FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我ながら、「またか・・・」と言う感じなのですけど、
前回に引き続きまして8/3の川口市・たたら祭りでの「ドキドキプリキュアショー」について・・・

改めて痛感したのは、こうした動いている被り物のショーは、
各キャラクターがひっきりなしに動いているため、中々写真が撮りにくいという事です。
普段、デジカメなんか仕事で現場写真という静画を撮る以外はあまり使用しないので
正直、動いているモノを撮るという事に慣れていないせいなのかもしれません。
朝から観客は相当入っていましたので、かなり遠い位置での観覧となりましたから、
それも一つの要因なのかもしれません。

やはりこうしたショーというものは、
たたら祭りみたいな大きなイベントではなくて、
住宅展示場みたいな比較的地元の小さなイベントの方が
見やすいし、写真にも収め易いなーとも感じました。




それにしても、「ドキドキ」の場合、
被り物でも全然違和感がないのが、歴代プリキュア達と何か異なるところ・・・
毎回一人ぐらい被り物では違和感があるキャラクターがいるものですが
(例/スマイル→マーチ スイート→ビート ハートキャッチ→ムーンライト フレッシュ→ベリー)
今回は全員被り物でも可愛い・・
特に「キュアソード」が何か可愛く思えます。
ホント、高校生になった元・おじゃ魔女どれみの瀬川おんぷがそのまま舞台に飛び出てきたような
錯覚すら感じました・・・
(気のせいかな・・・??)

それにしても、8/3~4のさいたま市~川口市は「お祭り」のオンパレードでした。
緑区原山・大宮区天沼町をはじめ、色々な所で地域のお祭りとかおみこしとか子供神楽・こども神輿等に
遭遇しました。
そのせいか、日曜日なんて顧客の在宅率は普段ですと高いのに、
今回の土日は不在宅が多かったし、
道路がお神輿通行のため、一時的に通行止め⇒迂回という所が結構多く
少し困ったものでした・・・
だけど、何かこうした地域の夏祭りはいかにも日本的情緒というか季節感を感じさせ、
昔はこうしたお祭りなんて「くだらない」と思ったりもしたものですが、
最近は、何か「日本の心」とか「失って欲しくない光景」と感じるようになりました。
それは、何か「日本人」としての血が騒ぐせいなのか
単に年を取ったせいなのかは分かりませんが、
こうした日本的情緒は、後世にも受け継がれてほしいものです。
スポンサーサイト



それにしてもたたら祭りのメイン会場である「川口オートレース場」は
広いですよね。
私はギャンブルは全くしないので、こうした競輪・競馬みたいな会場は普段は中々行く機会が
ないのですが、こうした地域の祭りの会場として開放するというのは
何か素晴らしい事ですよね。
今回は、あくまで「ドキドキプリキュアショー」がお目当てだったし、仕事を放り出してきた経緯も
あったもので、10分程度で引き上げてしまいましたが、
何かもっとゆっくりと場内を見たかったです。

「ドキドキプリキュアショー」はやはり楽しいものですね。
7/28のアニメ版では、イーラの回想として、
「キュアダイヤモンド=青くてフワフワしていて・・・」というシーンがありましたけど、
こうした被り物でも、そうした青くてフワフワしたというのは
何か「まさにその通り!」と感じてしまいました。
アニメ版でも過去に二回しか口上を述べていないのに
まさかこうした被り物で、
「英知の光、キュアダイヤモンド! このキュアダイヤモンドがあなたの頭を冷やしてあげる」の
決め台詞を聞けるとは夢にも思わなかっただけに、
それだけで来た甲斐があったものでした・・・






こうしてキュアダイヤモンドを見てみると、
同じ青系でも、ビューティさんとかアクアが
どちらかというとクールビューティみたいな感じがするのに、
ダイヤモンドの場合、歴代のピンク系みたいなキュートさ・可愛さはありますよね。
マリンみたいに、可愛くても「うざ可愛い」とはかなり違いますけど・・・

それにしても、朝のイベントはまだいいとしても
午後二時より、本日の2ステージ目が開催されていたと思いますけど、
被り物の中の人は、この蒸し暑い中、大変だったでしょうね。
「太陽サンサン」というギラギラした陽気ではないのだけど
何か中途半端に蒸し暑い気候の中では、
こんな分厚い被り物にストッキングでは、汗だくだったでしょうね・・・

ホント、頭が下がる思いです。

 | BLOG TOP |