FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


アニメ本編でキュアエースが登場しましたので、
食玩フィギュアとかキュアドールでもそろそろエース登場かなと思っていたら、
案の定エースが登場してきました。
まさに「切り札」参上という感じですね。




これに先立つ数週間前に
食玩の「チャームマスコットフィギュア」というミニフィギュアも出ていて、
こちらは、ハート・ダイヤモンド・ソード・ロゼッタ・エースと5人全員揃っています。
だけど、今回発売の食玩のキューティフィギュアは、
エース・ハート・ソード、それに歌っているまこぴー(剣崎真琴)の4種類だけで、
何と、ダイヤモンドとロゼッタは発売されていません。
なーんかこれは少し気の毒・・・
ダイヤモンドというか六花さんファンの私としては、少し「うーーーーん」という感じです。
だけど、まこぴーフィギュアがこれがまた実に可愛い!!
変身前の姿としてのフィギュアは、「スイート」の響と奏以来久しぶりなのですが、
変身前の食玩フィギュアが出ているのは、ドキドキではまこぴーだけですので、いかに優遇されているか
何かわかる気がします。
エースのフィギュアは、作り方によってはおばさんっぽくなるかもと危惧していましたけど、仕上がりは
普通に大人っぽい感じで、可愛らしさも十分あり、良い出来だと思います。

UFOキャッチャーの景品としてのDXフィギュアも大分価格も下がってきましたので
今が買い時だと思いますので、
そろそろヤフオクなんかでゲットしたいと思います。
DXフィギュアのキュアダイヤモンドの完成度が非常に高いので、まずはダイヤモンドから
入手したいと思います。
ハート・ロゼッタも勿論完成度は高く、比較的手に入り易そうにのですが、
問題はソード・・・
人気があるせいなのかは分かりませんが、フィギュア店でもヤフオクでもほとんど見かけませんので
入手は結構大変なのかも・・・
そうそう、昨年の「スマイル」でも、
キュアサニーだけが品薄で、結局いまだにDXシリーズでは、サニーだけゲット出来ていません。

話はそれるのですが、先日フィギュア店を覗いた時、
「デート・ア・ライブ」の夜神十日香のフィギュアが販売されていました。
やはり巨大な剣を手に持っていたバージョンでしたが、完成度は高く、十日香独特の絶望的な
寂寥感もよく出ていて、素晴らしかったです。
だけど、私が絶対に欲しいのは、
何といっても「時崎狂三」(ときさき くるみ)です。
発売日すら決まっていないし、第一本当に製作されるかどうかも不明なのですけど
狂三が出てきたら、絶対に欲しいです!!

UFOキャッチャーのシリーズの一つで、
「集めてプリキュア」というのもあり、これはミニフィギュアなのですが、
これは何と、発売されているのは、
ハート・ロゼッタ・ソード・アイちゃんだけで、
ダイヤモンドは制作すらされていません・・・
これは少し気の毒すぎるかも・・・
だってアイちゃんにすら負けているなんて・・・
さすがにこれは可哀想・・・

やはり歴代でも青系は冷遇されるというジンクスは、こんなところにも
生きているのかな・・・??
スポンサーサイト



8/4の「ドキドキプリキュア」を見て感じたのですが、
絶対に製作スタッフの中で「ウルトラマン」の影響を受けている人がいると思います。
ま、誰しもそう感じていると思いますが、
「プリキュア5つの誓い」とか
円亜久里が5分間しかキュアエースの力を持続できないとか、
何かウルトラマンの世界のオマージュみたいな気もしてきました・・・(笑)


ま、恐らく今後キュアエース自身も他の4人のプリキュアと同様に更なる力とか
新しい力を得ていく過程の中で、
「五分間の制限」というのは、今後何らかの形で是正されていくものと思われます。
そうでないと、毎年毎年1月になると恒例の最終決戦時に
逆に足を引っ張る結果になりかねませんからね・・・
というか、一人で戦っている頃、5分間しかキュアエースとして戦えないとするならば
よく一人でジコチュー軍団と戦っていけましたね。
あ、だから「一度敗れた」のですよね。
一人で戦っている頃に一度敗北し、パートナーの妖精を失うというのは、
何かどっかで聴いた話かも・・・
そう言えば、女子高生プリキュアっていうのもいましたね・・・

先日より後記エンディングテーマが変わりましたけど、
今回よりエースは勿論の事、レジーナまで加わり、一層可愛らしくなりましたね。



だけど、よーく見てみると後期のセンターポジションは
前期のソードから本来の主人公たるハートに変わり、ソードは端っこに追いやられています。
ま、確かに全然知らない人が見ると、前期エンディングだけを見てしまうと
「ドキドキプリキュアの主人公はキュアソードなのかな・・?」と
完全に勘違いしてしまうほどの厚遇ぶりでしたからね・・・
だけど、設定の上ではキュアハートというか、マナはすさまじい破壊力満点の音痴ですから、
さすがにセンターポジションでもボーカルはさすがに無理なのかな・・??

それにしてもエンディングのダンスは、代が変わるごとに毎回進化していくものですね。
初代は、ダンスなんてなかったし、SSの「ガンバランス DE ダンス」は素晴らしい名曲なのだけど
踊り自体は盆踊りみたいなものだし、
プリキュア5の頃も、それ程ダンスは凄いとは思いませんでした。
それが明らかに変わったのは、「フレッシュ」以降だと思います。
フレッシュの後期エンディングテーマの完成度とダンスの完成度の高さはホント素晴らしいものが
ありますし、あれを最初に見た時は、ホント感動ものでした。
というか、日本のアニメはあそこまで表現できるものなんだという事を改めて感じるほど
その技術の高さに驚いたものでした。
特に、4人の腕が左右に波打つように動いていくさまは、ホントお見事だったと思いますし、
あの映像だけを見ても、キュアピーチの美人度の高さが伝わってきます。
(個人的には、歴代プリキュアの中でNo.1美人はピーチだと思っています・・
 ま、大好きなのは、ドリームとハッピーですけど・・)
ハートキャッチの前期も可愛らしかったですよね。
ホント、ブロッサムとマリンもキュートで笑顔が素敵でした。
だけど後期になると、歴代で最も身長が高いムーンライトと逆に身長が低いマリンのその身長差に
毎回笑ってしまい、完成度以前の問題になってしまいました・・・
「スマイル」は前期も後期も可愛かったですね。
「スマイル」は毎週、メインキャラを変えていましたので、エンディングも5種類用意しなければ
ならなくて大変だったと思いますが、
製作スタッフの心意気が伝わってきます。

だけど、完成度の高さという点では、「ドキドキ」の前期でしょうね。
あのキュアソードをメインにしたダンスの完成度の高さと映像のクオリティーの高さは
歴代でも群を抜いていると思います。
後期もまだ始まったばかりで、全然まだ頭に入っていませんけど
これから嫌でも頭に入っていくのでしょうね・・・(笑)
8/4の日曜の帰宅後に何気なくテレビのチャンネルを回すと
ショスタコの交響曲第一番が流れてきたので、思わず見てしまいました。
EテレのN響の演奏会の模様を収録したもので、
指揮者がフェドセーエフでした。
最近あまり耳にしない名前でしたので、「あ、まだまだ健在なんだ」と何か妙に安心も
しました。
この指揮者を初めて知ったのは、
1981年にビクターから発売されたストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴いた時でした。
冒頭のファゴットが実にワイルドと言うか野太い音だったのも驚きでしたけど、
(この冒頭の部分は、作曲者自身、出ない音を必死で出そうとしている感じが欲しかったと
 述べていますが、フェドセーエフの場合、簡単に出来てしまっている・・)
その後の迫力あるサウンド・構成にも衝撃を受けたような印象があります。
フェドセーエフを初めて生で聴いたのは、
1997年の国際フォーラムで聴いた演奏会だったかな・・
曲目は、
ボロディン/ダッタン人の踊り・交響曲第二番
ショスタコーヴイッチ/交響曲第五番
といプログラムでしたけど、何より気の毒だったのは、
国際フォーラムCは、クラシック音楽を聴くには、あまりにも音響が悪いホールだし
確かこの日は、前々日に山一證券・北海道拓殖銀行の破綻が伝えられ、当時金融機関の破綻に
慣れていなかった日本人全体の心が何か沈んだ日でもありましたので、
せっかく生で聴ける機会だったのに
印象が薄いという事でした・・・

テレビでは、ショスタコの交響曲第一番が演奏される直前にチャンネルを回したので
第一楽章から全て聴くことが出来ました。
だけど、この曲、改めて聴くとホント、内容が深い!!
とても作曲者が19歳の時に書いたとは思えないほど濃密な内容の曲だと思います。
ショスタコというとどうしても「政治とかスターリンに振り回された」という印象が
付きまとうのですが、
この曲は、まだそうした政治との絡みが皆無の頃の作品なので、
純粋に音楽を楽しもうとか新しいことに挑戦してみようという気持ちが伝わってきて、
面白い曲だと思います。
だけど「楽しい」という感覚の曲ではありません。
どちらかというと、「無限の数学」とか「パズルゲーム」みたいな感覚の曲であり、
一見取っ付き難いような印象もあります。
くすんだような第一楽章、ピアノが渋い働きを見せる第二楽章
瞑想的な第三楽章、そして第三楽章のラストから小太鼓のロールで第四楽章に繋がっていくのですけど
このフィナーレも決して「楽しい」という感じではありません。
だけど何か純粋に音楽そのものをのびのびと楽しんでいるという感じがすごーく伝わってくるのです。
何となく、作風は全然異なるのですが
後の交響曲第9番の茶目っ気や皮肉にもリンクしているような気がします。
個人的には、第四楽章後半の大胆不敵なティンパニーソロとそれに続くチェロのつぶやくような
くすんだソロの部分が大好きです。

だけどこんな完成度の高い曲を19歳で書くなんて、
そしこれがショスタコにとって初めての交響曲であることを考えると
やはりショスタコはある意味ホント「化け物」ですよね。
マーラーの交響曲第一番「巨人」も若書きで、初のシンフォニーにしては異常に完成度が高いとか
よく言われますけど、
いやいや、このショスタコの一番の完成度の高さに比べると
両者の差は歴然にも感じられます。

1991年頃にインパル指揮/都響でショスタコの一番を聴いたことがあるのですが、
いや、これは凄まじい歴史的名演だったと思います。
この演奏を聴くと、無限のパズルを一つ一つ解離していくというインパル流の解釈が
感じられ、とても驚いたことがあります。
演奏終了後、奏者は舞台から既に去っているのに
ただ一人インパルだけは、聴衆のカーテンコールに何度も何度も応えているのが
何か印象的でした。

今日のお弁当

何か今日の埼玉は、午前中は結構天気が良く暑かったのに
午後から一転して天候が不安定となり、先ほどから雷がゴロゴロ鳴っています。
天気予報がドンピシャで正解と言う感じです。
だから、本日は午前中のうちに買い物・親戚の家へのお中元お届けなどを済ませておいたのは
何か大正解だったような気がします。

今日は今週唯一のお休みの日だから、あとはのんびりと家でゆったりと
過ごすことにしましょう・・・
先ほどお弁当を買ってきましたが、
相変わらずここの弁当屋さんは、250円+税の割に
ボリュームがあって美味しいものを出してくれて、感謝感激と言う感じです。





特に今日なんかは、おかずの鮭がデカい!!
ここのおにぎりは、これまたデカい!!!
こんな薄利多売で果たして利益が出ているのかなー?と心配になるときもありますけど
何とか今後も庶民の味方として
頑張っていただきたいものです。
この当時、私は甲府市内のあるアパートに住んでいましたけど、
場所は確か甲府・湯村温泉の近くだったと思います。
土日なんか、アパートのユニットバスなんかよりは、近くに日帰り温泉場とか
天然温泉の銭湯が当時は結構あったもので、
何気に温泉は楽しんでいたと思います。
会社へは当時自転車通勤をしていましたけど、片道25分程度と結構遠かったのですが、
一つ良かった点は、通勤途中に富士山を拝めるポイントがあって
(勿論裏富士ですけど・・・)
その景色は結構気に入っていました。
会社からの帰り、山梨県内ではおなじみの地元のスーパーであるオギノとかいちやまマートなんかに寄っては
弁当とか惣菜を買っていたのも何だか懐かしい思い出ですね。
山梨名物「ほうとう」なんかも色々近くに名店があって、たまーに食べにいったりしたものですが、
個人的には「かぼちゃほうとう」がお勧めです。
特に冬に食べると、ホント身も心も温まります。

〇新屋高校

 B/「ガイーヌ」より

 この年の高校の部の課題曲はAとCに比較的人気が集まり、
 Bの「フューチユリズム」は、この新屋高校の一団体だけでした・・
 個人的にこの課題曲が大好きだった自分としては、少し寂しい限り・・・
 出だしが非常に薄く書かれていて演奏しにくい面があったのがパスされた理由かな・・?
 この年の課題曲A「ネレイデス」は演奏時間が短い割に演奏効果が高かったので、人気が
 あったのかもしれません。
 課題曲Bは、リズムの歯切れ良さも面白いし、ロマンチックな中間部も好きだったのですけどね・・
 新屋高校の課題曲Bは、恐らく全部門を通じて最高の演奏だと思います。
 テンポが少し早目だったけど、その分迫力もあったし、中間部もしっかりと歌っていました。
 この年の新屋は、サウンドがこれまでの「洗練された音・清潔・気品」という路線ではなくて、
 何か荒ぶる魂みたいな感覚の音であり、
 これまでのフランス音楽系の音から、ロシア系の荒っぽい感じの音に
 生まれ変わっていました。
 だからこそ、自由曲の「ガイーヌ」は、この年のこのチームのサウンドにドンピシャという感じ
 だったと思います。
 それとも、例年に比べてサウンドが粗いから、自由曲も荒っぽいロシア系を選曲したのかな・・?
 「ガイーヌ」は、
 これまでのパターンで言うと、
 藤田玄播アレンジ系⇒アイシェの目覚めと踊り

 林紀人アレンジ系⇒序奏・ヌーネの踊り・バラの少女の踊り・レスギンカ
          (又は、序奏・友情の踊り・アイシェの孤独・剣の舞・収穫祭)

 というまとめ方が多かった中、
 このチームは、
 序奏・近づく嵐・ガイーヌとアルメンのデュエット・収穫祭という
 少し独創的な構成を取っており
 それが何か新鮮にも感じられました。
 特に近づく嵐のドラのロールとかデュエットにおけるクラリネットの長いソロとか
 色々聴きどころ満載でしたし、
 収穫祭もホルンの雄叫びはほぼ完璧に決まり、
 やはり全体的に荒っぽい感じが実にこの曲にマッチしていて、大変気持ちが良かったです。
 個人的には「金賞」と思っていたのですが、
 実際は銀賞にとどまり、何か意外な感じもしました。

 | BLOG TOP |