FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今日の埼玉はホント蒸し暑かったです。
それもそのはずで、気温は35℃を超えたそうですね。
本日は社用車が空いていたので一日中車での移動でしたけど、
エアコンを最大レベルにしても車内は結構暑かったですね。
車でも一日ペットボトル2本程度軽く空けてしまうので、やはり相当なものだったと思います。
でも夕方からゲリラ豪雨みたいな瞬間的な夕立もありましたので
それが救いとなってくれました。

こういう日に限って
朝から気の重いクレーム処理・・・

覚悟を決めて臨んだのですけど、現実的に約2時間程度頭に血が昇っている「逆鱗」モードの
顧客を相手に一人で2時間近く対応しますと、
真夏の猛暑以上の疲労感は残ります。
基本的にこうしたクレーム対応の場合、
こちらからは
①あまり喋らない
②言い訳をしない
③とにかく相手の言い分をじっくりと聞く
④出来る事と出来ない事の線引きを明確にし、数少ない出来ることに対しては
 素早く対応する事を何か一つでも約束し、
 実際に即効で対応する
を心がけています。

相手は何らかの「ストレス」を抱えて、ガスが溜まっている状態なので
まずは心理学でいう所のカタルシス作用というか
まずは一度言いたいことを全てぶちまけて喋って頂いて、多少すっきりした状態で
言い訳をせずに
冷静に話し合いを展開させていかないと
こうしたクレーム対応と言うのは
一つ対応を誤ると、火に油を注ぐ結果になってしまうので
とにかくぐっと堪える事が肝要なのかもしれません・・・

幸い本日は二時間程度で一応は完了できたので
最低限の仕事は出来たかなと思っています。
だけどやはり疲労感は、猛暑以上のものがありますね・・・・

幸い月と火は休み
プリキュアでも見て(「ドキドキ」は先週休みだから二週間ぶり・・・)
日曜から月曜の深夜のテレビ埼玉は、
面白いアニメが揃っているし、
美味しいものでも食べて
リフレッシュしたいものですね。
スポンサーサイト



「スマイルプリキュア」の初期の頃(第1~5話)を見てみると
スマイルの場合、5人全員
「何だかよくわからないけど、やってみるよ」というセリフの下、プリキュアになっていく過程が
面白いところです。





ま、歴代プリキュア達を見ても大体同じような傾向なのですけど、
プリキュア5~ハートキャッチのピンク系主人公は、
たまたま巡り会った妖精との出会いがきっかけでプリキュアとなり
残りの青・黄色・赤系は、最初にプリキュアとして覚醒したピンク系が
皆のために、友達のために一生懸命戦うひたむきな姿に心を打たれ
プリキュアとして覚醒していくのが
大体の大まかな流れなのだと思います。

ただそんな中でも「スマイル」は
キャンディーの
「チミが〇番目のプリキュアだったクルー」なんて言うよくわからん一言説明で
「何だかよくわからないけどやってみるよ」と
あかね、やよい、なお、そしてれいかさんまで
プリキュアとして覚醒しくのは何かいかにもスマイルらしい展開だったなーと
改めて感じます。

一般的にこうした「魔法少女」系というのは、魔法少女に導く(スカウトする)妖精系というのは
つきものなのですけど、
例えば、
「まどか マギカ」では、それに相当するのが「きゅうべえ」
「プリズマ☆イリヤ」では、マジカル・ルビーが
プリキュアで言う所の
例えば、ココ、ミップル・メップル、タルト、キャンディー、ハミィのような
役割になるのかな・・・??
だけど、「プリズマ☆イリヤ」の場合、マジカル・ルビーは、変態ドSの性格破綻に近いし
まどマギのきゅうべえに至っては、
「策略家、悪意をもって魔法少女になる契約を迫る極悪」という
感じですからね・・・

その意味では、
やはり「プリキュア」の世界は平和というか、ほのぼのしているというか
そうした悪意を持った妖精というのは皆無ですからね・・・
だから「プリキュア」の世界は安心して見られるのかな・・・??

 | BLOG TOP |