FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吉松隆氏というと、訳のわからん現代音楽に反旗を翻し
「分かり易い現代音楽」を書くという事をモットーに日々作曲されているという
印象があります。
この方の曲を最初に聴いたのは、
確か1990年代前半だったと思いますが、
交響曲第2番「地球にて」(テラにて)でした。
最初にこの交響曲を聴いた時のインパクトはかなりありましたね・・・
というか、とても邦人の現代音楽作品とは思えない「分かり易さ」は確かに伝わってきました。
現在でもそうなのですけど、
自分としては、邦人現代音楽の交響曲というと、
矢代秋雄とか松村禎三のいかにもアジアンエネルギーとか日本的情緒みたいな作風が
大好きなのですけど、
吉松さんみたいな曲も
「これはこれでありなのかな・・・」と感じさせてしまう
圧倒的なエネルギー力は潜んでいると思います。

吉松隆の交響曲第2番「地球にて」って何がいいかというと、
その作風の分かり易さというか、昔の歌謡曲みたいに、シンプルに、メロディー・リズム・ビートが
はっきりとしているというか、
メロディーラインがとても分かり易いという所に魅力があると思います。
確かに20世紀中盤の現代音楽なんて、
どこがメロディーラインなのか全然分からない曲ばかりですし、第一聴いていてドキドキもしないし
楽しくもない作品がほとんどですからね・・・
「地球にて」の第三楽章は、終始一貫してマリンバ等のコトコトコトコトコトコトコというビートの刻みに
乗っかって金管楽器が凄まじい咆哮を炸裂させ、
ストラヴィンスキーの「春の祭典」も真っ青なリズムの躍動とエネルギーの爆発が
ありますからね・・・
最初聴いた時は、マジ、その迫力とあまりの分かり易さに
「現代音楽もこんだけ分かり易くたっていいじゃん」とコロンブスの卵みたいな発見も
感じたほどです。

要は、吉松氏の音楽は、クラシックとかポップスみたいな境界線を消し去ろうというのではなく
両者をうまい具合に融合してしまえみたいな発想がベースに
あるような気がします。
吉松氏の曲って、90年代に日本フィルの指揮者陣の一人だった藤岡氏がしばしば日本フィルで
取り上げることが多く、その一環で
自分なんかも
交響曲第三番とかピアノ協奏曲「メモ・フローラ」とかサイバーバード協奏曲とか
ファゴット協奏曲とか色々聴くことが出来ました。

だけど最近感じるのは、吉松氏の音楽は、分かり易い一方
忘れてしまうのも早いのかな・・・と感じも他方ではする感じもします。
吉松氏は「自分は吹奏楽の作品は絶対に書かない」と公言されていますけど、
悪く言うと、アメリカにゴマンといる吹奏楽オリジナル作曲家が毎年書き上げ
日本に紹介されてくる吹奏楽オリジナル曲みたいに
「分かり易いけど、何となく華麗な響きと圧倒的な強奏だけ・・。そして翌年以降は
きれいさっぱり忘れられる・・・」みたいに
ならないといいなーと思ったりもします。

そんな中、氏のこれまでの作品では
ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」がホント、心にしっくりきます。
この協奏曲は、強奏部分やアレグロ的展開はほぼ皆無で、
終始穏やかに静かにゆったりとピアノとオケが融合していきます。
打楽器は、ティンパニーと仏壇のチーンのカネみたいな楽器しか使用されません。

最初にこの曲を聴いたのは、
日本フィルの1996年から始まった「20世紀シリーズ」の一つの公演だったのですが、
「メモ・フローラ」は初演と記されていました。
当日のピアノソリストは田部京子さんでした。
派手さは全くなく、ただただ美しい曲でしたけど、
何か妙に聞き惚れていました。
何となく、グレツキの交響曲「悲歌のシンフォニー」みたいに
「これって何か反則じゃん・・・?」みたいな気もしなくはありませんでしたけど、
あまりに心が綺麗さっぱり洗われるような曲でしたので
それを言うのは止めにしておきましょう・・

「メモ・フローラ」はイギリスのシャンドスというメジャーレーベルから今でも
発売されています。

そう言えば田部京子さんは、吉松隆のピアノ作品集「プレイアデス舞曲集」のソリストも
務めていますから、
余程気に入れられたのかな・・・

吉松隆も「今後の期待すべき若手の一人」とか言われ続けてている内に
いつのまにか還暦を迎えていましたので、
これからも音楽だけは老齢化しないで、
常に自分達に新しいモノを感じさせる曲を生み出し続けて欲しいなーと
思います。
スポンサーサイト



昨年発売された「スマイルプリキュア」のプリンセスモード版の食玩フィギュアが
ハッピーだけどうしても開封できずにいます・・・(笑)
なーんか、勿体なくて開ける気にならないのですよね・・・





他のサニー・ピース・マーチ・ビューティさんだけは、昨年12月頃に開封し、
既に飾っているのですけど、
どうしてもハッピーだけはそんな気になれないのですよね。
通常版からプリンセスモードの衣装にフォームチェンジした際、
印象としては、
一番可愛く補正をされたのが実はサニー、ライオン丸みたいになってしまったのがビューティさん
あまり大きく変化しなかったのは残り3人と思ったものですが、
やはりそれでもハッピーは、プリンセスモードでも一番可愛いと思います。

改めて感じるのですが、
ハッピーは、マジ天使ですよね(笑)
ドリームやピーチが「女神」とすると
ハッピーは、ホント「天使」そのまんまという感じさえします。
だから、ハッピーのフィギュアは、その点表現しやすいせいなのか
ほとんど出来が良いように思えます。

プリンセスモードの食玩フィギュアは、今年の6月が一応賞味期限となっていますが、
(と言っても入っているお菓子はラムネ菓子一個だけですけど・・・)
それでも開封する気にはなれなかったですよね・・・(笑)

映画「絵本の中はみんなチグハグ」のハッピーも、
まさに「白い天使」という感じで、これまた可愛かった・・・
何かあの映画は、サニーなどには申し訳ないけど
ハッピーのための映画という感じさえします・・・
ま、それを言ってしまうと、
映画「鏡の中のミラクル大冒険」は、
のぞみとダークドリームのためだけの映画という感じもしなくはないのですけど・・・

来月くらいに、確かキュアハッピーのS・Hフィギュアが発売されるみたいですけど
その完成度とか仕上がり具合は、何か楽しみですよね。
現在夏の甲子園大会では毎日熱戦が繰り広げられていて、
何かいかにも「青春だなー」と感じてしまいます。
選手の皆さんは当然の事として、暑い中頑張っている応援の皆様や運営関係者の皆様に
対して心から敬意を表したいと思います。

もっとも埼玉県代表の浦和学院が初戦で姿を消してしまったので
何かあまり甲子園は見る気がしないです。
浦和学院も春の大会で全国優勝を果たしたのに、初戦敗退とは内心悔しいものはあるでしょうね。
初戦の相手は仙台育英でしたけど、仙台で高校時代を過ごし、
毎年毎年東北高校とか仙台育英に県予選で敗れていた自分としては、
「江戸の敵を長崎で討つ」ではないけど、
何とか浦和学院に頑張ってほしかったけど
こればかりは「時の運」ですからね・・・

先日、車での移動中にカナブンが目に飛び込んできた話を書きましたけど、
それはさいたま市岩槻区のある顧客へ行く途中での出来事でしたけど、
そこへ行く途中に、浦和学院高校を発見しました。
私、1997年に埼玉県民となったのですけど、実は浦和学院高校がどこにあるのか
この時まで知りませんでした・・・
浦和学院というのだから、
さいたま市浦和区とかさいたま市中央区にある学校なのかなと思っていたら、
まさかさいたま市緑区と見沼区の境というか、限りなく岩槻に近いこんな場所にあるとは
何か予想外でした・・・

ま、それはどうでもいい話なのですけど・・・

さてさて、夏の甲子園大会をボーっと見ていると、
聴こえてくるのは吹奏楽部による様々な応援歌ですね。
よく耳にするのは、

〇タッチ

〇さくらんぼ

〇ルパン三世のテーマ

〇サウスポー

〇宇宙戦艦ヤマト

〇狙い撃ち

あたりかな・・・

だけど考えてみると、さくらんぼ以外は最近の曲ではないし、自分が高校生の時から
野球部の応援で吹いていたものだから、
いかに甲子園での吹奏楽部による応援ソングは「定番」が存在し、
それが30年以上もずーーっと代々受け継がれている事には
すごいものがあると思うし、
逆に最近の歌謡曲と言うか、アニメ曲には
「誰の耳にもすーーっと入ってくる曲」が少なくなっているのかを
立証しているのかも・・・

でも一番演奏されている曲ってもしかして「タッチ」なのかな・・・
何かそんな気さえします。
「タッチ」って漫画は、確か自分が高校生あたりからサンデーで連載が開始され、
大学の頃まで連載されていて、
当時貧乏学生だった自分なんかは、毎週タッチとうる星やつらだけをコンビニかなんかで
立ち読みしていたような記憶があります。
当時は現在のように、漫画雑誌とか週刊誌などがいちいちビニール袋で梱包されている
ような時代ではなかったし、
エッチな本や雑誌も堂々とコンビニで売られている
ゆるい時代でしたよね・・・
一般的には、アニメって原作にない余計な部分を創作してしまうケースも多いのですけど、
「タッチ」はその逆という珍しいパターンで、
原作では、夏の甲子園の予選が終了し、最終回までが何か異常にダラダラした展開が
続いていましたけど、
タッチのアニメ版では、その辺りはバッサリとカットされていましたけど
何かそれは当然だと思うし、
かえって引き締まったような感じもしました。

ま、別に私は「タッチ」というか足立さんの作品って基本的に苦手のものなので・・・
だけど岩崎良美さんのように「タッチ」で
しぶとく芸能生活を生き残っている方がいるのは何か面白い感じもします。
その辺り、最近岩崎良美さんが、TBSラジオの日曜日の「爆笑問題の日曜サンデー」の
四時からのゲストで来た際に色々と話をされていて、
とても興味深かったです。
昨日見てきたイトーヨーカドー内の
「ドキドキプリキュアショー」関連ですが、我ながら「またか・・・」という感じなのですけど
またまた六花さんというか、キュアダイヤモンド関係を少々・・・




「ドキドキプリキュア」は5人の中では、一番身長が高いのは
実はキュアダイヤモンドなのだそうです。
何かこれは少し意外でした・・・
メンバーの中では、一番知的要素が強く、運動が一番苦手という設定なのですけど
実は一番背が高かったのですね。
そう言えば、歴代プリキュアを振り返ってみると、

〇プリキュア5 ⇒ アクア

〇フレッシュ  ⇒ ベリー

〇スマイル   ⇒ ビューティ

という風に各代でもブルー系が一番背が高いというのは最早定番なのかも
しれませんよね。
そんな中、ハートキャッチのブルー系の「マリン」は、ピースとか小学生プリキュアが登場するまでは
歴代で最も背が低かったというのは、
何か「全てにおいて例外的な」マリンらしいエピソードですよね。

今年の「ドキドキ」のメンバーは、ある意味全員聡明なのだけど、なぜか全員突っ込みどころ満載という
キャラが揃っているという印象があります。
メンバーの中で、その点唯一といっていいくらい、切り込んで突っ込めるメンバーって
六花さん以外皆無だから
改めて貴重なキャラですよね・・・(笑)

そうした中でも、一人で自分に突っ込みを入れて墓穴を掘るキャラでもありますので
今回のショーでも見られましたけど
一人で頭を抱え込むシーンも本編でも何度か見られましたけど、
まさかこうした被り物ショーでも、
そうした場面を見られるとは
何か妙に嬉しくもなったりもしたものです・・・

全く、ホントにいい年こいて何しているのでしょうね・・・(笑)

でもなーんか自分の中では、
プリキュアも吹奏楽もクラシック音楽も同じなんですよね。
「嫌な事ばかりの日常の中でも、何かスマイルを取り戻してくれるもの」
「嫌な事があってもそれらを忘れさせて、また明日頑張ろう」
という気持ちにさせてくれるものが
何か一つでもあればとはずいぶん前から思ってはいたのですけど、
自分の場合、それがたまたまプリキュアと音楽だったのかな・・・??

だけど、それは人それぞれでいいと思います。
それが個性であり、その人らしさなのですからね。
リードの序曲「インペラトリクス」はさすがに最近ではコンクールでもコンサートでも
聴かなくなりましたね・・
昔は全国大会でも自由曲として演奏されたことがありましたけどね・・・

実は、この曲、自分自身も自由曲として演奏しそうになったことがあります。

私が吹奏楽コンクールの現役であった70年代~80年代にかけての規定と現在の規定では
かなり変更になった点もあるかと思います。
一つの例が人数かな。
当時私は宮城県内のスクールバンドでしたけど、あの頃は
C部門が25名以内 B部門が35名以内 A部門が50名以内という規定があり、
現在の大編成55名以内 小編成30名以内とは少し異なる規定があったと思います。
もっともこうした規定は各都道府県によって若干の規定の違いはあるみたいですね。

当時、自分のいた高校は毎年B部門に出場していましたが、
男子高校という事もあり、毎年毎年部員不足、特にクラリネット奏者不足に泣かされ続けていました。
自分が入部した際、何とか28名でB部門に出ようという意見が大勢を占めていて、
自由曲は、リードの「インペラトリクス」という事で決まっていたみたいです。
だけど、予想以上に新入部員が少なく、前年度に打楽器奏者として臨時部員をお願いしていた
コーラス部から協力を拒否され、
仕方なく、C部門として出場する事になったのです。

だけどここで一つ問題が発生し、コンクールでは
B部門は演奏時間は課題曲を含めて12分以内ですが、C部門は10分以内という制約があり、
インペラトリクスは7分30秒程度の演奏時間を要するため、
別の曲を自由曲にするか、インペラトリクスをカットして演奏するか
部員全員で話し合ったものでした。
インペラトリクスは、
冒頭のコラール的な重厚感のあるどっしりとしたアダージョ部分・アレグロ・フルートソロを中心とした
ゆったりとした中間部・そしてラストのアレグロのコーダという部分から構成されますが、
10分以内に収めるためには、中間部をそっくりカットする必要があり、そうなると全体を通じて
騒々しい音量過剰な部分のみを演奏する事になってしまい、これは音楽の構成上あまり望ましい事では
ないとの結論に達し、
自由曲を急遽、ホルストの吹奏楽のための第一組組曲より、Ⅱ・間奏曲 Ⅲ・マーチに
変更しました。

結果論となりますが、この選択と選曲は正しかったと思います。
コンクールでは無事に県大会金賞を受賞し、審査員の講評用紙からも
ⅡとⅢの対比が素晴らしいとか 静と動の対比が鮮やかなどと概ね良い評価だったと
思います。
自分自身もホルストの第一組曲という古典的名曲に触れることが出来ましたし、
何よりも音楽の持つ「構成美」というものに初めて気が付かされた曲でもありましたから・・・

だけど、「インペラトリクス」もやってみたかったですね・・・
古代の皇后という意味の曲ですが、冒頭の堂々とした出だしとか中間部のしっとりとした
フルートソロは結構魅力的ですしね。
だけどその中間部が終わったら、一度演奏したアレグロ部分に戻って、同じようなメロディーの
コーダへなだれ込む曲の構成は
今改めて聴くと、少ししつこいのかも・・・

この曲最近ホント聴かないな・・・
最後に聴いたのは、1990年代中盤の関東大会B部門の
新潟明訓高校だったかな・・・?
この演奏、少しもっさりとした響きだったけど、素朴な感じがよく表現されていて
私は好きでしたけど、
残念ながら評価は銅賞でした・・・

 | BLOG TOP |