FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


何か最近疲れているな・・・と思っていたら、ここの所、栄養の偏りがあるものばかり
食べているのかなと感じ、
前から一度行ってみようかと思っていた蕨駅前の「くいっく」というバイキング店に
行ってみました。
ちなみに私は、川口市民なのですけど、
利用駅は、南浦和でも蕨でもどちらでも構わないという川口境界ゾーンなのです・・・
昼のランチは680円という事で、
カレー・にぎり寿司(4種類のみ)・スープ・味噌汁・サラダ・漬物・キムチ・
から揚げ・肉じゃが・豚キムチ・餃子・卵焼き・煮大根・焼きそば・ナポリタンなどの惣菜に
ソフトドリンクの飲み放題がついたものです。
ヤフーの書き込みではあまりいい事が書いていなかったので
期待しないで行ったのですが、
感想としては、680円でこの内容は合格点という感じです。
寿司のネタが少ないとかシャリが乾燥しているとか、
餃子はいかにも冷凍食品みたいとか
細かい事を言うとキリがありませんけど、
肉じゃがや煮大根や豚キムチはいかにも家庭の手作り惣菜みたいな感じで
美味しかったですし、
カレーが何か昔高校の学食で食べたような何とも言えない懐かしい味がして、何かとても
嬉しかったです。
あまりお肉なんかは食べないで、ひたすら野菜系ばかり食べていましたけど、
かなりお腹一杯となり、
40分程度でご馳走様状態となってしまいました。

コーヒーも飲み放題ですので、
サラリーマンのランチなんかにはうってつけなのかもしれませんね。

この店、「500円弁当」というのもやっていて
指定のパックにおかずを自由に詰め放題というのもありました。
だけどカレーは駄目みたいだし、フリードリンクがないから
やはり680円バイキングの方がいいかも・・・

何かすっかりお腹一杯となり、野菜もたっぷり取れましたので
明日からまた頑張れそうです。
明日から残暑も厳しくなりそうですしね・・・
スポンサーサイト



1992年と言うと、甲府に異動させられて早3年目の年・・
仕事にも金融機関の過酷なノルマ営業にも、甲州弁にも山梨の異常な夏の暑さにも
慣れてきた頃だったと思います。
だけど日々の仕事の中でも、
たまーに行う女の子達の合コンなんかに参加しても
山梨の女の子の「気の強さ」・「言葉の汚さ・甲州弁丸出し」に少々うんざりしていた頃でもあり、
同時に山梨県の当時の(今でもそうなんだろうな・・)吹奏楽のレベルの低さに
そろそろ嫌気がさし、
「一体いつになったら都内に戻れるのだろう・・・
 まさかこのまんま山梨県内の5つの支店をたらい回しかいな・・・」とも
漠然と考えていた時期でもありました。
山梨は、ぶどうなどのフルーツ以外の基幹産業に乏しい県であり、
当時はそろそろ不景気・景気の後退が現実のものになりつつあった頃ですので、
仕事の面でも、1988年から91年にかけての「何がなんでも顧客にカネを貸し付けろ!」といった
融資オンリーの時代は過ぎ去ろうとしつつあり、逆に「回収・貸し剥がし」の時代に向かいつつあった
時代でもありましたので、
基幹産業に乏しい山梨は、不景気の荒波をもろに受けていったのです。
その後遺症は今現在でもあり、甲府駅周辺何か、映画の題材になるほど
「シャッター街」ですからね・・・

ま、何だかんだ言っても山梨は通算6年近くお世話になった所でもあり、
色々と懐かしくも楽しい思い出や印象もあるのですが、
一つ嫌だった点があります。
何かというと、「自転車泥棒」が異常に多い事!!
勿論たまたまだったのせいかもしれませんけど、通算6年間で計8台盗まれるなんて
絶対異常だと思いますし、
「他人のモノは俺のモノ、奪ったものは俺のモノ」というずーずーしい県民性の表れなのかも
しれませんけどね・・・
埼玉に定住して早16年ですけど、
自転車なんて一台も盗まれたことはないのですけどね・・・


〇中間東

 初出場の1990年のあまりにも個性的な「海」~第一楽章のぶったまげ演奏に度肝を抜かれましたけど、
 翌年の91年のダフクロは、ひそやかな夜明け、鮮やかな全員の踊りと素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 91年の課題曲A/斜影の遺跡のトランペットセクションのベルアップは結構印象的・・
 だけど、この年の演奏はちとひどかったな・・・
 プログラム一番という事もあるのかもしれませんが、
 何が良くないかというと、音程・・・
 ソロ楽器を中心に何かほとんどのセクションの音程がぶら下がり気味に聴こえました・・
 これはかなり印象が悪くなってしまう・・
 音楽のつくりはかなり個性的で面白いし、
 自由曲の「イベリア」のⅠの「街の道と田舎の道」のリズム感とかⅢの「祭りの日の朝」の
 ウキウキ感とか、それなりに表現しているのですけど、
 全体の音程が悪いため、
 音楽全体が躍動してこないという悪循環を生んだような気がします。

〇前橋第四

 このチームは関東大会でも聴きましたけど、全国でも中学生らしい
 素直で伸び伸びとした演奏を聴かせてくれました。
 自由曲の「ガイーヌ」も
 この当時は、林紀人版の序奏~友情の踊り~アイシェの孤独~剣の舞~収穫祭という
 流行のアレンジではなくて、
 昔ながらのアイシェの目覚めと踊り~レスギンカという古典的なパターンであり、
 何かそのあたりも新鮮に感じられました。
 「アイシェ・・」が素朴に泥臭く表現されていたのが印象的です。

〇平岡

 課題曲がCで
 自由曲がチャッピー/「人騒がせな娘」~間奏曲
 なのですけど、
 恐らく両曲合わせて演奏時間は8分程度じゃないのかな・・・
 ほとんどの出場チームが制限時間12分ギリギリまで演奏する事が多いのに、
 この短さはある意味すごい・・・
 だけどそのせいなのかは不明ですが、全体的に薄味の解釈で
 極めて印象的には弱いです。
 自由曲も「派手」というよりはどちらかというと、「粋さ・のんびりさ」みたいな曲ですから
 短いなりのインパクトに欠けていたから、
 余計にそう感じるのかもしれません。
 課題曲・自由曲合わせて演奏時間の短さは、
 1982年の甲府南西中のD/「ガイーヌ~バラの少女の踊り・レスギンカ」に匹敵するかも・・
今日帰りがけに駅前のツタヤを覗いてみたら、
システムが二点ほどいつの間にか変更になっていました。
ツタヤってDVDの旧作は7泊8日で100円だったと思っていたら、
いつの間にか、3泊4日の場合は100円、7泊8日の場合は150円という風に
料金体系が変更になっていました。
これって全国的に共通な現象なのかな・・・?
ツタヤって店舗によって独自なルールやクーポン券なんかもあるみたいだから
この店舗だけの料金体系変更なのかな・・・??

もう一点の変更点は何かというと、
イトーヨーカドーの「セルフレジ」みたいに
ツタヤでも無人セルフレジとなっていました。
初めてだったせいもあるし慣れていないせいもあるのか、
DVDのパッケージのバーコードの機械読み取りとかツタヤカードの読み取りとか
種々の入力があったりして結構面倒くさい・・・・
以前のようにレジへ持っていき、カードを提示すれば店員さんが処理してくれる方が
全然楽だし面倒くさくない・・・

こうしたシステム変更がこの店舗だけのものなら、もうここの店舗利用するの
やめようかな・・
値上げ・セルフレジは少々抵抗が・・・
ツタヤは近くにもあるしね・・・
だけど、これが全国共通の場合どうしよう・・・
この場合、ツタヤではなくてゲオ利用にすればいいのかな・・・
だけどゲオの店舗は近くにはないし、南浦和~武蔵浦和にいちいち行くのも面倒だし・・・

うーーーん、何か面倒

 | BLOG TOP |