FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8/25(日)の「ドキドキプリキュア」はお休みなんですね。
考えてみると今年の「ドキドキ」は珍しく全米ゴルフ等による休みもなく、珍しいなーと
思っていたら、
やはり調整がありました・・・
代わりに「オールスター NS」の映画をやるのですね。
でもキュアエコーは何か薄幸そうというか何か影が薄いからな・・・
やはりハッピーの可愛さやアホさには敵いませんからね・・・

今後の「ドキドキ」について
何かイーラが妙に気になります。
ま、当分出番はないのかもしれませんけど、次に登場した時、
六花さんとの最終決戦がもう待ち構えているのかも・・・
そうなると六花さんの判断はどうなってしまうのだろう・・
その辺は何か妙に期待が高まります。

イーラとキュアダイヤモンドの一件を見てみると、何か
「あれ、どこかで見た光景・・」と何かデジャヴ(既視感)を覚えます。
何かというと、もう既に10年前の話になってしまいますけど
初代プリキュア【無印】における雪城ほのかとキリヤくんの一件を
思い起こさせてしまいます。
ほのかの場合も現役の六花さんと同様に、
敵幹部の一人として甘酸っぱい交流を描き、最終的には敵幹部としての戦いを経て、
闇の世界へと落ちていくという感じでしたけど、
ほのかの恋は悲恋で幕を閉じたように
果たして六花さんの場合はどうなっていくのか・・・
勿論、物語の大事な軸は「レジーナ」なんですけど、伏線としての効果を結構
期待しています。

だけど考えてみると、初代プリキュアの3人は、プリキュアシリーズの中で
唯一進級&卒業したプリキュアなのですよね。
なぎさとほのかが2006年3月卒業したと想定すると、
2013年現在、二人とも大学を卒業して一年目という事になるかと思います。





なぎさの場合は、
スポーツ推薦かなんかで高校と大学もスイスイ進学し、
社会人となって一年目の今年は、
何となく営業部系の新人社員としてバリバリ仕事をこなしているような光景が
目に浮かびそうです。
ほのかの場合は、
大学を卒業しても大学院に進学し、そのまんま研究かなんかに没頭している光景が
何か簡単に想像できそうです。
そしてひかりの場合は、相変わらずあかねさんの家に居候しながら、
2006年以降急成長を遂げているあかねさんの「たこ焼きチェーン」の経営のサポートに
日々邁進していそうな感じがします。
ま、逆に言うと、あかねさんにいいように(?)こき使われながらも
笑顔で日々の仕事をこなしているような感じもしますね・・・(笑)

歴代プリキュアを振り返ってみると、
フレッシュあたりから「敵幹部に対する救済」にも光が当てられ始め、
フレッシュでは最終的に愛すべきマヌケ幹部ウェスターも救済されましたけど、
それ以降、ハートキャッチからスマイルまで敵幹部は、ボスキャラは別としてほぼ全員
最終的には救済を受けています。
だからイーラも最終的には、マナと六花の「愛」を受ける形で何とか救われて欲しいなーという
感じがします。
だって、昨年の「悪いオオカミ」のウルフルンでさえハッピーの愛で救われたのですから・・・
だけど、プリキュア5では、ブンビーさんが
SSでは満と薫も最終的には救済を受けています。
「勧善懲悪」的要素が強い初代では、敵幹部は全然救われませんでしたけど、
キリヤくんだけは、「生まれ変わり(?)みたいな曖昧な決着でしたけど、
後のシリーズを予見させる「救済」を見せたかったのかもしれませんよね。
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |