FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この当時、甲府市内の湯村温泉の近くにアパートを借りていたのですけど、
近くは温泉街という事もあり、結構ホテルとか旅館がありました。
中規模なホテルとか割烹旅館系ですと、500円程度でホテル内の温泉に入る事も
時間帯と曜日によっては可能な場所もあり、
土曜日の午前中とか、たまーにゆったりと朝から温泉に浸かるという事も出来たのが
この時代の数少ないホッとできる瞬間だったかな・・・
そして温泉街の近くに、結構大きめなダイエーがあり、
この当時のダイエーは、食料品・衣類・家電全て揃った「安売りのデパート」みたいな雰囲気があり、
甲府市内にはろくなデパートがなかったし、
当時はドン・キホーテみたいなものはなかったし
結構買い物はダイエーで済ませることが多かったです。

この当時、確かダイエーで珍事件があり、
当時ベルギーで仕入れた輸入ビールを大量に購入し過ぎ在庫過剰になったため
1缶88円で販売するというイベントを確か全店で開催していました。
今にして思うと、あれはビールではなくて
今で言う「発泡酒」だったのですけど、
当時興味本位で買ってみると確かに安い・・・
だけど炭酸が強すぎて
「まずーい、何か麦味の炭酸水みたい・・・」と感じた記憶がありましたが、
まさか数年後に日本でも、こうした発泡酒とか第三のビールが定着化するなんて
夢にも思っていませんでした・・・


〇富士宮第四中学校

 A/交響曲より第四楽章(矢代秋雄)

 うーーん、実に素晴らしい演奏でした、
 何が素晴らしいかと言うと、奏者が中学生でありながら、
 一人一人が中学生の感性なりに「自分たちはこのようにこの交響曲を理解した」という事が
 客席からもよく伝わってきたからです。
 こうした難曲に対して、何かを聴衆に伝えられるのは素晴らしい事だと思います。
 もう一つ感じた事は、一般的な天野正道氏編曲と異なり、
 何か「夜の雰囲気」・「夜道を歩く怖さ」みたいなものを感じられたのも
 近藤久敦氏のナイスな編曲のせいかも・・・
 近藤氏は1990年にも自分の編曲で埼玉大学を率い
 この矢代秋雄の交響曲で文教大学を撃破し、全国に出場していますが、
 この演奏からもそうした夜の雰囲気は伝わってきます。
 ちなみに中学生による矢代秋雄の交響曲の初演は、1981年の田柄中ですが、
 残念ながら、この演奏は「楽譜を音にするのがやっと・・」という印象です・・・


〇武生第二中学校

 D/ディオニソスの祭り

 指揮者の安立氏は1982年に粟野中を「野人」で全国に導いていますが、
 正直この年は、前年までの指揮者なしには達成できない全国であり、
 その意味では、この年こそが安立先生にとっては真の意味での全国初出場なのかもしれません。
 だけど、この演奏積極的な演奏で素晴らしいですね。
 終始「攻める演奏」でしたし、
 強奏と弱奏の対比の表現もお見事!!
金管が少し鳴り過ぎたのかも・・・
 だけど全体的には惜しい銀賞・・
スポンサーサイト



バレエというとやはりフランスとロシアが双璧なのでしょう。
特にロシアでは、チャイコフスキー・プロコフィエフなど優れたバレエ音楽を多々輩出していますし、
名作も数多く残されています。
ショスタコーヴィッチは、主要作品はどうしても交響曲・室内楽曲が多いと思いますが、
そんな中、若い頃に実は三曲残しています。

〇ボルトー

〇黄金時代

〇明るい小川

しかし、いずれも台本に恵まれなかったせいなのか、現在でもほとんどというか全く
上演されることはないようです。
しかも「明るい小川」に至っては、このバレエと歌劇「ムチェンスク群のマクベス夫人」が
槍玉に上がって、プラウダにて作曲家人生を奪われかねないほどの
大批判を食らってしまいますからね・・・
当時政府機関ににらまれると、粛清・シベリア流刑といった処罰が待っていましたからね・・・

でも、たまーにですが、
バレエ「ボルトー」から御者の踊りとか
バレエ「黄金時代」から舞曲
なんかはオケの演奏会のアンコールで聴くこともあります。

バレエ組曲「黄金時代」は

Ⅰ.序奏

Ⅱ.アダージョ

Ⅲ.ポルカ

Ⅳ.舞曲

の四曲から構成されますけど、
何といっても出だしのクラリネットの悲鳴のような高音の絶叫から開始される
序奏が断然面白い!!
Ⅱはなぜかアルトサックスも加わり、
打楽器、特にシロフォーンが大活躍のポルカも面白いし
フィナーレの舞曲では、なぜかアコーディオンも加わり
賑やかに楽しく終わります。

ショスタコというとどうしても、深刻・重厚・政治に翻弄された悲劇の作曲家という
イメージがつきまとうのですが、
たまーにですが、この曲とか
祝典序曲とかジャズバンドと管弦楽のための第二組曲とか
ぱっぱらぱーと妙に軽快な曲もあったりして、
その辺のギャップを楽しむのも
ショスタコの魅力なのかもしれません。

吹奏楽のコンクール版なのですけど、
1994年の総社東中学校の
「黄金時代」のⅠとⅣは、そうした魅力全開です。
課題曲が「饗応夫人」という難解なものだったので、その対比が
余計にそう感じさせるのかもしれません。
テレビ東京で、今年の4月から三か月間放映されていた
「絶対防衛レヴィアタン」は結構好きなアニメでした。
このアニメってそれ程複雑な人間関係・拝啓・謎がある訳でもないし
毎回派手な戦闘シーンがある訳でもないし
最近のアニメとしては、比較的地味な方ではないかと思います。
(原作はグリーのゲームなのですけどね・・・)

登場人物も決して多くない分、主人公の三人の女の子たちにはっきりと焦点を当てた分
ストーリーとしても比較的引き締まっていたと思いますし、
特に最終回なんかは、あまりにも美しすぎて感動的なもので、
何か最近の戦闘シーンばかり強調とか萌系がミエミエのツンデレ系のアニメとは何か
一線を画すものであり
好感を持てます。




このアニメ、7月で最終回は迎えましたが、
なぜか同じテレビ東京の日曜深夜25:35から再放送されていて、
ついつい見てしまいます・・・

それにしても主人公の一人、レヴィアタンがやはり可愛い・・・
プリキュアで言う所のブルー系プリキュア、例えばキュアビューティさんとかに
近いものはあると思うのですけど、
レヴィアタンの場合、基本的には笑顔を忘れた無口系ですからね・・・

あの感動的な最終回まであと4回程度ありますけど
プリキュアとは別の意味で楽しみたいアニメではあります。

「デート・ア・ライブ」の第二期製作は既に決定されていますけど、
この作品も出来れば第二期が実現できればいいなーと
思っています。
「スペイン奇想曲」と言っても別に南欧系の方が作曲したものではありません。
さむーい北方のロシアの当時「ロシア5人組」として一世を風靡したリムスキー=コルサコフの
作曲によるものです。
やはり寒い国の方にとっては南欧の「太陽サンサン」の暖かい気候は何か一つのあこがれだったのかも
しれませんよね。
同時代のロシアの作曲家、チャイコフスキーも
交響曲第四番を作曲していた頃は、押しかけ女房の元・教え子の一方的な愛に困り果てて
離婚の末、「逃避行」みたいな形で
イタリアに傷心旅行に行ったそうです。
そこで交響曲第四番の終楽章を書き上げたとの事ですが、
ロシアで第一~第三楽章を書き上げた頃は、離婚を巡るドロドロの愛憎劇に巻き込まれ
特に第二楽章の陰鬱で哀愁溢れる曲を書いていたのに
第四楽章では、南欧のイタリアの太陽サンサンの力で蘇ったせいなのかは
よく分かりませんけど、楽天的でパワー炸裂の
歓喜のフィナーレを仕上げたものです。
最初にこの交響曲を聴いた時、前半の第二楽章までの陰鬱な世界と
ピッチカートの不思議な第三楽章、そして歓喜のフィナーレのギャップに
「なんだこのテンションの違いは・・・」と戸惑ったものですが、
作曲者の当時の心境を考えるとうなずけるものがあります。

話がそれてしまいました・・・

リムスキー=コルサコフは海軍に在籍した事もあり、恐らくは南欧の太陽サンサンの気候はきっと
分かっていたのでしょう。
だからこそ、寒い国人の感性から書き上げた「スペイン奇想曲」という素晴らしい名曲を
残せたのかもしれません。
スペイン系のアルベニスとかファリアだったら、カスタネットにフラメンコに闘牛みたいなイメージで
リズム感溢れる「スペイン奇想曲」になっていたかもしれませんけど、
ロシアのリムスキーが半分イメージで作曲した曲だからこそ
南欧の独特の開放感とロシアのファンタジーが融合した曲が出来たのかも
しれませんよね。

リムスキー=コルサコフは、このスペイン奇想曲を書いた頃、作曲家としての一つの頂点を
極めています。
スペイン奇想曲の次の作品が「シェエラザード」、その次が「ロシアの復活祭」ですので
丁度脂が乗りきっていた時代だったのでしょう。
スペイン~シェエラザード~ロシアの復活祭で共通しているのは、
ヴァイオリンを部分的に協奏曲風に扱い、ヴァイオリンソロを大胆に活用している事だと
思います。
スペイン奇想曲は、第一曲と第三曲はほぼ同じメロディーと構成なのですけど
ソロ楽器に関しては、第一曲はクラリネット 第三曲はヴァイオリンと楽器を変えることで
曲想にも変化を付けています。
(厳密にいうと、第一曲は静かに閉じられるけど、第三曲は派手なffで終わる)
第四曲では、前半はソロ楽器の競演と言うか、トランペット・ヴァイオリン・クラリネット・ハープ・
オーボエが大活躍します。
そしてハープの夢見るようなファンタジー感溢れるソロも聴きどころの一つ・・・!!
第五曲は、カスタネットのリズムの刻みが「あー、やっぱり南欧の曲はこうでないと・・・」と
思わず感じてしまうほど、リズムの躍動感が素晴らしいし、ラストのコーダも
グイグイ奏者を煽りながら、曲をクライマックスに向けて燃え立つように突進していきます。

全体的に14~15分程度の曲なのですけど
ソロ楽器の活躍あり、第二曲のように退屈な部分もあったり、
第三から第五曲の楽しいリズム感などと
聴きどころ満載の曲です。

お勧めは、何といっても
オーマンディー指揮のフィラデルフィア管弦楽団がいいと思います。

個人的には、この曲は高校三年の時に吹奏楽部時代の高校三年時の最後の定期演奏会の曲の
一つでもあり、
懐かしい曲でもあります。

 | BLOG TOP |