FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


原曲がオケの曲で、吹奏楽用にアレンジする場合、
単なる移調というか、弦楽器パートを単に管楽器に移しただけという
殺伐としたというか機械的なアレンジもあるかと思えば、
吹奏楽用にアレンジしてみると
「あれ、この曲ってこんなに魅力的な曲だったっけ?」と何か再発見のきっかけとなるような
場合もあったりします。
そのいい例が
1994年に文教大学が取り上げたグローフェのミシシッピー組曲かな・・・?
後述しますけど、1992年の習志野第四中のヤナーチェクの「シンフォニエッタ」も
そうした例なのかなと思われます。
でも吹奏楽のアレンジって比較すると興味深い場合もあったりします。
例えば、バッハの「トッカータとフーガ二短調」を例にすると、
ライゼン編曲版を使用した創価学会関西だと、オルガンの響きのように重厚的な感覚に
なる場合もありますし
木村吉宏編曲版を使用した淀川工業ですと、ストコフスキー編曲の管弦楽版を意識したような
旋律と和音重視のような演奏になる場合もありますし
森田和浩編曲版の伊奈学園のようにモダンな感覚に満ち溢れる場合も
あったりします。

要は編曲者は単に楽器の差し替えではなくて、吹奏楽にアレンジする事によって
いかに「新しい命」を吹奏楽版に吹き込むのか問われますので
難しいものですよね・・・

だけど中には、原曲を凌駕するアレンジもたまにあったりします。
そのいい例が1995年の辰口中学校のサン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭」かな・・・
これを普門館の生の演奏で聴いた時は、正直驚きましたし、
同時にその斬新さ・ユニークなアィディアに感心し、何となく「今後の吹奏楽の可能性」を
示唆するようにも感じたものです。
だって、1983年の課題曲Cの作曲者、後藤洋氏によるこの曲のアレンジは、
原曲にはない種々の管楽器・打楽器を駆使し、一部のメロディーに手を加え、結果的に
原曲を超える「楽しいアレンジ」になつたと思います。
事実、この曲のこのアレンジは今でもコンクールでの人気は非常に高く
それだけ皆に愛されているアレンジと言えると思うのです。
ガイコツ~終曲をメインに構成されていますけど、強いて贅沢をいうと、
「白鳥」を例えば原曲のチェロによるソロの部分をソプラノサックスで朗々とハイテンションに
歌い上げても面白かったかも・・・


〇習志野第四中学校

 C/シンフォニエッタ

 このチームは、同年山梨県で開催された関東大会の時から聴いていますけど、関東でも全国でも
 大変素晴らしい音楽と斬新な編曲を堪能させてもらったと思います。
 大抵の場合、ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」は、第三楽章と第五楽章の後半部分を
 組み合わせて演奏されることがほとんどですが、
 習志野第四中は、第四楽章と第五楽章をほぼノーカットで演奏していました。まずその組み合わせが
 斬新でしたし、
 第五楽章も頭から演奏しているため、音楽的な流れが阻害されることもなく、
 中盤以降の金管楽器による華麗なる音の絵巻に繋げられたと思います。
 またアレンジも斬新で、原曲にはない、大太鼓・小太鼓・シンバル・トムトムをかなり効果的に
 使用し、リズム感だけではなくメロディーの補完的効果の役割も果たしていたと
 思います。
 一般的には、原曲にない楽器、特に打楽器を加えると大抵おかしな副作用をもたらすことが多い中、
 このチームは、特にトムトムの響きを効果的に利用したせいもあり、
 原曲を超える魅力的な雰囲気を出すことに成功していたと思います。

 ホント、見事な演奏でした。

 ちなみに指揮者で同時にこの曲のアレンジャーである石津谷先生は、この後、新妻先生の
 後継者として名門、市立習志野高校に赴任し、新妻先生が気づいた伝統をしっかりと今に
 受け継いで、今でも素晴らしい演奏を聴かせてくれています。
 特にアルプス交響曲、展覧会の絵は素晴らしい演奏だと思います。
スポンサーサイト



8/29の埼玉は久しぶりに蒸し暑かったです。
しかも本日8/30は、36℃の猛暑が久しぶりに復活しそうですので
気を付けないと・・
8/29外回りの最中に、あまりにも暑かったので何気なくエアコンが効いていそうな
ブックオフ系のハードオフに立ち寄ったら
「プリキュア5」のDSがあるのを発見!!
勿論中古ですけど、起動は問題なく価格も1200円と安かったので
思わず購入してしまいました・・・




昨年の「スマイル」のDSは欲しかったのですけど
あれって3S対応ソフトのため、自分が持っている初期の頃のDSでは使えないらしいですよね。
要は新しく3S用を買えってこと・・・
だから「スマイル」のDSは当分買わないと思います。

だけどこの「プリキュア5」のDSは昔ながらのソフトだから
安心して使えます。
早速ゲームしてみましたけど、いきなり戦闘モードになってしまい、
ギリンマとコワイナーが出現したのには何か懐かしかったし
笑ってしまいました・・・
まだ慣れないせいか、うまくドリームを操作できないため、
先ほどあっけなくドリームはギリンマに撃破されてしまいました・・・・(笑)

 | BLOG TOP |