FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先ほど「キュアハート」のDXフィギュアゲットと記しましたけど
実は同時に私が大好きな六花さん=キュアダイヤモンドのDXフィギュアもゲット出来ました!!!




イーラが何回かダイヤモンドの事を
「青くてフワフワしていて・・」とか表現していましたが、
まさに「その通り!!」という感じがします。

初期の頃、マナからプリキュアになる事を勧められ、ラケルからも盛んにスカウトされていましたけど
キュアハートの衣装を既に見ているせいか
「あんなヒラヒラした服、私には似合わない・・」とモジモジして辞退していましたが
結果的に5人の中で、一番ヒラヒラした衣装となっているのが
キュアダイヤモンドですからね・・・(笑)

まだ当分箱を開封する気にはなれませんけど、
相変わらずこのシリーズのフィギュアの精度は高いというか出来は申し分ないですよね。
ホント、いつも毎回感心しています。
バンダイの「キュアドール」シリーズだと、
「何、これ・・・」と目を覆いたくなるほど完成度の低いものがたまにあったりもしますが
毎回さすがという感じです。

だけど、年末になっていざ自室の飾り棚に置こうとすると、既に満杯状態となっていますので、
うーーん、誠に申し訳ないのですけど、
キュアピースとキュアマーチには感謝しつつもご退場して頂き、
新たにハートとダイヤモンドに入って貰うののかな・・・??
だけど万一DXシリーズのキュアソードとか
SHシリーズのキュアハッピー
またまた、「デート・ア・ライブ」の時崎狂三のフィギュアがゲットできたとしたら
どうしちゃえばいいのかな・・・・(笑)
スポンサーサイト



ハチャトゥーリアンのこのバレエ音楽は、「剣の舞」だけは異常に知名度が
ありますよね。
もしかして「剣の舞」は、20世紀クラシック音楽界の最大のヒットメロディーなのかも・・・
だけど「剣の舞」以外は、
せいぜい「バラの少女の踊り」くらいしか一般的には知られていないのが
少々残念な感じはします。
私は、カヒッゼ指揮のCD二枚組の全曲盤を持っていますけど、
聴けば聴くほど「宝箱」というかメロディーのおもちゃ箱みたいに
民族的でダイナミックで躍動感溢れるというか血が騒ぐ音楽が続々と登場し
聴く度にドキドキします・・・

昔、ハチャトゥーリアンが読売日本交響楽団を自作自演するために来日し、この「ガイーヌ」の中から
何曲か振った事があるとの事ですが、
もしもタイムマシーンがあるのならば是非聴いてみたい感じはしますね。
ついでに書くと、ハチャトゥーリアンには
交響曲第二番「鐘」というマイナーシンフォニーがあるのですが、
これは個人的には影の大変な名作と確信しています。
いや、これは戦時中だから、戦時中にしか書けそうもない
リアルティー溢れる音楽が、展開される大変素晴らしい曲も残しています。
現在では、ヤルヴィとか色々な人の演奏を聴けますが、
昔は自作自演盤しかない時代もあったものですが、その際のオケがなんと
ソ連のオケではなくて、なぜかウィーンフィルというのが凄いところ・・・
聴いたことがあるのですが、いつもの洗練されたウィーンフィルではなくて
荒ぶる魂の調べという感じが漲っていて、とても面白い・・・

話を「ガイーヌ」に戻します。

高校時代の図書館に、音楽之友社から出ている「名曲解説全集」という全25巻から構成される
音楽解説書があったのですが、
その中で「ガイーヌ」は、
ソ連のコルホーズという集団農場での生活を背景にし、
ヒロイン・ガイーヌが自分の夫であるギコの自分たちの属するコルホーズ、ひいては国家への
裏切り=スパイ行為に立ち向かっていくという
正義感溢れるストーリーを展開していたように思えます。
(何かいかにも当時のソ連=スターリンに媚を売った作品のようにも思えます・・)

上京して何気なく大学内の図書館で、この本を取ってみると「最新・名曲解説全集」となっていて
そこで初めて、実は「ガイーヌ」には二つの版が存在するという事に
気が付いたのです。
1957年にハチャトゥーリアンは、ボリショイ劇場版とも言われる前作の大改訂を行い、
結果として元の原典版とこのボリショイ劇場版の数少ない共通点は
一部の登場人物の名前だけというという
大改訂が施されたわけなのです。
何でこんなことになってしまったかというと、詳細はよく分かりませんが、
作曲者自身、「いくらなんでも原典版は、時の権力者にこびらいすぎた・・・」と
感じたのかもしれません・・・
幸いこの当時は既にスターリンも世を去っていましたしね・・・
ボリショイ劇場版は、原典版にあるような
国家と自分達家族を裏切った自分の夫であるぎこを告発して本当に良いのか悩むガイーヌに
焦点が当てられていましたが、
ボリショイ劇場版の方は、
そうした要素は消去され、
ある田舎の村での男女の恋物語・それを巡る葛藤が健康的に生き生きと描かれています。
簡単にストーリーを書くと、
ガイーヌとアルメンは恋人同士 アルメンとゲオルギーは友人同士
だけどそんな中、ゲオルギーは
「自分はアイシェという女の子が好きなのだけど、もしかしてアルメンもアイシェが好きではないのか・・」と
嫉妬を起こし、
ある日、狩の帰り道で嵐に遭遇し、アルメンが崖から転落してもゲオルギーは
「ふん、ざまーみろ」という風にアルメンを助けることなく放置し、結果的に
アルメンは失明してしまい、ガイーヌも失望してしまう・・・
だけどその後ゲオルギーは良心の呵責に悩まされ続けてしまう・・・
だけど収穫祭のある日、アルメンは視力が回復しているのに気が付き
ゲオルギーは最後に村人たちに自らの悪行を告白し、最後は全員から許してもらい
大団円を迎える・・
そんな感じのストーリーだったと思います。

実際、原典版とボリショイ劇場版の音楽を比べてみると
ボリショイ版の方がはるかに演奏時間が長く、原典版にはなかった曲が15曲ほど加えられています。
一方、火焔・ゴパークなどのように原典版にはあったけど
ボリショイ版ではカットされている曲もあります。
登場人物も、原典版に登場していたガイーヌの夫のギコという名前は、ボリショイ版からは削除され
ボリショイ版では、原典版になかった、アルメン・ゲオルギーという名前が
新たに出てきます。
原典版・ボリショイ版どちらにも共通して登場してくる人物は
ガイーヌ・アイシェ・ヌーネ・カレンぐらいなのかな・・・?

要は同じ「ガイーヌ」というバレエ音楽でも実はストーリーも登場人物も異なる二つの版が
存在すると理解した方がかえっていいのかも・・・

「ガイーヌ」は吹奏楽コンクールでは大変な人気曲ですが、
オケの演奏会ではそれほど耳にする機会はありません。
たまにアンコールでレスギンカ舞曲が演奏されたり、ファミリーコンサートで「剣の舞」が
演奏される程度かな・・・

一度1990年2月のN響の定期演奏会で
前半⇒ハチャトゥーリアンの組曲「仮面舞踏会」・「ガイーヌ」抜粋
後半⇒シェエラザート
というオールロシアプログラムで聴いたのが今のところ唯一の機会だったかな・・・
その時のガイーヌの演奏組曲は、
剣の舞・子守歌・バラの少女の踊り・レスギンカ・アイシェの目覚めと踊り・ゴパーク
というものだったから、
これは指揮者が原典版の方からピックアップしたものだったのかな・・・??
やっと「ドキドキプリキュア」のキュアハートのDXフィギュアが手に入りました。




昨年の同シリーズのキュアハッピー・キュアビューティと並んで
かなり精密で高度な仕上がりとなっていて
大変満足しています。
何かいかにもマナというかキュアハートの「おせっかい焼き」が炸裂しそうな
ワクワクドキドキした感じがよく出ていると思います。
ハッピーが天使だとすると
この娘は、より現実的で聡明な「ワーキングガール」みたいな感じもします。
(ハッピーの場合、元々少し不思議ちゃん系みたいな部分もあったりして、それが逆に
 天使感を増しているような印象が・・・)

何となくですけど、同シリーズの場合
「キュアソード」に人気が集まっているのか、元々ソードの生産数を少なくしているのか
理由は分かりませんが、
ヤフオク・アマゾンなんかでも、
ハートやロゼッタに比べて
ソードは入手し難い感じがします。
ヤフオクでも、ハート・ロゼッタ・ダイヤモンドは一体500~1500円程度で
入手出来そうなのですけど
ソード自体商品として流通が極端に少ないように感じるのは
たまたまなのかな・・・??

ま、昨年もキュアサニーが中々手に入り難い状況でしたからね・・・

ボンカレー

今日も暑いですよね。
早いもので一時的に熱中症みたいな感じになって一週間程度経過しましたけど
何とか体力も食欲も元に戻って
何とか年間を通じて数少ない「休暇の日々」を楽しんでいます。
だけど、来週からまた仕事というか、俗世間に戻らないといけないのですよね・・・


そんな中
「暑い時こそカレー」ではないのですけど
何か無性にカレーライスが食べたくなり、
家の中にあった「ボンカレー」を食べてみることにしました。



だけど少し驚きました・・・
むかーし、子供の頃のボンカレーって
中年の着物を着たおばさんがジャケット写真というイメージだったのですけど
何かいかにも「おいしそうなカレー」という風に変わっていたのですね。
それと、こうしたレトルトのカレーって言うと
お湯でレトルトパックを湯煎するという感覚があったのですけど
今のレトルトカレーって、電子レンジで2分程度温めるだけで良いのですね。
最近、お湯で温めなくてもいいしレンジでチンしなくてもいい、パックに入っているカレーを
そのまんま食べるという「冷たいカレー」もあるとは聞いたいたのですけど
主流はお湯で温めるというタイプから
電子レンジというスタイルに変わりつつあったのですね。

だけどこのボンカレー、美味しい!!
正直レトルトカレーとは思えません・・・
最近の牛丼チェーン店は普通にカレーを扱っていますけど、
そうした牛丼屋のカレーなんかよりは、
余程こちらの方が美味しいようにも感じました。

最近「富士そば」という立ち食いそば店のカレーセットという
カレーとざるそばのセットを食べたことがありますが、何か鰹節の香りが少しする
和風カレーという感じで、
結構これは好きです。

ボンカレーをレンジで温めた際、溶けるチーズを上に乗せてみたのですけど
結構合っていたし美味しかったです。
自分の記憶・印象としては、カレーにチーズを乗せる事を提案というかトッピングとして始めたのは
CoCo壱番だったような気が・・・??

暑い時は辛いモノを食べて汗をかくのがいいとは昔から言われてはいますが
これも「昔からの生活の知恵」として受け継がれてきたものなのかな・・・??
1992年というと、世間的にも「バブルの崩壊」・「景気の減速」が定着化しつつあった時期ですが、
そのせいか、自分が当時在籍していた金融機関にも、そろそろ「翳り」が鮮明化しつつあった時期でもあり、
ひところのように、休日出勤・ホントまじで達成できそうにもない過酷なノルマの強制・
深夜残業などは減少していったような気もします。
1989年~1991年あたりは、吹奏楽コンクールは、
せいぜい全国大会・東京都大会・山梨県大会を聴く位しかできませんでしたけど、
この年、1992年は
全国大会【中学・高校・職場・一般】・都大会・山梨県大会
霊友会小谷ホールの東京都大会の一般の部予選・関東大会【中学と高校B部門】・東海大会と
結構土日を利用して聴きに行くことは出来たと思います。

ま、自分の趣味のためだけに、休みの日を全部使えたという点では
現在から見ると
「夢のような日々」なんですけどね・・・(笑)
だけど、うちの奥様からも
「あなただって、会社が休みの日以外は、家でグータラ・グータラしていて
 プリキュアのDVDばかり見ているじゃないの・・・
 いーねー、自由な人は・・・」
なーんて小言や嫌味をたまに頂戴していますけど、
1年間365日24時間ぐーたら家事を全くしない専業主婦しているうちの奥様にだけは
言われたくないのですけどね・・・
だけど、そうしたボケっとして一日中ポーーッとしている彼女がとても大好きで
縁があって一緒になったのだから、
それは仕方がないのかも・・・・


〇札幌白石

 D/「ガイーヌ」より

 このチームは当時は既に全国大会の常連チームとなっていましたが、
 毎回毎回スレスレの金賞に潜り込んでいたと思います。
 完璧な技術力とか洗練されたサウンドを持っているとか、決してミスをしないとか
 そういう「完成されたチーム」ではないと思います。
 だけど何か普通の高校生が一生懸命日々練習してきた結果、ここまで仕上げてきましたという
 何か手作りのような感じの音楽を毎回聴かせてくれて、
 毎回聴くたびに「温かいモノ」を感じさせてくれるチームです。
 この年の「ガイーヌ」は、
 序奏~友情の踊り~アイシェの孤独~剣の舞~収穫祭という1990年の中央大学と同じ構成を
 取っていましたが、特に「剣の舞」が鮮やかだったのが印象的です。
 金管セクションのリズムの切れと途中で意図的にpppに落とした部分と全体的な強奏の対比も
 極めて効果的でした。
 収穫祭は、もう少しホルンの雄叫びは強調されてもいいと思いましたし、少しパワー不足のような
 気もしましたが、
 全体的には非常に楽しい雰囲気を最後まで維持していました。
 この年も銀賞と金賞の境界線だったと思いますが
 何とか金賞にすべり込みました。


〇花輪高校

 C/「チェックメイト」

 現時点では、結果的に最後の全国大会出場となってしまいました。
 この年をもって小林久仁郎先生は秋田南へ転任されてしまいます。
 (だけど当時の秋田南は、90年~92年の三年連続県大会落ちという屈辱の歴史を味わっていますので
  小林先生を秋田南へ赴任させることで名門校復活を秋田県の教育委員会が意図したのかな・・??)
 だけど、花輪=小林サウンドの本質は、ロシア系マイナーシンフォニーにあるのだから、
 前年度の「バッカスとアリアーヌ」みたいなフランス系路線とか
 「永訣の詩」みたいな邦人路線は合わなかったのかも・・・??
この年は、吹奏楽では珍しいブリスというイギリスの作曲家の作品を取り上げていました。
 1982年にも東北大会でスカ金でしたけど、ウォルトンの交響曲第一番終楽章を取り上げていましたから
 イギリス音楽にも小林先生は造詣が深かったのかもしれません。
 以前のラフマニノフ/交響曲第一番 ショスタコ/交響曲第一番 ハチャトゥーリアン/交響曲第二番「鐘」
 プロコフィエフ/交響曲第三番
 みたいにミスは多いし、サウンドが少々荒かった頃に比べると
 とても同じチームとは思えないほどサウンドは洗練され、技術も安定しています。
 ブリスの曲も緩急をしっかりと表現し、随分と大人びた演奏を残しています。
 これはこれで素晴らしいけど、
 やはりどうしても自分としては、花輪というとロシアマイナーシンフォニーの
 何か「荒ぶる魂の叫び」なんかを期待しちゃうのですよね・・・(笑)
 だけど、この年の花輪は、素晴らしい演奏を最後に普門館で聴かせてくれましたし、
 非常に惜しい銀賞だったと思います。
 そして翌年以降小林先生は、立派に秋田南高校を再建していくことになり
 この演奏の二年後に、秋田南を引き連れて全国に再度臨むことになります。


〇武生東

 D/交響曲第三番「シンフォニーポエム」

 北陸代表と言うと、当時は高岡商業と富山商業の2チームだけというイメージでしたけど
 富山商業を押しのけて、3年連続全国に出場していたのは驚異的な事だと思います。
 (もっとも富山商業の坪島先生は、この時期勇退されているみたいですが・・・)
 初出場時の「神話」に比べると、随分とこのチームは上達したと思いますし、
 この年のハチャトゥーリアンも正直同省は少し気の毒のような感じさえします。
 サウンドに少し濁りを感じた事と少し全体的にもっさりとした仕上げだったのが
 マイナス評価だったのかな・・・
 このチームは翌年も銅賞で
 1994当時、高校の部では珍しい「5年連続銅賞」という珍しい記録が期待されたのですが(?)
この年初めて銀賞を受賞し、
 5金ならぬ5銅は回避されていました・・・

 | BLOG TOP |