FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最初に天野正道氏の交響組曲第二番「GR」というタイトルを耳にしたとき、
「あれ、GRって何なのだろう・・・? 何か意味があるのかな」と思っていたら
実はGRというのは、アニメ「ジャイアント・ロボ」からの音楽という意味らしいですね。
天野氏の曲がコンクールで頻繁に取り上げられたのは、2001年の全国大会あたりかな・・
あの年、浜松交響吹奏楽団が自由曲に
天野氏の交響組曲第二番「GR」を選び、見事全国大会で金賞に輝いたのですけど
あの演奏はホント素晴らしいものがありましたね。
何よりも曲が分かり易い上に構成がしっかりしているし
メロディーラインが極めて明確で、現代音楽みたいな「わけのわからん感じ」はほぼ皆無です。
前半の孤独な感じ(この辺りのオーボエの表情がホントうまい・・・)と
中盤のドラマ性
そして後半~ラストのコラール的な歌い上げは
感極まるものがあります。
ピアノの使い方が極めて効果的なのも見逃せません・・・
この浜松の演奏の年、富山ミナミ吹奏楽団も、同じく天野氏の交響組曲第七番「BR」を
演奏しましたけど、
(BRとは、教室内での殺伐とした殺し合いが当時話題となったバトル・ロワイアルの音楽の
 事です)
こちらは、GRのようなファンタジー感とか感動は希薄で
殺伐とした雰囲気がかなり濃厚のためか、
演奏は悪くはないけど、音楽的な魅力はGRにはかなわないのかなというのが
個人的な感想です。
浜松の最後の方は、ソプラノサックス・アルトサックスを中心としたサックス系の
歌いまわしが極めて印象的です。

この曲は全国大会でも支部大会でも多くのチームが取り上げ、それぞれ素晴らしい
演奏を残しています。

天野正道という名前が吹奏楽の世界でボチボチ知れ出したのは1990年代の後半かな・・・?
吹奏楽コンクールで初めて聴いたのは
確か玉川学園中等部の「抑圧から解放へ・・・」という曲と
新屋高校の「エクスピエィション」だったかな・・・
だけど知る人ぞ知る話ですけど、
天野正道氏の曲が吹奏楽コンクールで初めて演奏されたのは、
実ははるか昔、1981年の天野氏の母校である秋田南高校の五年連続金賞の特別演奏の中の
一つの曲として演奏された「ジョークⅢ」というモヤモヤした作風の曲です。
私はこのジョークⅢは、東北大会の招待演奏で聴いたのですが、
正直「わけのわからん何を言いたいのかよくわからん謎めいた曲」という感じで
今とは作風が全然違うのですね。

天野氏は、アニメの音楽とも色々深い関係があるみたいで、
つい最近知ったのですが、映画「うる星やつらⅠ~オンリーユー」の作曲家は
天野氏だったのですね・・・
知らなかった・・・

天野氏のすごいところは、大学生あたりの頃から
母校・秋田南高校の自由曲の編曲を一手に引き受け
ストラヴィンスキーの「春の祭典」 三善晃/管弦楽のための協奏曲・交響三章・変容抒情短詩
矢代秋雄/交響曲 黛敏郎/バッカナールという名アレンジを
世に送り出し、
これが現在でもいまだに多くのチームが実際に使用している点ですかね・・・

ホント、天才としかいいようがない人ですね。
スポンサーサイト



先日何気なく立ち寄ったブックオフで
現在テレビ東京にて水曜23:58~放映中の「孤独のグルメ」の原作の漫画が
置いてあったので、
原作自体を初めて読んでみました。
基本的に松重さん主演のドラマとあまり変わりはないのですけど
(もっともドラマも原作も基本的に、主人公が淡々とランチを楽しみ、独り言を言うという
 流れはほぼ一緒なもんで、違いはそれ程出ないと思います・・・)
強いて相違点をあげると・・・

〇ドラマの五郎さんは一応それなりに仕事をしているし
 (9/4の放映では、顧客のために徹夜仕事までしていましたしね・・)
 人脈をうまく活用しながら自営の輸入雑貨商を営んでいるけど
 原作漫画では、あまり仕事している感じがしない・・・

〇ドラマの五郎さんは、飲食店でランチを取る事が圧倒的に多いけど、
 漫画版では、コンビニ・野球場・回転寿司で取る事もある。

〇ドラマ版では、五郎がうまそうにタバコを吸う場面は少ない・・・
 (深夜の時間帯だから配慮・規制しているのかな・・?)

だけどこのドラマを夜に見てしまうと、さすが別名「夜の食テロ」と評されるだけのことはあって
主人公五郎さんがあまりにバクバク美味しそうに食べている光景を見てしまうと
無性にお腹が空いてしまう事もあります。
先日も五郎さんが美味しそうに和菓子なんか食べているものだから、
番組終了後に、自分自身もコンビニに駆け込んで
いちご大福を買ってしまいました・・・

気のせいかもしれませんけど、ドラマでの五郎さんは
パンを食べている時よりは、白いご飯をガツガツ食べている方が何か合っているような気がします。
前回、前々回は、パンがメインみたいな感じもありましたけど、
やはりこの方は、路地裏の飲食店で
肉・魚をおかずに白い飯をパクパク食いまくる方が何となく
しっくりくるような気がします。
やはり五郎さんは、典型的な日本人
しかも酒が飲めない典型的な日本人という感じがして、とても好感が持てます。

今回のシーズン3では、
印象的な回がありました。
何かと言うと、「わさび丼」です。
単純にご飯に本場のわさびをのせ、出し汁をかけて食べるという非常にシンプルなものですけど
あの薬味は何かそそられます。
この時の五郎さんは、珍しく他に一切注文せず、
何とわさび丼を二杯もたいらげています。
松重さんもまた演技がうまいし、食べ方が非常に上品!!
ガツガツ食べているのに雰囲気が上品とは、かなりすごいですけどね・・・
わさび丼一杯目と二杯目で表情に変化があるのも面白い・・

もう一つあげると
「ほろほろ鳥とうな重」の回かな・・・
ほろほろ鳥なんて見た事も食べた事もありませんけど、ホントまじで食べたくなる見せ方です。
うなぎも、オムライス風うなぎという変化球と
うな重という正攻法で組合せ
非常に見ごたえがありました。

恐らく今月でシーズン3は最終回になるでしょうけど
更なる続編を期待したいところです。

リードミス

自分の場合、通算すると
クラリネット奏者歴9年 アルトサックス奏者歴1年という事になります。
結局走者としては10年足らずだったのですね・・・
だからあまり偉そうな事は書けないのかも・・・(笑)

どちらかというと、夢を見るタイプです。
しかも、その日または過去に起きた事を「そのまんま振り返る」というパターンが多くて
時に生々しくて困ったものです。
以前にも書いたことがありますが、
夢の中で、なぜか山中の神社の境内を昇っていると、なぜか航空機がその山に向かって墜落していき
航空機の中の搭乗客と境内を昇っている自分の目と目がなぜか合い、
助けを求めるようにこちらをじっと見つめてくるという
過去の出来事ではない夢をなぜか何回かに渡って同じ夢を見るとという事も
たまにあったりします・・・
一体あれは何を意味しているのでしょう・・・??

それはいいのですが、
いまだに吹奏楽コンクールで一度やってしまった「演奏中のリードミス」の夢を
いまだに見ることがあります・・・
これは紛れもない事実なので、この夢を見るといまだに当時の
「やっちまったー」という感触が蘇ります。

木管楽器は、フルート以外は基本的にはマウスピースの先端にリードというものを
装着し、これを振動させて音を鳴らすのですけど、
ファゴット・オーボエみたいなダブルリード楽器は、自分の経験上
あまりリードミスはないような気がします。
但しダブルリードの方たちは年がら年中リードを削って調整しているというような印象が
あります。
クラリネットやサックスみたいな一枚のリードを使用する楽器は
結構リードミスを起こしてしまいます。
コンクールや演奏会でたまーに
「キーーーッ」というつんざく悲鳴みたいな絶叫音をたまに耳にすることがありますが
あれはほとんどの場合、クラリネットやエスクラのリードミスですね。
自分自身クラリネットとサックスを吹いた経験からいうと、
サックスはほとんどリードミスはないような気がします。
やはりどうしてもクラリネットにリードミスは付き物なのかもしれませんよね。

高校二年の仙台地区予選で、プログラム一番というか朝一番の出演順で
何か頭が目覚めていなかったせいなのかもしれませんし、
調子が悪かったのかもしれませんが、
普段の練習では全然ミスをしなかった箇所で、しかも比較的静かな場面で
「キーーーッ」とやってしまい、
本番中とはいえ、かなり動揺し
「やばい・・・」と瞬間的に頭が真っ白になったものです。
幸い、自分以外のメンバーは普段通りの演奏で、地区予選も無事通過したのですが、
自分一人だけ何かおいてきぼりを食らったかのような気持ちでした。
幸い県大会は、無事にノーミスで終えることがてきましたが、
今度は同学年の奴がまたまた本番中に「キーーーッ」とやってしまい、
思わず苦笑いしたものです・・・

そうした記憶が、あれから既に30年近く経過しているのに
「夢」となっていまだに幽霊のように現れるのかもしれませんよね。

だけど、全国大会でもクラリネットのリードミスは聴きますよね。
印象的な所では、
1982年の尼崎西高校のスペイン奇想曲のクラリネットの壮絶なリードミスかな・・・
ちなみにバスクラもたまにリードミスをすることもあり、
1977年の駒沢大学すらも
自由曲/「春の祭典」の後半で、バスクラがソロをしくじり
壮絶なリードミスをやってくれています・・・

 | BLOG TOP |