ一つ問題点を指摘すると、自由曲もそうした傾向があったのですが
 音が固い何か気になりました。
 硬質な音質がなんか曲の自由さとか伸び伸びさを少し抹消させてしまったような印象が
 あったのは少し惜しいところ・・・

 | BLOG TOP |