FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ数年、吹奏楽コンクールの全国大会は普門館で開催されていませんが、
かつて「普門館=野球部で言う所の甲子園」みたいなイメージがある自分としては
少し寂しい感じがします。
確か耐震設計上の問題でしたよね・・・
だけど5000人も収容できるホールって結構少ないし、何とか普門館の復活を期待したいところです。
でも改めて振り返ると、普門館は広いホールですし、
早朝のプログラム一番の演奏は、まだ空気が温まっていない感じがするのですよね。
プログラム一番の演奏は、特に中学の部において銅賞を受賞する傾向が昔から強いのは、
勿論奏者の緊張もあるでしょうし、頭が完全に覚醒していないということもあるでしようが、
一番の要因は、
広いホールの空気が温まっていない状態で演奏を開始になっても
響いてくる音が
「あれ、何か全然会場に響かない・・・」
「あれ、いつもと感じが全然違う」
という不安の連鎖反応ではないのかなーと感じることがあります。

例えば良い例が
1991年~1992年に中国代表で演奏した宇品中学校をあげても良いと
思います。
このチームは、1991年以前も何回か全国に出場し素晴らしい演奏を披露していますが、
1991年は不幸な事にプログラム一番・・・
この時演奏した曲は、組曲「サルタン皇帝の物語」でしたが
1986年に「三つの夜想曲」で歴史的名演を残したチームとは思えないほど
サウンドがぼやけきった、技術的に不安定な演奏を展開しています。
だけど翌年の92年は、出演順が後半になったせいか、
普段通りの実力を発揮し、素晴らしい「シェエラザード」を聴かせてくれました。

プログラム一番の不利さの問題はずっと以前から議論されていますけど、
これはプログラム一番の特例として、
プログラム一番のチームだけは、緞帳がおりて演奏開始の三分間は
舞台上でのチューニングと音だしOKみたいな事を
認めた方が何か公平なような気もします・・・


〇柳町中学校

 C/バレエ音楽「ガイーヌ」より

 積極果敢な攻める演奏です。
 攻める姿勢が強すぎる故に音が割れ気味というか、荒いのが同時に欠点でも
 あるのかな・・・
 このチームは、1982年~1992年の10年間で三人指揮者の先生が変わり、
 一般的には、ジュニアバンドの場合、指揮者が異動すると翌年以降は
 成績不振になるというパターンがあるにも関わらず、
 内田氏~小池氏~石川氏と三代に渡って、この学校を全国に引き連れた事は本当に大変な
 事だと思いますし、敬意を表したいと思います。
 このチームのガイーヌは、林紀人氏の1990年版を使用していますが、
 剣の舞から収穫祭あたりの音楽のクライマックスの作り方、盛り上げ方が本当に
 見事です。
 奏者もたまに音を割ったり外していますが、
 剣の舞の激しさから何かのんびりした雰囲気の収穫祭の場面の変化が実に巧みに
 表現されています。
 静かな部分がほぼ皆無でしたけど、そのあたりはもう少し工夫の余地があったかも・・・
 奏者と指揮者が全員同じ方向性をもって音楽づくりに取り組んでいるという雰囲気が
 極めて濃厚でした。
 実に惜しい銀賞・・・

〇高塔中学校

 B/神話

 今大会では珍しい課題曲B
 私、この課題曲大好きなだけに、この曲が本大会で人気がなかったのは
 少々残念な感じです。
 このチームの課題曲B「フューチユリズム」は、一言で言うと
 伸び伸びとした演奏で、自然と耳に入ってくる感じです。
 後の出演順で課題曲Bを取り上げた上京中が、練に練った感じなのとは極めて
 対照的な演奏です。
 自由曲は、特に可もなく不可もない普通の演奏でした・・・
 だけどいつ聴いてもこの曲の神々の乱痴気ぶりを表現した変拍子の踊りの部分は
 扱いがやっかいですよね・・・
 中々変拍子を変拍子として感じさせない肩の力が抜けた演奏は難しいものです。
 何かそんな事を改めて感じさせる演奏でした。
スポンサーサイト



最近の吹奏楽コンクールでは、ローマの祭りとかダフニスとクロエとかサロメとかスペイン狂詩曲とか
オケでやっても表現が難しい曲を
普通にさり気なく中高校生が演奏しているのを聴くと
「時代も変わったし、進歩したもんだな・・・」と痛感する事があります。
ホント、今の生徒さん達の音楽的センスや技術力の向上には脱帽するばかりです・・・
自分なんかが高校生くらいの時は、
リードの「春の猟犬」やバーンズのアルヴァマー序曲みたいな曲ですら
「うーーん、難しい・・・」と頭を抱えていましたから、
今の現役の奏者から見てみると
「ふふん」と鼻で笑われそうですね・・・

日本で吹奏楽コンクールが戦後復活したのは昭和31年の話ですが、
その時に、中学の部第一位の蒲郡の自由曲が
ケテルビーの「ペルシャの市場にて」ですからね・・・

そうですね、1960年代から1980年代初め頃までは
オケのアレンジ曲でも
どういう曲が吹奏楽にアレンジしてもうまくいくか
こんな曲はうまいアレンジがあったとしてもうまくいかないという
さじ加減というか実例集というか、経験値が乏しかったためか
コンクールの自由曲でも
今では考えられないような曲が出てくることもあります。

例えば・・・

〇ベートーヴェン/交響曲第五番「運命」

〇ベートーヴェン/エグモント序曲

〇ウェーバー/歌劇「オペロン」序曲

〇ヘンデル/オルガン協奏曲

〇ハイドン/交響曲第100番「軍隊」

などのようなクラシックの通俗名曲を「何とかなるだろう」みたいな発想で
吹奏楽にアレンジして墓穴を掘るケースが続出していたようにも
思えます。
でも21世紀に入っても
例えば岡山学芸館高校がブラームスの交響曲第一番を自由曲としてコンクールに臨み
玉砕した愉快な(?)ケースもあったりしますからね・・・

そんな中、面白いのは秋田県・花輪高校です。

このチーム、1960年代から全国に出ている東北の名門チームですが、

1973年には、一般的には第四楽章が好んで演奏される
リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」の中から、第二楽章「カレンダー王子の物語」を
選んだり、
翌年には、一般的にはババ・ヤーガの小屋・キエフの大門が好んで演奏される
「展覧会の絵」から、プロムナード~古城をメインに前半部分のみだけを演奏した事例で
分かる通り、相当こだわりの「通的要素」を持った選曲をしています。

例えば、1975年は、
オケでも滅多に演奏されないチャイコフスキーの交響曲第一番「冬の日の幻想」という
実にマイナーで渋い曲を、しかも派手さが皆無の渋すぎる第一楽章を自由曲として演奏していますし、
(せめて、金管楽器・大太鼓・シンバルが登場し結構盛り上がる第四楽章をあえて選曲しない
 というのがいかにも花輪らしい・・・)

※ちなみにチャイコの交響曲第一番第四楽章は、コンクールでは
 せいぜい東北大会で1983年に石巻中が演奏したくらいしか知らないなー・・・

1977年は、シベリウスの大変な名作交響曲の第二番を第一楽章を取り上げています。
シベリウスの二番は第四楽章が大変名高く知名度もあり、壮大なメロディーを奏でますが
花輪は、やはり地味な第一楽章を取り上げています・・・
うーーん、実に渋い、何だこの渋すぎる選曲は・・・!!!
ちなみにシベリウスの二番の第四楽章は、尼崎東高校などたまーに何団体か取り上げたことが
ありますが、現在ではまず演奏されません・・・

花輪高校吹奏楽部の歴史を紐解いでいくと
何かすごく奥深いものを感じます。
しかも上記で紹介した事例は、小林久仁郎先生赴任前の話ですからね・・・

 | BLOG TOP |