FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、本日も暑苦しい熱帯夜になりそうですね。
私、あまりエアコンは好きではないし、昔エアコンを掛け過ぎたことが一つの原因となって
クーラー病というか、自律神経失調症寸前の診断までいきそうになったことがあります。
それ以来、寝る時のエアコンは極力自粛しています。
こういう時は、窓を全開にして、天然の風が入るのが一番!!と思いたいのですが、
その天然の風が、ここ何日間もほとんど入ってきません・・・
だから、冷たい氷枕を頭にひいて、
何か軽い感じの音楽をBGMにするのが効果的なのかもしれません。
結構お勧めなのは、
メンデルスゾーンの劇付随音楽「真夏の夜の夢」序曲かな・・・
この音楽は、結婚行進曲ばかりやたら有名なのですけど、
序曲とか他にもスケルツォとか夜想曲とか素晴らしい部分がたくさんあったりします。
中でも、この序曲は、夜の音楽の雰囲気は十分あり、ホント真夏の深夜に聴くのは
お勧めです。
ちなみにこの序曲は、メンデルスゾーンが17歳の頃の作品であり、元々はこの劇音楽とは何ら
関係がないものです。
後年、このシェークスピア原作の戯曲を音楽化するにあたって、この序曲をそのまんま転用し、
他の部分にもこの序曲のフレーズを色々と転用したとの事です。
17歳でこんな霊感溢れる曲を書けるのもすごいけど、
後年17歳当時の感覚をそのまんま劇全体の音楽として成立させてしまう
メンデルスゾーンの才能は凄過ぎる・・・

シェークスピアの戯曲を音楽化した例って色々ありますよね。

オセロ・ロメオとジュリエット・マクベスなど色々ありますけど、
小品なのだけど、印象的な作品として
ニコライの歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」があると思います。
ちなみに、ニコライという方は、ウィーンフィルの創設指揮者です。
詳細は私もよく分かりませんが、ニコライは、作曲家というよりは指揮者としての仕事の方が
忙しかったのかもしれませんよね。
だから現代で残っている作品は、
この歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」くらいなのかも・・・
だけどこの序曲は8分程度で短いけれど、
底抜けに楽しくて明るくて軽くてノリがよくて、それでいて品が良い
素晴らしい名曲だと思います。
出だしは、ゆったりと始まるのですが、展開部以降はずっとアレグロで進展し、
ラストまでキビキビと曲を進めていきます。
シェークスピアの戯曲自体も一度読んでみたことはあるのですが、
要は一言で言うと、浮気好きのバカ亭主どもを、策略と機智で懲らしめる
奥様方のユーモアを描いた作品なのですけど、
そうしたウイットが実に8分足らずの序曲に集約されていると思います。

この曲何度か生の演奏会でも聴いたことがありますが、
結構印象的だったのは、N響のホルストシュタイン指揮の演奏だったかな・・・
O.レナルド指揮の新星日本の演奏も地味ながら印象的でした。

この曲真夏に聴いても
メンデルスゾーンの真夏の夜の夢ほど涼しい気持ちにはなれないけど、
新年のニューイヤーコンサートのオープニングには
何かぴったりとはまりそうな気はします。
スポンサーサイト



前回、この年の山梨県大会の会場の一つ、白根桃源文化会館の事を記していたら
その前年度1991年の高校と一般の部が開催された
山梨県・富士五湖文化会館の事も何となく思い出してしまいました。

山梨県というのはご存じのとおり、海がない県であり、
東京都・埼玉県・長野県・静岡県・神奈川県と接しています。
そのせいかは分かりませんが、県民気質というのも、
いわゆる甲州人と言われる気性が荒い甲府市系、
常に信州と喧嘩・戦争を繰り返してきた歴史と伝統のせいか、甲州人よりもより気性が激しい
北巨摩系、
富士山を挟んでいるせいか、静岡に近くてもほとんど接点がないためか
比較的温和な都留系と
色々場所によって県民性にも違いはあると思います。
そのため、この年の会場である富士吉田方面は、比較的おっとりとした土地柄であり、
何となく甲府市内とは雰囲気が違うなーという感覚は多少はあったと思います。

だけど富士五湖文化ホールも周辺には何もない・・・
ホント、何もない・・・
今はどうか分かりませんけど、昼御飯用のコンビニとか定食屋さんみたいな店もない・・・
確か休憩時には、駅周辺まで戻って
サンドイッチかなんか買ってきて、会場近くの公園みたいなベンチで食べたような記憶が
あります。
だげど、ほーんとのんびりとしたところでしたよね。

確か1980年の関東大会もこのホールで開催されたとの事ですけど、
こんな音響の良くないホールでの関東大会開催も何か気の毒ですよね・・・
この年の山梨県大会の審査員として、元・豊島十中の酒井正幸氏とか
神奈川大学の小澤先生も呼ばれていましたけど、
こんなド田舎のド下手くそなチームばかりの演奏ばかりを散々聴かされて
何だかとても気の毒・・・

だけど時々光るチームもあったりして、
例えば笛川中(後に全国でも名演を残した敷島中で指揮を振った大島先生が当時の指揮者)とか
高校Bの山梨高校とか韮崎高校とか高校A部門の甲府商業とか身延高校とか
印象的なチームもたまにあったりもしました。
ちなみに恐らくですけど、この当時サッカーで有名な中田氏は韮崎高校に在学中であったと
推察されます・・・


〇高岡商業

 C/シバの女王ベルキス

 1989年から92年頃の高岡商業って凄過ぎると思います。
 89年のローマの祭り、90年のペトルーシュカ 91年のシンフォニエッタ、そしてこの年のベルキスと
 怒涛の圧倒的名演を残しています。
 89年のローマの祭りはパフフルさと圧倒的音量が売りでしたけど、それ以降はそれに
 「知的さ」・「洗練さ」が加わり、
 エレガントで優雅な名演を残しています。
 特に90年のペトルーシュカは素晴らしい!!
この曲残念ながら、当時は著作権の問題で収録NGの都合上、この素晴らしい演奏を後世に
 残していないのは本当に残念です。
 91年のヤナーチェクも素晴らしい知的な演奏で、なぜこの演奏が銀賞なのか
 今でも理解できません・・
 そして、この年92年のベルキスんのですけど、
 印象としては、「余力を残して、力をセーブしても余裕で金賞」という感じです。
 83年とか89年の同じ作曲家のレスピーギなのですけど、
 ボリューム的には相当セーブをかけていると思います。
 だけど迫力不足という感覚は全くなく、良く鳴っているのだけど
 それが全然うるさいと感じさせない次元の高い演奏を披露しています。
 演奏部分も確か、Ⅱ・Ⅰの中盤部分・Ⅳの後半と静かな部分は少ないのですけど、
 音量的にも音楽の構成的にも「やかましさ」を全く感じさせないのは、
 このチームの一つの頂点だったと思います。
 指揮者が完全にプレイヤーを制御していたある意味凄い演奏です。


〇東海大学第四高校

 A/ローマの祭り

 高岡商業と同じレスピーギを取り上げていますが、
 こちらは自然の摂理というか、自分たちの「この曲をとことん盛り上げたい!!」・「豪快に
 鳴らしたい!!」という気持ちに身を任せた
 実に高校生らしい演奏です。
 知的さ・洗練さ・指揮者の完璧な制御の前述の高岡商業とは
 ある意味対照的な演奏です。
 だけど、こちらはこちらで成功していると思います。
 聴いていて実に心地良いというか、
 鳴っているのに逆に「もっと吹け!! もっと鳴らせ!!」と突っ込みを入れたくなるような
 演奏です。
 演奏が実に生き生きとドライブしていて、躍動感と圧倒的な存在感は
 お見事の一言!!
「ドキドキプリキュアショー」を今年初めて見たのは
5月のGW中の住宅展示場イベントでしたけど、あの時の敵幹部はイーラ、そしてジコチュー怪物は
じゃんけんジコチューでしたけど、
今回は、敵幹部はベール、ジコチューは布団ジコチューでした。




というか、最近ではグーラなど二人の新しい敵幹部が登場し、
イーラ・マーモ・ベールなど元々いた幹部が元いたアジトから追い出される結果に
なっていますので、
アニメ本編自体でも最近ベールを見かけていません。
まさか、こんなところでおっさん敵幹部のベールを見かけることになるとは
予想外という感じですかね・・・(笑)
もっとも、以前のようにイーラが登場してきては、
さすがに六花さんとしては、やりにくいのかな・・・??

このヨーカドーの一階特設コーナーでは、結構演歌系の方が地道な地方どさ廻り営業の
一環としてイベントを開催する事は多々あります。
私は、平日休みなので、ヨーカドーは平日しか来れないのですけど
結構演歌系イベントでは、平日の昼下がりに開催されることが多々あり、
見てみると、地域のシルバー層を中心に会場はそれなりに人が集まっていて、ガラガラという事は
まずありません。
だけど演歌系の人達は、まーず動かない・・・
司会者の人と至近距離にいる事が多く、歌っている最中も会場をドタバタ動き回る事は
まずありません。
(当たり前だけど・・・)

だけど、こうしたプリキュアショーは戦闘シーンはつきものだし、
エンディングのダンスシーンは、戦闘時と同様に結構舞台狭しとばかり
色々ドタバタ動き回っていますからね・・・
だからどうしても前回の、たたら祭りの時のイベントと同様に写真は撮り難いです・・・
中々静止してくれないから、
後でパソコンに取り込んでみても、半分以上はピンボケとか後ろ向きとか
そんなんばかりです・・・

だけど、プリキュアショーの醍醐味は写真を撮る事ではなくて、
被り物とはいえ、動いているプリキュアを見る事にあると思いますので、
こうした躍動感溢れる動きは見ていて気持ちが良いですよね。

何となくですけど、
今回はロゼッタが地味に良い動きをしていたような気が・・・??
ハートなんかは、布団ジコチューを結構派手に蹴り上げていましたけど、
ダイヤモンドなんかは、その辺りがやや控えめなのは、何か変身前のキャラを反映している
みたいで、それもまた何か面白いと思いました。

ちなみにエンディングのダンスは、後期バージョンを既に使用していました。
あ、そうか、前期バージョンではエースが登場していないから
5人編成では使えないのかも・・・
いや、本日もうだるような暑さでしたよね。
本日は以前から決まっていた車の車検のための持ち込み日でしたので、
朝から近くのガソリンスタンドへ車を持っていきました。
ここのスタンドは家からも近いし、以前から親切・迅速・余計な修理勧誘をしない・適正価格が
気に入っていますので、車検のたびに毎回お世話になっています。
ちなみにここのスタンドの車検のイメージキャラクターは、
「なんでだろー」でお馴染みのテツ&トモみたいですけど、
こんなところでも二人は地道な営業活動をしているのですね・・・・
そう言えば、最近TBSラジオの日曜日の「爆笑問題の日曜サンデー」のカレー販売対決にて、
今回もテツ&トモは、勝利を収めていましたけど、
やはりあの独特の「リズム感」というかテンポの良さは何か人を惹きつけるものがあるのかも
しれませよね。

車検なのですけど、代車無しという事の割引もありまして、元々はスタンドの自転車を借りるという
事になっていましたが、
残念ながらこの日は、タイヤがパンク状態との事なので、
家まで歩いて帰る羽目になってしまいました・・・
それにしても暑かった・・・
午前中から、歩くだけで汗がどっと噴き出すことも年間を通してそんなにないと思うのですが、
(ちなみに自分は身長167㎝に対して、体重52キロの比較的細身なので、元々汗はかきません・・)
本日は歩くだけで汗がどっと噴き出すような感覚でした・・・
家にたどりつくまでに、ペットボトル1本+ガリガリ君1本というまたまた無駄な出費と
なってしまいました・・・

そんな中、午後から、近くのイトーヨーカドーにて
「ドキドキプリキュアショー」が開催されましたので、
家の自転車に乗ってヨーカドーまで行ってきました。
予想通り、お盆休みという事もあり、家族連れで大変な盛況でした・・・
うーーん、それにしても若い子供連れ世帯と孫と一緒に来たようなシルバー世帯ばかり
いる中、一体自分はいい年こいて、何しているのでしょうね・・・(笑)
だけど可愛いものは可愛いし、
好きな事は好きな事

今回は、8/3の川口たたら祭りの時と同じ構成でしたけど、
あの時は仕事を抜け出してほんの5分程度しか見ていませんでしたので、
全部を見るのは初めてです。
やっとエースを含めて5人全員勢揃いの被り物のプリキュアショーを
見ることが出来ました。






うーーん、やはりエースはアニメ本編と同様に
いいところで登場し、美味しいところをかっさらっていくような気が・・・

エースみたいなお姉さん系プリキュアは被り物になると
以前のハートキャッチのムーンライトとか
スイートのリズムの時みたいに、やや不気味系になる傾向もなくはないのですけど、
エースは、その点結構可愛らしく作られていて、
少なくとも小さい子供たちに怖がられることはなかったし、
見ていると、小さい子供たちもエースを応援していましたからね・・・

でも、戦闘が終わると同時に「アデュー」とか言って去ってしまうのは、
アニメ本編そのまんまという感じ・・・

まったく、おめーは、ハートキャッチのコブラージャか・・・と何か突っ込みを入れたく
なってしまいました・・・
「ドキドキプリキュア」の中では段々とキュアエースの存在が馴染んできました。
初期の頃は、
「なんだこの厚化粧プリキュアは・・・」
「何じゃ、この上から目線のえらそーな事ばかり言うお姉さんプリキュアは・・・」
「円亜久里とのギャップがありすぎて・・・」という印象も
なくはなかったのですけど、
前回・前々回とエースの弱点とか亜久里の環境とかをじっくりと丁寧に描写されると
段々としっくりとくるようになるものですね。



話は全然違うのですが、
今日の埼玉も暑かったこと・・・
火曜よりも体感的には暑かったような気がします。
思うのですが、こんな異常気象・酷暑の際は、仕事が休みの間は、
むしろ外出は控えめに、家でゆっくりとのんびりとした方が絶対に宜しいと感じます。
ま、勿論経済的に余裕がないという事もありますし、
贅沢はできないし、
何よりも出かける気力がないし、
8月以降のヘビーワークで体が疲労している中では、
家の中で過ごす選択の方が適切のような気がします。

だから今日なんかは、ツタヤに行ってきて、
色々とアニメ系のDVDばかり借りてきちゃいました・・・
もっともプリキュアばかりですけど・・・
だけど結構以前から好きだった「けいおん」も思わずついでに借りてきましたけど、
これがばかばかしいほど軽くて面白い・・・!!
ま、私は、けいおんのなかでは、あずにゃんと言うか、中野梓が大好きですけどね・・・
さわ子先生もいい味出していますよね・・・
だけど声優さん絡みで言うと、さわ子先生の声の人は
私が一番今はまっているアニメ「デート・ア・ライブ」の時崎狂三なのですよね・・・
うーーん、さすがに声優さんの演技力は大したものだ・・・

ついでに何本か「スイートプリキュア」もレンタルしてきましたけど、
このスイートの世界も全体像が分かっている現在の視点から見てみると、かなり面白い!!
後に初めて小学生プリキュアになったアコちゃんが
なせ初期の頃は、正体を隠していたのか、あんなにツンツンしていたのか、
現在の亜久里と同じ視線で捉えていくと
中々興味深いものはありそうな感じはします。

キュアエースの現在の最大の課題は
5分しかプリキュアとして維持できない事ではなくて、
気持ちの上で色々と無理をしている事ではないかと思われます。
ま、その辺りは前回で大分方向性が見えてきましたけど、
今度はエース自身が、どうやって自身の成長を図っていくのか、
スイートのアコちゃん同様、どうやって仲間との交流を深め、お互いの距離を縮めていくのか、
が今後当面の課題なのかもしれません。
そしてその先に見えるものが、
「5分間」問題のクリアなのかもしれません。
もしかして、「無理をしない」という意味では、大人っぽいエースとしてではなく
ありのままの小学生の姿としてのプリキュアとしての再覚醒というのも
ありなのかも・・・??

あ、そうそう話は全然違いますけど、休みの間ずっと家でゴロゴロしていると
うちの奥様の機嫌も決して良くはないと思いますので、
休みの最終日に「越谷レイクタウン」に一緒に買い物に行くことで
妥協が図られました・・・

 | BLOG TOP |