FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最初にスマイルで「キュアピース」を見た時の破壊度は凄まじかったです・・・(笑)




「びかぴかぴかりんじゃんけんぼん」

キュアサニーじゃないけど「何や、それ」とホントマジで思いっきり突っ込みを入れたくなりますよね・・

よくキュアピースって「可愛いけどあざとい」なんてよく言われますけど
実際フィギュアなんかでも
「可愛いけど何かあざとい・・・」と感じてしまいます・・・(笑)

でもハッピーXピースの組合せを見ると
「ああ、ピンク×黄色系はプリキュアでは鉄板だなー」と感じさせてしまうものは
ありますよね。
修学旅行の回とか決め台詞を決める時のシーンとかなど・・・

「アニメージュ」というアニメ雑誌では、基本的にプリキュアが登場する事は
少ないのですが、
昨年秋頃、ハッピーとピースが表紙を飾っていましたしね。

やはり人気者の組合せなのかな・・・
スポンサーサイト



現在では、課題曲の呼び方はⅠ~Ⅴという表記が定着していますが、
自分なんかいまだにA~Eという表記の方が何かしっくりきますね。
思い起こすと、
課題曲の呼び方がAとかBとか呼ばれたいたのは、1992年が最後なのですよね。
1993年以降は、なぜか唐突にⅠ・Ⅱ・Ⅲという表記に変更されています。
これはいつ誰が決めたのかな??
吹連のお偉い先生達がいつの間にか変更したのかな・・・??

だけど地方ではこれが浸透していなかったのか面白い現象もあり、
1993年の山梨県大会のプログラム表記は、
A ターンブルマーチ
B スターパズルマーチ
という風に記載されているのが何か面白い感じ・・・

だけど課題曲がマーチの年とマーチでない年を交互にするのも面白い試みだと
思います。
やはり吹奏楽の基本は「行進曲」にあると思うのですが、
上手な学校ほどマーチをパスする傾向も決して否定は出来ませんからね・・・
実際、当時常連校の常総学院も
課題曲がオールマーチになった最初の年と二回目の95年は
まさかの関東大会落ちでしたからね・・・
(年頃の感覚として、常総学院がスタンダードなマーチを演奏するという可能性は
あまり考えられなかった・・・)


〇下松高校

 C/バリの喜び

 前年度に念願の初金賞に輝いたのですが、この年は
 特に個性もない演奏になってしまいました・・・
 課題曲は、もう少し鋭さが欲しかった感じがするのに
 自由曲は逆に音楽が硬めで、もう少し柔軟さが欲しいとも感じました。
 もう少しのびのびの楽しみながら吹いた方が良かったような気もします。
 結果的に中井先生としては最後の下松での演奏になってしまったので
 少し残念な感じもします。

〇習志野高校

 A/ダフニスとクロエ第二組曲

 この課題曲A「ネレイデス」は習志野高校と常総学院のサウンドのために作曲されたような
 印象さえあります。
 それほど両校の気品・洗練・美的なサウンドにマッチした曲想だと思います。
 曲のうねりも実に見事に表現されていましたし、
 ラスト近くの音自体の鋭さもお見事!!
 自由曲は1987年と同じ選曲で、87年の圧倒的名演の虜になった自分としては
 87年の演奏にどんなプラスαがあるのかなと思って期待していたのですが、
 残念ながら目立つプラスαはありませんでした・・・
 87年と同様に、パントマイム~全員の踊りを取り上げていましたが、
 87年の場合は、パントマイムの最初のオーボエのソロから開始されていたのに対し
 92年の演奏は、何かチューバと弦バスのボンボンという後打ちから始まる妙な出だし・・・
 何かそれで印象を少し悪くしたのかもしれません。
 サウンドも87年同様華麗に洗練された響きでしたけど、
 特にそれ以上特筆すべき個所もなく終わってしまいました・・・
 勿論当然の金賞くらすなのですけど、
 これは少し「贅沢な注文」なのかな・・・??
来週の「ドキドキプリキュア」はお休みなのですね。
ラストで、亜久里が
「もう一段ステップアップするための最後の試練に挑んでもらう」とか言っていたので
「ハートキャッチ」第37話のように、自分VS自分の試練みたいにプリキュアバレスにて己自身との
戦いに挑んだシーンの再現でもあるのかな・・・??
でも同時にキュアエースの「5分間制限問題」とか「思いを強くしているとはいえ、小学生が
大人の女性に変容しているみたいな何か自分自身に無理を強いているような感じ」を
エース自身も解決しないといけないのかもしれませんよね。
そしてそれらが解決できて初めて「レジーナ」との問題を解決させ、
そして恒例の最終決戦へとなだれ込んでいくのかな・・??

それにしても今回は珍しく妖精達が主役でした。

何か小学生の男の子に変身したラケルが妙に六花さんにベタベタベタベタしているのは
さすがに少々うざいかも・・・???
今回の主役のシャルルがマナと同年代らしい女の子に変身していましたけど、
これがまたホント可愛い・・・
元々シャルル達がプリキュアに変身して、ジコチューと戦っても良かったのでは?と
思えるような感じでした。
だけど、今回驚いたのは
別にランスはどうでもいいとして(?)
髪をおろしたありすは初めて見ましたけど、
これがホント超可愛い!!!

「えー、ありすって元々可愛いけど、こんなにウルトラ級に可愛い娘だったっけ?」と
感じてしまうほどの可愛さでした。





歴代プリキュアでも
普段髪をアップさせていたり結わえている娘たちがたまーに
髪をおろすシーンもあったりしますが

例/

 スマイルのなおとみゆきが修学旅行時での湯上りシーン

 プリキュア5GoGoで第2話で、のぞみがバルコニーでぼんやりと考えているシーン
 (同時にのぞみのアッカンベーシーンが見られる貴重なシーン)

 SSの咲がベットでうとうとしているシーン

 ラブ⇒結構日常的に髪をおろすシーンはありましたね・・・

 ハートキャッチのつぼみ⇒パジャマで登校した時の姿・・・

何か今回のありすは結構インパクトはあったと思います。
それだけ普段の何かお団子のようにクルクル巻いた髪形がすっかり板についていましたからね。

「ドキドキ」の場合、
マナ・まこぴーみたいな主役級がどーんと決まっているし、
六花さんという史上最大の主人公サポートキャラもいるし、
おまけにエースまで加わるし、
その上、レジーナも控えているし、
という事で、元々ありすは影が薄い役割なのですけど、
決して濃厚なキャラに埋没していないのは、元々本人自体も実はかなり濃厚なキャラの
せいなのかな・・・??
だけど言えることは、歴代プリキュアの黄色系の中でも
ロゼッタは相当優秀な部類に入ると思います。
ま、もっとも前任者があのピースですからね・・・
今日も暑い一日です。
昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とか言いますけど、昨年の関東は9月下旬まで
ホント暑かったですからね・・・
昨年も暑かったけど、夕方になると雨も降ったりして、それが夜の冷却にも少しは
貢献してくれたのですけど、
今年はそうした事もほぼ皆無ですからね・・・
正直、こうした雨の降らない酷暑は体にこたえますね・・・

本来ですと、まとまった休みの時は、
小川洋子・乃南アサ・川上弘美・桐野夏生の小説を一気に読みたいところなのですけど
(購入したはいいけど、読まずに本棚に置きっぱなしの本が5~6冊程度溜まっている・・)
こうも暑いとそうした重量級の本の文字は頭に入ってこない・・・
外へ出かけるエネルギーもないし、
結局、高校野球をボーッとみたり、
プリキュアのDVDを見たり
昼寝というかうたた寝ばかりしている感じです。
ま、確かにのんびりは出来ていますけどね・・・
あ、だけど「プリキュア」は幼児用と思っていると痛い目に合いますよ・・
あれは結構教育素材にも十分使えると思えるくらい、内容的にレベルが高いし、
「スラム・ダンク」と並んで小~高校生の道徳用教材に用いて欲しいと
マジに思っている位ですから・・・

だけど暑い時の本は、やはりライトノベルズが一番ということで
休みに入る前から、
最近アニメではまっていた「デート・ア・ライブ」の原作を読んでいましたけど、
やっと第四巻まで読み終えました。





第三巻に「時崎狂三」が転校生として登場してくる訳なのですけど、
この辺りから一気に物語が引き締まってくるというか面白さが俄然出てきますね。
勿論、第一巻の夜刀神十香の「孤独な魂」とか「寂寥感」みたいな雰囲気も好きですし、
世界を救うには、空間震の根源たる精霊を殲滅されるか、またまた精霊とデートしてデレさせるという
発想が実に面白いところです。
また十香のツンデレ振りがこの小説の最大の見所というか、
精霊として戦っている時と「しどー」とかいってデレデレしている時の落差が
ホント、魅力的・・・

だけど、やはりこの物語は「時崎狂三」がある目的をもって主人公達の高校に転校してくるあたりから
俄然面白くなっていくと思います。
アニメ版は、第6話でしたっけ? オリジナルの温泉話以外は、ほぼ忠実に原作の世界を
再現しているのだなーと改めて原作を読んでみて分かりました。
だけど6月でこのアニメは第一期終了という事で一旦最終回を迎えましたが、
第二期の製作が既に決定されていますので、
この第二期放映が楽しみな所です。

あ、関係ありませんけど、声優さんつながりで言うと、
「けいおん」で私が一番好きなキャラの「中野梓」の声の人が、
「デート・ア・ライブ」の琴里であり、
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主人公の桐乃だったのですね・・・
やはり声優さんの演技力というか使い分けの巧みさには改めて感心・・・
クリフトン=ウィリアムズというと、1960年代~70年代にかけて
日本の吹奏楽コンクールでほぼ毎年取り上げられる作曲家でしたし、
特に・・・

〇ファンファーレとアレグロ

〇交響組曲

〇ザ・シンフォニアンズ

以上の三曲は古典的名曲だと思いますし、たまにはどこかのチームも是非こうした名曲を
取り上げて欲しいものだと思います。

個人的には、C・ウィリアムスというと、やはり忘れちゃいけない作品は
交響的舞曲第三番「フィエスタ」だと思います。
この曲、ホントまじで今聴いても新鮮な感覚に溢れ
躍動感・リズムの切れ・楽しさはホント「名曲」の名に恥じないと思います。
出たしからして凄い・・・
いきなり金管楽器のファンファーレ的コラールで開始され、
その後打楽器(というかマラカス)だけの演奏になったかと思うと、
突然展開部が開始され、ラテン系リズムがゆるやかに楽しく展開されていきます。
コルネットのソロもホント素晴らしい・・・!!
曲としては、リズミカルな部分と情緒たっぷりの歌の部分が交互に繰り返され、
ラストになだれ込んでいきます。
ラストのトロンボーン奏者によるグリッサンドがこれまた圧巻!!

いやー、聴いていて飽きることのない素晴らしい作品だと思います。

実は最近まで知らなかったのですけど、
この曲の原曲は実は実は管弦楽曲だったのですね・・・
オーケストラのための交響的舞曲というタイトルらしいのですが、
吹奏楽の「交響的舞曲第三番」は、この原曲の第三曲を吹奏楽用にアレンジしたとの事です。
何となくですけど、原曲版なんかは一度どんな感じの曲なのか聴いてみたい感じもしますし、
他の四曲がどんな曲なのかという事も
興味はありますね。

最近でもこの曲はコンクールでもよく耳にします。
こうした古典的名曲が現在でもしっかりと受け継がれている事は
本当に嬉しく思えます。

この曲のコンクールでの名演と言うと
1977年の瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
いや、あの演奏はマジで素晴らしい・・・!!
演奏がほぼノーミスだし、リズムの切れ・コルネットの音色・躍動感・たっぷりとした歌い方
どれをとっても文句のつけようがない素晴らしい演奏です。
この曲出来れば、中澤先生が存命中に是非野庭高校に演奏して欲しかったな・・・
電電中国【現・NTT西日本】も
佐藤先生は、二回この曲を取り上げていましたね。佐藤氏は1988年にも同じ作曲家の
交響組曲を取り上げていましたので
余程C・ウィリアムスが好きだったのかもしれませんよね。

CDで聴くならば
ダン指揮/ダラスWO とか山下一史/東京佼成がいいかも・・・

話は全然違うのですけど
むかーし1984年のBJを眺めていると
東京都大会・高校の部予選会で
ある学校がこの交響的舞曲第三番を演奏し、規定違反により失格となったと記されていましたが
その規定違反とは何かと言うと
冒頭の打楽器(マラカス)だけの場面で、指揮者も奏者と一緒にマラカスを振ったからという理由との事です。
吹奏楽連盟の規定では、確かに

〇指揮者は課題曲・自由曲共に同じでないといけない

〇指揮者は演奏中は、楽器を演奏してはいけない

等の細かい規定がありますが、記事によると事前に
「指揮者が瞬間的に奏者と一緒にマラカスを振っても大丈夫か」という問い合わせをした上で
確認を取った上での失格という事でしたけど、
これがホントなら少し気の毒な感じはしますよね・・・

規定をよく見てみると、
指揮者がいなくても演奏可能とも書かれています。
実際自分が知る限りでは、
指揮者なしでの演奏と言うと、1988年の天童市役所音楽隊かな・・・
あの演奏は自分も生で聴いたけど、課題曲・自由曲共に出だしだけ指揮者がタクトを振り
それ以外は指揮者も奏者として加わっていました。

プロのオケの場合、たまにですけど
ピアノ協奏曲の際、指揮者が独奏ソリストを務めながら指揮を振るという事も
たまにあったりもします。
最近私が聴いた例では、モーツアルトのピアノ協奏曲第24番の演奏時に
N響を振ったプレヴィンが弾き振りをしていた事もありましたね。

さすがに吹奏楽コンクールでは、それはまずいかも・・・

 | BLOG TOP |