FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ガチャガチャのドキドキのBigシールですけど、
出来ればハートやダイヤモンドもゲットできないかなーと思って
再挑戦してみたら、
今回は「ロゼッタ」でした。

だけど、このロゼッタ何だかとても可愛い・・・




歴代の中ではも今までは黄色系プリキュアは
フレッシュのパインが一番好きでしたけど
(パインの隠れファンの方はいまだに多いみたいですね・・パインにはまった方は
 ブッキョウトと呼ばれるそうですが、ブッキーにちなんだ上手いネーミングですね。)
ロゼッタの登場以降は
黄色系の中では群を抜いてロゼッタになってしまいましたね。

レモネード・パイン・ピースなど歴代諸先輩の天然ボケの要素はしっかりつと受け継ぎながらも
あの聡明さ、周囲への気遣い、頭の回転の速さは
群を抜いていると思います。
ホントは、マナともっとベタベタしていたいのかもしれませんけど、
「ドキドキ」の場合、正妻・六花さんがでーんと構えている上に
通称、「マナハーレム」と呼ばれる「マナちゃんだーいすき」のメンバーが
色々いますからね。
ましてや「レジーナ」という存在も控えていますから・・・

その点をわきまえての、あの控えめさ・聡明さは、さすがという感じですよね。

それにありすは元々可愛い・・・
他のメンバーが可愛過ぎたり、聡明すぎたり、色々とエピソードを残しまくっていて
あまり目立ってはいませんけど、
ロゼッタは何気に可愛い

というか、ドキドキは全員可愛いし、
プリキュアシリーズ全体が魅力的なメンバーばかり

ホントにシリーズ10周年という事で、今年でシリーズとしては完了してしまうのかな・・・
完了したら、マジに「残念!!」という感じですよね。
スポンサーサイト



9/1のドキドキは、またまた新展開という感じでしたね。
「キュアエンプレス」って魂だけはまだ残存していて、今後マナ達に何か新しい力をあげたり
アドバイスを与えるとか
そういう展開にはなりそうなのかな・・・?
だけどキュアエンプレスって何かいかにも今風のアニメキャラっぽい感じの方ですね。
とても過去の方とは思えないようなデザイン・・・
色は緑でしたので
キュアマーチがいたら
「やったー、また仲間が増える」とかいいそうですけど
それに対して六花さんが
「既に亡くなられていますけど・・・」とか突っ込みを入れそう・・・

先日ガチャガチャにて、ドキドキのBigシールが100円で販売されていましたので
思わず買ってみました。
エースが既に登場していますが、種類は4種類だけみたいです。

絶対に多分「ソード」が当たるなと妙な予感があったら、ホントにソードをひいてしまいました。





というのも「ドキドキ」の場合
プリキュアパンでもチョコスナックでもグミでもふりかけでも
シールやカードがおまけとして付いている商品は、なぜか「キュアソード」が当たることが
非常に多いのです。
でもソードは、恐らく4人の中では一番可愛いし
(ま、全員可愛いけど・・・エースは少しOLさんっぽいかも・・・
 個人的には、今回のプリキュアは六花さんで決まりんのですけどね)
別に問題はないのですけど、
なぜか六花さん・キュアダイヤモンドがカードでもシールでも当たらないのですよね・・・

先日もミニフィギュアのガチャガチャで出てきたのが「アイちゃん」でしたので
思いっきりテンションが下がってしまいました・・・
1992年当時は甲府市在住でしたけど、月に1~2回程度は、東京に遊びに出かけたものです。
当時は一応車は持ってはいましたけど、駐車場・高速代・ガソリン代を考えると
電車で行った方が全然安く、時間もかかりませんでしたので
よくあずさとかかいじ号を利用したものです。
全国大会や東京都大会を聴くために普門館にもよく聴きに行ったものですが、
大会が終わった後、池袋とか新宿とか秋葉原をぶらつき、PM22:00新宿発のかいじ号で
山梨に戻るのが一つのパターンでした。
だけど土日の22:00新宿発のかいじ号は結構混んでいる事も多く、
それを回避するため、実はこの時間のかいじ号の始発駅は実は新宿ではなくて東京駅でしたので、
PM21:44の東京駅始発のかいじ号に乗るために、わざわざ東京駅から
乗ったことが結構ありました。
かいじが東京駅を離れると、毎回毎回
「あーあ、また明日から山梨のド田舎で仕事かよー」と愚痴り、ぼんやりと
御茶ノ水界隈の夜景をボーっと見るのが当時の何か慣習みたいなものは
ありました・・・
海事号は往復で当時3900円くらいだったから結構安かったですね。
あずさの回数券は、4枚綴りで確か8900円くらいだったかな・・・?


〇土佐女子中学校

 C/アルメニアンダンスパートⅠ

 技術的には特に問題は感じませんでしたけど、
 リードのアルメニアンダンスは、これまで色々なチームが取り上げ数多くの名演を残した曲だけに
 新しい表現とか感じ方というのは難しいのかもしれませんよね。
 良くも悪くも「無難」な演奏で、
 コメントには困る演奏です。
 だけど指揮者の森本先生は大変でしたね。
 前日の高校の部では、土佐女子高校の指揮者として出場し、翌日は中学の部の指揮を
 取っていましたから・・・
 森本先生は、この年と1995年にも中学と高校のアベック出場を果たし、二日間で二回も
 指揮者として出場していましたので大変だったと思います。
 土佐女子高校が四国代表としての常連校になっていったのも、森本先生が中学で手塩にかけてきた生徒を
 そのまま高校でも連続して指導できたという事も結構大きいと思います。
 土佐女子高校は、88年の寄港地 98年のラプソディーの演奏が素晴らしいと思います。

 話は違うのですけど、1984年の全国大会【大学・職場・一般】では
 今では考えられないある意味珍事件がありました。
 小野氏という指揮者は、当時いくつものチームの指揮者を務めていましたけど
 この大会では、何と職場の部で、電々東京とブリジストン久留米
 一般の部で葛飾吹奏楽団と
 一日で3チームも全国大会で指揮者として出場していました。
 多分この記録は超えられないと思います・・・
 しかも、職場の部では、電々東京(C/第三組曲・リード)の演奏を終えると
 上着だけ確か黒から白へとチェンジし、
 次の演奏団体のブリジストン(C/マイスタージンガー前奏曲)を
 何食わぬ顔で演奏していましたからね・・・

〇小平第六中学校

 A/舞踏組曲(小倉朗)

 このチームのすごいところは、全国大会初出場金賞という所もそうですけど
 なんと都大会すら初出場・・・
 1991年までは、こうもり序曲を演奏したり、オリジナル曲をやったかと思えば
 メトセラⅡを演奏したりと、一貫性もあまりありませんでしたけど、
 この曲で何かが覚醒したようにも感じられます。
 習志野第四中もそうでしたけど、朝早い出場時間にもかかわらずこんなに素晴らしい演奏を
 聴かせて貰ったことに敬意を表したいと思います。
 自分自身も都大会でこの小倉朗の「舞踏組曲」という素晴らしい邦人作品を知ったのですけど
 古典形式美の中にも日本情緒が感じられるいい曲だと思います。
 小平六中の名演のおかけでこの曲が少しは知名度が上がり
 吹奏楽コンクールでもたまーにではありますけど
 取り上げられるきっかけともなりましたので、その意味でもこの年のこのチームの貢献は
 素晴らしいものがあると思います。
 演奏も第一楽章が一番良かったけど、第四楽章は少し疲れたのか、
 金管楽器の発音に硬さが感じられ、ラストが少し閉まらなかったというか
 メロディーラインが不明瞭になったのは惜しまれます。
 ちなみに指揮者の緒方先生は、最近別の中学でこの「舞踏組曲」を全国で振りましたけど
 遺憾ながら92年の再現には程遠い「残念な」仕上がりでした・・・

 

 | BLOG TOP |