FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


本日、さいたま市見沼区のある顧客宅を伺ったところ、そこのご主人は
マニアとも言えるオーディオ大好きな方で、最近ではスピーカーすら手作りとの事です。
だからこの方は、来客があると、
この特性オーディオを聴かせたくて聴かせたくてどうしようもないみたいで、
自分自身も結局CD1曲分付き合う羽目になってしまいました・・・
でもそのかけるCDがクラシックとか吹奏楽、せめてJ-POPくらいならいいのですけど
美空ひばりとかの歌謡曲ですからね・・・
うーーーん、さすがにこれは少々うんざり・・・
だけど、その方のオーディオラックに何枚かレコードがあり、見せて貰うと
なんとそこに一枚懐かしのレコードが出てきました。
何かと言うと、「アルフレッド=リード作品集」というレコードで、
パンチネルロ序曲、アレルヤ! ラウダムス・テ、イン・メモリアム・ジュビラント序曲
音楽祭のプレリュード、第一組曲が収録されていました。
いやいや、これは懐かしいレコードでした・・・

高校一年の頃、自分自身もこのレコードを購入し、
結構聴きこんでいました。
だけど、改めて振り返ってみると、このレコード今どこにあるのだろう・・・??
上京する際、実家から持ち出したのは記憶にあるけど、現在無いという事は
いつの時代にか処分したのでしょうね・・
あーーあ、何か勿体ない・・・

ジュビラント序曲は1976年の瑞穂青少年吹奏楽団、音楽祭のプレリュードは
1970年のブリジストン久留米でした。
この2曲以外は全てプロの演奏です。

そのお客様に聞いてみると
ご子息が所有していたとの事で、詳細は不明との事でした。

「リード作品集」といってもアルメニアンダンスも第二組曲もエル・カミーノ・レアルも
春の猟犬もエルサレム讃歌も収録されていない
ホントの初期の頃の作品群ですけど、
素朴な頃のリードの魂が満載の曲ばかりですので、
是非聴いてみたいものでした・・・

話は変わるけど、瑞穂青少年がこのジュビラントの名演を残した1976年って、一体
自分は何をしていたのでしようかね・・・??
当時は、小学5年生頃で、
今のように吹奏楽・クラシック音楽・プリキュアなどみたいに特にはまっていたものもなく、
ただ周りがやっているから何となくという感じで、
地域の野球リーグのチームに所属し、
レギュラーと補欠の境界線上にいたような記憶があります。
最終的には、足の速さだけを買われてギリギリ9番・ライトに潜り込めは
しましたけど、
試合で良い結果を出せたという印象は全然ないから、
ダメ選手だったのでしょうね。
だから中学以降は、吹奏楽という文化系になったのでしょうね。

話を戻すと、レコードがあったとしてもそれを再生させるレコードプレーヤーがうちには
ありません・・・
というか、今どきの家でレコードプレーヤーがある家の方が少数派なのでしょうけどね。
自分自身も平成に入ってから、本格的にCDに切り替え始め
それまで持っていたレコードとかプレーヤーなんかは、その頃大量に処分したのかも
しれませんね。
今から見てみると、かなり貴重な音源もあったかもしれないけど、
当時としては、
「どうせCDとして復刻されるだろうから」と簡単に簡単に考えていたのかなーと
思います。

何か少し勿体ない話かも・・・
スポンサーサイト



1992年というと、バブルが既にはじけていて経済的には既に曲がり角に立っていたものの
まだ「まだまだ日本は大丈夫」という妙な慢心な時代と
目前に迫っていた「長期間の停滞」という冬の時代の丁度過渡期だったような気がします。
それほど不景気ではない、だけど長期的展望は全然開けていないという
「閉塞感」は既に前兆があったような気がします。
だけど当時の日本は、
PKOとかいって、自衛隊を海外に派遣するか否かで
国会が野党の牛歩戦術で1~2日も停滞し、当時から「何も決められない状況」だったと
思います。
そんな中、自分自身は、
「あーあ、さっさとこんな山梨みたいな田舎から抜け出して、元の都内勤務に戻りたい」という気持ちと
「いやいや、今戻ったら、自分のこんな未熟な実力ではすぐに潰れてしまう。
 それよりはまだ山梨みたいなのんびりした所で牙を研いでいた方がいい」という
煮え切らない感じを抱えていたものでした・・・

でも確かに普門館に行くのに往復で4時間以上かかる環境にそろそろ嫌気が差していたのは
確かだったですけど・・・
実際に山梨を脱出できたのは、4年後の事でした・・


〇浜松商業

 D/トッカータとフーガ二短調

 遠山先生はこの年でもって勇退し、吹奏楽界を去りましたので、結果的に最後の
 演奏となってしまいました。
 浜商は、同じ自由曲で1986年に素晴らしい名演を残してくれていたので
 期待して聴いていたのですが、
 結果は、「うーーーーーん」と頭を抱えたくなる凡演でした・・・
 奏者も余計なプレッシャーがかかって、気合と気持ちが空回りしてしまったのかも・・・
 何か残念な演奏だけど、
 個人的には限りなく銅賞に近い銀賞という感じ。
 自分の友人が当時トヨタ自動車吹奏楽団に所属していて、
 翌年の1993年は、ヤマハ浜松が5年連続金賞による特別演奏でお休みのため、
 限りなく全国に行けるチャンスとかで異常に張り切っていたのですが、
 93年に、突如静岡県の職場の部に天方吹奏楽団というチームが出現し、
 その指揮者が遠山氏で、しかもその時の自由曲が「トッカータとフーガ」という事で
 彼は、「自分たちにとって千載一遇のチャンスなのに、そんな時に浜商のOB楽団もどきが
 突如出てくるとは何か納得いかない。ただでさえ、東海にはツヅキボウがいるのに・・」と
 愚痴っていたのは何か懐かしい思い出です。
 翌年は結果的にトヨタは全国に初出場出来ましたしね。

〇洛南

 A/ダンスフォラトゥーラ

 これは勢いのある素晴らしい演奏!!
いかにも男子校らしい豪快な演奏です。
 このチームは、実は1987年にも同じスミスのこの自由曲で関西大会に臨み
 スカ金に終わっていますので、
 気持ちとしては「リベンジ」という感覚だったかもしれません。
 前年度の「ローマの祭り」が何か気持ちが乗らない今一つの演奏だったので、
 「今年は何とかしよう」という気持ちが全ての部分に漲っていました。
 個人的には、洛南はアレンジものよりはこうしたオリジナル路線の方が
 あっているような気がします。
 後年の「アメリカの騎士」とか「ハリソンの夢」とかホント、このチームにカラーに
 ぴったりはまっていましたからね。
 

 | BLOG TOP |