FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日の埼玉は朝から不機嫌な雨・・・
久しぶりに月~火と二日続けての休みなのですけど、
こういう時は家でのんびりするのが一番と思っていたら、昼食の後はなんだか普段の疲れがどっと
出たせいか2時間ほど昼寝、というか爆睡してしまいました・・・
先週、ローソンのスタンプラリー一周目を完了し、シールを無事にゲットしましたが、
本日やっと二周目を完了させ、「ドキドキプリキュアの映画ポスター」をゲットしてきました。





まだ7月なのに10月公開予定の映画の宣伝を今からするとは、
随分と今年は気合が入っているものですね。
やはり、噂にある通り、
「プリキュアシリーズは10年目を一つの節目という事で、ドキドキをもってシリーズ完了」
との事なので、
もしかして最後のプリキュア映画になる可能性もあるという事なので
製作者サイドとして、早い時期から宣伝をしたいという事なのかもしれませんし、
単にローソン側の戦略なのかもしれませんよね。

ま、それはどうでもいいのですけど、
プリキュアグッズを何か楽しみながらゲットできる試みは中々楽しいものです。
だけど、結局行ったローソンでは
マナ・六花・ハート・ダイヤモンドの一番欲しかったスタンプには巡り会えず、
シャルルとかラケルみたいな妖精系とかアイちゃんのスタンプにばかり巡り会っていたのは
少し残念だったかも・・・
そう言えば、昨年のスマイルの時も結局一度もハッピーのスタンプに
巡り会わなかったな・・・・
スポンサーサイト



7/28の「ドキドキプリキュア」は、まさに
六花さんの六花さんによる六花さんのための回でした。
最近ダイヤモンドの影が薄かっただけに、
この優遇ぶりは、六花さんファンの自分としては大変大歓迎です!!
それに予想通り「イラりつ」も十分堪能させていただきましたし、
オムライスのシーンだけでお腹一杯という感じです・・・(笑)

だけどもキュアソード自身が言っていましたけど
「出る幕が無かった・・・」との言葉通り、
円亜久里にお説教を食らって以降、少しキュアソードの影が最近薄いかな・・・??




プリキュアショーでは、本来の主人公であるマナの主役の座を奪いかねない
大活躍なのですけどね・・・(笑)

今回で4人全員がパワーアップを果たし、「プリキュア5つの誓い」もあの残り一つになってしまった現況、
まこぴーの本領発揮はまだこれからなのでしょうね。

それにしても前回のマーモ、今回のイーラを見てふと感じた事なのですが、
「ドキドキ」の敵幹部は、元々キングジコチューに仕えていたというのではなくて、
本来は人間だったのだけど、何らかの事情により敵幹部として生まれ変わったのかもしれません。
そうなると敵幹部も、最近の歴代プリキュア(特にフレッシュ以降)と同様に
敵幹部達にも最終的には「救済」があり、
プリキュア側との和解・融合があるのかもしれません。
そうなると、レジーナの今後と役割はどうなってしまうのでしょう・・・
現在はレジーナはお休み状態なのですけど、恐らく涼しくなってくる秋以降に
新しい展開が待っていて、それが最終的には最終決戦へのプロローグになっていくのかも
しれませんよね。
どちらにしても「ドキドキ」の今後のカギは、最重要人物たるレジーナが
握っていると思います。
最近全国大会で「メキシコの祭り」を聴かないなーと思ってみたら、
考えてみると1988年の米沢吹奏楽団の名演以来、どこのチームも取り上げていないのですよね・・・
何か寂しい・・・
厳密にいうと、1994年の五年連続金賞の特別演奏時に出雲一中が演奏をしていますけど・・・
この曲を初めて聴いたのは、確か1981年の大塚中学校の演奏だったと思います。この時は
第三楽章・カーニヴァルを選曲していました。
当時、吹奏楽の事をそれ程分かっていなかったので、
「メキシコの祭り」のオーエン=リードの巨匠、アルフレッド=リードを混合していたのは
何か懐かしい思い出です。

この曲は、三つの楽章から構成されています。

Ⅰ.前奏曲とアスティックダンス

Ⅱ.ミサ

Ⅲ.カーニヴァル

コンクールでは、Ⅰを選ぶチームが多いです。

Ⅰの前奏曲とアスティックダンスは、出だしがいきなりチャイムの乱打・ホルンの雄叫びと
ティンパニー・大太鼓・スネアドラムの強打から開始され、この部分だけでも
相当のインパクトがあります。
前半部分は、祭りが始まる前夜~夜明けをイメージしたものと思われますが、
結構夜が明けるまで長いような感じもします。
太陽が昇り、祭りが始まるシーンは、
舞台裏から奏でられるトランペット・トロンボーン・クラリネット・大太鼓・シンバル・小太鼓の
ミニバンダがうまく表現しています。
遠くから祭りのざわめきが聴こえてくるというイメージなのかもしれません。
後半は、エキサイトなダンスシーンです。
ティンパニーとトムトムの掛け合いが非常に面白いし、ティンパニーのソロが実に
決まっていて格好いい!!
曲は一気に駆け上がって終わるのですが、その終わり方もffで終わるのではなくて、
最後にドラがゴーーーンと響いて静かに閉じるのが
結構斬新な感じもします。

Ⅱ.ミサ

この楽章は「祈り」と記されるプログラムもありますが、ミサなのか祈りなのかは
正解は不明です。
この楽章は、第一楽章の興奮をそのまま引きずったように、冒頭からチャイムが鳴り響き、
金管楽器の大音量的コラールで始まります。
だけど盛り上がるのはこの部分だけで、あとは終始ゆったりとした音楽です。

Ⅲ.カーニヴァル

この交響曲のラストを飾るのに相応しい楽しさ満載のノリノリな楽章です。
冒頭は、何となくストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」第四場の冒頭に
何となく雰囲気が似ているような気も・・・
だけどこの楽章は、奏者も指揮者も大変だと思います。
このリズム感をどう正確かつエキサイトに演奏するかは非常に難しいものがあると
思います。
終始三拍子系なのですけど、ビートの躍動をどう表現するか指揮者の技量が
ストレートに出そうな気もします。
結構マリンバが終始大活躍していますけど、マリンバ奏者も相当のハイテクニックが
求められそうです。

以前1988年の大宮ソニックでの米沢吹奏楽団の名演については記しましたが、
やはり感じるのは、なんて゛この演奏が銀賞なんでしょうかね・・・???
全国では、天理とか長岡吹奏楽団とかが第一楽章を取り上げていますが、なんと昔は
神奈川大学も、こんなバリバリの正統派オリジナル曲を選曲しています。
(神大は、小澤先生が来る前は、メキシコの祭りとか、仮面舞踏会とか、ジェリコとか
 正統派古典オリジナル曲を取り上げています。)
面白いのは、
1977年に電電中国(現・NTT西日本)が
第一楽章を取り上げ<
翌年の1978年に第二楽章「ミサ」を演奏している事です。
何かいかにも吹奏楽に自分なりのこだわりをお持ちの佐藤氏らしい選曲です。
でもコンクールでほとんど盛り上がり要素が少ないミサだけを演奏しても
インパクトは弱いし、アピールは大変だったでしょうね。
バッハの「トッカータとフーガ二短調」は、ほとんどの人が誰しもがその出だしくらいは
聴いたことがある超有名な曲だと思います。
よくテレビのバラエティーとか軽いドラマですと、
「やっちまったー」とか「これはヤバい・・・」みたいな場面によくBGMで使用されていますよね。
そういえば、昔嘉門達夫の「鼻から牛乳」も
その元々のパクリは、このバッハのトッカータとフーガでしたよね・・・

バッハの曲の場合、結構オルガンで演奏される曲は多いと思います。
この「トッカータとフーガ二短調」もパイプオルガンで演奏される事は非常に多いです。
自分自身、この曲を初めてオルガンで生で聴いたのは、
1989年の松居直美によるサントリーホールのものでした。
但し、この演奏会は一般聴衆を対象としたものではなく、
何と当時自分が勤務していた某地方銀行(現在は既に破綻・・)の創立40周年を記念して
サントリーホールを貸し切って、行員のためだけに記念演奏会を開催したものだったのです。
いやー、当時は「バブル絶頂期」とはいえ、ホント太っ腹というか、ムダ金を景気よく
ポンポン消費していた時代だったのですよね・・・
ついでに言うと、この年の大運動会は、東京ドームを貸切してのものでした・・・
演奏は、正直全然記憶にありません。
やはり職場の行事というと、あまり気持ちが入っていなかったのかもしれませんよね。
後半のプログラムは確か打楽器奏者の山口氏を交えて、
オルガンとパーカッションのための「展覧会の絵」でしたけど、
こちらもほとんど印象に残っていません・・・

「トッカータとフーガ二短調」は、自分にとって実質的に初めて聴いたのは
日本フィルが初めてだったと思います。
確かこの演奏会では、
前半の一曲目に井上圭子さんパイプオルガン独走として
前半の二曲目にストコフスキー編曲の管弦楽版として聴いたのですが、
この試みは大変興味深いものでした。
同じ曲でもオルガンだけと管弦楽の響きでは、全然別の曲のようにも
聴こえてしまい、中々面白い実験でした。
ストコフスキー編曲は、意外と地味というか、管楽器はそれ程使用していないし、
打楽器もティンパニーだけで、
意外とモノトーンみたいな響きだったと思います。

「トッカータとフーガ二短調」は吹奏楽にもいろいろな人がアレンジしていますが、
有名なのは、ライゼン編曲かな・・・
このアレンジでは、1982年に創価学会関西が怒涛の圧倒的名演を残しています。
この演奏を聴くと思うのですが、やはり弦だけではなくて、楽器の中でも特に色彩的響きの強い
管楽器を前面に出した響きは非常にカラフルだと感じます。
ストコフスキーは比較的、原曲に忠実
吹奏楽版は色彩感重視という感じもします。
最近では、森田和浩氏のアレンジが実に個性的で興味深いです。
1999年の伊奈学園総合高校が森田氏のアレンジを使用していますが、
途中で管楽器を止め、チェレスタとグロッケンだけの部分を浮き彫りにさせていますが、
これが実に古典的な響きで大変素晴らしいアィディアだと思います。

最近では川口リリアで井上圭子さんのソロでのこの曲を聴きましたけど
やはり「シンプル・イズ・ベスト」を証明した作品であるようにも感じたものでした。

 | BLOG TOP |