FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


お盆休みも終了し、一週間ぶりの仕事です・・・

予想通りとはいえ、いやー、体がグータラになまっていましたね。
一週間ぶりの出勤ですと、
仕事も溜まっていますし、クレームもてんこ盛り・・・(?)

埼玉は夕方から久しぶりに雨が降って涼しくなったから良かったものの
昼間はそれでも蒸し暑い・・・
この一週間家でうちの奥様共々グータラしていましたので
久しぶりにフルで一日中外にいますと、
この暑さはこたえましたね・・・

何か昼ごはんを食べる気力もありませんでした・・・

無理しておにぎり一個を喉に押し込み
ペットボトルのお茶を流し込んだら、
むせてむせて、
何か汚い話ですけど、鼻からお茶がビューという感じでした・・・・

ま、体が普段のリズムを取り戻すにはもと一日くらいかかるのかな・・・・
スポンサーサイト



吹奏楽コンクールの課題曲って何か年々向上していくような気がします。
昔自分が現役の頃の曲に比べて、
内容的に素晴らしい曲が多いのが最近の傾向のようにも感じ
少々羨ましい気もします。
だけど、技術的にも表現的にも決して易しくはなさそうですけどね・・・

吹奏楽コンクールの課題曲を振り返る時、
一つの節目というか転換点になった曲があるように思えます。
何かというと、1979年の課題曲B「プレリュード」です。
何故節目かというと、課題曲の歴史の中で初めて、
「無調音楽」のような現代音楽の感覚と形式を初めてコンクール課題曲として
成立させたのが、「プレリュード」だと思うのです。
この曲の譜面を初めて見たのが、1979年の中学2年の時でしたけど、
楽譜は前半部分がオール休止状態で
(ま、この部分はティンパニーの完全ソロですからね・・・)
それ以降も変拍子に次ぐ変拍子で
メロディーラインが全然分からない
「ヘンな曲・・・」というのが当時の吹奏楽部員全員の感想でしたからね・・・
ま、うちの中学はこんな課題曲を消化できる技術も感性も全くありませんでしたので
課題曲はC/幼い日の想い出でしたけど・・・・

それから3年後に「序奏とアレグロ」と、こちらは無調音楽バリバリの課題曲が登場しました。

そして更に2年後に
「変容-断章」というこれまでの課題曲の常識を破壊する
課題曲が登場する事になるのです。

この課題曲は、「瞑と舞」の池上敏氏作曲のものですが、
この課題曲は、技術的には課題曲の歴史の中でも最難関の一つだと思います。
(最難関No.1は94年のⅢ・饗応夫人でしょうけど・・・)
だけどこの課題曲の意義は単に技術的に難しいという事ではなくて、
難しさの中に日本的な「さび」とか「鄙びた感じ」・「枯れた感じ」・
能を想起させるような「幽玄さ」、そして能の世界のリズムみたいな打楽器の響きが
曲の随所に感じさせ、
79年のプレリュードや82年の序奏とアレグロみたいな西洋音楽としての現代音楽ではなくて
日本の「和の心」・「和の響き」として
課題曲を構築していることにその意義があるように
個人的には感じるのです。

使用している打楽器はトムトムとかティンパニーとかマラカスとか全て西洋楽器で、
いわゆる和太鼓系は一つも使用していません。
だけどトムトムのあの響かせ方は、何となく能の「間」の取り方を想起させますし、
前半の木管楽器のトレモロなんかは、やはり日本の怪談の「ヒュードロドロ」みたいな
感覚を思い出させてくれますし、
後半にティンパニー奏者が撥からマラカスに持ち替えて、
マラカスでティンパニーを叩くことによって
ティンパニーの和音に何かカラカラという音をmixさせる辺りは
やはり日本の村祭りの盛り上がりみたいなものを何かイメージさせてくれます。

あまりの難しさゆえにこの課題曲を選ぶチームは極めて少ないのは残念でしたけどね・・・

だけど現代音楽の形式に和の雰囲気を持ち込むような課題曲は
これを契機に例えば、86年の吹奏楽のための序曲とか88年の深層の祭りとか
色々出てきますので、
そうしたパイオニアとしての要素ももう少し今となっては評価されても良いような感じは
します。

ちなみに1984年の全国大会では、この課題曲は団体しか選びませんけど、
この内5団体が(ヤマハ浜松・神奈川大・天理・花輪・土気中)金賞を受賞
出雲高校のみ銅でした・・・
神奈川大は正直良い出来ではありません・・・天理も切れ味が良すぎという贅沢な悩み
やはりヤマハが一番見事な演奏を残しています。

だけど生の演奏で一番強烈なインパクトを残してくれた学校が一つあります。
ウルトラマイナーですけど、
東北大会・中学B部門の南小泉中の課題曲A及び自由曲の
サムソンとデリラ~バッカナールはホント素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
女性指揮者の若狭先生の躍動感溢れる指揮も感性も素晴らしい!!
このチームは、同じく若狭先生の指揮で
前年度は、ボロディンの交響曲第二番を
前々年度は、ファリアの三角帽子を
豊かな感性と派手な指揮スタイルで演奏していました。
BJでも
「始まりの音を聴いただけで、キラリと光る素晴らしいモノを有していることが分かる」と
評されていましたけど、それはまさに「その通り!!」という
感じがします。

 | BLOG TOP |